FC2ブログ

Welcome to my blog

道内二番目の峰へ-Ⅱ

野付ウシ

野付ウシ

 前日の続きです。

 今日も数の多い花の写真はサムネ表示にします。(拡大可能)

 s-Ca-20170727-090534-0.jpg
 ほぼ平坦な道から急な下りに差し掛かります。

 s-Ca-20170727-090554-0.jpg
 その下には黒岳石室が見えています。 その手前の下りは小石も含む滑りやすい道。


 降りきる手前から石室にかけて花が広がります。
 s-Ca-20170727-090748-0.jpg s-TG3-20170727-091417-0.jpg s-Ca-20170727-091516-0.jpg s-TG3-20170727-091702-0.jpg
 「ゴゼンタチバナ」の群生、「コガネイチゴ」、「ヨツバシオガマ&ハクサンボウフウ」、「メアカンキンバイ」

 
 s-Ca-20170727-091428-0.jpg
 石室が間近に見えてきます。 ここには売店、休憩場所、バイオトイレがあります。(今回はスルーします)

 s-TG3-20170727-091713-0.jpg s-TG3-20170727-091742-0.jpg s-TG3-20170727-092311-0.jpg
 この辺りから『チングルマ』の群落が目立ち始めます。 数は少なかった『キバナシャクナゲ』です。
 チングルマとともに、凄い群落をつくるのは『チシマツガザクラ』です。 凄い繁殖力ですね。


 s-TG3-20170727-092544-0.jpg
 この花は私もとても気に入っています。

 s-Ca-20170727-092509-0.jpg とにかく遠くまで広がるチングルマのお花畑は、どの方向にも広がっていました。トンガリ山は「鳥帽子岳」
 s-TG3-20170727-093356-0.jpg 少しズームで撮ってみました。 ※色合いの違いはカメラが異なるためです。
 s-Ca-20170727-092534-0.jpg
 左手の北海岳方面の眺めです。

 
 s-Ca-20170727-092725-0.jpg s-TG3-20170727-092729-0.jpg s-TG3-20170727-092801-0.jpg s-Ca-20170727-093244-0.jpg
 「エゾノツガザクラ」、「ヨツバシオガマ」とアップ画像、「ワタスゲ」も少しだけ見つかりました。

 s-TG3-20170727-092857-0.jpg 今時期は「チングルマ」の花の群落と、花後の姿の双方が見られます。
s-Ca-20170727-093154-0.jpg

 
 s-TG3-20170727-093328-0.jpg s-TG3-20170727-093515-0.jpg s-TG3-20170727-093434-0.jpg s-TG3-20170727-095742-0.jpg
 おなじ花とは思えない「エゾノツガザクラ」ですね。 「メアカンキンバイ」、「イワギキョウ」です。 (同じ花が何度がでてきます)


 s-Ca-20170727-093618-0.jpg
 この場所では高山植物の代表格『コマクサ』が群れていました。

 s-TG3-20170727-095848-0.jpg
 左側に谷が見えています。 御鉢平から流れてくる水で、火山の関係で白く濁っています。


 s-Ca-20170727-095902-0.jpg s-TG3-20170727-100632-0.jpg
 イワギキョウに変わる紫の花は「ミヤマリンドウ」ですね。 個体差もあり斑点が目立ったり見えなかったり。

 
 s-Ca-20170727-101304-0.jpg
 この先のゴロゴロ岩場とハイマツの中をくぐり抜けると・・・
 s-Ca-20170727-101622-0.jpg
 巨大なカルデラ『御鉢平』が一望できる場所に出ました。 昨年秋には反時計回りでグルッと回って黒岳に戻りました。
 とにかくスケールが大きいです。この稜線には2千メートルを超える5つの峰があります。


 s-Ca-20170727-102252-0.jpg
 これから先には急峻な岩場と分厚い雪渓が見えています。その先が北鎮岳分岐点です。

 s-Ca-20170727-102729-0.jpg 右下の沢にピンクの帯が見えました。 ズームで見ると『エゾコザクラ』の群生でした。
 s-Ca-20170727-102626-0.jpg


 s-Ca-20170727-102905-0.jpg s-Ca-20170727-104423-0.jpg s-TG3-20170727-104457-0.jpg s-TG3-20170727-104434-0.jpg
 岩場で見えてくるのが「ヒメイワタデ」、「エゾウサギギク」、「イワヒゲ」&そのアップ画像です。


 s-Ca-20170727-104544-0.jpg
 旭岳方面への分岐てんから、いよいよ『北鎮岳』を目指します。足元はゴロゴロ、ザラザラのガレ場です。

 
 s-TG3-20170727-104633-0.jpg
 奥の左側が「間宮岳」、その向こうに『旭岳』が見えています。 旭岳ロープウェイから登る裏側の眺めですね。
 s-Ca-20170727-105648-0.jpg
 そして、その左側の彼方にはトムラウシや十勝岳が控えています。

 s-Ca-20170727-105031-0.jpg
 さらに高度を上げると、メアカンキンバイがたくさん咲いています。


 s-Ca-20170727-105927-0.jpg
 ついに山頂へ到着しました。 ここが旭岳に次ぐ北海道二番目に高い『北鎮岳(ほくちんだけ) 2,244m』です。
 
 s-Ca-20170727-110156-0.jpg
 登りきった向こうには「比布岳」、「安足間岳」も見えています。

 s-Ca-20170727-110242-0.jpg
 ここで雲の中からニョキッと山頂が現れました。機能の宿題の山ですね。
 s-Ca-20170727-110203-0.jpg
 これは比布岳からしか行けない『愛別岳』という山です。 野付ウシもまだ登っていませんが。

 s-Ca-20170727-110758-0.jpg
 少し引いて見ると、右手にギザギザの「鋸岳」、左に「比布岳」そして雲がかかった「愛別岳」になります。

 山の地図があれば確認してみてくださいね。

 s-Ca-20170727-110328-0.jpg
 さきほど見た大雪山の主峰「旭岳」の裏側からの眺めですね。 右下の稜線にかすかに見える建築物があります。

 s-Ca-20170727-110130-0.jpg
 画像が粗いですが40倍で確認すると、ロープウェイの姿見の駅が見えました。アチラ側には姿見の池もありますね。
 s-Ca-20170727-110401-0.jpg
 さらに、山頂を見てみると、登頂を果たした人たちの姿も見えていますね。


 s-Ca-20170727-111449-0.jpg
 風は少し冷たくウィンドブレーカーを着たほうがよかったのですが、岩の影で一休みしました。
 この風景は朝から歩いてきた全体を見渡したものです。左奥のトンガリが黒岳山頂です。
 そこから一旦下って、中央から右側の方を回り込んで、ここまでやってきたわけです。

 ここからは同じ道を引き返すことになります。
 
 s-TG3-20170727-121910-0.jpg
 淡々と歩いて、黒岳手前の荒涼とした風景を眺めて戻ります。


 再び黒だけの山頂に戻り、今日二回目のご飯です。(オニギリ二回分持参)
 s-TG3-20170727-123257-0.jpg
 目の前をスルスルっとシマリスさんが通りました。前のオジサンも気付かないようです。

 s-TG3-20170727-124726-0.jpg
 下山開始! 急な坂道の下の方を登山客が歩いています。

 s-TG3-20170727-125022-0.jpg
 ロープウェイの駅と、リフトのルートが見えています。

 s-TG3-20170727-130034-0.jpg
 また大きな黄色い花「チシマノキンバイソウ」の群落です。

 s-TG3-20170727-130344-0.jpg
 最後に見た花は、終わりかけの「ウコンウツギ」
 s-TG3-20170727-131428-0.jpg
 そして「アオノツガザクラ」でした。

 無事にリフト、ロープウェイを乗り継いで、14:10頃に層雲峡温泉まで戻りました。
 その後は2時間弱の運転で自宅に無事帰着です。

 大雪山は少なくともあと1回、秋に訪れたいと思っています。

 長々とおつきあい、ありがとうございました。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 18

There are no comments yet.
iomama  
野付ウシさんへ

こんにちは。

恐れ入りました!の山に感じます。
大きくて私には到底
登ることのできない山に

野付ウシさんの画像を通して
登ることができました。

だからこそ
綺麗な花が多いのですね。
見たことのない花が
たくさん咲いていました。

あんみつ姫が
前髪に刺すような可愛らしい花に
私はうっとりしていましました。

チシマツガザクラ‥
ホントっ可愛い!(*´罒`*)♡︎

何度見ても飽きないです。
自然ってやっぱりいいな〜!

感謝!(⌒人⌒)

2017/07/30 (Sun) 14:11 | EDIT | REPLY |   
れみわ  

どれもスケールが違いますね

鋸のようなギザギザした鋸岳と、
雲の中からニョッキリと愛別岳
実物を見たらしびれちゃうでしょね

2017/07/30 (Sun) 14:16 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> どれもスケールが違いますね
**アルプスなどのように3千メートル級の山はありませんが、
 広く大きな山が大雪山の魅力です。

> 鋸のようなギザギザした鋸岳と、
> 雲の中からニョッキリと愛別岳
> 実物を見たらしびれちゃうでしょね
**男も女もリピートするようになるのは、そんなことも理由の一つですね。

2017/07/30 (Sun) 16:06 | EDIT | REPLY |   
山親爺  
こんにちは

流石、北海道の屋根大雪山
雲海一つとっても、スケールが違いますね!
山に憧れる皆さんの気持ちが、わかるような気がします

2017/07/30 (Sun) 17:02 | EDIT | REPLY |   
北海道のくま  

久しぶりの 石室の写真 いいな
 テン場の テントは たぶん 北大のくま研かな?

2017/07/30 (Sun) 18:04 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 雲海一つとっても、スケールが違いますね!
> 山に憧れる皆さんの気持ちが、わかるような気がします
**偶然見られた景色ですが、これ見ると「登ってみたい」と思ってしまいます。
 雲隠れもいいもんですね。

2017/07/30 (Sun) 18:56 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: 北海道のくまさんへ

北海道のくまさん..コメントありがとうございます。

> 久しぶりの 石室の写真 いいな
>  テン場の テントは たぶん 北大のくま研かな?
**今回は人が多かったこともあり、立ち寄りませんでした。
 様々な人がくつろいでいました。

2017/07/30 (Sun) 18:58 | EDIT | REPLY |   
タカ長  

このあたりは3回行っていますから懐かしく拝見しました。
大雪山系では愛山渓方面だけ行っていません。
勝手なお願いですが、今度はこちらに行って、紹介して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

2017/07/30 (Sun) 19:45 | EDIT | REPLY |   
ハマナス  
爽快な眺望です

雲の平から見る「鳥帽子岳」の風景は好きな処です。
お花も多いし、紅葉の季節もまた良いですね。
幻想的な愛別岳の風景。
野付牛さんの足なら、このコースから愛別岳往復楽勝では?
以前北鎮岳に9月上旬に登った時、風が強くてすごく寒かった記憶があります。
大雪は真夏でもある程度冬装備をしていきますので、荷物が重くて
肩凝ります。

>ニセカウ
花の多い山でお勧めですよ。
7月中旬~下旬始めくらいが、お花の最盛期かも知れません。
ダート林道、長いですけれど。

2017/07/30 (Sun) 21:07 | EDIT | REPLY |   
中ノ俣  

3年前に大雪に行った2日目、白雲岳避難小屋から黒岳石室・裾合平経由で姿見まで歩きましたが8月下旬だったのでこれほど沢山の花を見る事はできませんでした。
北鎮岳に着いた時もガスにまかれて眺望はゼロ・・・
野付牛さんの一面に広がるお花畑の写真を拝見してたら羨ましくもあり、悔しくもあり・・・(笑)
そうそう、北鎮岳肩の分岐までの直登の雪渓で苦しんだのも思い出しました(汗)
感動と興奮をありがとうございました。

2017/07/30 (Sun) 23:06 | EDIT | REPLY |   
もりか  

こんばんは。
私に撮っては、印象深く懐かしい場所だったので、
何度もお写真を見せていただきました。
お鉢平の看板。よーく覚えています。
昔のコンデジの写真ひっぱりだして、見てみようかな?
という、気持ちになりました。

2017/07/30 (Sun) 23:46 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: タカ長さんへ

タカ長さん..コメントありがとうございます。

> 大雪山系では愛山渓方面だけ行っていません。
> 勝手なお願いですが、今度はこちらに行って、紹介して頂けると嬉しいです。
**都合がつけば私も生きたいと思っています。(未定ですが)
 秋には愛山渓から「紅葉の沼ノ平」に是非にとも思っていますが・・・

2017/07/31 (Mon) 08:29 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。

> 雲の平から見る「鳥帽子岳」の風景は好きな処です。
> お花も多いし、紅葉の季節もまた良いですね。
**私もここの眺めは大好きです。(&高根ヶ原)

> 幻想的な愛別岳の風景。
> 野付牛さんの足なら、このコースから愛別岳往復楽勝では?
**足の甲が少々痛むので長い時間の歩行は自重しています。
 体力的には問題ないですけど...

> 大雪は真夏でもある程度冬装備をしていきますので、荷物が重くて
**さすがに2千メートル級に行くときは「もしも」も考えますからね。
>
> >ニセカウ
> 花の多い山でお勧めですよ。
**アハハ、ほぼ終わりましたかね。花が目的なら来年ですね。

2017/07/31 (Mon) 08:34 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: 中ノ俣さんへ

中ノ俣さん..コメントありがとうございます。

> これほど沢山の花を見る事はできませんでした。
> 北鎮岳に着いた時もガスにまかれて眺望はゼロ・・・
**本当に山好きなんですね、よくぞ北海道まで。
 でも遠くから来ると天気は「お任せ」にするしかないですからね。
 私は日帰り圏なので、雨や雲が多い時は避けることができますけど。

> そうそう、北鎮岳肩の分岐までの直登の雪渓で苦しんだのも思い出しました(汗)
**夏の雪渓は滑りやすくアイゼンも効かないので神経使いますね。
 また来る機会があるといいですね。紅葉の時にでも...

2017/07/31 (Mon) 08:38 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: もりかさんへ

もりかさん..コメントありがとうございます。

> 私にとっては、印象深く懐かしい場所だったので、
> 何度もお写真を見せていただきました。
> お鉢平の看板。よーく覚えています。
**ここの眺めは本当に絶景だと思います。
 見渡すと「どこにでも行けそう」な感じがしますね。

> 昔のコンデジの写真ひっぱりだして、見てみようかな?
> という、気持ちになりました。
**写真がデジタル時代になってから、昔の写真を見る機会が減りました。
 便利なようで不便なのかもしれませんね。

2017/07/31 (Mon) 08:41 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: iomamaさんへ

iomamaさん..コメントありがとうございます。(リコメ漏れましたm(_ _)m

> 大きくて私には到底
> 登ることのできない山に
**もちろん体力的なこともありますが、慣れかもしれないと思います。
 元々が山村育ちで歩き回るしか遊ぶ手がなかったからかな?

> だからこそ
> 綺麗な花が多いのですね。
**鉱山植物は頑張った人へのご褒美かもしれません。

> チシマツガザクラ‥
> ホントっ可愛い!(*´罒`*)♡︎
**同じ花ばかり無意味に撮影したりするため、時間が余分にかかります。
 花は本当に心の癒やしですね。

2017/07/31 (Mon) 08:47 | EDIT | REPLY |   
reimi01  

野付ウシさん こんにちは~

本当に素晴らしいですね~
ただただ、ため息つきながら
何度も、スクロールしながら見せて頂いています

それにお花の宝庫☆
いつまでも残って欲しい自然ですね^^

お疲れさまでした

楽して見せて頂いています



2017/08/01 (Tue) 11:20 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: reimi01さんへ

reimi01さん..コメントありがとうございます。

> 本当に素晴らしいですね~
> それにお花の宝庫☆
> いつまでも残って欲しい自然ですね^^
**山を愛する人が増えるのは大変良いことです。
 でも増えすぎると環境が変わるのが心配ですね。
 せめて最小限のマナーだけは全員が守らないと。

> 楽して見せて頂いています
**じっくり見ていただいたようで、ありがとうございます。

2017/08/01 (Tue) 11:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply