FC2ブログ

Welcome to my blog

道内二番目の峰へ

野付ウシ

野付ウシ

 昨日の午後は予報どうりに雨になり、気温も涼しかったです。

 今日は日中に陽射しもあり、夏日にもどるとか。。。
 野付ウシも午後から予定があって出かけます。

 さて、何とか写真の整理も進んで記事に取り掛かることに。
 今回はダメ元で近くの山を目指しましたが、通行止めなので急きょ「層雲峡」へ。
 我が家からだと2時間弱ですね。

 層雲峡から黒岳のルートは昨年秋に登り「お鉢巡り」をしました。(良かった~)
 今回は思いつきだったので、無理をせず北海道で二番目に高い山のみの往復です。

 途中までは昨年と同じコースを辿り、目指すは『北鎮岳 2,244m』です。
 さすがに読者さんはアウドドア派が多いようで、登った山も見えた山も見透かされていましたね。
 写真はそこそこチョイスしましたが、やはり多すぎまして2回に分けます。

 (内容は1回で十分ですが・・・花の写真はほとんどサムネイル表示=拡大できます)


 s-Ca-20170727-065134-0.jpg
 黒岳ロープウェイは06:50発に乗りました。 偶然に仁頃山の常連さんと遭遇! 窓からの長めで左端が目指す『黒岳』です。
 
 s-Ca-20170727-072148-0.jpg
 振り返れば「屏風岳 1,792m」の綺麗な姿が見えています。

 s-Ca-20170727-065708-0.jpg s-Ca-20170727-065650-0.jpg s-Ca-20170727-065627-0.jpg s-TG3-20170727-070404-0.jpg
 今年は花の状態がイマイチな「ハマナス」、「ヤマブキショウマ」、「タカネトウウチソウ」、「エゾグンナイフウロ」です。
 ロープウェイの駅を降りたら、すぐに花が目に入ります。 ここからリフト駅まで少し歩きます。

 s-TG3-20170727-070536-0.jpg s-TG3-20170727-070553-0.jpg s-TG3-20170727-070816-0.jpg s-TG3-20170727-070935-0.jpg
 「コガネギク」、「ヤマハハコ」、「オニシモツケ」、「クサレダマ」の花たち。

 s-TG3-20170727-072033-0.jpg
 リフトで七合目登山口を目指します。 目指す黒だけのトンガリ山頂が見えてきました。
 その右手には「桂月岳」「凌雲岳」「上川岳」と続きます。

 s-Ca-20170727-072208-0.jpg
 後ろには層雲峡を挟んだ向かいにある「ニセイカウシュッペ山」の姿が。今年中に行きたいなぁ...

 s-Ca-20170727-071243-0.jpg
 降りてくるのは、ほとんどが中国系の観光客です(話し声がウルサイのですぐわかる)。 なんかイヤな予感が・・・

 s-TG3-20170727-073123-0.jpg
 リフト駅到着。ここで準備をします。 去年はシマリスが走り回っていましたが、今回はいません。

 s-TG3-20170727-073208-0.jpg
 ロッジの横を抜けて、いよいよ登山道へ進みます。ここでも中国語が耳に入ってきました。


 s-TG3-20170727-073643-0.jpg s-TG3-20170727-073734-0.jpg s-TG3-20170727-080803-0.jpg s-TG3-20170727-074956-0.jpg
 登山道脇で目立つのは「モミジカラマツ」です。 「コモチミミコウモリ」、「マルバシモツケ」&「チシマノキンバイソウ」です。

s-TG3-20170727-080707-0.jpg
 この「チシマノキンバイソウ」はデカイ花が特徴で、今がピークらしく群生が目立ちました。

 
 s-TG3-20170727-081035-0.jpg s-TG3-20170727-081051-0.jpg s-TG3-20170727-081312-0.jpg s-TG3-20170727-081413-0.jpg
 「ハイオトギリ」、「タカネスイバ」、「カラフトアカバナ」、「タイセツトリカブト」です。


 s-Ca-20170727-081601-0.jpg
 途中で見えてくるのは巨大な「マネキ岩」です。 このあたりでたくさんの中国系の観光客が登っていました。
 団体で来たようですが、上と下で大声で呼び合ったりしています。全員が軽いスニーカー履きでした。
 追いついてもなかなか先へ通してくれません。野付牛の「熊よけ鈴」の音でわかるはずですが・・・
 にわか登山者でマナーも理解していませんから、ガイドが事前に説明して欲しいものです。
 私の鈴は熊よけより「○国人よけ」の効果を期待したい...なんて思いましたね。(笑)

 s-TG3-20170727-081655-0.jpg s-TG3-20170727-082403-0.jpg s-TG3-20170727-082739-0.jpg s-Ca-20170727-082750-0.jpg
 群生アザミは「チシマアザミ」、「エゾヒメクワガタ」、「ハクサンボウフウ&ヨツバシオガマ」、道脇はタイセツトリカブト群生。


 s-TG3-20170727-082430-0.jpg
 もう少しで山頂です。 今回は少しペースも落としています。(右足の甲が時折痛む状態が続いて居るので)


 s-Ca-20170727-083048-0.jpg
 ようやく『黒岳 1,984m』 山頂到着です。 リフト駅からちょうど60分かかりました。

 s-Ca-20170727-083120-0.jpg
 山の配置が書かれていてわかりやすいですね。

 s-Ca-20170727-082929-0.jpg
 これから向かうのは中央右手の山『北鎮岳 2,244m 』です。

 s-Ca-20170727-082932-0.jpg
 視線を少し左に移動、中央奥に主峰 『旭岳 2,290m 』 があります。

 s-Ca-20170727-082936-0.jpg
 更に左に移ると『白雲岳』、そして前回登った『緑岳』方面へと続きます。

 s-Ca-20170727-083154-0.jpg
 旭岳方面をグーッとズーム、山頂部分がポコンと見えています。

 ここからは一旦下り坂を進み、「黒岳石室」へと向かうガレ場の道です。

 s-TG3-20170727-084347-0.jpg s-TG3-20170727-084611-0.jpg s-TG3-20170727-084415-0.jpg s-TG3-20170727-084659-0.jpg
 「イワギキョウ」、「メアカンキンバイ」、「イワブクロ」、「エゾイワツメクサ」などが登山道脇を飾ります。


 s-TG3-20170727-084727-0.jpg 個人的に好きなイワブクロ、そして下の写真は『エゾツツジ』です。どちらも見頃でした。
 s-TG3-20170727-084751-0.jpg


 s-TG3-20170727-084915-0.jpg s-Ca-20170727-085303-0.jpg s-TG3-20170727-085505-0.jpg s-TG3-20170727-085607-0.jpg
 「シロサマニヨモギ」、「ウスユキトウヒレン」、「チシマキンレイカ」、そしてエゾツツジ花アップです。


 s-Ca-20170727-085613-0.jpg
 振り返って、先程立っていた黒岳山頂のズームアップ。ほとんどが中国系の人たちかと。


 s-Ca-20170727-085730-0.jpg
 この辺りからは、小さな花たちの群落が広がってきます。 これは「イワギキョウ」ですね。

 s-Ca-20170727-090129-0.jpg
 そしてもっとも多く広がっていたのは『チシマツガザクラ』です。

 s-Ca-20170727-090218-0.jpg
 周りは「荒れ地」といった様相ですが、こんな厳しい環境で多くの高山植物が生きています。


 この続きは次回にアップします。 m(_ _)m


 
 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 14

There are no comments yet.
れみわ  

人を遠ざけるような厳しい環境だからこそ、
多くの高山植物が生き延びたのでしょうね
中国から来てもマナーを守ってもらえれば歓迎しますよ

2017/07/29 (Sat) 14:09 | EDIT | REPLY |   
iomama  
野付ウシさんへ

こんにちは!

登られた山は
『北鎮岳』だったのですねー!( ´ ▽ ` )


・・・(⑉︎ꂧ͂◡︎ꂧ͂⑉︎)初めて聞きました。


すんません(⌒-⌒; )


いいお天気で
どの写真もポスターに使えそう!

アングルも最高で
私自身登っているような気持ちにも
なりました。

よーし!また登るぞ!

2017/07/29 (Sat) 14:14 | EDIT | REPLY |   
山親爺  
こんにちは

層雲峡からのアッタクでしたか!?
天気にも恵まれた、良い登山日和だったようですね

お隣の御一行様、 我が道を行くは、
相変わらずのようですね(苦笑)

2017/07/29 (Sat) 15:18 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> 人を遠ざけるような厳しい環境だからこそ、
> 多くの高山植物が生き延びたのでしょうね
**その登山道が危機に瀕しています。人が増えすぎたこととマナー悪化です。
 近年はトイレの始末も問題になていますね。

> 中国から来てもマナーを守ってもらえれば歓迎しますよ
**国で差別はするつもりないのですが、ガイドやリーダーの意識改革が必須ですね。

2017/07/29 (Sat) 17:06 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: iomamaさんへ

iomamaさん..コメントありがとうございます。

> 登られた山は
> 『北鎮岳』だったのですねー!( ´ ▽ ` )
**昨年秋に通った時に、登らずに通過したので今回の目的地にと。

> いいお天気で
> どの写真もポスターに使えそう!
**少しだけもやっとした感じで、昼前から雲が広がりました。
 ただ朝のうちは陽射しが強すぎてボツの写真も増えました。
 途中からは写真的には「曇り空の下」の気分ですね。

> よーし!また登るぞ!
**そうだ!また登ろう!

2017/07/29 (Sat) 17:11 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 層雲峡からのアッタクでしたか!?
> 天気にも恵まれた、良い登山日和だったようですね
**通行止めの可能性もあったので、最悪は黒岳かな?と思っていました。
 朝のうちは最高の天気(陽射し強すぎ)でしたが、途中から雲や霧が現れました。
 涼しくなって歩きやすかったですね。

> お隣の御一行様、 我が道を行くは、
> 相変わらずのようですね(苦笑)
**旅行会社やガイドが事前にレクチャーしてくれると良いのですが...
 昨年遭った香港からの人はマナーを知っていましたので。

2017/07/29 (Sat) 17:14 | EDIT | REPLY |   
都丸  

お疲れ様でした^^

北鎮岳、たしか2年前に登った記憶があります
当時も中国系の方が黒岳に多く登っていて
お若い女性も短パン姿やサンダルで登ってた人もいて
へぇ~と感心するやらで・・・

自分、北鎮岳の頂上から下山する時
大転倒しあぶなくカメラを壊すところでした
雪渓も今時期は小さくなったのでしょうか。

2017/07/29 (Sat) 19:29 | EDIT | REPLY |   
soraの風  
こんばんは

去年の8月行ったときも
花盛りでなかなか足が進みませんでした
雪渓は小さくなっていましたか?
その時の帰り道ナキウサギにあったこと
思い出しました(日記を見て(^^♪)

2017/07/29 (Sat) 20:28 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: 都丸さんへ

都丸さん..コメントありがとうございます。

> 北鎮岳、たしか2年前に登った記憶があります
> 当時も中国系の方が黒岳に多く登っていて
> お若い女性も短パン姿やサンダルで登ってた人もいて
> へぇ~と感心するやらで・・・
**同じような格好で、だんだん増えているようですよ!

> 大転倒しあぶなくカメラを壊すところでした
> 雪渓も今時期は小さくなったのでしょうか。
**今は一部を横切るだけですが、とても滑りやすいですね。

2017/07/29 (Sat) 20:54 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: soraの風さんへ

soraの風さん..コメントありがとうございます。

> 去年の8月行ったときも
> 花盛りでなかなか足が進みませんでした
**私は今回は、かなり端折って進みました。

> 雪渓は小さくなっていましたか?
**横切ったのは一箇所だけで少なかったですよ。

> その時の帰り道ナキウサギにあったこと
> 思い出しました(日記を見て(^^♪)
**いいなぁ、私はまだ遭ったことないんですよね。
 緑岳もよく出るようですけど...

2017/07/29 (Sat) 20:56 | EDIT | REPLY |   
もりか  

こんばんは。
ロープウエイを登ってから行く黒岳。
私にとって印象深い山です。

1度目。妹と20代前半の頃。
1時間で山頂とガイドブックに書いてあったので
スニーカー履いてお茶も持たずに、3時頃から登り始め。
下りの人はたくさんで、登りの人は0。
最初の急坂にすぐへばって、
「やめよ。」ってあっという間にあきらめました。
ずっと後に、自分たちの無謀さに、背筋が震えました。

2回目。30過ぎぐらいの頃でしょうか。
天候が悪くなるという予報なのに、山頂まで行って
素晴らしい景色にもうちょっともうちょっとと進んで行ったら
雨が急に降り出した。
登山客はすでに誰もいず。
慌てて帰る登山道が滝のようになって、
ああ、山で雨が降るというのはこんなことなんだと思い知りました。

無知は本当に恐ろしいですよね。
正しい知識と備えが大事なんなんだと思います。
長々、すみません。

続き、楽しみです!

2017/07/29 (Sat) 23:34 | EDIT | REPLY |   
デコ  

気持ち良さそうだなぁ(#^.^#)

結構急ですよね( ;∀;)
野付ウシさんの健脚なら
何てことないんだろうけどっ

高山植物の種類も多く
見ごたえある山♪

2017/07/30 (Sun) 09:13 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: もりかさんへ

もりかさん..コメントありがとうございます。

> ロープウエイを登ってから行く黒岳。
> 私にとって印象深い山です。
> 最初の急坂にすぐへばって、
> 2回目。30過ぎぐらいの頃でしょうか。
> 慌てて帰る登山道が滝のようになって、
> ああ、山で雨が降るというのはこんなことなんだと思い知りました。
**無知というか、一度は山の怖さを知った方がいいですね。
 それがあって、事前に調べ、周到に準備をして出かけるようになります。
 私が年に120回ほど登る「仁頃山」でさえ、ナメると痛い目に遭います。

2017/07/30 (Sun) 16:01 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ  
Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん..コメントありがとうございます。

> 気持ち良さそうだなぁ(#^.^#)
**ハイッ最高ですよ!

> 結構急ですよね( ;∀;)
**かなりの急坂ですが、これはすぐに慣れますよ。
 低い山で数回練習すると歩けるようになります。

> 高山植物の種類も多く
> 見ごたえある山♪
**この周辺の山は本当にお花が多いんですよ。
 それで皆んなハマるんです。

2017/07/30 (Sun) 16:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply