FC2ブログ

Welcome to my blog

パース;夏の花

野付ウシ

野付ウシ

 今朝は冷え込みましたねぇ、氷点下6度ほどでしたが・・・

 北見は季節の変化も止まった状態なので、花だらけのパースのお話をしています。


オーストラリア;パースはいよいよ夏に突入しますが、

 初夏に目立つ花を一つご紹介します。

 今頃から1月にかけてたくさん見られる有名な花...「オーストラリアの桜」とも言われます。
 PE152543-0.jpg
 この強烈な色は目に焼き付きます。ジャカランダと言います。(パース在住時の住宅近くで撮影)

 原産は中南米ですが、熱帯&亜熱帯(グアムやハワイ等)で見掛けますね。

 パースでは家庭の庭や公園などアチコチで目を引く花です。
 PE152738-0.jpg
 花はこんな感じで、葉はアカシアに似てます。花が散ると木の下は一面紫色に染まるんです。


 もう一つ紹介します。今時期からクリスマスに掛けて目立つ(咲く?)木があります。
 PE151631-0.jpg
 その名も「クリスマスツリー」と言い、西オーストラリアの固有種です。(パース自宅近くの公園にて)
 (正式にはWest Australian Christmas Tree)

 PE151252-0.jpg
 遠くから見ると松の木に見えますが、派手な黄色がとても目を引きます。

 クリスマス時期に咲くことから名付けられたようです。


 植物学的に非常に変わっているのは「半寄生植物」であることです。

 日本では寄生植物としてヤドリギが有名ですね。

 この木の変わっているところ...木全体が「寄生植物」なんです。(世界で唯一)

 宿主は???周辺の草や木から栄養をもらっているんですね。
  
 先住民族であるアボリジニはこの木の根を食べたそうです。

 甘くて美味しいそうですよ。


 これらの木(花)はパース市内どこでも見られます。

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply