FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

予想外の強風  

 山の天気は急変する・・・そんな話はたくさんありますね。
 実際に何度かそんな経験はしていますが、今回は慣れた山での強風の中の登山です。


 s-TG4_20210220_091807_0.jpg
 ①先週末の20日(土)の仁頃山ですが、予報は曇りで登山口も平穏でした。ちょっと踏み跡が消えかかっていましたが。
 s-TG4_20210220_093003_0.jpg
 ②登山口から30分も経たないうちに、ちょっと風が出てきたようです。
 s-TG4_20210220_093013_0.jpg
 ③東新道を40分ほど歩いたあたりでは、急速に吹き溜まりも出来ていて、少し前に通った足跡はありません。
 s-TG4_20210220_093154_0.jpg
 ④尾根だけでなく、沢の方まで雪煙で真っ白になってきました。 ちなみに雪は降っていません。


 s-TG4_20210220_093454_0.jpg
 ⑤五合目手前あたりですが、慌ててウィンドブレーカーのフードを引っ張り出しました。
 s-TG4_20210220_094827_0.jpg
 ⑥飛ばされてくる雪の粒がビシビシっとフードに当たります。
 野付ウシの後方を歩いていた二人は、五合目で引き返すことにしました。 
 五合目にいた常連さんと相談し、もう少し行ってみることにします。

 s-TG4_20210220_095835_0.jpg
 ⑦途中で道は何度も消えていましたが、吹き溜まり硬めで歩くのはキツくなかったので更に前進。
 s-TG4_20210220_101542_0.jpg
 ⑧周りにある樹木などはかろうじて見えていたので、歩くには支障がありません。
 s-TG4_20210220_101601_0.jpg
 ⑨数百回も歩いている登山道なので、道が埋まっていても感覚的にわかります。


 s-TG4_20210220_101807_0.jpg
 ⑩九合目を過ぎたあたりで、三名の登山者が吹き溜まりでもがいていました。
 「お先にどうぞ」と言われたので、野付ウシは先へ進みます。
 その三名は山頂手前の最後の登りを前に、引き換えしたようです。慣れない人はそうした方がいいですね。
 s-TG4_20210220_101959_0.jpg
 ⑪山頂手前の傾斜は埋まっていたので、四つん這いで登りました。風は強めですが気温は意外と高いですね。
 この日の予想気温は、暖かい風が入ってくることで日中で7度ほどとなっていました。(平地ですが)

 s-TG4_20210220_102108_0.jpg
 ⑫休憩所の奥にあるカマクラには、二人の男性が休憩中でした。中は風も凌げますよ。
 ちょっと会話をしてから、野付ウシは引き返すことにします。
 s-TG4_20210220_102119_0.jpg
 ⑬心持ち、風が弱まってきたような気もしましたが、相変わらず横殴りで雪が飛んできます。
 s-TG4_20210220_102256_0.jpg
 ⑭八合目手前で奥から人の姿が...いつも会う男性でした。「上は大丈夫か?」「山頂に人もいますよ」
 慣れた人は状況が判断できますので、淡々と登っていきました。

 下りで五合目を過ぎた頃、急に風も弱まり、暖かい空気が入り込んだようです。
 
 雪質も急に変化し、アイゼンにくっついて高下駄状態になったり、歩きにくかったですね。

 慣れない山なら、野付ウシでもすぐに引き返したかもしれません。
 その道の状態、自分の体力などで判断しますが、決して無理はするつもりもありませんので。
 
 山は逃げないから・・・・その通りで、また来ればいいだけです。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

おはようございます
フォトジェニックなホワイトアウト、写真的には歓迎ですが
山男には最大の難敵、慣れた山とはいえ油断はできないでしょうね

今朝早朝徘徊を試みたのですが、気まぐれ天気に振り回された爺です

山親爺 #UI2ybpmM | URL
2021/02/22 09:04 | edit

そうそう、吹雪いたと思ったらウソのように青空になったり
変化しますから、無理はしないほうがいいですよね!
地吹雪で道がない!って怖いわ~(;´∀`)
野付ウシさんは慣れた道なので大丈夫ですけど、
遭難する時って、こんな風に道がなくなるんだろうな~と
想像しましたよ~


pansy #- | URL
2021/02/22 13:32 | edit

Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。
これが恐いと思っているなら、呑気に撮影なんぞしてませんよね。
意外と怖がりなので、他の山ではありえないです。
今日は概ね晴れで、今の所はおちついています。
山頂は空気が冷っとしていましたよ。
明日からまた雪のようです。

野付ウシ #- | URL
2021/02/22 13:55 | edit

Re: pansyさんへ

pansyさん..コメントありがとうございます。
慣れた山とは言え、引き換えしたこともありますよ。それほど酷かったということですね。
車も同様に見通しがきかないと、一旦は止まることでしょうね。
今はGPSでルートから外れるとすぐに分かるものです。
私もそんなアプリを複数スマホに入れてますが、圏外でも普通に使えます。
知らない山で使う程度ですが、迷っても戻れるのがいいですよ。
危険を察知したら、止まる、戻る、そうしないと遭難しますね。

野付ウシ #- | URL
2021/02/22 14:02 | edit

こんばんは。

風で雪も飛ばされてこのような状態になるのですね。
時によっては全く周りが見えなくなることもあるのでしょうね。

怖いですね。
野付ウシさんは慣れた山ですからどのような状態までが大丈夫だと熟知しているのでしょう。
山に慣れていない人は無理をしない方がいいでしょうね。

霞んだ風景は好きですから、風景はとても惹かれます。

aya #qrkYHVP6 | URL
2021/02/22 18:12 | edit

Re: ayaさんへ

ayaさん..コメントありがとうございます。
散々冬も通い続けていますので(週に3日ペース)、状況はつかめてますね。
それでも一定の度合いを超えれば、さすがに引き返しますよ(過去に数回あり)
冬山で慣れない人に聞かれたら引き返すようアドバイスします。
寒さと風が無ければ風景としては魅力的かもしれませんね。

野付ウシ #- | URL
2021/02/22 18:43 | edit

ブリザード?怖いねぇ~
今日はあちこち夏のような気温だったようだねぇ。
わたしの所は真冬日、そして山はブリザード・・・
同じ日本とは思えないね。
とにかく、無事のお帰り良かったわ。

今日はにゃんこの日だったそうですよ。
TOMくん、ゲンキ?

くぅ #Dv6DZoa6 | URL
2021/02/22 19:49 | edit

Re: くぅさんへ

くぅさん、コメントありがとうございます。
雪は降ってなかったのですが、風で雪が飛んできて、こんな状態になりました。
状況がわかっているので、常連さんは何名か山頂まで行きましたよ。
無理はしてませんので、ご安心を。
TOMの誕生日でした。記事は明日へ・・・

野付ウシ #- | URL
2021/02/22 20:29 | edit

なかなかに厳しそうな道のりですね!
険しい感じ、自分だったら進められるか
考えながら記事読んでました。

ジャム #- | URL
2021/02/22 21:33 | edit

おはようございます。
雪が降っていなくても風だけでこんなになるのですか、怖いですね。(^^;
前がほとんど見えていませんよね。
野付ウシさんなら大丈夫でしょうが
お気をつけ下さいマセ。

ケイ #UODr0Lv2 | URL
2021/02/23 06:43 | edit

おはようございます。

慣れた山
その環境の変化にも
的確に対応できる姿勢
それが継続の賜物なんですね。

休みの日は早起きで
昼ビールを模索する津軽衆です。

朝弁 #- | URL
2021/02/23 07:20 | edit

Re: ジャムさんへ

ジャムさん..コメントありがとうございます。
足元も雪でおぼつかないですから、雪道なれていないと難しいですね。
それと寒さにも慣れていないとね。
冬山慣れていないときは、すぐに引き返すのがBESTです。

野付ウシ #- | URL
2021/02/23 07:52 | edit

Re: ケイさんへ

ケイさん..コメントありがとうございます。
道路で起きるホワイトアウトも、周りに雪があると同じ状態になったりします。
雪国での風は恐いものです。急速に体温も奪われますのでね。
慣れていても油断はできないですね。

野付ウシ #- | URL
2021/02/23 07:54 | edit

Re: 朝弁さんへ

朝弁さん..コメントありがとうございます。
朝弁ならぬ朝酒もありですかねぇ。
散々慣れた山でも、甘く見るとしっぺ返しがありますよね。
慣れすぎて注意力が落ちないことが肝要ですね。

野付ウシ #- | URL
2021/02/23 07:56 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top