FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

雲母の如く  

 昨日は小雪が降ったり止んだりのお天気でしたが、積雪量としては僅かでした。
 朝は-12度、日中の最高気温は-7度ほどで「薄ら寒い」という言葉がピッタリの日。


 今回は、仁頃山の登山時に見た雪の造形や影、そして雪質などについて。

 s-TG4_20210118_085339_0.jpg
 ①この日の朝は-21度と冷え込みました。 登山口の駐車場からダム湖の方を見た画像です。
 s-TG4_20210118_095928_0.jpg
 ②薄っすらと新雪が降っていて、ユキウサギなどの足跡以外はとても綺麗な雪でした。
 s-TG4_20210118_095948_0.jpg
 ③この日のキラキラ感はちょっと違っていて、かなりザラザラした感じの雪に陽射しが反射しています。

 s-TG4_20210118_100257_0.jpg
 ④変わらずウサギの足跡だらけです。
 s-TG4_20210118_100331_0.jpg
 ⑤ちょっとした吹き溜まりの盛り上がった雪も、退屈しのぎにはいいものですよ。
 s-TG4_20210118_100539_0.jpg
 ⑥これから急増してくる雪原に投影された樹木の影です。できればもう少し積雪が欲しいところ。

 s-TG4_20210118_100646_0.jpg
 ⑦気温も低いので、雪自体はサラサラですが、冒頭で言ったようにザラつきが目立ちます。
 s-TG4_20210118_100719_0.jpg
 ⑧アラレのようなザラつきではなく、光を多く反射できるような形です。
 s-TG4_20210118_100740_0.jpg
 ⑨実際のキラキラ感の1-2割しか画像では表現できません。 腕もレンズもこれが限界かも。

 雪の表面を何とか捉えようと、顕微鏡モードでへばりついて撮ってみました。
 s-TG4_20210118_101019_0.jpg
 ⑩時々見られる雪質ですが、最初に思いついた言葉は『雲母』でした。
 s-TG4_20210118_101025_0.jpg
 ⑪すぐ納得する方もいるでしょうね。一応鉱物で「きららorきら」とも呼ばれ、英語由来ではマイカとも呼ばれます。
 s-TG4_20210118_101033_0.jpg
 ⑫薄いガラスのようなものが集まった鉱物で、絶縁体として活用されていますね。
 或いは、魚の鱗状..とも見えますかね。
 そんな微細な板状のものが雪の結晶として積もっていたわけです。
 通常の粉雪よりも、光りの反射面が大きいのが特徴でしょう。

 s-TG4_20210118_101138_0.jpg
 ⑬そこに木の影が投影されると、こんな感じになるわけです。遠目には普通の白い雪ですよ。


 次回もこれらをベースにした雪の様子を掲載予定です。


 ◆ちなみに、今回はデジイチ持たずにコンデジのみの撮影画像となります◆



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

おはようございます
雪原の煌めき、影、遊びたいですね~(笑)

今日は大寒、当地も一番冷え込んだようで
朝の気温、マイナス14℃、日中でもマイナス7℃ぐらいまでしか上がらないそうです



山親爺 #UI2ybpmM | URL
2021/01/20 08:20 | edit

こんにちわ

雪がきれいです。
マイナス7度で薄寒いとは、やっぱり北海道の方ですね。
今、吉村昭の間宮林蔵という小説を読んでいますが、アイヌ人がカラフトで生活できる体質になったということが書いてあり、理解できます。

閑人 #- | URL
2021/01/20 08:59 | edit

「薄ら寒い」・・・そう言うとそんな言葉があったね。(^ー^* )フフ♪

顕微鏡モードにすると「しっかり寒い」様子がはっきりするね。
こんななんだねぇ~
さむいはずだわ。(●´艸`)

くぅ #Dv6DZoa6 | URL
2021/01/20 09:53 | edit

Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。
こちらも-21度でしたが、昼の予想-8度よりは少し高かったようです。
雪は今朝新たに少し積もったので、雪の表面も綺麗になりました。

野付ウシ #- | URL
2021/01/20 13:39 | edit

Re: 閑人さんへ

閑人さん..コメントありがとうございます。
北海道で育った人なら、カラフトでも北極圏でも暮らせそうですよ。
暮せば慣れてきますし、元々そういうものを持っていると思います。

野付ウシ #- | URL
2021/01/20 13:44 | edit

Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。
「薄ら寒い」今でもこちらではよく聞く言葉ですよ。雰囲気がピッタリです。
雪もしっかり凍った状態で降ってくるんですねぇ。

野付ウシ #- | URL
2021/01/20 13:46 | edit

こんにちは

新雪に木々の影、素敵な光景だと思いますが、陽光を反射する新雪は眩しく本当にきれいでしょうね。
新雪が雲母のように見えると初めて知りました。気温の低い地方に特有の現象なのでしょうか。

SENSE #- | URL
2021/01/20 14:58 | edit

Re: SENSEさんへ

SENSEさん..コメントありがとうございます。
湿度の高い重たい雪が多い地域では見られないでしょうね。
高山なら可能かもしれませんが。
気温や湿度で雪の結晶も姿を変えますので、寒冷地特有のものでしょうね。

野付ウシ #- | URL
2021/01/20 16:17 | edit

こんにちは。

顕微鏡モードでへばりついて撮った雪の画像。
初めて見たように思います。
雲母ですか。

私は和菓子を作りますがその材料に「オブラート粉」や「氷餅」というのがありますが
それに似ていると思いました。
どちらかというと氷餅の粉に似ています。
今度「氷餅」をマクロで撮ってみます。(笑)

面白いものを拝見しました。
きれいですね。

aya #- | URL
2021/01/20 17:23 | edit

Re: ayaさんへ

ayaさん..コメントありがとうございます。
雪の粒は多くの種類がありますが、小さな粒のものは撮影が難しいですね。
ちょっと大きめでザラついたものが撮りやすいです。
黒っぽい衣服や帽子に載せて撮るのがいいのですが、それでも簡単では無いですね。
普通のデジイチのマクロもズーム拡大できるといいのですがね。

野付ウシ #- | URL
2021/01/20 17:37 | edit

こんばんは。

長らく雪国で暮らしておりますが
こういう雲母のような雪質
観たことがございません。

多分
気温の差だとは思いますが
雪のキラキラ感
描写してみたいと思ってます。

朝弁 #- | URL
2021/01/20 18:47 | edit

Re: 朝弁さんへ

朝弁さん..コメントありがとうございます。
雪の結晶は環境で変化しますね。形も凄く多い種類があります。
今回のものは気温や湿度などの一定の条件下で出来たものかとおもいます。
私の通う山では時々見られるものです。
寒いほど貸与によるキラメキは激しいようです。

野付ウシ #- | URL
2021/01/20 19:11 | edit

5の、盛り上がった雪がなかなかおもしろいです。
雪が生きてるようで、自ら動いてしまったようにも見えてしまいました。
最後の方はもう雪というより氷に見えます。
厳しい寒さの中では雪はいろんな姿を見せてくれるんだなあと、これらの写真を見て実感しました。

alpenkatze #6fcXaNLA | URL
2021/01/20 21:41 | edit

おはようございます。
ほんと、まるで雲母ですね♪
雪にも色んな表情があって面白いです。(´艸`*)

ケイ #UODr0Lv2 | URL
2021/01/21 07:08 | edit

Re: alpenkatzeさんへ

alpenkatzeさん..コメントありがとうございます。
毎日のように見ている雪景色ですが、部分的にズームしてみると新たな発見もあります。
冬はこんなものを探すしかないです。
雪と氷のオンパレードが続きそうですよ。

野付ウシ #- | URL
2021/01/21 10:01 | edit

Re: ケイさんへ

ケイさん..コメントありがとうございます。
雲母のような、魚の鱗のような、コレが積み重なって雪になる、不思議ですね。
雪の結晶ばかりを撮った写真集が書店にありました。
それほど種類が多いということですね。

野付ウシ #- | URL
2021/01/21 10:03 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top