FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

「花園」の後始末  

 昨日は最低気温 -4度、最高気温 +5度で薄曇りの一日でした。
 朝は「終日晴れ!」との予報でしたが、ずーっと陽射しも無く、午後に少し晴れた程度。
 もう予報の大ハズレは慣れっこですが、これで給料もらっている人って何なの?
 根拠のない「占い師」みたいなものと思えばいいのかなぁ... ブツブツ・・・

 ※今日は個人的な話と、花々が咲き乱れる草地の整理の話し。よかったら付き合ってください。

 
 さて、野付ウシが裏手の公園内で「花園」と呼ぶ場所があります。
 勝手に呼んでいるだけで、市が管理する大きな公園の一角にあるちょっとした面積のところです。
 かなり前から、近所の人が勝手に花などを育てていたようですが、その方が高齢になって放置されていました。
 野付ウシが今の場所に来たのは6年ほど前、多くの花が咲く場所ながら荒れ地だったのに驚きました。

 その直後に、公園内の草刈りで内部が全部刈り取られてしまい、生育中の花もバッサリ消えてしまったのです。
 事情はとにかく、花好きの野付ウシが市にお願いをしてみました。
 花の状況を含め、公園内の情報などを発信しているので、花の集中する場所を草刈りから除外して欲しい...と。
 氏名を明かさずメールでの依頼をしてみると...その後は草刈りから除外されました。

 綺麗に草刈りをした公園内で、雑草の藪地が目立っては困りますので、少し手入れをすることに。
 花は一部は園芸種もありますが、多くは野生種でした。樹木も数種あり、育ちすぎも懸念されます。
 夏は中を通れるように通路を造り、目立つ雑草は少し刈り取り、増えすぎた植物も制御しようと。
 通路を付けらたら...珍しい花が数種類持ち出されてしまったりもしました。(盗掘ですよね)

 それでも面積がかなり大きいので、個人の庭のようにはいきません。
 多くの種も飛んできて、新たな植物が出てきたりもします。
 全ての花が終わった晩秋or初冬には、枯れた植物など全体を刈り取ります。
 伸び放題の樹木の枝も一部剪定し、突然生えてきた樹木は根本から切り倒しています。

 前置きが長いですが、全体を見た感じの画像です。
 s-Can_20201118_102457_0.jpg
 既に枯れて倒れたもの、まだ茎がのこり立っているもの、雑然としてまさに藪地です。
 s-Can_20201118_102519_0.jpg
 中程に入ってみた状態。当初は無かった繁殖力の強い植物も増えていました。


 けっこうな面積ですが、この数年は野付ウシが一人で整理をして、冬を前に全てを刈り払っています。
 たまたま、農家の育ちなので鎌やノコギリの使い方はコツもわかっていますので、かなり作業は早いです。
 パッと見たらびっくりする面積かもしれませんが、毎年2回ほどに分けて3時間ほどで丸裸にします。

 s-Can_20201118_102548_0.jpg
 刈払い前の全体の様子ですが、奥の方の半分。 植物が残っている場所が「花園」です。
 s-Can_20201118_102554_0.jpg
 そして道路側の残る半分です。 落ち葉になっているところは、通常は芝生になっている公園内の敷地です。

 一回目の草刈りをはじめました。
 s-Can_20201118_104419_0.jpg
 緑の葉が残っていますが、これは「ナニワズ」(ジンチョウゲ科)で、既に来年用の花の準備が出来ていました。
 上の方に少し見えるのは「フッキソウ」ですが、これも春の花の蕾をすでに付けています。
 s-Can_20201118_104512_0.jpg
 低木の選定をしようとしたら・・・下に蜂の巣が落ちていました。何のハチが使ったの?模様はスズメバチとそっくり・・・
 s-Can_20201118_104528_0.jpg
 中は空っぽのようで、押したらバラバラっと崩れ落ちました。知らない内に蜂の巣が出来ていたんですね。
 s-Can_20201118_112338_0.jpg
 真ん中にある「シデコブシ」の花の木ですが、これも来年に向けての花芽が出来ていました。

 s-Can_20201118_105604_0.jpg
 大雑把に刈り取って一息入れた時に撮ったもの。半分ほどが終わった段階です。
 s-Can_20201118_113557_0.jpg
 ほぼ七割近くが終わったところで、初回は終わりにしました。
 この後に、刈り取った枯れ草を集めて2-3箇所に積み上げます。
 剪定したり切り取った幹や枝は、草とは分けて積み上げます。
 来春の公園の整備が行われる時に、一緒に片付けてくれるはず。

 s-Can_20201124_133829_0.jpg
 天気の崩れもあって、次の作業は5日後になりましたが、一気に片付けてしまいました。(奥のほうから撮影)
 見通しが悪かった木の枝や、急に伸びてきた木の幹もノコで切り倒し、スッキリしました。
 s-Can_20201124_135953_0.jpg
 低地になっているので、落ち葉がどんどん風で飛んできて積もっています。(道路側から撮影)
 この落葉も良い肥料になっているかもしれませんね。

 ここでは春~秋まで多くの花が咲きます(多分50種類は超えます)。今では貴重な花もあるんですよ。
 ただ、ここの手入れがいつまで可能かは、わかりません。
 公園の管理から申し入れがあれば、そこで終わろうと思っています。
 また、一人での手入れがキツくなったら、市に申し入れ全部処理してもらおうとも思っています。

 当初、ここに花を植えた人は高齢で手が付けられなくなり、放ったらかしにしたようです。
 近くの土手も似たような状態でしたが、そこは昨年に市の方で全部処置したようです。
 公園の一部でもありますから、他から苦情が入るようではマズイですしね。

 以上、毎年のように掲載していますが、初めての方のために、概略も再度掲載しました。
 さて、来年も草花の観察をし、写真を撮り楽しもうと思います。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

おはようございます
ボランティア、お疲れ様です
結構な広さのある公園と記憶しています
そこを一人でやるのですから、大変作業をやられているなと
頭の下がる思いで見ています

山親爺 #UI2ybpmM | URL
2020/11/26 08:21 | edit

手を入れるとキレイになるものですね♪

おはようございます。
お花好きの野付ウシさんならではのボランティア、このようなこともされていたのですね。
素敵なことです^^
お体を気遣いながら頑張って下さいね♪

樺 #2Qhy9eOU | URL
2020/11/26 09:27 | edit

Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。
自分で保存をお願いした手前、放っておけませんので。
それに花を楽しませてもらっていますので、少しは手入れしないとね。
あと数年かな..と思っています。

野付ウシ #- | URL
2020/11/26 10:58 | edit

Re: 樺さんへ

樺さん..コメントありがとうございます。
こんな場所に50種を超えるような、花たちが集まっています。
雑草として刈り取られるのは、忍びないとお願いしたものです。
ほぼ独り占め状態で楽しんでいますが、自然の草も多いので、増えすぎが怖いですね。
付近の人から「見苦しい」とか「汚いから」と言われれば、そこで終わりになります。
あと数年かな?と考えています。

野付ウシ #- | URL
2020/11/26 11:02 | edit

こんばんは。

なかなか出来ないことですね。
手入れも大変ですがここで花が咲くのを楽しみにしている人もきっといるでしょう。

でも盗掘はいけませんね。

お疲れさまでした。

aya #qrkYHVP6 | URL
2020/11/26 21:24 | edit

おはようございます。
お一人でコツコツとボランティアされていたんですね。
自然を愛する野付ウシさんらしい・・・尊敬します。m(__)m
手を入れてあげると見違えるように綺麗になりましたね♪ (*^_^*)

ケイ #UODr0Lv2 | URL
2020/11/27 07:10 | edit

こんにちわ

自然が好きな者でないと、絶対できないことです。
園芸品種の花も良いですが、自然の花も良いですよね。
いかにも公園というものより、自然な感じの公園が好きです。

閑人 #- | URL
2020/11/27 07:52 | edit

こんにちは
そこに住んでいるときはいつもその「花園」で 花を見せていただいておりました
監視されている人がいると知ったのはしばらくしてからで それが野付ウシ様だと知ったのはこのブログを知ったころだったと記憶しています
お花が好きですが詳しいことはあまり知らないで
管理されている方のご尽力に甘え ただただ拝見しておりました
せいぜいゴミを拾うぐらいで・・・

いつもいつもありがとうございます

最近になってようやっと 四季を通じてのお花や畑の管理について学ぶようになりました
今住んでいるところでも誰も管理することなく貴重なお花が前は咲いていたのに今はなくなってしまうなどしている場所もあります
少しでも 私も 思いあるうちに動けるうちに手をかけたいなと思っています 

Jam #- | URL
2020/11/27 12:37 | edit

Re: ayaさんへ

ayaさん..コメントありがとうございます。
結果として、自分が楽しみたいから、というのが本音でしょうね。
でもせっかく多くの花が咲く場所になっているので、全部刈り取られるのが勿体なくて。
年に数度の草刈りなので、今は大丈夫です。

野付ウシ #- | URL
2020/11/27 13:05 | edit

Re: ケイさんへ

ケイさん..コメントありがとうございます。
「ボランティア」と言われると恥ずかしい感じがします。
自分が言いだしたことなので、自分で管理するしかないですね。
豊かな自然の花たちが、バッサリと刈り取られるのが寂しいですから。
ここだけに集中できないので、ちょっと荒れぎみになると気がかりです。

野付ウシ #- | URL
2020/11/27 13:08 | edit

Re: 閑人さんへ

閑人さん..コメントありがとうございます。
自分は園芸種にはほとんど興味がありませんので、野生種の花がアチコチ咲く場所に執着しますね。
街なかの公園の片隅ですが、野生の花が多いのも不思議です。
草一つ生えない花畑より、イギリス風のガーデンみたいな感じが好きですね。

野付ウシ #- | URL
2020/11/27 13:21 | edit

Re: Jamさんへ

Jamさん..コメントありがとうございます。
意外と私が知らない多くの人も、この「花園」を見に来ているようで嬉しいです。
夏の終りにもカメラを持って熱心に花を撮っている女性を見かけました。
話しをすると、とにかく花が好きで、花園には珍しい花が時折咲くので、楽しみなんです..と。
そこのすぐ上に公的駐車場がありますが、その外側の草地にはプラゴミがたくさん散らかります。
車を停めて弁当を食べ、何故かゴミを捨てていくんですよね。私からすると本当に『何故?』です。
それが風に飛び、公園内へ散らばっていきます。
昨年に大きなビニール袋を持って、それらのゴミを集めたことがありますが、袋いっぱいになり驚きました。
そもそもは、私の個人的な思いで手を付けたもの、放ってもおけませんね(笑)
Jamさんのところは、長閑な地域ですからゴミ散乱も僅かでしょうね。
持ち主のいない花でもしっかり生きていますから、少しだけ助けて上げられるといいですね。

野付ウシ #- | URL
2020/11/27 13:32 | edit

よほど植物が好きでないと、
いや、好きでもなかなかできないことですよ。
野付ウシさんのおかげで、美しいお花が毎年咲いて、
それを楽しみにしている方がいらっしゃる...素敵なことですね。
ごみのポイ捨ては、本当に理解できないです(# ゚Д゚)

pil #- | URL
2020/11/27 17:07 | edit

Re: pilさんへ

pilさん..コメントありがとうございます。
確かに一部には楽しみにしている人がいました。(ほとんど実情は不明です)
私は元々は花が好きだなんて思ったことは無かったのですが、何がきっかけでしょう???
自然界で咲く花を見る機会は、確かに少なかったですけどね。

野付ウシ #- | URL
2020/11/27 19:08 | edit

こんばんは♪

野付ウシさんの積極的な働きかけにより、花園の構想が受け入れられて、
しかしそうなると、言い出した責任みたいなものが伴い、大変だった事でしょう。

皆で遣る ということは 誰も遣らない・・・職場でよく言われたことですが。。
仕事ならまだしも、ボランティアでこれだけの作業をするのは
強い気力と体力が必要だと思います。
ホントに 言うは易し 行うは難し ですね。

宣伝の画像によくあるような、使用前と使用後の比較・・・
ほんとにキレイに整備されて凄いです。で、こうなると自分の分身みたいな愛着がわいて
増々気合をがはいるでしょうね。
肩の痛みは如何ですか?くれぐれもムリをされませんように ご自愛ください。(*^o^*)

ささにしき #- | URL
2020/11/27 23:23 | edit

Re: ささにしきさんへ

ささにしきさん..コメントありがとうございます。
実際に自分で初めてみて、かなり厄介なこともわかってきました。
普通の藪地に花が散乱しているような状態で、どう整理していいのか・・・
割り切って「自然の野に花が出てきた」と思うことに。
邪魔過ぎるものは、見に行った時に鎌で切り取ったりもします。
花の蕾ができるころまで、花か雑草かの区別ができなくて。
まぁ好きでやっていることですから、辛くもないですね。

野付ウシ #- | URL
2020/11/28 09:32 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top