FC2ブログ

Welcome to my blog

秋深まる東尾根道

野付ウシ

野付ウシ

 昨日はこの秋二度目の氷点下(-1度)で、朝は霜で白くなりました。
 朝日ですぐに溶けてしまいましたが、一応は霜らしい霜となったわけです。
 冷えたということは朝から青空ということで、素晴らしい秋晴れの一日でしたよ。
 ほぼ終りを迎えている仁頃山で、十分に秋を満喫してきました。

 さて、今回は少し前の仁頃山登山の記録からですが、過日の西尾根に続き『東尾根ルート』です。
 西尾根ルートとほぼ同じですが、正式には登りで5.98kmです。(下りは別ルートで4.2km)
 紅葉も終盤で上の方は終わっているので、今回で東尾根の紅葉も終りでしょう。

  ※また似たような風景だらけですので、適当にスキップしてください。

 s-TG4-20201015-085341-0.jpg
 ①仁頃山の東新道から入り、分岐点から尾根道ルートへ進みます。
 s-TG4-20201015-085403-0.jpg
 ②このルートが厄介なのは、尾根を二つ横断してから、仁頃山本体への登山が始まるということです。
 s-TG4-20201015-090235-0.jpg
 ③あまり陽射しが当たらない尾根越えの道で、落葉はすっかり黒っぽくなっています。
 s-TG4-20201015-090605-0.jpg
 ④「ミヤマガマズミ」の赤い実がありました。

 s-TG4-20201015-091227-0.jpg
 ⑤登って降りて、登って降りて、これから本体の尾根道へ入ります。
 s-TG4-20201015-091659-0.jpg
 ⑥分厚く落葉が積もってきました。尾根道は歩く人数も少ないため、落葉も粉々に崩れません。
 s-TG4-20201015-092143-0.jpg
 ⑦尾根沿いを歩いていくので、ここからは陽射しも十分あたります。しばらく紅葉が楽しめます。
 s-TG4-20201015-092324-0.jpg
 ⑧赤いモミジが点在しています。
 s-TG4-20201015-092439-0.jpg
 ⑨カエデ、ミズナラ、カシワなどが混在し、とてもカラフルな登山道です。
 s-K70-20201015-093038-0.jpg
 ⑩やはり青空をバックに見るものですね。
 s-K70-20201015-093216-0.jpg
 ⑪あと2-3日で色合いも変わり、徐々にくすんだ色になるはずです。

 s-TG4-20201015-093801-0.jpg
 ⑫3分の2まで来ました。緩やかな尾根道はほんの少しで、また長い登りが続きます。

 s-K70-20201015-094210-0.jpg s-K70-20201015-094356-0.jpg s-K70-20201015-094423-0.jpg s-K70-20201015-094908-0.jpg
 ⑬-⑯尾根伝いに歩きますが、陽射しは左からなので右下はあまり目立ちませんでした。

 s-K70-20201015-095339-0.jpg s-K70-20201015-095957-0.jpg s-K70-20201015-100207-0.jpg s-K70-20201015-100650-0.jpg
 ⑰-⑳徐々に高度を上げていき、左右の遠景が見えるようになってきます。

 s-K70-20201015-100707-0.jpg
 ㉑いつも見ている方角とは少し異なり、下に見えてくる山肌も違います。
 s-K70-20201015-101352-0.jpg
 ㉒樹木の種類や配置も違うことで、紅葉の色合いもまた異なり新鮮に見えます。
 s-K70-20201015-101538-0.jpg
 ㉓いつもより東寄りからの下界の眺めです。

 s-K70-20201015-101743-0.jpg
 ㉔広葉樹と針葉樹が混在する(混交林)のは、北海道では特に珍しくは無いのですが、本州では少ないそうですね。
 野付ウシの住むオホーツク圏では、この「混交林」が特に多いのが特徴とも言われます。

 s-K70-20201015-101938-0.jpg
 ㉕東尾根道のルート上のピークに到着です。「オホーツク展望台」とも言いますが、この日はお天気ながら遠景見えず。
 ここから仁頃山の山頂はすぐです。
 いつもの場所なので特に画像は載せませんが、綺麗な紅葉を見て、気持ちの良い汗をかきました。

 紅葉目的のロングコースは、これで最後になるでしょう。
 雪が降るとロングコースはほとんど歩く人がいません(東尾根は時々利用されます)。

 またしても長いことお付き合い、ありがとうございました。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 18

There are no comments yet.
山親爺  

おはようございます
ここでは期の味覚の収穫は無かったですか
アップ、ダウンの多い登山道のようで
初心者は、敬遠したいところですね

2020/10/22 (Thu) 08:04 | EDIT | REPLY |   
閑人  
こんにちわ

けっこう距離がありますね。
冬も登られるんですか?

2020/10/22 (Thu) 08:14 | EDIT | REPLY |   
おけい  

こんにちは、最後の紅葉ですか、
何度見ても素晴らしいとしか言いようがないです。
今年はまだこんな紅葉を見てません…
登りで5.98kmですか、
いつもながら健脚でいらっしゃいますね♪

2020/10/22 (Thu) 08:27 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。
登山道は落葉で埋もれている状態ですので、キノコなどは探せないですね。
これから先は、倒木などに出る「エノキタケ」がメインですので、川沿いで見つかりますね。
秋の紅葉が終わりそうなので、ロングコースは静まり返るでしょう。

2020/10/22 (Thu) 08:34 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 閑人さんへ

閑人さん..コメントありがとうございます。
冬はスノーシューで山を登ります。積雪が少ない時期は中途半端ですが、
メインのコースは長靴でも大丈夫ですよ。吹雪でない限りは冬も登っています。

2020/10/22 (Thu) 08:35 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: おけいさんへ

おけいさん..コメントありがとうございます。
画像では一部しか見られませんね、360度紅葉の中を歩くのは楽しいですね。
おけいさんも経験あると思いますが、その日ごとに体調って違いますよね。
不思議にどんどん足が進むことがあり、平地と同じような足運びで登れるたりします。
特に急がなくてもいいんですが、ついついペースが上がったりしますね。

2020/10/22 (Thu) 08:39 | EDIT | REPLY |   
フォトハイカー  
おはようございます

花もいいけど、やっぱり紅葉が一番かな。
ましてや山の紅葉は格別です。
自然がありのままに色付いてくれるのが良いですね。

2020/10/22 (Thu) 09:31 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

秋色も残り少なくなったねぇ。。
白い季節がやってくる。
あぁあ・・この彩りはそのお詫びかなぁ~

2020/10/22 (Thu) 14:43 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: フォトハイカーさんへ

フォトハイカーさん..コメントありがとうございます。
紅葉は同じ場所に何度も訪れて撮ったりしますが、不思議と飽きないですね。
葉が落ちるまで、いえ葉が落ちても撮りにいったりしますね。
落葉が完全に色落ちするまでは、地面のグラデーションもいいですよね。

2020/10/22 (Thu) 16:03 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん、コメントありがとうございます。
今のうちに楽しんでおいてね..という自然からのプレゼントでしょうね。
色気の無い世界が長く続きますのでね。

2020/10/22 (Thu) 16:04 | EDIT | REPLY |   
aya  

こんばんは。

登って降りて、登って降りて、そして本体の尾根道へ。
きれいな紅葉、黄葉を見ながらですと疲れも吹き飛びますね。

上から見下ろした黄葉のきれいな事。
素晴らしい眺めです。

山の写真を撮る人のブログを拝見しますと、山に憧れます。
いいですね。

2020/10/22 (Thu) 20:29 | EDIT | REPLY |   
alpenkatze  

私も今週は二回山歩きしてきましたが、黄色もそちらの方が鮮やという印象です。
こっちの黄色はもっと暗い感じがするなあ。
赤は、住宅街で鮮やかな赤が見えてくることがあって、庭に植えられてるモミジだったりで、
これが日本の山、自然界で見られるんだなあとそれを見るたびに思ってしまいます。

2020/10/22 (Thu) 21:44 | EDIT | REPLY |   
ささにしき  
こんばんは♪

画像からは 晩秋の風情が漂ってきますね。
紅葉! 紅葉! とはしゃいでいるのはホンの一時みたいな。。

黄色がメインの紅葉もなかなかイイものですね。
これは北海道の特徴でしょうか? イエローラインが綺麗です。

野付ウシさんの紅葉便りも そろそろフィナーレでしょうか?
朝晩の冷え込みがけっこう強くなっているので、
初雪の便りも間近かでしょうか。^^♪

2020/10/22 (Thu) 22:52 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ayaさんへ

ayaさん..コメントありがとうございます。
キツイ登りですが、春の花の時と同様に、撮影で道草をくいながら登ります。
それが小休止の代わりになるため、疲れもあまり感じませんよ。
「錦織りなす」という言葉がありますが、山の上からの眺めはまさにそれです。
高い場所だからこそ見られる風景ですね。

2020/10/23 (Fri) 09:18 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: alpenkatzeさんへ

アルペン猫さん..コメントありがとうございます。
気象の条件だったり、樹木の種類だったり、多くの条件の違いなのでしょうね。
日本だと街の小さな公園でも十分に紅葉を楽しめます。
しかも最後を飾るイチョウは12月まで見られますね。
それの集大成が山の紅葉かもしれませんね。

2020/10/23 (Fri) 09:20 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ささにしきさんへ

ささにしきさん..コメントありがとうございます。
今年は9月頃の紅葉初期で、色がくすんだりチリチリの葉が目立ちました。
でも、その後に色づく葉は順調に変化したようです。
黄色も陽射しがあれば素晴らしい色合いになりますね。
松林が良いアクセントになって明暗を目立たせているかもしれません。
もう木の葉も少なくなってきましたので、そろそろフィナーレですね。
画像はドッサリ残りそうですが、ブログではもう少し出てくると思います。

2020/10/23 (Fri) 09:24 | EDIT | REPLY |   
watanabe  
きれいだね

先日歩いたコースなのでどの辺りの写真なのかがわかって楽しいです。
すっかり季節が変わって全体に黄色い山肌がきれいですね。
改めていい山だなーって思いました。

2020/10/24 (Sat) 13:05 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: watanabeさんへ

watanabeさん..コメントありがとうございます。
どうせなら紅葉の最中が良かったかもね。中腹から上はスカスカになりました。
今は麓も終わりそうな雰囲気です。
アチコチ歩いて感じるのは、適度な鍛錬の場所になり、花や紅葉も楽しめる「ほどよい山」だということ。
色んな魅力がコンパクトにまとまった山でしょうね。

2020/10/24 (Sat) 14:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply