FC2ブログ

Welcome to my blog

「音更山」登山

野付ウシ

野付ウシ

 日曜日(9/22)に東大雪の「音更山(おとふけやま) 1,932m」に登ってきました。
 実はこの山は一昨年に登った「石狩岳」のついでに登ろうと思っていた山なんです。
 急峻な登山道で知られる「シュナイダーコース」で登り、ヘロヘロになったため、音更山はパスしていました。
 前回と同じルートの方が少し近いのはわかっていましたが、ユニ石狩岳からの縦走ルートも見たくて...
  それで遠くキツイのも納得しながらの、ルート決定でした。(少し後悔しましたけどね)

 周辺Map
 まず、所在地ですが、左にトムラウシ、南にニペソツ、北には表大雪の山々があります。
 地図の左上の方面には旭川市があり、右上奥には野付ウシが住む北見市があります。
 自宅から2時間ほど走って、林道に入り更に12km走ったところが登山口です。(標高765m地点)

 s-ユニ・音更・石狩岳
 右下の「ユニ石狩岳登山口」からのスタートです。十国峠から左折して音更山へ向かうルートになります。
 なお、時間と体力の状態により「ユニ石狩岳」は判断することに。

 自宅を03:15に出て、現地には05:30到着・・・計算どおりです。
 駐車スペースは3-4台分しかなく、近くの路肩なども使うしかないですね。

 01s-TG4-20200920-055026-0.jpg
 ①05:45に入山届を記載してスタートです。笹刈りが終わったばかりのようですね。こんな道が延々と続きます。
 02s-TG4-20200920-055222-0.jpg
 ②足元でアチコチ生えていたのは「オシロイシメジ」で、一応は食べることができる種類です。
 03s-TG4-20200920-061119-0.jpg
 ③傾斜の緩やかな道が延々と続きます。ニペソツとかトムラウシもそうでした。
 04s-TG4-20200920-063225-0.jpg
 ④こんな標識とか「◯号目」の看板はほとんどなく、ピンクテープも稀にしかない状態でした。
 05s-TG4-20200920-064259-0.jpg
 ⑤少し傾斜がキツくなるあたりから、「ゴゼンタチバナの赤い実」がやたら多かったですね。
 06s-TG4-20200920-070743-0.jpg
 ⑥途中でチラッと遠くの山が見えますが、昨年登頂した「ニペソツ山」の姿でした。(右端がニペソツ山頂)

 07s-TG4-20200920-114633-0.jpg
 ⑦土と木の根が多く、時に岩がある斜面の道ですが、斜めのままで滑りやすい場所も多いですね。
 08s-TG4-20200920-tsuzuretake-0.jpg
 ⑧ん??キノコがありました。柄のザラザラなどから「ツヅレタケ」かと思いますが、食べられませんね。
 09s-K70-20200920-oobasunoki?-0
 ⑨急速に勾配がキツくなってきました。紅葉した葉の陰に黒い実が見えます。多分「オオバスノキ」かと。
 10s-K70-20200920-072030-0.jpg
 ⑩雰囲気が変わった感じで、十国峠も近いかな?と思ったのですが、まだまだ・・・
 11s-K70-20200920-072103-0.jpg
 ⑪左手遠くに見える山並みは、一昨年登った「石狩岳(1,967m)」と前後の山々です。

 12s-TG4-20200920-114452-0.jpg
 ⑫広い範囲に広がっていたのは、高山でよく見る「ミヤマハナゴケ」(地衣類)でした。
 13s-TG4-20200920-072456-1.jpg
 ⑬何度見ても面白いなぁ、と思います。地上のサンゴ草...そんな感じですよね。
 14s-TG4-20200920-072648-0.jpg
 ⑭いよいよ上が開けて見えるような感じですが・・・? いやいやまだ遠いんです。
 15s-TG4-20200920-072901-0.jpg
 ⑮右手前にドンと現れたのは、「ユニ石狩岳(1,756m)」です。 この先の十国峠が分岐点です。
 16s-K70-20200920-073049-0.jpg
 ⑯左後方の山も気になります。右のトンガリが「ニペソツ山」で、後方の横長の山が「ウペペサンケ山」です。

 17s-K70-20200920-073214-0.jpg
 ⑰バサバサっと音がしたので、上を見れば「アカゲラ」でした。すぐ奥にもう一羽いましたが、よく見えず。
 18s-TG4-20200920-073603-0.jpg
 ⑱高度も上がっていて、紅葉が目につくようになってきました。 いよいよ視界が開けるようです。
 19s-K70-20200920-074633-0.jpg
 ⑲ようやく辿り着いた十国峠(1,576m)です。ん?登山口から3時間半とか掛かるはずですが...2時間で来てしまった?
 先が長いので少しペースを落とさなきゃね。。。
 20s-K70-20200920-074722-0.jpg
 ⑳目の前に「ユニ石狩岳」が...ハイマツの中を縫うように道が見えています。 山頂まで登り1時間?本当?
 今回は見るだけにして、左側の「音更山」へ向かいます。 残りは3.3kmのようですが。
 21s-TG4-20200920-081204-0.jpg
 ㉑この辺からは真っ赤に染まった「ウラシマツツジ」が多くなるようです。

 今回は季節的に花はほぼ無いので、画像も少なくて済んでいます。
 よって、2回で完結させるようにしています。

 この先は次回に続きます・・・


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 14

There are no comments yet.
山親爺  

おはようございます
3時間半のところを2時間で、流石の健脚ですね
紅葉には少し早かったようですが、それなりに楽しめたのでしょうね

2020/09/24 (Thu) 09:05 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。
登山の時間目安はデータによりかなり時間に差がありますね。
その時に登った担当者の参考値を使うからでしょうか。
まぁ少し多めに書いておくのが無難なのでしょう。
紅葉は一分の山の斜面で見られましたが、全体としては綺麗な色づきになっていません。
今年はあまり期待できないでしょうね。

2020/09/24 (Thu) 13:39 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

すごいなぁ~
ほんと健脚だわ。
「地上のサンゴ草」面白いね。

2020/09/24 (Thu) 13:52 | EDIT | REPLY |   
メリル2020  
こんにちは(^^)

アカゲラ、可愛い!
綺麗に撮れてますね~絵葉書みたいです。

ミヤマハナゴケ・・・初めて見ました。
雪みたいにも見えますね
山の上の方には、知らない植物がいっぱいです。
大自然は癒されますね(^^)

2020/09/24 (Thu) 14:18 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。
最初は元気だったんですが、尾根を2つも3つも超える途中でガックリ気力も落ちました。
縦走ルートは相当キツかったですよ。
「地上のサンゴ草」は1,500mクラス以上の山なら、ほとんど見られますね。

2020/09/24 (Thu) 14:40 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: メリル2020さんへ

メリル2020さん..コメントありがとうございます。
地元の山ではよく見るアカゲラですが、他の山で登山中に出くわしたのは初めてでした。
ミヤマハナゴケは遠くから見ると「白い木の根?」みたいに見えます。
名前はコケですが、地衣類で普通の植物ではないですね。真っ白で綺麗です。
山歩きは花や小動物、昆虫などでも予想しないものに遭遇したりします。
空気も美味しいし、緑は目に優しい...いい事だらけですね。

2020/09/24 (Thu) 14:45 | EDIT | REPLY |   
閑人  
こんにちわ

音更の道の駅で、数年前に車中泊したと思います。
音更山は山の本で見ましたが、とても行けそうも思いませんでした。
きつい山でしょう。

2020/09/24 (Thu) 15:48 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 閑人さんへ

閑人さん..コメントありがとうございます。
どちらから登っても、キツイ山ですね。距離的には石狩岳の分岐点からの方が近いでしょう。
でも石狩岳もけっこうな時間を要しますので、日帰りだと双方は厳しいですね。

2020/09/24 (Thu) 16:09 | EDIT | REPLY |   
aya  

こんばんは。

かなりきつい山のようですね。
お疲れさまでした。
ミヤマハナゴケは本当にサンゴのような形で面白いですね。

今日は朝から出かけていて、帰ってから急いでブログ訪問です。(;^ω^)

2020/09/24 (Thu) 20:20 | EDIT | REPLY |   
alpenkatze  

そんな真夜中に出発されるんですね!
睡眠時間はそういう時はどれくらい取られてるんでしょう?
”〇合目”のような標識は日本独特なのかなあ。
こちらだと残り時間の表記だけで、距離の表記もないです。
今の季節はお花も少なく、わりあいサクサクと先に進めますよね(笑)。

2020/09/24 (Thu) 22:17 | EDIT | REPLY |   
ケイ  

おはようございます。
3時間半の予定を2時間って、すごいです。
⑯の写真を拝見すると登られている山の高さがわかりますね。
ほんと、すご~い!しか言葉が出て来ません。(^^ゞ
アカゲラって鮮やかな色をしているんですね、綺麗です♪

2020/09/25 (Fri) 05:49 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ayaさんへ

ayaさん..コメントありがとうございます。リコメ遅れました。
一つの山に登るだけなら、比較的ラクなのですが、尾根伝いに3つほど山を越えますので、きついです。
ミヤマハナゴケは触っても、カサカサと行きている感じがしませんでしたね。
いつも忙しいなかをコメントありがとうございます。

2020/09/25 (Fri) 09:27 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: alpenkatzeさんへ

アルペン猫さん..コメントありがとうございます。
中途半端に宿泊をしても、どうせ眠れないので自宅で2-3時間でも寝てから出かけます。
どちらにしても熟睡できませんね。帰宅した夜も身体が興奮しているのか、よく眠れません。
山によりますが、荒れた長距離の登山道は、ほとんど標識も無いですね。
最初はあったのかもしれませんが、朽ちてから交換もないのでしょう。
まぁ時間と距離はおよそ事前に把握はしますけどね。
これで花の時期なら道草の時間が増えそうですね。

2020/09/25 (Fri) 09:31 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ケイさんへ

ケイさん..コメントありがとうございます。
時間はペース配分で大きく変わりますが、今回は最初のなだらかな道をハイペースで歩きました。
それと途中の休憩は、私の場合はほんの数分だけなので、そのぶんも時間短縮になるのでしょうね。
雄大な山ならでは、山本体までの距離も長いんですよ。
アカゲラは大きさではハトくらいですね、オオアカゲラとかクマゲラはもっと大きいです。
野鳥は雄が特にカラフルですよね。

2020/09/25 (Fri) 09:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply