FC2ブログ

Welcome to my blog

「標高年」の大雪山緑岳 その2

野付ウシ

野付ウシ

 昨日も良いお天気でしたが、思ったほど気温は上がらず27度でした。
 仁頃山へ登っていましたが、蚊やアブが一気に増えていた感じがします。
 それを追い払うためにウチワ持参で山歩きしています。
 防虫剤では防ぎきれません(虫除け線香も炊いてますが)...一ヶ月ほどしたら落ち着くはずです。


 さて、大雪山『緑岳』の続編になります。

 04s-TG4-20200729-072031-0.jpg
 ①お花畑を過ぎてちょっとした岩場を登りますが、その手前は急勾配の雪渓があり大変危険です。
 滑り落ちたら...どこまで落ちるんだろう???
 05s-TG4-20200729-072039-0.jpg
 ②雪渓の狭いところを横断して、岩を登ります。 何も見えませんけど・・・
 06s-TG4-20200729-haiotogiri-0.jpg
 ③崖を登ったところに咲くのは「ハイオトギリ」です。そっくりさん多いですが、花弁や葉の形で区別しますね。
 07s-TG4-20200729-umebachi_yamahahako-0.jpg
 ④仁頃山でも見られる「ヤマハハコ」です。これからピークですね。
 08s-TG4-20200729-shiraneninjin-0.jpg
 ⑤セリ科の似たような小さな花は、数種類見掛けましたが、これは葉の形から「シラネニンジン」でしょう。
 09s-TG4-20200729-marubashimo-0.jpg
 ⑥ハイマツ帯の中に埋もれるように咲くのは「マルバシモツケ」です。 歩いていて腰から下が朝露でかなり濡れました。

 10s-TG4-20200729-074055-0.jpg
 ⑦ハイマツの切れ間から緑だけの方を見ましたが、霧の中でさっぱり見えず。
 11s-TG4-20200729-chishimaokin-0.jpg
 ⑧ちょっとした沢を通るときに「チシマノキンバイソウ」が群れていました。花は4-5cmと大きめです。
 12s-TG4-20200729-yukibatohiren-0.jpg
 ⑨毎年たのしみにしている花で「ユキバトウヒレン」です。(アザミの仲間です)
 13s-TG4-20200729-074626-0.jpg
 ⑩この仲間は変異が大きく、葉の形などじっくり見る必要があります。
 14s-TG4-20200729-074803-0.jpg
 ⑪今時期は山でよく見る「ハイマツ」の花です。 通る時に花粉が飛びますね。
 15s-TG4-20200729-075050-0.jpg
 ⑫「エゾイブキトラノオ」(イブキトラノオ)です。白と薄いピンクああります。
 16s-TG4-20200729-nagabakitaaz-0.jpg
 ⑬「ナガバキタアザミ」ですが、先程のトウヒレンにも似てます。
 17s-TG4-20200729-isotutuji-0.jpg
 高山では今時期どこでも見られる「イソツツジ」ですね。
 ⑭ハイマツの中を歩くのも終わりです。この先はイワゴロの急斜面を登ることになります。

 18s-TG4-20200729-nanndakke-0.jpg
 ⑮岩場の入り口あたりにたくさん見られた植物ですが...まだ思い出せないので画像だけ・・・
 19s-TG4-20200729-080428-0.jpg
 ⑯ほとんど見えませんが、足元をしっかり見れば迷うことも無いです。目印の黄色のペンキが岩に付いてます。
 20s-TG4-20200729-080613-0.jpg
 ⑰これも山では良く見る「イワブクロ」ですね。
 21s-TG4-20200729-kokemomo-0.jpg
 ⑱足元にあった小さな赤いものは?「コケモモ」でした。 この山ではあまり多くないようです。
 22s-Ca-20200729-081716-0.jpg
 ⑲こんな感じのイワイワの道ですが、普通に歩いても滑ったりはしませんね。小さい岩はグラっときますが・・・
 23s-TG4-20200729-ezoiwatume-0.jpg
 ⑳砂礫地によく見られるナデシコ科の「エゾイワツメクサ」です。
 24s-TG4-20200729-082407-0.jpg
 ㉑このツメクサの仲間は花は小さいのですが、野付ウシが好きな花です。

 25s-TG4-20200729-meakankinbai-0.jpg
 ㉒岩場の真ん中より上の方で咲くのは「メアカンキンバイ」です。陽射しが無いので開き方が弱いです。
 26s-TG4-20200729-himeiwatade-0.jpg
 ㉓山頂付近にも多い「ヒメイワタデ」です。 (似た花のオンタデはウラジロタデと見分けが難しいですね)
 27s-Ca-20200729-chishimatsuga-0.jpg
 ㉔高山植物では大好きな花の一つ「チシマツガザクラ」です。 高さは5cm前後で群生がよく見られます。
 28s-TG4-20200729-083125-0.jpg
 ㉕色といい形といい、本当に可愛らしい花ですよね。
 30s-Ca-20200729-084213-0.jpg
 ㉖「シロサマニヨモギ」です。名前は白ですが毛で覆われ白っぽく見えることから。でも花は黄色っぽいです。
 29s-TG4-20200729-shirosamaniyo-0.jpg
 ㉗この花もそっくりさんが多くて、パッと見て迷うようなものばかりです。
 31s-TG4-20200729-miyamahanagoke-0.jpg
 ㉘平山や赤岳でも見掛けた「ミヤマハナゴケ」です。サンゴ草みたいな感じがしますね。
 32s-TG4-20200729-chishimakinre-0.jpg
 ㉙岩場ながらも多くの花が咲いています。これが緑岳の素晴らしさ。黄色い花は「チシマキンレイカ」です。
 33s-Ca-20200729-chishimagikyo-0.jpg
 ㉚もう少しで山頂です。登山道脇には「チシマギキョウ」が咲いています。

 34s-Ca-20200729-084310-0.jpg
 ㉛このとき、雲がフワーッと流れて青空が見えました。オオオ! 晴れるか!(朝一番で山へ向かった女性が見えました)
 35s-Ca-20200729-084528-0.jpg
 ㉜谷の向こう側は「白雲岳」です。7月11日に赤岳から登り「ゼブラ模様」を眺めた山です。
 36s-Ca-20200729-084626-0.jpg
 ㉝ようやく山頂に到着です。所要2時間40分ほどでした。途中で追い越された男性二人がいました。
 37s-TG4-20200729-085327-0.jpg
 ㉞標高2020mで、今年の西暦と同じですね。これが「標高年」です。良い記念にもなりました。
 39s-TG4-20200729-084801-0.jpg
 ㉟女性一人加えて3名+野付ウシです。この日は登山者が少なくほんの数人とスライドしただけでした。
 38s-Ca-20200729-kiageha-0.jpg
 ㊱何故かこんな岩場に「キアゲハ」が飛び回っていました。お祝いに来てくれたかな? 止まったところをパチリ!

 40s-TG4-20200729-084817-0.jpg
 ㊲白雲岳ですが、この山の向こう側に大雪山の主峰「旭岳」があります。
 左手に向かって「高根ヶ原」を進めば、忠別岳、トムラウシへと縦走ができます。
 右手に行くと広大な噴火口「お鉢」の周りに多くの山が控えています。

 一息入れてから、白雲岳の麓にある「白雲岳避難小屋」へ向かいます。。。次回へ



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 22

There are no comments yet.
山親爺  

おはようございます
急こう配の雪渓に驚愕 凄いところを歩いているのですね!

山爺地方も、ヤブ蚊やアブが異常発生
蚊取り線香を焚いてはいるのですが
追いつかなく、刺されることが多いです

2020/08/02 (Sun) 08:52 | EDIT | REPLY |   
ハマナス  

おはようございます。
緑岳の標高2020⒨に替えられたのですね。
昨年、今年と標高年に!
2020のうちに、一度登りに行かなくてはですね。
ちょっと、低血圧の体調戻さないと・

台風の進路が・
大雨にならないことを祈って。

2020/08/02 (Sun) 09:03 | EDIT | REPLY |   
マラどーな  

「標高年」おめでとうございます。すごい記念になりますね。

2020/08/02 (Sun) 11:13 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

野付ウシさんも皆さんも元気だねぇ~
昨日のこちらの最高気温は31.5℃
へたばってました。
これから続くんだろうなぁ・・・(= ω =;)

2020/08/02 (Sun) 11:46 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。
見るからに危ない場所は、特に慎重に動きますので、かえって事故にならないですね。
安心できる普通の道でよく転んだりします(笑)
7月末頃から急に増えてきたようです。まぁ夏ですから当然かも。

2020/08/02 (Sun) 14:40 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re:ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。
標高の表示は整数にするようになり、緑岳は小数点切り上げで二年続けて標高年扱いができますね。
花の時期にどうしても行っておきたかった山です。
7月はあと一箇所行きたかったのですが、天候が合わずに5箇所で終わりました。
残り何箇所いけるかなぁ・・・ちょっといきなり暑すぎですね。

2020/08/02 (Sun) 14:46 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: マラどーなさんへ

マラどーなさん..コメントありがとうございます。
この山は、昨年も標高年扱いだったんですよ。標高は2,019.9mですので。
山の標高を小数点以下表示しないようになり、四捨五入で2,020mになったわけです。
昨年も登ったので、間違いなく標高年に登山したことになりますね。

2020/08/02 (Sun) 14:51 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。
気持ちを前向きにしておかないと、一気にヘタリますからね。
動く時は朝からササッと行動開始ですね。
こちらは本日29.7度でした。ゆるい風が気持ちいいですが、陽射しジリジリ強いです。

2020/08/02 (Sun) 14:53 | EDIT | REPLY |   
メリル2020  
こんにちは(^^)

2020年に、標高2020登頂、おめでとうございます!

昔、何かの小説でよみましたが
高山植物も生息の限界があり
上に行くほど、ハイ松と岩だけになり・・・と
そのハイ松をはじめてみました。
花が咲くのですね。
アゲハチョウが、いたのにはびっくりです!

山頂では、雲が切れてよかったですね。(^^)

2020/08/02 (Sun) 17:25 | EDIT | REPLY |   
閑人  
こんにちわ

なるほど、標高年ですね。
やっと、分かりました
2時間40分ですか、標準タイムよりだいぶ短いでしょう。
健脚ですね。

2020/08/02 (Sun) 17:56 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: メリル2020さんへ

メリル2020さん、コメントありがとうございます。
ハイマツも一定高度までで、その先は岩と砂になります。
そういう厳しい環境にも多くの高山植物が咲いています。感動的ですよ。
花が多いから?それにしても山頂でアゲハを見るとは思いませんですたよ。

2020/08/02 (Sun) 19:40 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 閑人さんへ

閑人さん..コメントありがとうございます。
標高と西暦年が同じ年には登山者が増えます。今年はコロナの影響もあって少ないかもしれません。
写真ばかりで道草を食ってますから、あまり早いとは言えませんね。
通常は3時間が標準タイムと言われます。
春から膝が痛いので、かなり抑制しながら歩いています。特に下りが衝撃で痛みます。。。無理はしませんが。

2020/08/02 (Sun) 19:43 | EDIT | REPLY |   
alpenkatze  

最初の雪渓の写真を見て、私は一人だったらここで引き返してるかも…と思いました(汗)。
踏み跡ができてる箇所でも怖くて躊躇しそうです(-∀-;)
でもその後もお花が多くて、そして青空も広がって、頑張って歩いたご褒美に見えてしまいますね~。
こちらで咲いてる花と似てるのもけっこうあるけど、㉔のチシマツガザクラみたいなのは見たことないかも?
かわいらしい花ですね、いいなあ♪
キアゲハはこちらの山でも時々見かけます^^

2020/08/02 (Sun) 19:44 | EDIT | REPLY |   
おけい  

こんばんは、さすが大雪、雪渓もまだまだ多いですね♪
お花も豊富、これぞ夏山の風景ですね。

2020/08/02 (Sun) 20:44 | EDIT | REPLY |   
ささにしき  
こんばんは♪

大雪山系は北海道の屋根と言われているそうですね。
実は今、BSテレビで阿寒湖を挟んで雄阿寒岳と雌阿寒岳を登る
山岳ガイドさんの放映がありました。

先日野付ウシさんのブログで見せて頂いたばかりなので、
目をくぎ付けにしながら、一方では野付ウシさんのこの記事を見ながら、
なので所々で重なったりして・・・
北海道の大自然の風を感じながらとても興味深かったです。

野付ウシさんのの記事ではさり気なく紹介されてましたが
(そう感じていました)
テレビからは、大自然の威力、美しさが次々と流れて・・・
野付ウシさんからの 人間の小ささ、謙虚さのメッセージみたいなモノを
逆に感じました。

高山植物・・・見たことも無い花ばかりです。
登った人しか見ることが出来ないのですよね。。。
苦しいでしょうけれどとても贅沢な時間と空間ですね。

2020/08/02 (Sun) 21:14 | EDIT | REPLY |   
pil  

視界は悪いし、急勾配、雪渓...怖すぎますw
でも途中からはガスも晴れて青空が♪
こんな時は「よっしゃ~!」と心の中でガッツポーズなのでしょうね(*´艸`*)
お山の植物は、花がきれいなだけでなく、
葉が青々として虫食いもなく、美しいですね~(*^-^*)

2020/08/02 (Sun) 21:31 | EDIT | REPLY |   
ケイ  

おはようございます。
すごい霧ですね。足もとの黄色いペンキを頼りにあの岩場をあるくなんてスゴイ!! (^^;
霧がはれた空、見事な景色に感動しました♪
チシマツガザクラ、ほんと可愛いですね。
続きを楽しみにしております。(*^_^*)

2020/08/03 (Mon) 05:37 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: alpenkatzeさんへ

alpenkatzeさん..コメントありがとうございます。
一ヶ月ほど前なら、かなり危険だったかもしれませんね。
今時期は雪も締まってますので、大丈夫(時に踏み抜きありますが)
青空は時々出る程度でしたが、風も弱かったので条件ではまぁまぁでした。
高山でも大きなチョウは時に見ますね。

2020/08/03 (Mon) 09:03 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: おけいさんへ

おけいさん..コメントありがとうございます。
今も残る雪渓ですが、8月中にはほぼ消えて谷筋だけ残りますね。
今回のルートは花の多い場所を選びました。できれば黒岳方面も見たかったです。

2020/08/03 (Mon) 09:04 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ささにしきさんへ

ささにしきさん..コメントありがとうございます。
少し前に登った雌阿寒と雄阿寒ですが、TVでやってましたか。
北海道は比較的低い山でも、本州の3千メートル級の自然環境に当たります。
まだ一部を除き自然が守られていますね。
山の景色や花を見られると、途端に疲れも飛んじゃいますよ。

2020/08/03 (Mon) 09:08 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: pilさんへ

pilさん..コメントありがとうございます。
今回のルートは何度も歩いているので、視界が効かなくても普通に歩けました。
登山者も多いルートで踏み跡もしっかりあるので、大丈夫です。
一気に視界が開けた時は、一人で声を出したりしてますね(笑)
標高が高くなるほど虫などは減りますね。花の大敵は虫より気象条件でしょう。

2020/08/03 (Mon) 09:14 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ケイさんへ

ケイさん..コメントありがとうございます。
比較的雲に隠れた時間も多かったので、ササーッと雲が切れた時は感動モノですよ。
やはり青空を背景に景色を見たいですからね。
高い山ほど花が綺麗に見えますね。疲れも癒やされます。

2020/08/03 (Mon) 09:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply