FC2ブログ

霧の藻琴山

野付ウシ

野付ウシ

 一昨日は30度、昨日は29度と気温の高い状態になっています。
 今日は陽射しが無いようなので、夏日に届くかどうか..という予報です。
 地域によって今日は七夕・・・8月7日のところもあります...旧暦がらみですから、ねぇ。


 先週末のこと、本来は阿寒方面の山を予定していましたが、予報がコロッと変わったので行き先を変更。
 屈斜路湖そばにある標高1,000mの「藻琴山」へ行きました。(今年2月末に雪の中を登っています)
 登山口には車で1時間ほどの距離なので、普通に朝食を取ってから出発しました。
 途中から見える藻琴山は、上の方が雲に隠れていましたが、朝のうちだけだろうと思っていました。

 s-Ca-20200704-090442-0.jpg
 ①スタートの「ハイランド小清水」駐車場は...濃い霧でよく見えません。ハイランドの建物も、別棟のトイレも霧の中・・・
 土曜日とあってか、登山客は家族連れや友人同士など予想外に多かったです。
 s-TG3-20200704-091552-0.jpg
 ②湖のそばなので、朝は霧がかかってもやむなしか。 そう思いつつ09:15登山口からスタートです。
 ところで、このスタート位置ですが、既に山の七合目に近いんですよ。散歩がてらに登れる山なんです。
 s-TG3-20200704-092109-0.jpg
 ③ハイマツの中の登山道を淡々と進みます。雨が降るとドロドロになるような石と土の道です。
 s-TG3-20200704-092221-0.jpg
 ④あっという間に八合目です。こういう山なので子供連れや高齢者も多いのです。
 s-TG3-20200704-092311-0.jpg
 ⑤「エゾフウロ」の花です。今時期が見頃でしょう。
 s-TG3-20200704-092648-0.jpg
 ⑥「ゴゼンタチバナ」ですが、この花は山のいたるところで群生しています。
 s-TG3-20200704-092943-0.jpg
 ⑦「ミヤマオダマキ」もまだ元気でした。(いつも通う仁頃山ではもう終わりを迎えています)
 
 s-TG3-20200704-093050-0.jpg
 ⑧これから先に各高山で見られる「コケモモ」です。
 s-TG3-20200704-093255-0.jpg
 ⑨ちょっと広い場所へ出ました。ここはハイマツに覆われていませんが、地蔵さんがあります(子供?)
 その前にある箱には小銭がたくさん入ってます。1円~100円硬化まで。500円は無かったですが...
 s-TG3-20200704-093517-0.jpg
 ⑩そのすぐ上には「天涯の桜」と呼ばれる「チシマザクラ」の木と説明板があります。桜は既に終わっていました。
 s-TG3-20200704-093557-0.jpg
 ⑪もう九合目です。 九合目まであっという間ですが、ココから山頂までは意外と長いんですよ。

 s-TG3-20200704-094335-0.jpg
 ⑫ツツジ科の「オオバスノキ」です。
 s-TG3-20200704-094204-0.jpg
 ⑬花が小さくて可愛らしいですね。
 s-TG3-20200704-094827-0.jpg
 ⑭これは「マルバシモツケ」かと思うのですが、「エゾシモツケ」とは葉の違いだけです。
 s-TG3-20200704-094516-0.jpg
 ⑮マルバといっても真ん丸ではなく、先が鈍い鋸歯になっていて、エゾシモツケと僅かな違いなんですよね。
 s-TG3-20200704-094622-0.jpg
 ⑯この花と葉で「ナナカマド」とわかりますが、高山にある背の低い「タカネナナカマド」かと思われます。

 s-TG3-20200704-095035-0.jpg
 ⑰山頂まであと860mです。本来は左側は急斜面になっていて、その下は屈斜路湖なのですが、霧で何も見えません。
 s-TG3-20200704-095457-0.jpg
 ⑱「屏風岩」です。屏風のように突き出した岩ですが、ゴジラの背中みたい..とも言われますね。
 s-TG3-20200704-100643-0.jpg
 ⑲もう山頂に到着です。一人だけ先客がいましたが、崖になって怖いのか、少し下がった場所で休んでいました。
 この場所はとても狭く、切り立った崖の上にあります。
 次の家族も登ってくるので、早々に降りることにしました。

 s-TG3-20200704-100725-0.jpg
 ⑳切り立った崖の途中に黄色い花が...「ゼンテイカ」でしょうか。エゾキスゲとは花の付き方が違います。
 s-TG3-20200704-101041-0.jpg
 ㉑ょっと変わった花ですが「チシマヒョウタンボク」のようです。同じ仲間とは葉の形で区分できます。
 s-TG3-20200704-101105-0.jpg
 ㉒低山では既に終わっている「マイヅルソウ」もまだ元気に咲いていました。
 s-TG3-20200704-102035-0.jpg
 ㉓「ヤマブキショウマ」ですが、まだ蕾の状態です。
 
 下山の途中では多くの家族連れとすれ違いました。
 霧が掛かってなければ、素晴らしい景色が見られたのに残念です。

 s-TG3-20200704-104728-0.jpg
 ㉔駐車場に戻ってきました。まだ霧が深いですが、駐車場は概ね満杯のようです。 右手にトイレが見えます。
 s-TG3-20200704-105316-0.jpg
 ㉕駐車場を横切って「ハイランド小清水」の建物へ行ってみました。
 中には休憩場所と軽食などがとれる場所がありますが、誰もお客さんはいません。
 カウンターに女性が一人だけ...何かの応募ハガキをくれたので、記入して投函。(確認もせず応募しました)
 s-TG3-20200704-105355-0.jpg
 ㉖本来はここから斜里岳をはじめとした山々、オホーツク海、屈斜路湖が見えるのですが、霧の中です・・・
 
 車に戻り、一旦川湯方面へ移動し、途中の展望台へ寄ってみることに。
 s-K70-20200704-105840-0.jpg
 ㉗少し高度を下げると、霧は掛かっていませんでしたので、屈斜路湖が見えました! 遠くの山の上は雲に隠れています。
 s-K70-20200704-105859-0.jpg
 ㉘今、降りてきた藻琴山方向を見れば・・・中央に見えるはずの山頂は雲(霧)に隠れたままでした。

 あまりに時間も早かったので、いつものように摩周湖へでも..と思いましたが多分霧に隠れているだろうと思い、
  このまま海側の小清水に出「て原生花園」に寄ることにしました。

 この先は次回にて掲載します。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 16

There are no comments yet.
山親爺  

おはようございます
結構な人出だったようですね
比較的、楽に登れる山みたいですから
人気があるのでしょうね

今日は、25℃前後の気温になりそうで
昨日よりは、いくらか過ごしやすくなる此方です

2020/07/07 (Tue) 08:20 | EDIT | REPLY |   
れみわ  

こんにちは
ヤマブキショウマの蕾の形がおもしろいですね
真ん中の星型したのはヒトデに見えて新しい発見でした

2020/07/07 (Tue) 09:06 | EDIT | REPLY |   
ハマナス  
またお天気が・

今週はまた雨・雲の日が多くなってしまいそうですね
土曜日は私は仁頃山でした。
北見は晴れていましたが、藻琴山は湖の傍なのでガスの日が多いですね。
翌く日曜日は、雲海がかかって良いお天気のようでした。
お花が多くなってきましたので、近いうちに行きたいのですが…
空模様と相談ですね。

2020/07/07 (Tue) 09:38 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。
キツイ場所がほとんどないため、ピクニック気分で行けますよ。
せっかく家族連れが多かったのに、お天気が残念な状態でした。
こちらも今日は雲が掛かって気温は25度ほどで済むようです。

2020/07/07 (Tue) 11:35 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。
さすが、よく見てますねぇ。たまたま撮った角度でそう見えたようです。
自分でも気づいていませんでしたよ。ありがとうございました!

2020/07/07 (Tue) 11:38 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。
花は少し遅かった感じですね。それは予想していましたので、「補足」として原生花園まわりました。
6月後半から天気がねぇ...週末以降、来週には北大雪や表大雪に出かけようと思っています。
やはり天気と相談ですね。

2020/07/07 (Tue) 11:40 | EDIT | REPLY |   
おけい  

こんにちは、「藻琴山」もお花がいろいろ咲いてますね。
次の機会には登ってみたいと思っている山です
車がいっぱい人気の山ですね♪

こちらの展望台にある山では
羅臼岳、斜里岳、雄阿寒岳に登りました、
どちらもなかなか大変でしたがよい思い出ばかりです^^

2020/07/07 (Tue) 15:54 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: おけいさんへ

おけいさん..コメントありがとうございます。
藻琴山はもう少し下から登る道もありますが、多くはこの場所から登ります。
主要な山は登ったようですね。記載の三山は確かにタフな山でもあります。
標高の割にはキツイ場所もありますね。実はこの翌日に雄阿寒岳に登っています。
これからいよいよ大雪山方面にチャレンジです。
今年は何箇所行けるかなぁ。。。

2020/07/07 (Tue) 16:25 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

霧に~♪
っていう歌ありましたね。布施明さんの歌。

ほんと車がいっぱい。
自粛が終わって、皆さんお出かけかな?

蒸し蒸しの中の登山、いっぱい汗をかいたでしょう。
帰ったからのビールがうまい・・とか?
あれっ?飲むんだった?

2020/07/07 (Tue) 16:43 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。
土曜日だったことで、友人や家族と来たのでしょうね。天気予報は曇りのち晴れでしたが...雲が低すぎましたね。
陽射しがないため空気は冷っとしていて、汗かかないで往復できました。
その後は原生花園など歩き回ってから、網走経由で帰宅...酒は飲めますが、晩酌もしません。
ビールは家でほとんど飲まないですね。冷えたジュース、サイダー、コーヒーなどが美味しい!

2020/07/07 (Tue) 17:32 | EDIT | REPLY |   
aya  

こんにちは。

駐車場のあたりは霧が濃いですね。
それにしてもたくさんの車ですね。

エゾフウロは薄いムラサキっぽい花ですか。
フウロの仲間だと思いますが、白やピンクを見たことがあります。

25のハイランド小清水の柵のところに自転車ですか?
拡大してみましたが写真は大きくなりませんでした。
自転車に見えますが、こんなところまで自転車で行かれるのでしょうか。
ちょっと不思議に感じました。(*^▽^*)

2020/07/07 (Tue) 17:37 | EDIT | REPLY |   
フォトハイカー  
こんばんは

霧の風景は良いですが、濃すぎてはどうにもなりませんね。
でもまさに今の山は花盛りですね。
こんなにたくさんの花が咲いて疲れも吹っ飛んでしまうのでは。
花はウキウキさせてくれます。
こちらも梅雨が明けると高山の花の季節になります。
今年は挑戦してみるかな?

2020/07/07 (Tue) 19:58 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ayaさんへ

ayaさん..コメントありがとうございます。
隣りにある屈斜路湖の影響で霧は出やすいのですが、朝のうちだけと思っていました。
エゾフウロは薄紫でしょうか、薄いピンクとも言えますかね。
駐車場の横に自転車を引っ掛けるものがあります。今は自転車を車に積んで旅行する人もいますのでね。
峠の頂上ですから、ドッチに向かっても長いダウンヒルが楽しめそうです。
眺めも素晴らしいですので、素晴らしいサイクリングが楽しめます。
複数の人で来ればドライバー以外は自転車を楽しむことも出来るんですよ。
下まで降りてまた車に積んでオシマイです。

2020/07/07 (Tue) 19:59 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: フォトハイカーさんへ

フォトハイカーさん..コメントありがとうございます。
ここは標高千メートルなので、高山植物は特に多くはないですが、ちょうど平地との中間層となりますね。
これからは1,500~2,000mクラスの山へ行きますが、花に出会うのはとても楽しみです。
写真に気を取られ歩きが遅くなってしまうのが心配ですが(笑)

2020/07/07 (Tue) 20:02 | EDIT | REPLY |   
ケイ  

おはようございます。
土日は人が多いようですね。
マルバシモツケやナナカマドの花がコデマリに似ているように見えるのは、アップで見せてもらっているからですか?
実際に見ると大きさとか別物ですかね。
屈斜路湖、いい眺めですね~♪ 

2020/07/08 (Wed) 05:31 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ケイさんへ

ケイさん..コメントありがとうございます。
少しずつ人の動きが出てきたようです。
コデマリとマルバ..ナナカマド..同じバラ科の植物で、花も似た感じはあります。
遠目に見れば似ているのはマルバシモツケとコデマリですかね。コデマリの方が丸い花の部分は大きいです。
屈斜路湖は朝夕に七変化..そんな感じで、色合いも変化し、時には雲海で覆われます。

2020/07/08 (Wed) 08:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply