FC2ブログ

Welcome to my blog

雌阿寒岳と温泉

野付ウシ

野付ウシ

 昨日も30度は超えましたが、爽やかな風も時折吹いていって、気持ちよかったです。
 仁頃山へ登っていましたが、樹林の中を歩いている時は風も当たらず汗・・・
 今日は午後から曇り、日中は25度ほどになるようです。
 明日からの週間予報では、曇と雨のオンパレード・・・北海道も梅雨もどきかな?

 さて、前日の「雌阿寒岳登山」ですが、花の種類は少ない山で時期的にも一部の開花のみでした。
 今回はそんな花と、山のふもとにある温泉、湖などについて・・・


 s-K70-20200610-095729-0.jpg
 ①登山道の入口周辺にある湿地に広がるのは、「ミズバショウ」です。
 s-K70-20200610-095712-0.jpg
 ②相当大きくなっていますが、まだ花も残っていました。車道の反対側の湿地にも群生しています。

 s-K70-20200610-mitsubaoren-0.jpg
 ③登山道に踏み込んですぐに目につく小さな花たち。キンポウゲ科の「ミツバオウレン」です。
 s-TG3-20200610-095540-0.jpg
 ④高さは10cm前後、花は1cm程度の華奢な感じですが、見てのとおり清々しい花です。

 s-K70-20200610-093755-0.jpg
 ⑤登山道周辺は原始の森が広がっており、苔むした場所が多く、古い倒木からは新たな生命も。
 s-K70-20200610-093133-0.jpg
 ⑥この「森の再生」となる様子が目の前に広がっています。この雰囲気は大好きです。
 s-TG3-20200610-094408-0.jpg
 ⑦多くは「アカエゾマツ」ですが、中には広葉樹も混じっていますね。

 s-TG3-20200610-ezoisotsutsuji-0.jpg
 ⑧中腹までのハイマツ群の中に散在するのは「エゾイソツツジ」ですが、一部だけ開花していました。
 s-TG3-20200610-ezoisotsutsuji-1.jpg
 ⑨高山で見かけるツツジ科の植物で、高さ1mほどです。
 s-TG3-20200610-meakanfusuma-0.jpg
 ⑩途中の岩の陰にあったのは、開花前の「メアカンフスマ」です。白く可愛い花が咲きますね。
 s-K70-20200610-kokemomo-0.jpg
 ⑪これも岩場に這うように広がる「コケモモ」の蕾かと思います。
 s-K70-20200610-091323-0.jpg
 ⑫これは「メアカンキンバイ」という花ですが、一株だけ咲いているものがありました。
 先程の「メアカンフスマ」と同様に『メアカン』の名前が付いてますが、大雪山などでも見られる花です。

 雌阿寒岳登山道で見掛けた花は...これだけでした。
 元々花が多くない山なので、まぁこんなものでしょう。

 さて、下山後はまっすぐ帰る時もありますが、今回は時間も早かったので温泉へ・・・
 登山口ともなっている場所に温泉が湧き出ています。
 s-K70-20200610-100238-0.jpg
 ⑬近くの排水溝を流れる乳白色のものは? 源泉の色そのものです。寒いと湯気が立ってわかりやすいです。
 s-K70-20200610-061731-0.jpg
 ⑭
 温泉旅館が最初に出来たのは1914年と古いんですね。
 近年はユースホステルも開業しましたが、今は日帰り入浴の場所になっています。
 旅館は2軒ですが、そのうち1軒は休業中のままです・・・
 (2014年、入浴中の宿泊客が温泉の硫化水素中毒で重体となる事故が発生→休業へ)
 s-Ca-20200610-060434-0.jpg
 ⑮こちらの「景福」は休業のままです。
 s-Ca-20200610-060427-0.jpg
 ⑯旅館としての営業は「野中温泉別館」のみで、今回はこちらの日帰り入浴を利用(¥400)
 いつも毛並みの良い猫が迎えてくれます。
 今回は入口ドアで一匹...シャム猫みたいな感じです。
 もう一匹は受付カウンターの上にいた黒猫で、手を出すとスリスリしてきましたよ。

 s-TG3-20200610-104716-0.jpg
 ⑰渡り廊下を進み突き当りが温泉です。男湯は右へ。
 s-TG3-20200610-104749-0.jpg
 ⑱脱衣所です。利用者は野付ウシのみでした。
 s-TG3-20200610-104857-0.jpg
 ⑲誰もいないのでカメラでちょいと撮影。乳白色の源泉かけ流しで、お湯が溢れていますね。
 前回と変わったのは、お湯の吹き出し口が新しくなっていたことです。
 ちょっと広めの手前の板の間ですが、蛇口が並んだような洗い場は無し。

 懐かしい黄色のプラスチックオケの底には「ケロリン」の文字が...昔の銭湯みたいですね。
 それと分厚い板で作られた古い洗い場用椅子が5個ほど隅っこに置いてあります。
 つまり、洗い場というより、温泉に浸かる場所!という感じです。
 石鹸やタオル、シャンプーなど必要なら持参することですね。
 ただし、強烈な温泉なので泡立ちはほぼ無しです。
 唯一の濁りのない水がでるのは、上の画像右側にある小さな場所だけ・・・

 s-TG3-20200610-104908-0.jpg
 ⑳開けっ放しのドアから外に出ると、露天風呂があります。左手の方は女性用ですね。
 どちらの湯船も濁り湯なので底が見えませんので、深さがわからずそ~っと足を入れることになりますね。
 温泉で中毒者が出たくらいですから、強烈な温泉に間違いは無いです。
 そのため、常時窓やドアが開放されているんです。(脱衣所側のドアは閉めてます)

 一応は登山後なので、汗を流し、頭も洗って、さっぱりして出ました。
 野付ウシの車には常時「入浴セット」が積まれています。使うのは稀ですけどね。

 さっぱりしたので、ついでに近くのオンネトーも立ち寄りました。
 s-Ca-20200610-oosakuraso-0.jpg
 ㉑道路際でアチコチに群生していたのは「オオサクラソウ」でした。
 s-Ca-20200610-oosakuraso-1.jpg
 ㉒クリンソウなどにも似てますが、葉が違うのですぐわかりますね。
 s-K70-20200610-101319-0.jpg
 ㉓空の青さがイマイチで、湖面も少しさざ波があり、水鏡とはなりませんでした。
 s-K70-20200610-101929-0.jpg
 ㉔ちょっと場所を移動して、もう一枚! このオンネトーは水の色が見事なんですよね。秋の紅葉時期は撮影者がいっぱい!

 今回は平日でしたが、それにしても観光客はゼロ...カメラ持ったオジサン一人だけすれ違いました。

 観光客が戻るまでは相当かかるでしょうね。

 以上、温泉とオンネトーでした。

 おまけ・・・
 s-TG3-20200610-115156-0.jpg
 いつも見かける畑沿いのカカシです。使い古しの衣服や肥料袋などで作られています。
 戻る途中にある「道の駅あいおい」から少し走った場所にあります。
 背後の白い線は、「エゾシカ除けの電気柵」です。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 20

There are no comments yet.
♪デコ♪  

温泉いいね~ぇ
入るには勇気がいるけど。。

たった今窓を開けてるお外から
ハクセキレイが飛んでったなって鳴き声がした^^

現実逃避希望(笑)

2020/06/14 (Sun) 08:51 | EDIT | REPLY |   
山親爺  

おはようございます
野中温泉、ここは通り過ぎるだけで
はいったことはないです
此処のご長寿おじいさん、亡くなりましたね

2020/06/14 (Sun) 09:38 | EDIT | REPLY |   
閑人  
こんにちわ

茶屋は、閉めたんですね。
もう一度、会いたかったので残念です。
オンネトー湖も一周しましたが、湖の色や周囲の景色に感動しました。
温泉にも入りましたが、ほんと温泉という雰囲気ですね。
こんな場所に手軽に行けて、羨ましいです。

2020/06/14 (Sun) 12:48 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

温泉もヒマそう。
北海道の観光地はどこもそうかな?

「ミズバショウ」って、みずのないところでもなの?

温泉の色、綺麗だねぇ。

2020/06/14 (Sun) 13:03 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん..コメントありがとうございます。
温泉入るのに勇気いる??
鳴き声で野鳥を区別できるんですね。好きでないと覚えられないですね。

2020/06/14 (Sun) 16:59 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。
登山者には人気の温泉ですね。「勝手に入っていけば?」みたいな感じがかえっていいかも。
温泉に入っていたから長生きした?とも言われましたね。

2020/06/14 (Sun) 17:01 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 閑人さんへ

閑人さん..コメントありがとうございます。
茶屋の閉店は最初わからず、休んでいるのかなぁとも思っていました。
翌年に近寄ってみると荒廃した状態でした、残念ですね。
野中温泉は普通の旅館のような気配りは抜きですね。温泉をゆっくり堪能したい人なら問題なしです。

2020/06/14 (Sun) 17:03 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。
観光地に人が戻るには相当かかるでしょうね。
第一飛行機やJRもガラガラと言われてますから。先に道内の人が動いて欲しいですね。
ミズバショウは春の一時期に湿地になっていれば成長しますね。
登山口周辺は山からの地下水もでているのでしょうね。 

2020/06/14 (Sun) 17:06 | EDIT | REPLY |   
aya  

こんばんは。

山登りの後の温泉は格別でしょう。
こんなに白く濁った温泉には入ったことがありません。
外を流れる水までもが白いですね。

コメントの途中で用事が出来て中断しました。(;^ω^)

こんな温泉にゆっくり浸かりたいです。



2020/06/14 (Sun) 19:07 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ayaさんへ

ayaさん..コメントありがとうございます。
あまりゆっくり入ると眠くなるので、早めに切り上げることにしています。(帰りの運転があるので)
ここはツウの人にはよく知られた温泉です。
とにかく温泉そのもの(泉質)を楽しむのが目的で来られるようですね。
400円でお湯につかり、休憩場所も使えますのでね。最高ですよ。

2020/06/14 (Sun) 20:39 | EDIT | REPLY |   
メリル2020  
はじめまして(^^)

こんばんは、はじめまして(^^)

北海道の大自然、良いですね!
オンネトー、懐かしい~(^^)
かなり昔、学生時代に北海道をまわった時、オンネトーに行きました。
神秘的な湖でその色に感動しました。
それから何回か北海道に行ってますが・・
オンネトーのこと、しばらく忘れていました(^-^;

上から見るオンネトーも初めてです。(登山しないので)

オオサクラソウ、可愛い花ですね。

2020/06/14 (Sun) 22:08 | EDIT | REPLY |   
ケイ  

オンネトーの色、本当にステキですね♪ 木々の色もいいなぁ~。
この場に立てば見とれて何時間でもいられそうです。
それにしても温泉、人が少なくてもったいないですね。

2020/06/15 (Mon) 05:36 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: メリル2020さんへ

メリル2020さん..コメントありがとうございます。
オンネトーは行くたびに新鮮な景色を見せてくれます。
ココに取り憑かれたように何日も滞在する人までいるほどです(特に写真家)。
晴れた日に山頂からみる姿は素晴らしいですね。
一応初心者コースですから、可能なら是非挑戦してみてはいかがでしょう?
オオサクラソウは湖畔道路際にたくさん咲きます。
景色としては秋の紅葉時期が最大の見せ場ですね。

2020/06/15 (Mon) 06:06 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ケイさんへ

ケイさん..コメントありがとうございます。
オンネトーは多くの人を惹きつけます。写真趣味の方などは車中泊しながら何日も滞在する方もいますよ。
野中温泉は泉質では特筆モノですね。多くは登山客の利用が多いです。
コロナ影響もあって近隣の人が少し来ているだけですね。
今は温泉地全部がこんな状態のようで、早く普通に戻って欲しいですね。

2020/06/15 (Mon) 06:15 | EDIT | REPLY |   
ハマナス  
雌阿寒に登られたのですね

お天気もまぁまぁ良かったので、山並みがきれいです。
この時季お花はまだ少し早いのですね。
イソツツジは昨日、川湯硫黄山で満開に近い状態でした。
山はこれからですね。

温泉も人がいない!
ここの泡の立たない温泉、露天風呂は女性側の方が良い感じ^^*
屋根あるし、きれいです(笑

2020/06/15 (Mon) 06:43 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。
概ね晴れの予報でしたが、薄く雲が掛かったままでした。
登山としては風も弱くまずまずの状況でした。
雪が少ない年なので、もうちょっと見られると思ったのですが、まだでした。
駐車場の車はトイレの裏側に5-6台、登山口手前の広場に5-6台でした。
何人か風呂に入っていると思いきや、野付ウシが最初だったそうです。
まだ昼前でしたからね。

2020/06/15 (Mon) 13:28 | EDIT | REPLY |   
pil  

オンネトーの水の色と新緑、美しいですね~(*^-^*)
近くには温泉もあって、それも、とってもお肌に良さそうだし♪
観光地に人が戻るには、しばらく時間がかかるでしょうね。
特に温泉は厳しい気がします。

2020/06/15 (Mon) 17:02 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: pilさんへ

pilさん..コメントありがとうございます。
いつもだと中国系の人が多い場所ですが、今は本当に静かです(笑)
ここの温泉は普通の温泉旅館と少し趣もちがうので、温泉と食事・観光を楽しむ人は少なめです。
近くに阿寒湖温泉があるので、多くはそちらに行きますね。
温泉そのものの泉質にこだわるひとが、この場所に来るようです。

2020/06/15 (Mon) 17:57 | EDIT | REPLY |   
watanabe  
これぞ

メアカンキンバイという見事な(わかりやすい)葉っぱですね。
キンバイで自信あるのメアカンだけです。
昔、野中温泉に入ってその辺りのユースホステルに泊まったことがあります。
その辺りに山にまた登りたいけど遠くてねー
野付ウシさんもだんだんと仁頃山から離れる時期になってきましたねー

2020/06/18 (Thu) 20:07 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: watanabeさんへ

watanabeさん..コメントありがとうございます。
確かに「いかにも」な葉っぱですよね。大雪山でもすぐわかります。
札幌からは流石に遠いですね。高速が足寄から北に伸びても遠いのは変わらないですね。
しっかり泊りがけで知床とか連チャンはどうですか?
私は相変わらず日帰り限度ですが、今年は少し遠目のトムラウシを何とか行きたいと。
いつも6月から7月上旬が天気安定しないんですよね。早く落ち着かないかなぁ。

2020/06/18 (Thu) 20:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply