FC2ブログ

Welcome to my blog

能取岬から網走へ

野付ウシ

野付ウシ

 オホーツク海の流氷を2回に渡り掲載しました。
 冒頭に流氷に埋め尽くされた海の広さを実感してもらおうと、拙い動画を掲載します。
 三脚も無しで、しかもコンデジで撮ったので安定していませんが、感覚的にはわかってもらえるかと。(40秒)
 

 さて、流氷を撮影後に遊歩道の終点にある記念塔へ行ってみました。
 s-Ca-20200225-132823-0.jpg
 ①高さ10メートルのコンクリート製による二本の柱と、3メートルの漁民の像との構成になっています。
 北洋漁業を切り開いた先人をたたえる目的で、網走の経済人たちがお金を出し合い、建立したものです。
 作成は『本郷新』に依頼されました。
 1978年の設置。裏側の銘文には「水産日本の発展を希求」とあります。

 s-Ca-20200225-132935-0.jpg
 ②肩に網をかけた漁民の姿は、この地方の漁民に直接訪ねて調べたうえで制作されたもの。カッコいいしハンサムですよ。

 碑文に書かれている文章は・・・
   百余年の苦難をこえて培われたオホーツク沿岸漁業は、海洋法の制定など国際情勢の変化に伴って、
   新しい時代を迎えるに至った。
   ここに開拓先人の業績を讃えると共に、その霊を慰め、水産日本の発展を希求し、この塔を建立する。
   昭和53年8月13日
   オホーツクの塔建設委員会


 そして戻る途中にある灯台へ立ち寄ってみました(中へは入れません)。
 s-Ca-20200225-133622-0.jpg
 ③近くで見ると特に大きな灯台とも言えません。
 s-Ca-20200225-133650-0.jpg
 ④地上の高さは21メートルと書かれていますね。1917年に建てられたものです。
 s-Ca-20200225-133751-0.jpg
 ⑤灯台とお別れして駐車場へ向かいます。
 s-Ca-20200225-133842-0.jpg
 ⑥後ろを振り返ると蜃気楼のように知床連山が浮かんで見えました。
 s-Ca-20200225-134012-0.jpg
 ⑦駐車場からの眺めです。ココには冬季間も暖房の入ったトイレもあります。今回は観光バスもゼロでした(珍しいです)。

 網走市内を回ってから戻ることにしました。
 市内の入り口にある「二ッ岩海岸」に立ち寄りましたが、流氷は港にはなくて沖合に出ていました。
 海を隔てた山並みと帽子岩などを撮影。
 s-Ca-20200225-135431-0.jpg
 ⑧知床連山の左側です。
 s-Ca-20200225-135436-0.jpg
 ⑨半島の付け根にある「海別岳(うなべつだけ)」です。登山道が無く雪の時期に登ります(2018年登頂しています)。
 s-Ca-20200225-135442-0.jpg
 ⑩斜里岳と右下に見える帽子岩です。
 s-Ca-20200225-135450-0.jpg
 ⑪この帽子岩は流氷観光船オーロラが近くを通りますね。
 s-Ca-20200225-135540-0.jpg
 ⑫最後はもう一度 『斜里岳』 と赤い灯台と流氷の景色...最高ですね。

 自宅へ戻る前に、網走駅前に車を入れて駅前のお店へ立ち寄りました。
 昔から駅弁などで有名な「もりや商店」の販売所があります。
 目的は・・・『カニ飯』です。何十年ぶりかで食べるカニ飯弁当ですよ。
 s-TG3-20200225-145751-0.jpg
 ⑬数十年前と入れ物は変わりましたが(以前は四角い弁当)、中身はほとんど変わらず。
 毛ガニの身をほぐしたものが、ご飯の上に敷き詰められています。他に錦糸卵や椎茸なども。
 野付ウシ夫婦の晩御飯になります。量的には若い人なら物足りないかもしれません。

 かつては他の駅弁でもカニ飯はありましたが、すっかり見られなくなりました。
 値段も千円以上は当たり前で、地元の名産品を売るようになっていますね。
 まぁ毛ガニを敷き詰めて\990ですから、特別高くもないですね。

 先日、網走でカニラーメンを食べたばかりですが、数年に一度くらいの贅沢ですから・・・

 結果報告としては、すごーく美味しかったです。 懐かしい味でした。
 以上、能取岬の流氷と網走のカニ飯のお話でした。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 13

There are no comments yet.
山親爺  

おはようございます
観光客がほとんどいない、何時もこんな感じでしょうか?
素晴らしい景観を独占とは、羨ましいですね(笑)

二つ岩海岸、懐かしいですね~
確か、ここに水族館あったのですよね

2020/02/29 (Sat) 08:44 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

いいな「かに飯」。
函館へ行くときは、必ず長万部で「かに飯」を買ってました。=*^-^*=にこっ♪

『斜里岳』がはいると雄大だね。
空の青がきれい。

2020/02/29 (Sat) 13:44 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 観光客がほとんどいない、何時もこんな感じでしょうか?
> 素晴らしい景観を独占とは、羨ましいですね(笑)
**毎年のように出掛けてますが、常にアジア系団体が来てましたね。今回は見えませんでした。

> 二つ岩海岸、懐かしいですね~
> 確か、ここに水族館あったのですよね
**その通りです、私が子供の頃から水族館と遊具があり、夏は海水浴場でもありました。
 今はすっかり寂れていて、旅館があるのみです。

2020/02/29 (Sat) 16:04 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。

> いいな「かに飯」。
> 函館へ行くときは、必ず長万部で「かに飯」を買ってました。=*^-^*=にこっ♪
**そうですよね、カニ飯は遠軽と長万部、そして網走が知られていました。
 函館ではイカ飯買いましたよ。

> 『斜里岳』がはいると雄大だね。
> 空の青がきれい。
**29日(土)に藻琴山へ登ってきましたが、今シーズン一番の晴れ姿でした。後日掲載します。

2020/02/29 (Sat) 16:08 | EDIT | REPLY |   
okko  
流氷

雄大ですね~、どこまで行っても流氷が・・・。そして向こうに見える
知床連山や斜里岳がまるでヒマラヤ連山のように思えます。
北海道には数回行っていますが、冬は雪まつりだけです。
能取岬も行きましたが冬はこのような光景が見られたのですね。

2020/02/29 (Sat) 17:00 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: okkoさんへ

okkoさん..コメントありがとうございます。

> 雄大ですね~、どこまで行っても流氷が・・・。そして向こうに見える
> 知床連山や斜里岳がまるでヒマラヤ連山のように思えます。
**夏は霞んで見えないことが多いんですよね。晩秋から冬が見えやすいですね。
 斜里岳は高さは大したことないですが、山体がとても綺麗なんですよ。

> 北海道には数回行っていますが、冬は雪まつりだけです。
> 能取岬も行きましたが冬はこのような光景が見られたのですね。
**どうしても冬は見どころが飛び飛びですから、効率的に回れませんね。
 ポイントを絞って来るしかないでしょうか。ただ流氷は気まぐれ風まかせですから・・・

2020/02/29 (Sat) 17:10 | EDIT | REPLY |   
yamashiro94  
こんばんは。

1年半ほど前、網走駅からレンタカーを借り、能取岬⇒ワッカ原生花園⇒サロマ湖展望台へと行きました。
私は、いつもは鉄道・バス旅です。
網走へは何度も行っていますが、サロマ湖へは行く手段がなく、訪れることができませんでした。
ですが、このときはサロマ湖へ行くためにレンタカーを借りました。
オホーツク海から見る知床連山は最高です。
美しい能取岬も思い出します。
網走は、学生時代から来ている思い出あふれる所です。

2020/02/29 (Sat) 21:27 | EDIT | REPLY |   
Green Cherokee  

野付ウシさん、こんばんは。
北海道に住んだことがありながら、リアルな流氷を一度も見たことがない私にとって、貴ブログの流氷を本当に愉しみにしています!!
ましてや動画で見ると、何だか自分が野付ウシさんの隣で見ているような気分になれました!! ありがとうございました!!
写真を見ながらふと思ったのですが・・・ 流氷が接岸したってことは、北海道のオホーツク海岸沿いからアムール川まで、ほぼ氷で満たされたってことになるのでしょうか・・・? その場合、アムール川で新たに作られる氷ってどこか別の場所に流れるのでしょうか・・・?
何だか素人質問で申し訳ありません・・・ (^^ゞ
それにしても・・・ 流氷でウィスキーのロックを飲んでみたいです・・・ (^^ゞ

2020/02/29 (Sat) 22:35 | EDIT | REPLY |   
alpenkatze  

動画でだと自然の偉大さをさらに感じますね。
この静けさがまたいいなあと思いました。
お弁当、その質で千円以内とは安いですね!
ビール飲みながら食べたいです~。

2020/03/01 (Sun) 05:50 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: yamashiro94さんへ

yamashiro94さん..コメントありがとうございます。

> 1年半ほど前、網走駅からレンタカーを借り、能取岬⇒ワッカ原生花園⇒サロマ湖展望台へと行きました。
> ですが、このときはサロマ湖へ行くためにレンタカーを借りました。
**10数年前まではオホーツクラインもバスが走っていましたが、利用者少なすぎて廃止になりました。
 北海道はレンタカーや観光タクシーを使わないと難しいですね..広すぎます。
 サロマ湖展望台は空気の綺麗な時期だと、地球が丸いことを実感できる場所ですね。
 ここからの知床の山々の眺めも最高です。

> オホーツク海から見る知床連山は最高です。
> 美しい能取岬も思い出します。
**海を隔てた山脈の眺めは、他では見られない絶景ですね。

> 網走は、学生時代から来ている思い出あふれる所です。
**そうでしたか、かつての網走とは雰囲気も変わりましたが、良いところですね。

2020/03/01 (Sun) 08:05 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: Green Cherokee さんへ

G.Cさん..コメントありがとうございます。

> 北海道に住んだことがありながら、リアルな流氷を一度も見たことがない私にとって、貴ブログの流氷を本当に愉しみにしています!!
> ましてや動画で見ると、何だか自分が野付ウシさんの隣で見ているような気分になれました!! ありがとうございました!!
**札幌に住んでいてもG.Cさんのように忙しい人は、なかなかオホーツクには来られないですよね。

> 写真を見ながらふと思ったのですが・・・ 流氷が接岸したってことは、北海道のオホーツク海岸沿いからアムール川まで、ほぼ氷で満たされたってことになるのでしょうか・・・? その場合、アムール川で新たに作られる氷ってどこか別の場所に流れるのでしょうか・・・?
**かつてはアムール川からの川氷が集まって流氷になる、との説が一般的でしたね。
 でも今は研究が進み、オホーツク海北部の海面で氷ができることもわかってきました。
 北海道に流れ着く氷の帯びは、全部を埋め尽くすほどの面積にはなりにくいようです。
 観測の画像では樺太の南側しか入っていません。その上の方が遥かに広いです。
 アムールの出口付近に多くなっても、海の上ではどんどん折り重なって動きますから、
 溢れて止まることは無いと思います。

> 何だか素人質問で申し訳ありません・・・ (^^ゞ
> それにしても・・・ 流氷でウィスキーのロックを飲んでみたいです・・・ (^^ゞ
**ウィスキーのロックで楽しむ人は、この時期に来る人でも意外と多いんですよ。
 氷河の氷も人気があるようですが、流氷も独特のものですからね。
 海に浮かぶ氷ですが塩気は無いですがね(笑)

2020/03/01 (Sun) 08:16 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: alpenkatzeさんへ

アルペン猫さん..コメントありがとうございます。

> 動画でだと自然の偉大さをさらに感じますね。
**少しの風とうねりがあると、音声も入って更に魅力的なのですが、今回は穏やか過ぎでした。

> この静けさがまたいいなあと思いました。
**珍しいほど静かでしたよ。風の音も無く、海は氷に覆われているので波の音も無しです。

> お弁当、その質で千円以内とは安いですね!
> ビール飲みながら食べたいです~。
**このような食事は海外では無理ですからねぇ。
 ちなみに、網走では有名な地ビールが沢山ありますよ。
 こればかりは現地に来るしか手がないですね(笑)

2020/03/01 (Sun) 08:21 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: Green Cherokee さんへ

G.Cさん、追記です。
コメント欄に流氷情報センターのURLを記載したら「不正な投稿」と判断されます(何故??)
こちらに記載してみました。
 https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/1center.html
時間ありましたら覗いてみてください

2020/03/01 (Sun) 08:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply