FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

近くのお寺にて  

 曇りがちのお天気のようで、朝の気温も久々にプラスになりました。
 日中は12-13度にもなるそうですが、その反動がなければいいですね。
 月末にはマイナス気温も二桁になるようです・・・(*_*)


 さて、過日にも取り上げた近くのお寺さんに関する記事です。
 曹洞宗のお寺さんで「高台寺」と言います・・・参考 神社・寺院の検索サイトより

 少し前に、地元情報誌で取り上げていた「追慕鐘舎」についてです。
 この追慕鐘舎の落成を記念した行事が、紅葉の一番良い時期に行われていました。
 誰もがいつでも突ける鐘の設置ですが、名前を「ほほえみの鐘」と言います。
 「総檜造り唐破風屋根」の鐘つき堂は珍しいそうです。

 s-Ca-20191121-132705-0.jpg
 こじんまりとしたお堂ですが、総檜造りとなれば費用もかかったかな?(貧乏人の発想)
 s-Ca-20191121-132735-0.jpg
 
 s-Ca-20191121-132746-0.jpg
 この「追慕鐘舎」の説明も立っていました。
 s-Ca-20191121-132808-0.jpg
 これが鐘ですが、鐘つきの木材は桜の丸木のように見えました。
 s-Ca-20191121-132757-0.jpg
 軽く突いてくださいとの注意書きです。

 s-Ca-20191121-132826-0.jpg
 この追慕鐘舎のすぐ後ろには、かつて紹介したこともある「微笑観世音」の像があります。
 s-Ca-20191121-132856-0.jpg
 台座の周りには詩が刻まれており、作者は「岡本かの子」で、岡本太郎氏の母親なのです。
 s-Ca-20191121-132907-0.jpg
 台座に刻まれた詩を何気なく見たのは、2015.9.20のブログで取り上げていました。

 岡本太郎氏は大阪万博の太陽の塔で一躍有名になった芸術家ですね=芸術は爆発だ!
 その岡本太郎も母の詩には感動していたようで、自身の作品にも取り上げていたようですね。
 
 以下にその詩を掲載します。
------------------------------

 薔薇見れば薔薇のゑまひ
 牡丹に逢はゞ牡丹の威
 あやめの色のやさしきに優しく
 女人われこそ観世音ぼさつ。

 柳絮直ければ即ち直く
 松厳くしければわれも厳くし
 杉いさぎよきに、はた、いさぎよく
 女人われこそ観世音ぼさつ。

 そよ風にそよとし吹かれ
 時に、はた、こゝろ浮雲
 足裏の土踏むちから
 女人われこそ観世音ぼさつ。

 人のかなしみ時には担ひ
 よろこびを人に送りて
 みづからをむなしくはする
 女人われこそ観世音ぼさつ。

 ぼさつ、ぼさつ、観世音
 千変万化
 円融無碍もて世を救ふ
 女人われこそ実に観世音。


------------------------------

 当時の雑誌「女人藝術」の創刊号に載せたのがこの詩でした。

 相手に応じて自在に変化する女性のしなやかさを菩薩の働きと見たのでは。
 これもまた老子の「曲なれば則ち全」に通ずるものがあるようです。

 力に対し正面からぶつかるのは得策ではない。
 相手に添いながら少しずつ誘導し方向を変えていく方が賢いやり方だ。
 
 このような意味合いが込められているのでは?と 解釈されています。

 Wikipediaなどにも詳細が記されていますので、興味あるかたは彼女の名前で検索を。

 s-Ca-20191121-132943-0.jpg
 いつものように大書院を背に、山門に向かいます。
 s-Ca-20191121-133048-0.jpg
 山門を通ると・・・
 s-Ca-20191121-133104-0.jpg
 カラマツの落ち葉が敷き詰められた参道へ。両側には88体の仏像が並んでいます。

 今回は少し文学的なお話を入れました。

 ※昨日は出掛けて帰りも遅くなったので、皆さんのところへお邪魔できませんでした。m(_ _)m



  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

おはようございます
参道にカラマツの落ち葉、風情がありますね
ほほえみの鐘、大晦日はつく人で混むでしょうね

山親父 #- | URL
2019/11/24 09:29 | edit

岡本かの子と、太郎のイメージがどうしても繋がらない。。。(;´▽`lllA``

立派なお寺だねぇ~
お寺の立派さってすごいよね。
旭川の寺町街を歩いてみて、ビックリしたもの。
もしかして儲かるの?(;´▽`lllA``
スミマセン。不謹慎で。(´▽`*)アハハ

くぅ #Dv6DZoa6 | URL
2019/11/24 11:55 | edit

Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 参道にカラマツの落ち葉、風情がありますね
> ほほえみの鐘、大晦日はつく人で混むでしょうね
**普通の除夜の鐘と合わせて、双方でご利益があるかもしれませんね。

野付ウシ #- | URL
2019/11/24 15:34 | edit

Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。

> 岡本かの子と、太郎のイメージがどうしても繋がらない。。。(;´▽`lllA``
**息子が破天荒のイメージ強いですからね。母は仏教の世界だし・・・

> 立派なお寺だねぇ~
> お寺の立派さってすごいよね。
> 旭川の寺町街を歩いてみて、ビックリしたもの。
**ココでは一番古くからある大きなお寺さんですから、
 熱心な檀家さんも多いようです。多額の寄付と非課税ですね。

野付ウシ #- | URL
2019/11/24 15:36 | edit

こんばんは。

本堂も鐘搗き堂も新しいですね。
山門から参道へと続く階段はカラマツの絨毯ですか。
両脇には雪が残っていますね。
山門の形も、カラマツの絨毯も、雪もこちらでは見ない風景です。

aya #- | URL
2019/11/24 21:40 | edit

今年のお正月に実家地方のお寺を訪問したら鐘をついてる方がいらっしゃって、
その時に初めてこうやてついていい鐘もあるんだと知りました。
なるほど、鐘をつくことって供養にもなるんですね。
力の入れ具合がよく分からないから、一回つくのもなんだか緊張しそうです(^^;

alpenkatze #6fcXaNLA | URL
2019/11/25 04:34 | edit

Re: ayaさんへ

ayaさん..コメントありがとうございます。

> 本堂も鐘搗き堂も新しいですね。
> 山門から参道へと続く階段はカラマツの絨毯ですか。
**何度か修復や増築をしていますが、お寺としては歴史が100年程度と浅いです。

> 両脇には雪が残っていますね。
> 山門の形も、カラマツの絨毯も、雪もこちらでは見ない風景です。
**何気ない風景でも、暖かい地方の人には新鮮に映るのかもしれませんね。

野付ウシ #- | URL
2019/11/25 07:35 | edit

Re: alpenkatzeさんへ

アルペン猫さん..コメントありがとうございます。

> なるほど、鐘をつくことって供養にもなるんですね。
> 力の入れ具合がよく分からないから、一回つくのもなんだか緊張しそうです(^^;
**力の加減はわかりませんから、自分で突いてみないとわかりませんよね。
 年末などは並ぶかもしれませんね。私も一度は・・・

野付ウシ #- | URL
2019/11/25 07:37 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top