FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

『愛別岳』への道のり  

 13日の金曜日...昨日はとても爽やかで良いお天気になりました。
 愛別岳登山の疲れも少しありましたが、きのこの会の行事でキノコ採りへ出掛けました。
 最高気温で20度とすっかり秋らしい空気に変わったようです。
 きょうからの連休は「きのこ展示」が行われ、野付ウシも出たり入ったりです。


 さて、前回は「愛別岳」登山のコア部分をピックアップして先に掲載しました。
 今回はそこに至るまでの登山道の状況などをお伝えします。
 登山に興味ない方は適当に飛ばしてけっこうですよ、画像も多いですから。

 s-愛山渓温泉から愛別岳
 まずルートですが、旭川の東にある上川町から「愛山渓温泉」まで入ります。(国道から約20Km)
 地図左上が愛山渓温泉で、目的の山は中央右にある「愛別岳」で、滝ノ上分岐・永山岳を経由します。


 自宅を出たのは2時半頃で、愛山渓温泉には5時少し前到着しました。少し明るくなり始めた頃ですね。
 愛山渓温泉への道は2017年の道路崩壊で約2年間通れませんでした。
 02s-TG3-20190911-125949-0.jpg
 これは帰りに撮ったもので、朝の段階では3台でした。(手前が野付ウシの愛車)

 01s-TG3-20190911-130115-0.jpg
 温泉旅館と奥に登山者用トイレが見えます(トイレは鼻つまみ状態)
 03s-TG3-20190911-052056-0.jpg
 05:20スタートです。天候は曇りで気温は12度くらいでした。
 04s-TG3-20190911-053620-0.jpg
 このルートは泥だらけのぬかるみが多いので、途中まで長靴で行くことにしました。(今回は必要なかったみたいです)
 05s-TG3-20190911-053801-0.jpg
 中折れの鉄骨橋も名物のようなものでしたが、折れ過ぎのため丸太を2つに切ったような橋になっていました。
 06s-TG3-20190911-053831-0.jpg
 渓流の水量は少なめかと思います。
 07s-TG3-20190911-054024-0.jpg
 分岐点にピンクのテープで通せんぼが。「イズミノサワ」渓流コースは2年近く通行止で草木が伸び放題。
 08s-TG3-20190911-054017-0.jpg
 高台へ続く「沼ノ平」方面を迂回することになります。
 09s-TG3-20190911-054620-0.jpg
 こんな階段状の登山道が延々と続きます。
 10s-TG3-20190911-055506-0.jpg
 1.5km地点の「三十三間曲」を通過します。
 11s-TG3-20190911-060313-0.jpg
 川底のようなゴロゴロ石の道や、階段状の道が更に続いています。
 12s-TG3-20190911-060532-0.jpg
 両側は高い笹に覆われて展望はない状態です。
 13s-TG3-20190911-061003-0.jpg
 途中でチラッと目的地方面が見えました。左側のゴツゴツした山が目的の「愛別岳」です。
 14s-TG3-20190911-061748-0.jpg
 まだまだ、川底みたいな道が続いています。 帰りは腰に負担がかかりそうです。
 15s-TG3-20190911-ezooyamarindo-0.jpg
 陽射しがなくてつぼみ状態ですが、「エゾリンドウ」が少しみられました。
 16s-TG3-20190911-062157-0.jpg
 平地に出て「沼巡りコース」と「永山岳」への分岐に到着。ここから左の谷に降りていきます。

 17s-TG3-20190911-062305-0.jpg
 一旦谷底まで降りて、画像にも見える低木の中の道を登ることになります。
 18s-TG3-20190911-062838-0.jpg
 渓流を超えて滝コースとの分岐へ出ます。
 19s-TG3-20190911-062912-0.jpg
 渓流沿いに登るとここで合流します。(現在は通行止め) 一旦休憩してパンを食べてから出発です。

 20s-TG3-20190911-063638-0.jpg
 これが道??な状態ですが、笹刈りが行われたばかりのようです。(笹が生乾き状態)
 実は、ココからしばらくの区間は笹と低木が被さるようになっていて、朝露とか雨の後はズブ濡れになる道です。
 おまけに足元は粘土質の滑る泥と石だらけで、何度も転んだりする厄介な道なんです。
 前回はひどい目にあいましたが・・・8月末の情報では、笹刈りが出来ていませんでした。
 この状態を見て、本当に感謝感謝でした。 だいぶ疲れが軽減しそうです。
 21s-TG3-20190911-064227-0.jpg
 頭の上の笹は気にならなくても、足元は相変わらず滑りますが、水分が少なめで助かりました。
 22s-TG3-20190911-064549-0.jpg
 少し展望が開けたところで振り返ると、大小様々な沼が見えています。(一昨年沼巡りしました)
 23s-Ca-20190911-064955-0.jpg
 沢の奥をたどると、奥の方(画面中央付近)に小さな白い建物が見えますが、スタート地点の愛山渓温泉です。
 24s-TG3-20190911-065411-0.jpg
 笹刈り後の岩ゴロ道をさらに登っていきます。
 25s-TG3-20190911-070656-0.jpg
 高度をあげると多くの沼が点在する台地全体が見えてきました。
 26s-TG3-20190911-071024-0.jpg
笹と泥の沢を登ると、次はハイマツと岩ゴロの道に変わります。 いやぁ足腰に負担がきますね。
 27s-TG3-20190911-071322-0.jpg
 周りが見える状態になってきました。 地を這う植物が紅葉しています。
 28s-Ca-20190911-073616-0.jpg
 2時間15分経過、予定の休憩地に到着しました。「風雨観測地」だった場所です。
 29s-Ca-20190911-073623-0.jpg
 小休止し、長靴をデポしてローカットの靴に履き替えました。山頂までの往復はこの靴で歩きます。

 32s-TG3-20190911-080530-0.jpg
 これから登っていく永山岳への斜面が広がっています。
 30s-TG3-20190911-080500-0.jpg
 登山道脇の岩場では小さな草(低木)の葉が赤く染まって綺麗でした。
 31s-TG3-20190911-iwagikyo-0.jpg
 少しですが「イワギキョウ」も咲いています。
 33s-TG3-20190911-080525-0.jpg
 白いものが点在していますが、チングルマのようです。
 34s-TG3-20190911-080545-0.jpg
 白い花の季節は一面がお花畑になっています。
 35s-TG3-20190911-081817-0.jpg
 ジグを切りながら高度を更に上げていきました。
 36s-Ca-20190911-082014-0.jpg
 右手の谷の向こう側に並行する大きな峰は当麻岳です。その奥に見えるのは(多分)トムラウシ方面でしょうか。
 37s-TG3-20190911-111813-0.jpg
 岩場の合間に赤い絨毯が広がって綺麗ですね。 
38s-TG3-20190911-111838-0.jpg
 お天気が良かったらもっと鮮やかだったでしょう。

 39s-TG3-20190911-083755-0.jpg
 高度は2千メートルに達しました。右後方には北海道の主峰「旭岳」の姿も見えています。
 40s-TG3-20190911-085125-0.jpg
 その左側には2千m級の山に囲まれた「お鉢」が広がります。 左端にみえるのは白雲岳かな?

 41s-Ca-20190911-082032-0.jpg
 そして「永山岳2,46m」の下に到着。山頂の岩と石柱が見えています。

 ここからは、前日に掲載の「愛別岳登山」のルートになります。

 結果的には登山口から往復7時間40分かかりました。休憩も僅かなので早めに戻れました。
 スマホに残った歩数は...30,400歩でした。 (ニペソツ山よりかなり少なめ)
 最後の石ゴロ道で躓いて前に倒れましたが、ギリギリ手を付いてセーフ!
 ・・・のはずでしたが、勢い余って地面の岩に右オデコをゴッチンとぶつけました。
 勢いも弱っていたので少しタンコブできましたが、大丈夫です(笑)。

 ぬかるみの水が少なかったり、直前に笹刈りが終わっていたりとラッキーな面がありました。
 さすがに長時間岩場を歩いていたので、足腰に来ましたね。
 
 夏から、「知床羅臼岳」、「ニペソツ山」、「愛別岳」と厳しい山を登りましたが、
 少し登山慣れしてきた体力のある今のうちに、何とか登りたかった山へチャレンジしたわけです。
 勢いづいて無茶をしているわけではありません。
 仁頃山だけで年に130回ほど登っていますが、この鍛錬が他の山へ登る基礎を作っているはずです。
 老齢となる前に、無理をせずに山歩きを楽しみたいと思っています。

 自然はいいですよ。 花も鳥も動物も、そしてキノコもね。

 長々とおつきあいありがとうございました。m(_ _)m


 
 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

おはようございます
結構なハードコースのようですね
綿毛になったチングルマをみると
秋が始まっていると感じますね

山親父 #- | URL
2019/09/14 09:07 | edit

愛山渓温泉、昔と変わりないねぇ~
鉄骨橋ね、折れすぎ!≧(´▽`)≦アハハハ
それは変わったかな?^^;

エゾリンドウの紫が綺麗だねぇ~♪

「風雨観測地」なんて言うのがあったのぉ。
リックは野付ウシさんの?
わりと荷物、少なそうだね。そんなもん?
紅葉が・・そうだねぇ~9月中だもんね。
チングルマも綿毛だしね。

すごいなぁ~
健脚&体力と精神力だろうね。
ワタクシどれも持ち合わせておりませぬ。

くぅ #Dv6DZoa6 | URL
2019/09/14 10:57 | edit

Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 結構なハードコースのようですね
**周辺の山の多くは2千m超えですが、愛別岳のみ別物の感じがしました。

> 綿毛になったチングルマをみると
> 秋が始まっていると感じますね
**平地と違った紅葉の進み方ですが、緑と赤の対比が綺麗です。

野付ウシ #- | URL
2019/09/14 15:26 | edit

Re: タイトルなし

くぅさん..コメントありがとうございます。

> 愛山渓温泉、昔と変わりないねぇ~
> 鉄骨橋ね、折れすぎ!≧(´▽`)≦アハハハ
> それは変わったかな?^^;
**そのようです。この辺りは変わりようも無いんでしょうね。
 壊れた橋を使っている時はドキドキものでしたが、これで安心です。

> エゾリンドウの紫が綺麗だねぇ~♪
**黒岳リフトの足元にたーくさんありますね。

> リックは野付ウシさんの?
> わりと荷物、少なそうだね。そんなもん?
**テントで泊まる人は多いですが、日帰りはこんなものでしょう。重いのは水です。

> 紅葉が・・そうだねぇ~9月中だもんね。
> チングルマも綿毛だしね。
**普通の広葉樹はまだこれからですね。


> 健脚&体力と精神力だろうね。
> ワタクシどれも持ち合わせておりませぬ。
**さすがに足腰が痛くなり、2-3日はあとを引きますよ..トシですね。

野付ウシ #- | URL
2019/09/14 15:34 | edit

山また山のきつそうなコースですね
笹刈りは誰がやってくれるのでしょう
綺麗に地を這うように紅葉しているのを見られる登った人の特権ですね

れみわ #- | URL
2019/09/14 16:26 | edit

Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> 山また山のきつそうなコースですね
**目的の山まで複数の峰を越える必要があります。一番奥の方にあるためです。

> 笹刈りは誰がやってくれるのでしょう
**国立公園内なので環境省が主管ですが、地元の上川町が手配したと思います。

> 綺麗に地を這うように紅葉しているのを見られる登った人の特権ですね
**お天気の日を狙ってもう一度だけ大雪山方面を見ようと思っています。

野付ウシ #- | URL
2019/09/14 19:38 | edit

こんばんわ野付ウシさん

愛別岳と永山岳 両山とも厳しい行程の山なのですね。
特に荒涼とした愛別岳への稜線は緊張の連続ではないですか。
下には温泉、山には木が一本も無い・・・と言う事は火山の名残の山なのですか?
それとも活火山?
紅葉のお写真ににホッと胸を撫で下ろすも永山岳もそう易々と登らせて貰えない山でしたね。

たかたかのトレッキング #- | URL
2019/09/14 22:05 | edit

笹刈りもだいぶ進んだようですね
紅葉も色付きはじめてきれいです
愛別岳は表大雪の中でも異彩を放っていてチャレンジし甲斐があります
それにしても健脚ですね、さすがです!
お疲れ様でした

チューケン #- | URL
2019/09/14 22:54 | edit

Re: たかたかのトレッキングさんへ

たかさん..コメントありがとうございます。

> 愛別岳と永山岳 両山とも厳しい行程の山なのですね。
**永山岳は途中の泥沢が厄介ですが、特段の厳しさは感じません。
 愛別岳はちょっと別格で、表大雪の山とは思えない風貌です。

> 特に荒涼とした愛別岳への稜線は緊張の連続ではないですか。
**「登山道」は無くて岩場にはロープや鎖もありません。
 まさに「自己責任ですよ」というルートです。

> 下には温泉、山には木が一本も無い・・・と言う事は火山の名残の山なのですか?
**切り立った稜線の北側は崩れた岩場と崖ですが、南側は普通の傾斜でハイマツなども見えます。
 なぜ片側だけ崩れた崖が連続しているのか調べてはいません。火山の名残とも見えなく不思議な場所です。

> 紅葉のお写真ににホッと胸を撫で下ろすも永山岳もそう易々と登らせて貰えない山でしたね。
**ルートは3-4つありますが、今回は最短のルートを選びました。登山口から一番奥にあるので時間は掛かりますね。

野付ウシ #- | URL
2019/09/15 08:02 | edit

Re: チューケンさんへ

チューケンさん..コメントありがとうございます。

> 笹刈りもだいぶ進んだようですね
**少し雑な刈り込みでしたが、あると無いでは大違いですから、大いに助かりました。

> 愛別岳は表大雪の中でも異彩を放っていてチャレンジし甲斐があります
**今回条件が悪ければ、愛別岳は運がないと諦めたかもしれませんね。

> それにしても健脚ですね、さすがです!
**戻るまでは問題ないですが、疲れが少し残るようになりました、トシですね。

野付ウシ #- | URL
2019/09/15 08:05 | edit

野付ウシさん、再び、おはようございます。
前記事に続けて、高山ならではの素晴らしき光景を愉しませて頂きました!!
そして、相変わらずの健脚振りに脱帽しつつ拝読させて頂きました。
ところで、おでこ、大丈夫ですか?  

Green Cherokee #X8Khky2E | URL
2019/09/15 09:55 | edit

Re: Green Cherokee さんへ

G.Cさん、忙しさも一息、でしょうか?

> 前記事に続けて、高山ならではの素晴らしき光景を愉しませて頂きました!!
> そして、相変わらずの健脚振りに脱帽しつつ拝読させて頂きました。
**元気なうちに散々歩いておこうと思って、ちょっとキツイ山を選択しました。
 今時期は花の楽しみがなくなるので、景色中心で歩いています。

> ところで、おでこ、大丈夫ですか?  
**アハハ..少し腫れていますが、もう大丈夫です。目から火花は出ませんでした。

野付ウシ #- | URL
2019/09/15 10:32 | edit

No title

笹狩り行われたんですね。
朝一で登ると結構ひどい目に合いますよね。
いつかまた登ってみたいです。
晴れると紅葉もよりきれいなんだけどそれはまた別の機会に。
先ずは登りたい山に登れてよかったですね。
次はトムラウシでしょうか。
その後も考えといたらいいですよ。
だんだん大変なことになってきますよ(笑)
とか考えると楽しいです。

watanabe #- | URL
2019/09/15 12:03 | edit

Re: watanabeさんへ

watanabeさん..コメントありがとうございます。

> 笹狩り行われたんですね。
> 朝一で登ると結構ひどい目に合いますよね。
**最初に登った時はズブ濡れになり、何度も転びましたよ。

> いつかまた登ってみたいです。
**そちらからだと遠いですからねぇ。

> 先ずは登りたい山に登れてよかったですね。
> 次はトムラウシでしょうか。
**トムラウシは今年どうするか決めてません。
 登山口まで遠いし車中仮眠も眠れないタチなので・・・

> その後も考えといたらいいですよ。
> だんだん大変なことになってきますよ(笑)
**キツイ山は一度で終わってもいいとは思ってます。
 トシなので無理のない楽しい登山で楽しもうかなぁ・・・

野付ウシ #- | URL
2019/09/15 16:06 | edit

愛別岳登山お疲れさまでした!

愛別岳行程は険しい歩きですね。
実際遠くから見てもそんな感じがしますもの。
ブログ拝見して、滑り落ちそうな感じがしました^^;
愛山渓ルートが最近整備されたので、登山の方も多いでしょうね。
私も沼辺りまで行ってみたいと思いつつ、クマさんが出そうな感じ!

ウラシマツツジの紅葉きれいです!
疲れを癒してくれるひと時ですね。
先日赤岳に行ってきましたが、麓の紅葉はもう少しといったところ。
中腹はまぁまぁ見ごろ。
今週半ば寒気が入りそうで、雪…見たいですね。

ハマナス #- | URL
2019/09/16 06:28 | edit

Re: ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。

> 愛別岳行程は険しい歩きですね。
> 実際遠くから見てもそんな感じがしますもの。
> ブログ拝見して、滑り落ちそうな感じがしました^^;
**ボヤァ~っとしてると落ちます!という感じです。途中の岩場に掴まる場所が無いのが怖いです。

> 愛山渓ルートが最近整備されたので、登山の方も多いでしょうね。
> 私も沼辺りまで行ってみたいと思いつつ、クマさんが出そうな感じ!
**まだあまり増えていない感じはしました。必死に整備中のようです。

> ウラシマツツジの紅葉きれいです!
> 疲れを癒してくれるひと時ですね。
**緑と赤のコントラストは本当に綺麗でした。

> 先日赤岳に行ってきましたが、麓の紅葉はもう少しといったところ。
> 中腹はまぁまぁ見ごろ。
> 今週半ば寒気が入りそうで、雪…見たいですね。
**今週は黒岳から御鉢巡りでも..と思っています。

野付ウシ #- | URL
2019/09/16 08:08 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top