FC2ブログ

Welcome to my blog

羅臼岳登山~Ⅱ

野付ウシ

野付ウシ

 昨日は結果的に終日小雨が降り続きました。
 今日は「海の日」ですが、曇で20度に届きそうもなく、「海の日?」というお天気。
 NPOのお手伝いで出かけますので、今日は予約投稿にしています。

 さて、羅臼岳登山の続きになります。ようやくトンガリ山の手前まで来ました。。。。
 今回も画像が多いので、花の画像はサムネを多くしています。m(_ _)m

 51s-TG3-20190712-091453-0.jpg
 ここから山頂まで1.2kmですが、後半の岩場が時間を要します。
 52s-TG3-20190712-092418-0.jpg
 ここは野営出来る場所ですが、テント内に食品があると危険なので、鉄製のロッカーに入れるようになってます。
 53s-TG3-20190712-092427-0.jpg
 知床半島の南側「羅臼温泉」からの登山道が交わる場所です。 数面がザックをデポして出かけています。
 仕分けが面倒なので、野付ウシはそのまま山頂へ向かいました。

 54s-TG3-20190712-093605-0.jpg
 前半はハイマツの中を進むことになり、一部を除き周りが見えなくなります。
 
 55s-TG3-20190712-meakankinbai-0.jpg 56s-TG3-20190712-meakanfusuma-0.jpg 57s-TG3-20190712-iwagikyo-0.jpg 58s-TG3-20190712-ezomarubashimotsuke-0.jpg
 「メアカンキンバイ」、「メアカンフスマ」、「イワギキョウ」、「エゾノマルバシモツケ」です。

 59s-TG3-20190712-094208-0.jpg
 羅臼温泉側からの合流地点がここにもあります。
 60s-TG3-20190712-094423-0.jpg
 「岩清水」です。 名前のとおり岩から水が滲み出ていて花も集まっていました。

 60s-TG3-20190712-iwabukuro-0.jpg 61s-TG3-20190712-iwaume-0.jpg 62s-TG3-20190712-iwahige-0.jpg 63s-TG3-20190712-koezotsugazakura-0.jpg
 「イワブクロ(ツボミ)」、「イワウメ」、「イワヒゲ」、「コエゾツガザクラ」です。
 
 64s-TG3-20190712-095729-0.jpg
 大沢からは花が続いているので、歩くのも楽しいですね。(チングルマ、コエゾツガザクラ)
 65s-TG3-20190712-095526-0.jpg
 今回唯一の雪渓です。 一応簡易アイゼン持参しましたが、登山靴のみで大丈夫のようです。先行者が数人見えます。
 66s-TG3-20190712-aonotsugazakura-0.jpg
 「アオノツガザクラ」も出てきました。
 67s-TG3-20190712-101022-0.jpg
 ハイマツも終わりになりそうです。 山頂が近づいてきたようです。
 68s-Ca-20190712-101045-0.jpg
 ゆっくりと岩場を登る登山者の姿がアチコチに見えていました。
 69s-Ca-20190712-101541-0.jpg

 70s-TG3-20190712-urajironanakamado-0.jpg 71s-Ca-20190712-kibanashakunage-0.jpg 72s-Ca-20190712-101835-0.jpg 73s-Ca-20190712-suge-0.jpg
 「ウラジロナナカマド」、「キバナシャクナゲ」、「コエゾツガザクラ」が多いです。「最後は高山性のスゲ」かと。

 74s-Ca-20190712-kohiodoshi-0.jpg
 一番岩の多いところで「コヒオドシ」を見つけました。
 75s-Ca-20190712-102107-0.jpg
 もう少しで山頂の岩場へ到着します。

 76s-Ca-20190712-103040-0.jpg
 山頂手前の岩場に上り詰めると...かなりの人数が周辺にいました。
 77s-Ca-20190712-103112-0.jpg
 最後の大きな岩を渡って山頂部分へ移動。 アロハシャツみたいな兄さんがいましたよ。
 78s-Ca-20190712-103239-0.jpg
 山頂の看板があります。 到着しました! 標高差 1,430mの登山でちょうど4時間かかりました。

 79s-Ca-20190712-103055-0.jpg
 オホーツク海側です。
 80s-Ca-20190712-103124-0.jpg
 登ってきた岩場とハイマツ群。
 81s-Ca-20190712-103129-0.jpg
 知床半島先端に向かって撮ったもので、硫黄山が見えています。
 82s-Ca-20190712-103256-0.jpg
 知床半島南側には厚い雲が掛かっているようです。
 83s-Ca-20190712-103330-0.jpg
 ズームでウトロの温泉街・ウトロ漁港を撮ってみました。
 84s-Ca-20190712-103439-0.jpg
 羅臼あたりをズームすると、羅臼湖の一部が見えました。
 85s-Ca-20190712-103456-0.jpg
 半島北側に白い筋がみえたので、40倍ズームで見ると・・・知床観光船が見えました。
 86s-TG3-20190712-104627-0.jpg
 最後に半島の付け根の方角を撮りましたが、ちょっと霞んでますね。 海別岳や斜里岳が見えるはずですが・・・

 87s-TG3-20190712-104619-0.jpg
 人が多くなってきたので、軽食と水を補給してから「三角点」を確認して下山することに。
 88s-TG3-20190712-104633-0.jpg
 記念撮影の人が次々と・・・。大沢で動きが鈍っていた高齢の女性も下の岩場で見ましたが、よくぞ登ってきましたね。
 90s-TG3-20190712-105116-0.jpg
 さきほど休憩した羅臼平まで一気に下ります。
 91s-TG3-20190712-105628-0.jpg
 下りの方が慎重にしないと、落ちたり岩に挟まったりして大怪我します。
 92s-TG3-1120190712-105633-0.jpg
 仰ぎ見ると巨大な岩が二個落ちそうな場所に。見た目より大きくて、双方合わせると家一軒分くらいありますよ。

 93s-TG3-20190712-110440-0.jpg
 途中で見つけた地面を這う植物...高山では見かけますね。
 94s-TG3-20190712-112050-0.jpg
 淡々とハイマツの中を歩いて羅臼平への出口付近へ。
 95s-TG3-20190712-112953-0.jpg
 羅臼岳の全容はここで見納めになります。 また来られるでしょうか???
 水分の補給を済ませて、早々に出発!

 97s-TG3-20190712-114200-0.jpg
 大沢を下ります。ところどころ大きな段差があるので、注意が必要。
 96s-TG3-20190712-114049-0.jpg
 「エゾツツジ」がたくさんみられました。色が濃くて綺麗ですね。

 上りで見落とした花たちです。
 98s-TG3-20190712-miyama i -0 99s-TG3-20190712-114942-0.jpg 100s-TG3-20190712-shiraneninjin-0.jpg 101s-TG3-20190712-haiotogiri?-0
 「ミヤマイ(イグサ科)」と花の拡大、「シラネニンジン」(多分)、「ハイオトギリ(の仲間)」です。

 102s-TG3-20190712-ogarabana-0.jpg 103s-TG3-20190712-minekaede-0.jpg106s-TG3-20190712-132721-0.jpg
 「オガラバナ」、「ミネカエデ」、そして今回最後に目撃した花は「オオウバユリ」でした。

 104s-TG3-20190712-115553-0.jpg
 石の多い下り坂は滑りますし、体重が掛かって足腰に衝撃がきます。
 105s-TG3-20190712-121230-0.jpg
 ここから、まだ3kmほどあります。 羅臼平までの往復の距離がホント長いんですよね。
 
 107s-TG3-20190712-132146-0.jpg
 無事に登山口に戻りました。 神様ありがとね。

 下りは2時間30分ほど掛かりました(ほぼ休憩なし)・・ちょっと早すぎかな。

 結局は「およそ7時間で往復」でした。もう少しゆっくりでも良かったのですが、自宅まで戻る時間もあるのでね。
 単独登山だから7時間で済んだと思います。 同行者がいればこうはいきませんね。

 前日はよく眠れなく2-3時間の睡眠で、車で出かけて登山し、また2時間半かけて自宅に戻ったわけです。
 眠気の心配がありましたが、居眠りもなく無事に帰宅できました。

 長々とお付き合い、ありがとうございま~す。 登山記録はオシマイです。

  追って、思いついたアレコレをコメントします。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 22

There are no comments yet.
山親父  

おはようございます
睡眠不足の中で、7時間の登山
普段から鍛えてるとはいえ、野付さんのタフネスさには頭が下がります

2019/07/15 (Mon) 08:27 | EDIT | REPLY |   
♪デコ♪  

昨日写真撮ってるだけで
ヘロヘロでした

いや~ぁ体力落ちてるって思い
野付ウシさんの健脚が羨ましいデコだった( ;∀;)

2019/07/15 (Mon) 08:51 | EDIT | REPLY |   
なべさん  

私も妻も歩くのはいいのですが、斜面が苦手でして、その分、野付ウシさんの羅臼登山記を楽しく拝見しました。かつて羅臼湖へは行ったことはあるのですが、さすがに山は眺望がいいですね。晴れの羅臼岳山頂にあこがれます。

2019/07/15 (Mon) 10:01 | EDIT | REPLY |   
れみわ  

雄大な景色を見ると疲れも吹き飛ぶんでしょうね
そうか帰りの運転も考慮して体力を温存しておかないといけないですね
お疲れさまでした

2019/07/15 (Mon) 10:08 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親父さん..コメントありがとうございます。

> 睡眠不足の中で、7時間の登山
> 普段から鍛えてるとはいえ、野付さんのタフネスさには頭が下がります
**それでも山へ行く時は絶対に無理をしないのが鉄則ですね。
 そこらじゅうに迷惑をかけることになりますので。。。

2019/07/15 (Mon) 15:21 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん..コメントありがとうございます。

> 昨日写真撮ってるだけで
> ヘロヘロでした
**座っての事務仕事でさえ大変ですから、動き回ると疲れますよね。

> いや~ぁ体力落ちてるって思い
> 野付ウシさんの健脚が羨ましいデコだった( ;∀;)
**♪デコ♪さんの場合はやむをえないですから、無理は禁物ですね。
 その分は野付ウシが動き回ります(笑)

2019/07/15 (Mon) 15:23 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: なべさんへ

なべさん..コメントありがとうございます。

> 私も妻も歩くのはいいのですが、斜面が苦手でして、その分、野付ウシさんの羅臼登山記を楽しく拝見しました。かつて羅臼湖へは行ったことはあるのですが、さすがに山は眺望がいいですね。晴れの羅臼岳山頂にあこがれます。
**さすがに「もう少し若い時から登山していたらなぁ」と思いましたね。実際には時間もなかったですが...
 終日曇りの予報ながら、青空が時々見えるお天気で素晴らしい山を楽しめました。

2019/07/15 (Mon) 15:26 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> 雄大な景色を見ると疲れも吹き飛ぶんでしょうね
**山頂到着時の爽快感!!これを味わうと辛いのも吹き飛ぶんんですよ。

> そうか帰りの運転も考慮して体力を温存しておかないといけないですね
**散々疲労がたまってからの運転なので、危険もいっぱいです。
 眠くなったらすぐに車を停めて仮眠することを考えています。

2019/07/15 (Mon) 15:29 | EDIT | REPLY |   
たかたかのトレッキング  
こんにちわ野付ウシさん

残念ながら羅臼岳は登っておりませんので羨ましく(1)(2)拝見させて頂きました。
熊出没情報に仕方なく知床5湖の内、2湖を廻った後 上から眺める滝(?)まで行って、あのエリアはそこまで。何頭もの鹿に出会いました。
この後、知床峠を越え羅臼方面に向かい「熊の湯」に入りUターンしてきましたが
原生林の中、車道がうねりながら続くその上に遠くクナシリが見えた時は感動いたしました。

でも凄い人気の様ですね。駐車場の車の数に驚きました。
下から見上げた羅臼岳と実際では様相が全く違うのですね。
最後の岩場はかなりきつそうです。それだけに山頂に立った時の喜びは大きかった事でしょう。

2019/07/15 (Mon) 17:45 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

スゴイ岩場だねぇ~
ゴロゴロだもんね。
山頂銀座だね。(*´m`)むふ♪

最近はあちこちにクマさん出没。
こわいねぇ~!
気をつけてね。

2019/07/15 (Mon) 17:47 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: たかたかのトレッキングさんへ

たかさん..コメントありがとうございます。

> 残念ながら羅臼岳は登っておりませんので羨ましく(1)(2)拝見させて頂きました。
**そうでしたか、遠くから来られる方は天気やヒグマの状況でも計画を諦めることがあるのでしょうね。
 今回も多くの本州ナンバーの車が並んでいました。タイミングが悪ければ登れなかったでしょう。

> この後、知床峠を越え羅臼方面に向かい「熊の湯」に入りUターンしてきましたが
> 原生林の中、車道がうねりながら続くその上に遠くクナシリが見えた時は感動いたしました。
**周辺の山からでも国後や択捉が眼下にみえますが「外国」というイメージはしませんね。

> でも凄い人気の様ですね。駐車場の車の数に驚きました。
> 下から見上げた羅臼岳と実際では様相が全く違うのですね。
> 最後の岩場はかなりきつそうです。それだけに山頂に立った時の喜びは大きかった事でしょう。
**最後の岩場は他の山でもありますが、そこを克服して山頂に立つと疲れも飛びますよね。
 前半のダラダラした道が長くて残念ですが、さすが人気の山ですね。

2019/07/15 (Mon) 18:34 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。

> スゴイ岩場だねぇ~
> ゴロゴロだもんね。
> 山頂銀座だね。(*´m`)むふ♪
**まさか、そんなに人が集中していると思いませんでした。ビックリです。富士山じゃぁあるまいし。

> 最近はあちこちにクマさん出没。
> こわいねぇ~!
> 気をつけてね。
**ありがとう!山に人が多いので、熊が街に退避したのかな?(笑)

2019/07/15 (Mon) 18:36 | EDIT | REPLY |   
中ノ俣  

野付ウシさん、久々のコメントです(^^;)
羅臼岳のレポを5年前に登った自分の記事を思い出しながら拝見しました。
思い出せば、岩尾別温泉に夕方着いて駐車場で車中泊をして翌日に備えようとしてたら
ヒグマが出没するので車中泊はできませんと断られ、止む無く羅臼キャンプ場に移動しての登山となりました。
羅臼側から登る登山者は全くと言っていいほど居なくてヒグマの気配に脅えながら登ったのを覚えています。
岩尾別ルートは結構な賑わいなんですね。それでもヒグマと遭遇した記事を何度か見た事がありますので出没率が高いのは確かなようですね。
山頂直下の広大なハイマツ帯が印象的な山ですよね。
それと屏風岩分岐付近でエゾコザクラの群生が目の前に現れた時は疲れがいっぺんに吹っ飛びました。
この二つの景色は今でもはっきり思い出せます。

それにしても見事なエゾツツジですね!
今まで2、3度見た事はありますが、こんな立派なのは初めて見ます!
さすが世界自然遺産って感じですね。

2019/07/15 (Mon) 21:03 | EDIT | REPLY |   
alpenkatze  
こんにちは~

山頂からの眺め、素晴らしいですね!
こういうトレイルはとっても好みですが、最後の岩場は、翌日筋肉痛になりそうです(汗)。
ヒグマ対策の保管庫は初めて見ました。
そこまで食物の香りに敏感なんですね。
デポ中のザックも食料品は保管庫へ…なのかな。
それとも日中は大丈夫なんでしょうか。

2019/07/15 (Mon) 21:42 | EDIT | REPLY |   
pil  
こんばんは♪

ヒグマが出没!そう聞いただけで、怖気づいて、
お山へは行けそうにありません💦
野付ウシさんもお気を付けて!
山頂近くは岩場も急で、ここを登るのはかなり厳しそうですね。
岩場に咲くお花は、とっても魅力的で、興味があるんですけど、
きっと、実物を見ることはないのだろうな~と思った次第です(^_^;)
素敵なお写真を、ありがとうございました(*^-^*)

2019/07/16 (Tue) 03:03 | EDIT | REPLY |   
ハマナス  
羅臼岳お疲れさまでした

登り応えある山ですから、山頂に立った時の達成感は気分爽快ですね!
クマさんには遭わなかった・
この時季、夏のお花がきれいですね。
登山者もかなり多そう。
お天気もまずまずのようで。

私が登ったのは7年前の8月末、晴れてとにかく暑い日でした。
宇登呂がが33度近くになった日で、山の中も28度くらい無風で干せ枯れました(笑
私の少し前を行く方が、クマに遭ったと大盛り上がりでした。
山頂からは最高の眺望でした。

ホテル地の涯は今営業してるの?
休止していたはずですが・

2019/07/16 (Tue) 06:38 | EDIT | REPLY |   
soraの風  

お疲れ様でした👏

この連休中は道内を移動していましたので
羅臼岳登山のレポート今日拝見しました
大沢今の時期にしては雪がないですね
やっぱりこの冬は異常に雪が少なかったのでしょう
私は2014年9月紅葉の時期に登りましたが
それも二日がかり・・
前日途中まで登ったのですが雨になり風も強くなったので
途中下山しました
道の駅で車中泊して翌日再挑戦し素晴らしい景色に出会えました
当時の記録を見ると私も7時間半で登ってきました
5年前は健脚だったのか今が運動不足なのか・・・・?

2019/07/16 (Tue) 10:32 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 中ノ俣さんへ

中ノ俣さん..コメントありがとうございます。

> 野付ウシさん、久々のコメントです(^^;)
**久しぶりです、中ノ俣さんへもコメントしたかったのですが、閉じていたので見るだけでした。

> 羅臼岳のレポを5年前に登った自分の記事を思い出しながら拝見しました。
> 羅臼側から登る登山者は全くと言っていいほど居なくてヒグマの気配に脅えながら登ったのを覚えています。
**羅臼からのルートが良いと言う人も少なくないですが、長いんですよね。
 岩尾別からは予想外に登山者が多くて驚きました。クマも遠慮して出て来ないでしょう。

> 山頂直下の広大なハイマツ帯が印象的な山ですよね。
> それと屏風岩分岐付近でエゾコザクラの群生が目の前に現れた時は疲れがいっぺんに吹っ飛びました。
> この二つの景色は今でもはっきり思い出せます。
**キツイ場所もありますが、特別危険でもないですが体力が要りますね。
 今回も花は多かったと思いますよ。のんびり撮影したかったですが、無理ですね。

> それにしても見事なエゾツツジですね!
> 今まで2、3度見た事はありますが、こんな立派なのは初めて見ます!
**エゾツツジはちょうど満開だったと思います、何箇所も目立っていましたので。
 花のあるうちにあと数箇所は行っておきたいんですが、天候も良くないんですよね。

2019/07/16 (Tue) 13:22 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: alpenkatzeさんへ

alpenkatzeさん..コメントありがとうございます。

> 山頂からの眺め、素晴らしいですね!
> こういうトレイルはとっても好みですが、最後の岩場は、翌日筋肉痛になりそうです(汗)。
**登りも大変ですが、下りは恐いですね。それと足腰にズシンときます。

> ヒグマ対策の保管庫は初めて見ました。
> そこまで食物の香りに敏感なんですね。
**就寝中にテントを襲ったりするようですね。

> デポ中のザックも食料品は保管庫へ…なのかな。
> それとも日中は大丈夫なんでしょうか。
**夏場は登山客も通りますので、日中は問題ないようです。
 人が少ない時期は注意した方がいいかもしれませんね。

2019/07/16 (Tue) 13:26 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: pilさんへ

pilさん..コメントありがとうございます。

> ヒグマが出没!そう聞いただけで、怖気づいて、
> お山へは行けそうにありません💦
**実際はクマが意図的に登山者を襲うことは無いです。
 出会い頭とか、子連れで鉢合わせした時は危険ですね。普段はあまり考えず山に入ってますよ。

> 山頂近くは岩場も急で、ここを登るのはかなり厳しそうですね。
**ゆっくりと慎重に進めば、大丈夫なようで、高齢の女性も登ってましたね。

> 岩場に咲くお花は、とっても魅力的で、興味があるんですけど、
**高山植物は別格なものだと、山登りを初めてから思いました。

> 素敵なお写真を、ありがとうございました(*^-^*)
**また次をお楽しみに!!

2019/07/16 (Tue) 13:30 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。

> 登り応えある山ですから、山頂に立った時の達成感は気分爽快ですね!
**キツイ山ほど達成感と爽快感は味わえますね。

> クマさんには遭わなかった・
**クマさんは最近街に行くのに忙しいのでしょう(笑)

> この時季、夏のお花がきれいですね。
> 登山者もかなり多そう。
> お天気もまずまずのようで。
**時折青空が見えるお天気でした。登山者は予想外に多くてビックリしました。

> 私が登ったのは7年前の8月末、晴れてとにかく暑い日でした。
> 山頂からは最高の眺望でした。
**猛暑に日に登ったのですね、それも大変でしたね。

> ホテル地の涯は今営業してるの?
> 休止していたはずですが・
**今は夏のみ営業しています。
 HPもリニューアルして立派なものになってますね。

2019/07/16 (Tue) 13:37 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: soraの風さんへ

soraの風さん..コメントありがとうございます。

> 大沢今の時期にしては雪がないですね
> やっぱりこの冬は異常に雪が少なかったのでしょう
**岩ゴロの下に少し残っていただけで、雪はほとんど消えたようです。
 銀冷水でもカラカラでした。

> 道の駅で車中泊して翌日再挑戦し素晴らしい景色に出会えました
> 当時の記録を見ると私も7時間半で登ってきました
> 5年前は健脚だったのか今が運動不足なのか・・・・?
**一年と言えないですよね、年々衰えていきますから。
 私も今のうち!と動き回っています(笑)

2019/07/16 (Tue) 13:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply