FC2ブログ

Welcome to my blog

羅臼岳登山~Ⅰ

野付ウシ

野付ウシ

 昨日夕方からの雨は今もシトシトと降り続いています。
 今日いっぱいはこんなお天気のようで、連休真ん中の雨は様々なイベントにも影響ありそう・・・

 さて、以前より早く登りたかった、知床の最高峰 『羅臼岳』 に登ってきました。
 一応は「上級者向け」の山となっています。(標高 1,660m )
 標準タイムで羅臼川から往復11時間、岩尾別側からで8時間ほど掛かります。
 今回は日帰りなので「岩尾別温泉」からスタートすることにしました。
 連休は荒天の予報だったので、12日金曜日の登山を前日夕方に決めました。

 当日は朝3:30起床、04:10に車で知床へ向かいます。
 05:45に道の駅知床でトイレタイム..岩尾別温泉 06:15到着・・・・
  ※例によって画像多いので二回で掲載します。適当に飛ばして見てください。m(_ _)m
   
 最初に大きめな登山図を貼っておきます。
 00s-rausudake.jpg
 赤い線のルートを使って山頂を目指します。

 01s-TG3-20190712-061832-0.jpg
 到着してビックリ! 登山口手前の路肩に延々と車が停まっています。前日から待機の車も・・・
 実は登山口はホテル横なのですが、駐車場は宿泊者専用で、登山者は対面の僅かな場所(3-4台)のみ。
 結局は狭い道路の路肩に停めることに、、数百メートル手前に戻ることになりました。

 02s-TG3-20190712-132521-0.jpg
 「ホテル地の涯」です。まさに地の果てのホテル。
 03s-TG3-20190712-132513-0.jpg

 04s-TG3-20190712-132532-0.jpg
 ホテル対面に登山者用トイレがあります。
 05s-TG3-20190712-132443-0.jpg
 ホテル右横から登山道へ入ります。
 06s-TG3-20190712-062405-0.jpg
 「木下小屋」が登山者の宿泊も可能なステーション的存在。 横にある入山ポストで記名して06:25スタートです。
 
 07s-TG3-20190712-062431-0.jpg
 入ってすぐに小さな祠があり、通路にはしめ飾りもあります。
 08s-TG3-20190712-132135-0.jpg
 無事を祈ってから登山道へ! 
 10s-TG3-20190712-064029-0.jpg
 最初は緩やかな上りの道が続きます。足元は土と木の根の状態。
 
 09s-TG3-20190712-misogawaso-0.jpg 07s-TG3-20190712-065118-0.jpg 11s-TG3-20190712-iwamitsuba-0.jpg 12s-TG3-20190712-kinmizuhiki-0.jpg
 「ミソガワソウ」、「エゾカワラナデシコ」、「イワミツバ?」、「キンミズヒキ」などが見られました。

 13s-TG3-20190712-065130-0.jpg
 「オホーツク展望台」到着、文字が消えそう。 山頂まで5kmです。
 14s-TG3-20190712-065411-0.jpg
 知床半島付け根の方角です。
 15s-Ca-20190712-065811-0.jpg
 遠くに見えたのは知床五湖近くの散策用『高架木道』です。 (コンデジズーム40倍)
 16s-TG3-20190712-065101-0.jpg 18s-TG3-20190712-065533-0.jpg 19s-TG3-20190712-065538-0.jpg
 「クルマユリ」、「クサフジ」、「エゾイボタ」の花です。

 21s-TG3-20190712-071139-0.jpg
 知床半島「硫黄山」の方角。 少し霞んだかんじです。
 20s-Ca-20190712-070802-0.jpg
 これから向かう「羅臼岳」がチラッと見えました。 とにかく樹木が多く見通しがほとんど利かないのです。
 22s-TG3-20190712-071219-0.jpg
 標高650mまで来ました。 アレレ?さっきも「あと5km」だったけど? けっこう適当ですよね。
 23s-TG3-20190712-073227-0.jpg
 65分経過で「弥三吉水」(やさきちみず)に到着(ペース早い)。冷たい湧き水がうまい! ここで休憩と軽食の補給。

 24s-TG3-20190712-074220-0.jpg
 途中でまた見えた「羅臼岳」、だんだん大きく見えてきます。 未だに木々が多く展望が無い状態の登山道が続いています。
 「極楽平」です、少し平坦だから極楽?
 26s-TG3-20190712-075058-0.jpg
 倒木に黄色っぽいキノコが生えています。 採る気もないので撮影のみ..何じゃろう?
 27s-TG3-20190712-081211-0.jpg
 さて極楽は終わったようで、石が急に多くなり歩きにくい上り坂になります。
 28s-TG3-20190712-081819-0.jpg
 08:18 「銀冷水」到着ですが...今年はやはり雪が少なかったのか、水は流れていません..残念なり。
 このそばには「携帯トイレ専用ブース」が出来ています。
31s-TG3-20190712-082454-0.jpg
 文字の消えかかった「羽衣峠」という看板がありました。

 30s-TG3-20190712-miyamamugura-0.jpg 32s-TG3-20190712-ukonutsugi-0.jpg 33s-TG3-20190712-chishimanokinbaiso-0.jpg 34s-TG3-20190712-toriashishoma-0.jpg
 「エゾノヨツバムグラ」、「ウコンウツギ」、「チシマノキンバイソウ」、「トリアシショウマ」(ヤマブキショウマ)です。

 さて、ダラダラとした上り坂は終わりを告げます。 この先は体力勝負!! 大きな沢が開けてきます。
 35s-TG3-20190712-083300-0.jpg
 その名も「大沢」で、雪の多い年は残雪があるとか。今年は雪の姿も無く、花が咲き乱れていました。
 36s-TG3-20190712-083350-0.jpg
 先行していた登山者に追いついたようで、ずっと先まで登山者の姿が見えています。
 大きな岩場もあり先行者も先が詰まってきたように見えました。
 39s-TG3-20190712-083424-0.jpg

 37s-TG3-20190712-ezohimekuwagata-0.jpg 38s-TG3-20190712-ezohimekuwagata-0.jpg 40s-TG3-20190712-ezokozakura-0.jpg 41s-TG3-20190712-ezotutuji-0.jpg 42s-TG3-20190712-chishimakumomagusa-0.jpg
 「エゾヒメクワガタ(青)」、同種のピンクも。「エゾコザクラ」、「エゾツツジ」、「チシマクモマグサ」です。

 43s-TG3-20190712-084218-0.jpg
 狭くなった最後の沢登りです。ここで高齢の女性がなかなか岩を登れなくて、後ろが詰まってしまいました。
 ちょっと体力的に無茶をしているようにも見えました。 助けを借りながらなんとか動いています。
 44s-TG3-20190712-084545-0.jpg
 狭いところなので「お先にどうぞ」ともなかなかねぇ・・・少しの間は後ろからついていくしかありません。

 45s-TG3-20190712-091021-0.jpg
 ようやく「羅臼平」に到着です。2時間45分かかりました。(ちょっと早すぎか)
46s-TG3-20190712-093601-0.jpg
 左手に三ツ峰が見えます。硫黄山方面への縦走ルート入り口にもなります。
 47s-TG3-20190712-091033-0.jpg
 右手にはこれから向かう「羅臼岳」が。 手前には広いハイマツ群が延々と続いています。
 48s-Ca-20190712-091104-0.jpg
 コンデジズームで山頂付近を見ると、山頂手前で這いつくばる登山者の姿も見えました。
 49s-TG3-20190712-091437-0.jpg
 一時休憩してから向かうことに。真ん中の岩には「木下弥三吉」のレリーフがあります。
 オニギリと水を補給し、ハイマツを縫って岩場の山へ向かいます。

 次回へ続きます。

 ※今回は岩場を想定し、一眼レフは持参せずコンデジのみで撮影しました。(カメラやレンズをいくつか壊しているので)


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 10

There are no comments yet.
山親父  

おはようございます
すごい車の数、それだけ人気のある山ってことですね
ルートを見ても厳しいところばかりで
何より、最後の岩場を見ると
並の人間には無理だな~って見ています(笑)


2019/07/14 (Sun) 10:05 | EDIT | REPLY |   
れみわ  

ゴロゴロ岩の厳しい登山道ですね
知床の風景を見せてもらえ感動です
明日も楽しみにしています

2019/07/14 (Sun) 10:38 | EDIT | REPLY |   
マラどーな  

お疲れ様です。
写真を見ているだけで、私もヘトヘトになりました。
登山って、行きよりも下りのほうがキツいと聞きます。
岩の多い下り道、想像するだけで「うへ〜〜〜〜」となりますねw

2019/07/14 (Sun) 11:05 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> すごい車の数、それだけ人気のある山ってことですね
**本州ナンバーの車もかなり多めでしたね。さすが知床です。

> 何より、最後の岩場を見ると
> 並の人間には無理だな~って見ています(笑)
**驚くのは高齢の方を含めた女性が凄く多いこと。
 それと、人のことは言えませんが男性も高齢化で・・・

2019/07/14 (Sun) 13:12 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> ゴロゴロ岩の厳しい登山道ですね
**岩と木の根が多いので、ぼーっとしていると大怪我しますね。

> 知床の風景を見せてもらえ感動です。
**本当は山以外の見どころもお伝えしたいんですが、今回は山だけで精一杯です(笑)

2019/07/14 (Sun) 13:14 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: マラどーなさんへ

マラどーなさん..コメントありがとうございます。

> 写真を見ているだけで、私もヘトヘトになりました。
**山のすぐ下にたどり着くまでが、やたら遠く感じました。

> 登山って、行きよりも下りのほうがキツいと聞きます。
> 岩の多い下り道、想像するだけで「うへ〜〜〜〜」となりますねw
**キツイですし、危険が多いんですよね。事故に遭う人の多くは下山時です。
 疲れと緊張感の緩みでしょう。岩だらけの道は下りで腰に来るんですよ。

2019/07/14 (Sun) 13:16 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

11時間?8時間?登るんだよね。
それは上級者向けだわ!!
ほんとすごいよねぇ~野付ウシさんの健脚。
もしかしたら、心臓も丈夫?
わたし色々な意味で心臓弱いかも。( ̄m ̄*)

まず、朝3:30起床からアウト!

岩尾別温泉人気あるんだねぇ~
暑い中、皆さんすごいね。
わたしゃ家で、寝転んでアイス食べてた方がいいです。(;´▽`lllA``
あぁあ、究極の怠け者σ(^^)

2019/07/14 (Sun) 17:38 | EDIT | REPLY |   
watanabe  
なにそれ?

平日でしょ。
なのにその車と人すごすぎるわ。
行けないわぁ。・・予定ないけど(笑)
木下小屋が懐かしいです。
28年前と変わっていないような風に見えます。
温泉ついていたんだけど今もあるのかなぁ。
相変わらず健脚ですねぇ。どこでも行けるんじゃない?

2019/07/14 (Sun) 17:45 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。

> 11時間?8時間?登るんだよね。
> それは上級者向けだわ!!
**片道なら中級でもいいけど、戻ることも考えたら体力は上級が必要ですね。

> もしかしたら、心臓も丈夫?
> わたし色々な意味で心臓弱いかも。( ̄m ̄*)
**普段も歩いているからか、心臓も丈夫みたいですよ。
 違う意味ではあまり強くないですけど・・・

> まず、朝3:30起床からアウト!
**今はもう明るくなりかかっていますよね、普段も一度目覚めたりする時間です。

> 岩尾別温泉人気あるんだねぇ~
> 暑い中、皆さんすごいね。
**概ね三ヶ月程度しか山登りの期間が無いので週末は特に混むようです。

> わたしゃ家で、寝転んでアイス食べてた方がいいです。(;´▽`lllA``
> あぁあ、究極の怠け者σ(^^)
**その方が楽ちんですが、ちょっと楽しみが足りないでしょ?

2019/07/14 (Sun) 18:38 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: watanabeさんへ

watanabeさん..コメントありがとうございます。

> 平日でしょ。
> なのにその車と人すごすぎるわ。
**連休が悪天候の予報なので、金曜日に集中したと思いますよ。本州ナンバーの車多かったですよ。札幌もですが。

> 木下小屋が懐かしいです。
> 28年前と変わっていないような風に見えます。
> 温泉ついていたんだけど今もあるのかなぁ。
**ありましたよ、入らなかったけど。小屋周辺でたむろしている人が数人いましたね。
 その風景見て、昔とあまり変わっていないかも・・と思いました。

> 相変わらず健脚ですねぇ。どこでも行けるんじゃない?
**日帰りでは上級コースまだ残っていますから、今年何とかしたいんですよね。

2019/07/14 (Sun) 18:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply