FC2ブログ

Welcome to my blog

新たな花との遭遇

野付ウシ

野付ウシ

 昨日は午後に傘マークがあったのですが、実際に昼頃に降った雨にビックリ!
 多分積乱雲が入り込んだのでしょうが、話し声が聞こえなくなるくらい激しい雨でした。
 関東や中四国で起きている豪雨とは違い、一時的なものでしたが予想していなかっただけに驚きましたね。

 予想しないと言えば、野山で初めての花に出会った時には驚きと嬉しさでいっぱいです。
 過日、西尾根道を登った話しを載せましたが、今回は反対側のロングコース「東尾根道」を登りました。
 こればかりは、タイミングの問題で、その時期に歩かないと見られない花もありますね。

 そんな花を見た!というお話しです。
 特に想定していない花に遭遇して、思わず大きな声が出てしまいました。(この日は多分野付ウシ一人だけ)
 
 尾根を二つ超えてから仁頃山本体に取り付くのですが、その2つ目の尾根を登っている時・・・
 s-TG3-20190606-092125-0.jpg
 まず、この花が目に入りました。同じような花で花自体が緑のものは多く見掛けます。(アオチドリ)
 s-TG3-20190606-092047-0.jpg
 でもこの花は白い花を付けています。「エゾチドリ」(フタバツレサギソウ)でした。
 野付ウシ自身ではこの山に5年通って初めて目撃したものです。(たまたま見られなかった)
 
 s-TG3-20190606-092201-0.jpg
 そして次に確認できたのは、「オククルマムグラ」です。 クルマバソウと見た目が同じで見過ごすことが多いのです。
 s-TG3-20190606-092236-0.jpg
 最大の特徴は茎と葉に小さいながら刺が生えていること。そして葉は6枚で5枚や7枚はありません。
 (クルマバソウは6-10枚と多いものがある)
 今まで同じものと思い込みがあったもので、見逃していたものですね。

 s-TG3-20190606-093346-0.jpg
 これは崖の上にあった赤い実ですが...普通この手の木の実は秋に色づきますね。
 今は6月に入ったばかり...なんじゃろう? 手を伸ばして撮影したものの、崖の上に上がれず・・・

 そして、探していて今まで見られなかったものが見つかりました。
 s-TG3-20190606-094143-0.jpg
 「ノビネチドリ」というラン科の花ですが、今までは白しか見てなくてピンクをずっと探していたのです。
 s-TG3-20190606-094253-0.jpg
 地域での差もありますが、ピンクの方が多いこともあるようですね。 

 s-TG3-20190606-095206-0.jpg
 そして登山者なら見たことがあるでしょう。葉緑素の無い花『ギンリョウソウ』です。
 s-TG3-20190606-095237-0.jpg
 毎年見ているのですが、このルートにあるとは知りませんでした。 それと少し早い開花のようです。

 一人でニヤニヤと喜んで山頂までたどり着きました。
 思いがけない花に出会った時は、こんなものです。

 下りは東新道へぬけました。
 そろそろ出るだろうと目配せをして歩いていて、見つかりました。
 s-TG3-20190606-115138-0.jpg
 ラン科の『サイハイラン』が咲き出したようです。 これからどんどん咲くはずです。
 昨年はちょっと入院などもあって、サイハイランに出会えずじまいでした。

 たったこれだけのことですが、山から降りても満足感いっぱいでした。
 今日は簡単に更新させていただきました。。。

 

 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 8

There are no comments yet.
山親爺  

おはようございます
新しい発見!
ニヤッとする気持ち分かりますよ(笑)

今日年見つけておいた「ノビネチドリ」ですが
熊の出没が激しくなり、林道が封鎖
今年、見られるかは分からないです

2019/06/08 (Sat) 09:11 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

しっかしよく知ってるよねぇ~!
すばらしい!
わたしなら珍しいお花も見逃しちゃってるね。(;´▽`lllA``

激しい雨だったんだぁ~
こちらは降ったのかな?って言うくらいでした。

2019/06/08 (Sat) 10:38 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 新しい発見!
> ニヤッとする気持ち分かりますよ(笑)
**写真をとっているからでしょうね。

> 今日年見つけておいた「ノビネチドリ」ですが
> 熊の出没が激しくなり、林道が封鎖
> 今年、見られるかは分からないです
**咲き終わっちゃいそうですね。親戚でもダメですか(笑)

2019/06/08 (Sat) 12:47 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。

> しっかしよく知ってるよねぇ~!
> わたしなら珍しいお花も見逃しちゃってるね。(;´▽`lllA``
**普通はそうだと思いますよ。野の花に惚れ込んでいると見えて来るんですね。^_^;

> 激しい雨だったんだぁ~
> こちらは降ったのかな?って言うくらいでした。
**激しいのは長く続かなかったですけどね。その後もしばらく降っていたので、
 十分に大地も潤ったはずです。

2019/06/08 (Sat) 12:49 | EDIT | REPLY |   
いおまま  
野付ウシさんへ

こんにちは!

私はギンリョウソウを
見たことが無いと思います。

野付ウシさんの写す中で
見たことの無い花は多いです。

私が登山すると
疲れすぎてやっとの思いで登るので
見過ごすことが多いのかも知れません^^;

花を見る余裕があるのは
藻岩山くらいかな?

珍しいものが見られて
ココは凄いな!
…φ(..)メモメモ
エゾチドリヲミツケテワラッタノツケウシサン

2019/06/08 (Sat) 12:58 | EDIT | REPLY |   
たかたかのトレッキング  
こんにちわ野付ウシさん

>たったこれだけの事ですが・・・
   いえいえ私でしたらスキップで下山してしまいますよ~ ヽ(^。^)ノ
ギンリョウソウとサイハイランは私も山野で良く見かけますが
アオチドリもオククルマムグラもノビネチドリも初めて聞く名前ですし初めて拝見させて頂いた花です。
ランの付く名の花はどれも無条件で美しいですよね。
野付ウシさんがやっと見つけた花、風に乗って我が家の庭に種を落してくれないものでしょうか。
なめる様に慈しんで・・・可愛がって・・・上げるのですが。

ギンリョウソウの真正面からのお写真
潜望鏡みたいで面白いです。

2019/06/08 (Sat) 15:35 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: いおままさんへ

いおままさんコメントありがとうございます。

> 私はギンリョウソウを
> 見たことが無いと思います。
**多くは山の麓などで咲く珍しい花で、似た花が数種ありますね。

> 私が登山すると
> 疲れすぎてやっとの思いで登るので
> 見過ごすことが多いのかも知れません^^;
**花を見ながら登るのに慣れると、様々な花が目に付くようになりますよ。

> 花を見る余裕があるのは
> 藻岩山くらいかな?
**藻岩山でもかなりの数が見られるはずです。
 かつて登ったことがありますが、その頃は花に興味無かったですけど・・・

2019/06/08 (Sat) 16:55 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: たかたかのトレッキングさんへ

たかさん..コメントありがとうございます。

> >たったこれだけの事ですが・・・
> いえいえ私でしたらスキップで下山してしまいますよ~ ヽ(^。^)ノ
**花好きなら多分そんなことになるでしょうね。(^o^)

> アオチドリもオククルマムグラもノビネチドリも初めて聞く名前ですし初めて拝見させて頂いた花です。
> ランの付く名の花はどれも無条件で美しいですよね。
**今時期はラン科の花がかなり多めで、とても嬉しいですね。

> 野付ウシさんがやっと見つけた花、風に乗って我が家の庭に種を落してくれないものでしょうか。
> なめる様に慈しんで・・・可愛がって・・・上げるのですが。
**今度行ったらウチワであおいでみましょうね。(夏場は虫よけがわりにウチワ持って歩きますよ)

> ギンリョウソウの真正面からのお写真
> 潜望鏡みたいで面白いです。
**自分も毎年同じような写真を撮りますが、いつも同様に思っています。

2019/06/08 (Sat) 17:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply