FC2ブログ

Welcome to my blog

藻琴山 2019冬

野付ウシ

野付ウシ

 今日は陽射しがあって日中は雪解けも進みそうです。
 平年より高めの春になりそう...そんな予報もやってましたが、すんなり春が来ますかな?

 1月は雌阿寒岳へ登ってきましたが、2月は何も無いのは寂しいので近くの山へ。
 例年、1-3月には一度登っている屈斜路湖の横にある1,000mの山です。
 とは言っても「ハイランド小清水」下の標高648mからなので、標高差は350mほどなんです。
(冬はいつもこの場所から登っていますが、もっと下に登山口もあります)


 s-K70-20190222-093216-0.jpg
 登山口の後方には斜里岳、左奥には海別岳が見えています。 晴れの予報ながらもだんだん霞んで見えなくなりました。

 s-K70-20190222-093234-0.jpg
 スノーシューを履いて09:25頃にスタートし、冬期休業の「ハイランド小清水」まで登ります。(夏はここの駐車場利用可)
 
 s-K70-20190222-093251-0.jpg
 左側には屈斜路湖が見えていますが、左半分が霧の中みたいです。 もう少し早ければ雲海が出ていたかも。。。

 s-Ca-20190222-093945-0.jpg
 上を見上げれば綺麗な青空が...でも、上の方だけで周りはどの方向も遠景がダメでした。

 s-K70-20190222-093547-0.jpg
 本当は「エビの尻尾」がたくさんあったようですが、気温や風の関係でほとんど落ちていました。

 s-K70-20190222-093818-0.jpg
 ハイランド小清水を見下ろす位置まできました。 先行者はスノボを背負った二人のみ。

 s-K70-20190222-094441-0.jpg
 知床連山は手前のみしか見えず、オホーツク海も流氷もボヤケて見えません。

 s-K70-20190222-095218-0.jpg
 屈斜路湖の東側半分はまだ霧に覆われているようです。

 s-K70-20190222-095742-0.jpg
 30分を過ぎたあたりで見晴らしも良くなりますが...遠景はやはりダメ。 この辺りで先行者を追い越しました。

 s-K70-20190222-095916-0.jpg
 尾根に沿って歩きますが、雪は少なめなので、ハイマツの辺りでは踏み抜きはありますけどね。

 s-K70-20190222-100814-0.jpg
 屈斜路湖と反対側には広い雪原が広がっていて、スキーで登る人は右下から谷沿いに登ってきます。

 s-K70-20190222-100840-0.jpg
 藻琴山の山頂が見えてきました。 左側に突き出ている場所になります。

 s-K70-20190222-101124-0.jpg
 振り返った景色です。 まだ何とか知床方面が見えています。

 s-K70-20190222-101202-0.jpg
 屈斜路湖の全体を見渡せる場所まできました。 本当は正面に雄阿寒岳&雌阿寒岳が見えるハズですが、ダメでした。

 s-K70-20190222-101217-0.jpg
 尾根道は切り立った高い場所で両側が崖もどきの急斜面になります。 黒い岩の塊は「屏風岩」です。

 s-K70-20190222-101227-0.jpg
 右手で鳥の鳴き声が...すぐ近くでシジュウカラに似た鳥がいました。 『ヒガラ』だと思います。

 s-K70-20190222-101348-0.jpg
 木の芽はまだまだ固く、ミニマツボックリのようなものはハンノキの実ですね。

 s-K70-20190222-101640-0.jpg
 屏風岩が迫ってきました。 これを「ゴジラ岩」と呼ぶ人もいます。

 s-Ca-20190222-102016-0.jpg
 「屏風岩」の標識がチョットだけ見えていました。

 s-K70-20190222-101922-0.jpg
 この岩の右上を超えていきます。

 s-K70-20190222-102444-0.jpg
 山頂まであと500mです。

 s-K70-20190222-102829-0.jpg
 低木の下には剥がれ落ちた「エビの尻尾」が積もっていました。

 s-K70-20190222-102914-0.jpg
 s-K70-20190222-103307-0.jpg
 日陰には少しだけ落ちずに残ったものもあります。

 s-K70-20190222-103000-0.jpg
 s-K70-20190222-102927-0.jpg
 枝に残った僅かな欠片も、間もなく落ちるでしょう。 面白い状態でかろうじて引っ掛かっているようです。

 s-K70-20190222-103632-0.jpg
 振り返ってみると、かなり後方に追い抜いたスノーボードの二人組が見えました。かなりゆっくりなペースです。

 s-K70-20190222-103811-0.jpg
 山頂ですが、狭くて大勢は立てません。 厳密には千メートルに「ビール瓶の高さだけ足りない」と言われてきました。

 s-K70-20190222-103849-0.jpg
 普通はここで戻りますが、狭いところを抜けて奥の方に滑り降りる人がいます。(シュプール跡が見えています)

  s-Ca-20190222-104256-0.jpg
 誰もいなかったので、とりあえずオニギリタイムにしました。 狭くて落ち着かないので下山開始です。

 s-K70-20190222-110403-0.jpg
 屏風岩のところで女性3人のグループとスライド。 その上の方にボードを背負った二人組の姿も。

 s-K70-20190222-110606-0.jpg
 もう一人スキーで登ってきた人は...山頂には行かずに手前から滑り降りたようです。

 s-K70-20190222-111453-0.jpg
 今回は珍しく風も無く、ウインドブレーカーも出さずに済みました。 ハイランド小清水も見えてきました。

 s-K70-20190222-114012-0.jpg
 屈斜路湖の向こう側に噴煙がみえます。 川湯の硫黄山ですね。

 無事に車に戻りました。 往復で所要2時間20分ほどでした。 近い、簡単、いいですね。

 s-K70-20190222-114028-0.jpg
 s-K70-20190222-114042-0.jpg
 屈斜路湖を回って戻ることにしました。 すぐ近くの「藻琴山展望公園」で一休み。 斜里岳も霞んだままでした。

 本来は摩周湖にも寄るつもりでしたが、あまりに見通しが悪かったので予定変更して戻ることに。

 屈斜路湖をぐるっと周りましたので、残った画像は次回に掲載します。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 12

There are no comments yet.
くぅ  

野付ウシさんの冬景色、ほんとキレイ!

「エビの尻尾」おもしろいね。
あんまり冬は外歩きしないから見たことないかも・・・^^;

スノーボードの二人組、なんだか転げ落ちてきそう(´▽`*)アハハ

なんだか雪の斜面って、怖いわ。
スキーで登ってくるなんてすごい!

2時間20分・・近い?簡単??
簡単にそう言いきる野付ウシさん、すごいねぇ~
もしかしらスーパーマン?

いくらキレイでも、手も足も出ませぬ。(--;)(__;)

2019/02/27 (Wed) 11:22 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: いおままさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。

> 野付ウシさんの冬景色、ほんとキレイ!
**あらら...なんて嬉しいことを言ってくださるのか ^_^;

> 「エビの尻尾」おもしろいね。
> あんまり冬は外歩きしないから見たことないかも・・・^^;
**これは温度と湿度と風の共同作業ですから、平地ではあまりできません。

> スノーボードの二人組、なんだか転げ落ちてきそう(´▽`*)アハハ
**山の尾根もとんがりも狭いんですよ、左右は崖みたいなところです。

> なんだか雪の斜面って、怖いわ。
> スキーで登ってくるなんてすごい!
**慣れですよ、野付ウシもよく「落ちるように滑って」いました。

> いくらキレイでも、手も足も出ませぬ。(--;)(__;)
**手と足の代わりに「口を出して」くださいな!

2019/02/27 (Wed) 13:26 | EDIT | REPLY |   
れみわ  

チョット気温が上がるだけで遠くが霞みますよね
当方これからは望遠は無用の長物となりそうです
空と雪のコントラストがきれいですね

2019/02/27 (Wed) 16:16 | EDIT | REPLY |   
山親爺  

天気がよければ、素晴らしい光景が見れるのでしょうね

お天気お兄さん、全道で快晴とっていましたが
当地は雲に覆われたまま、肌寒い一日でした

2019/02/27 (Wed) 16:27 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> チョット気温が上がるだけで遠くが霞みますよね
**せっかくのお天気も残念な結果になりました。登山自体は良かったですけどね。

> 空と雪のコントラストがきれいですね
**本当はもう少しキリッとした厳しさも味わいたかったのですが、贅沢ですかね。

2019/02/27 (Wed) 16:38 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> お天気お兄さん、全道で快晴とっていましたが
> 当地は雲に覆われたまま、肌寒い一日でした
**こちらは概ね晴れで、予想どおりでした。
 でも昨夜、早朝、8時前...同じNHKで予想がコロコロ変化するんですよね。

2019/02/27 (Wed) 16:40 | EDIT | REPLY |   
ハマナス  

晴れていましたけれど、遠くは霞んでいたのですね。
風がないのは珍しいことです。
日中北見は暖かでした。
雪は少な目ですね。

雪が融ける前に藻琴山へ行きたいですが・
仁頃山へも全くご無沙汰ですし・
3、4月は所用が重なり無理かな~

2019/02/27 (Wed) 21:32 | EDIT | REPLY |   
♪デコ♪  

斜里岳美しいなぁ^^
ほんときれいっ

これシジュウカラじゃない??
ヒガラもうちょっとグレーのような気がするっ

2019/02/28 (Thu) 05:17 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。

> 晴れていましたけれど、遠くは霞んでいたのですね。
> 風がないのは珍しいことです。
**ゆっくり歩いたので暑くも寒くもなく、快適でした。
 吹き上げる風も無い穏やかな日...風が無いぶんだけ空気が澱んだままでした。

> 雪が融ける前に藻琴山へ行きたいですが・
> 仁頃山へも全くご無沙汰ですし・
**用事がどんどん入るのは良いことですね。
 元気に活動している証拠ですから。

2019/02/28 (Thu) 08:08 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん..コメントありがとうございます。

> 斜里岳美しいなぁ^^
> ほんときれいっ
**この山はどちらから見ても本当に綺麗ですよ。

> これシジュウカラじゃない??
> ヒガラもうちょっとグレーのような気がするっ
**シジュウカラはクビの後ろ側が黄色いんですが、それが無いようだったのでね。
 イマイチ確証がありません。

2019/02/28 (Thu) 08:12 | EDIT | REPLY |   
ポンママ  

すごいですね~~。
普通の人が見られない景色を見てる。
うつくしいです!!

2019/03/01 (Fri) 21:31 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ポンママさんへ

ポンママさん..コメントありがとうございます。

> すごいですね~~。
> 普通の人が見られない景色を見てる。
**いつもカメラ持ち歩くと「カメラ目線」になるようです。
 普通の人が「見落とす」ものが見えることもありますね。

2019/03/02 (Sat) 08:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply