FC2ブログ

Welcome to my blog

 年末の仁頃山

野付ウシ

野付ウシ

-
 雪の少ないままで年始を迎えることになるかなぁ・・・との予想でしたが、、、
 まさか年末最終日に雪かきが待っているとは・・・
 昨日の予報は朝の段階では曇りで、夜に雪がありそう...なんてことでした。
 実際は朝から雪が降り始め、山へ行ったら吹雪状態でしたよ (-_-)

 s-Ca-20181230-085644-0.jpg
 30日の朝9時前の登山口付近。。。
 湿った雪で濡れるのを防ぐために着たカッパで、下山後は全身汗まみれでした。


 そして、今朝 6時半過ぎの状況は・・・
 s-Ca-20181231-063727-0.jpg
 玄関前の様子で、25cmほどですが新雪が積もっていました。(まだ薄暗い)
 朝食の後に雪かきですね。
 大晦日は概ね晴れるとの予想です。



 さて、今年最後の登山は、もちろん「仁頃山」です。 (12月30日がFINAL)
 2018年、近郊の山は12回のみですが、仁頃山だけの登山回数はジャスト130回でした。
 雪の少ない状態で推移した12月の仁頃山・・・終わり数回分の画像をチョイスしてみました。


 s-Ca-20181229-084850-0.jpg
 12月29日の富里湖(ダム湖)の様子です。 氷上の雪は風邪で飛ばされ氷の変化がそのまま見られます。

 s-Ca-20181229-104535-0.jpg
 中央付近も橋の辺りも白かったり黒かったり・・・間もなく雪に覆われ氷が直接見られなくなります。
 s-Ca-20181229-104547-0.jpg

 s-TG3-20181227-090215-0.jpg
 東新道を歩いていたら...小さな足跡がありました。新雪の上に可愛い足の指まで残っています。エゾリスの足跡でした。

 s-TG3-20181229-100523-0.jpg
 こちらはダイナミックな足跡、「エゾユキウサギ」のものですね。足跡だけですが本体を見るのは至難の業ですよ。

 s-TG3-20181229-091705-0.jpg
 松ぼっくりが寄り添うように雪の上に落ちていました。

 s-TG3-20181229-093618-0.jpg
 まだ落ちずに残っている枯れ花は...ノリウツギです。

 s-TG3-20181229-095118-0.jpg
 1月にはこの「仁頃山花園」で氷の花が見られます。 楽しみですよ。

 s-TG3-20181229-095748-0.jpg
 s-TG3-20181229-100523-0.jpg
 s-TG3-20181229-100414-0.jpg
 冷たい雪原で楽しめる、粉雪のキラキラ感は冬で少ない被写体の一つです。


 s-TG3-20181229-095851-0.jpg
 山頂の看板に新年の飾りが置かれていました。

 s-TG3-20181229-095841-0.jpg
 お供えが載っている器具に注目!! よく見ると天ぷらの揚げカスをすくうときの「カス揚げ」でした。

 s-TG3-20181229-090142-0.jpg
 一合目下の巨木の根にあったのも、同じ道具を使っていました。 う~ん良く思いついたもんですね。

 s-TG3-20181229-104014-0.jpg
 そして管理車道の登山口にも、小さな正月飾りが貼り付けてありました。
 登山者の山を愛する気持ちがそこかしこに現れています。


 最後の登山となった12月30日は、朝から小雪...途中から風邪が強くなり吹雪状態でしたね。
 そんな天気でも数人とスライドしました。 足元が歩きにくくなっていましたが山好きなんですね。

 
 今年も雪道を歩く音を拾ってきました。 足元だけの動画ですが、雪を踏みしめる音を楽しむものです。
 

 年末にきて、一気に雪が積りましたが、元旦未明からの登山には大きな支障はないでしょう。

 うまく日の出を拝めましたら、このブログにてご報告させてもらいますね。

 今年一年、拙いブログを訪問いただき、誠にありがとうございました。

 2019年が皆様にとって良い一年となりますよう、祈っています。

 穏やかで楽しい年末年始となりますように・・・
 ※コメ欄 閉じてます。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト