FC2ブログ

Welcome to my blog

陸別 北稜岳登山

野付ウシ

野付ウシ

 先日の4日(日)好天の中を陸別の山へ行ってきました。

 普通の地図では載っていない山で『北稜岳』というやまで、標高は1,254mあります。
 山頂の展望が片側だけと言うことで、イマイチ気が進まなかったのですが、
 我が家から1時間半足らずで登山口まで行けて、登山の時間も少ない・・・
 手軽な感じもあったし、木々の葉も落ちたので少しは見通しが良いかな?なんて思ってネ。

 まず、位置関係の地図から・・・北見(地図の上の方)から小利別までは無料の高速が使え、陸別までは1時間足らず。
 s-北陵岳map
 陸別から先は標識も何も無くて、事前に調べて行かないと農道で迷いそうです。
 国道からは10kmほど舗装農道を走り、初めての看板から先は林道を10kmほど・・・

 s-TG3-20181104-083201-0.jpg
 やっと見つけた看板は林道入口の小さなものだけ。。。ここから10.5km奥になります。

 s-Ca-20181104-084025-0.jpg
 林道はまぁまぁ走りやすい方でしょう。 霜で真っ白でした。 08:40でしたが気温2度ほど)

 s-Ca-20181104-084123-0.jpg
 途中で尻尾が一部白いキタキツネを見ました。 この看板から更に3.5km (0.5kmだと見違えた)

 s-Ca-20181104-084713-0.jpg
 登山口到着です。自宅から所要1時間20分でした。(ちょっと飛ばしましたが) 車が1台あります(ホッとしました)。

 s-Ca-20181104-084914-0.jpg
 立派な山小屋があります。 中は綺麗に片付いていました。(オフシーズンになったから?)
 s-Ca-20181104-084844-0.jpg

 s-Ca-20181104-084929-0.jpg
 裏手に仮設トイレ2基、その後に蛇口が回せない状態で水がチョロチョロ・・・沢水なので飲料水ではありません)
s-Ca-20181104-085228-0.jpg

 s-Ca-20181104-085003-0.jpg
 車から少し戻った場所に入山ポスト・・・中は空っぽでしたが? シーズンオフだから??

 s-TG3-20181104-090811-0.jpg
 スタートは09:00ちょうど。歩き始めてすぐにある小さな橋に何やら文字が。「ようこそ北稜岳へ・・・」と書かれています。
 s-TG3-20181104-090840-0.jpg

 s-TG3-20181104-091205-0.jpg
 しばらくは緩やかな登りの林道を使用します。(4WDなら走れる道路)

 s-Ca-20181104-091519-0.jpg
 橋を渡り渓流が右から左に変わります。 暫くは川の流れる音とお付き合いです。
 
 途中で下山してくる三人グループとすれ違いました。 アレッ、車は1台あったけど、この人たち?
 つまり、この先は誰もいないということ。野付ウシだけがこの山を登っているらしいです。

 s-Ca-20181104-093128-0.jpg
 広めの林道から登山道らしい道に変わります。

 s-TG3-20181104-093252-1.jpg
 道の真中で「フキノトウ」を見つけました。 フキノトウは晩秋に芽を出しこの状態で冬を越します。
 後のこげ茶色のものは、既に役割を終えたフキの姿です。
 s-TG3-20181104-093334-1.jpg
 春まで頑張れよ!!


 s-TG3-20181104-094434-0.jpg
 このあたりからは笹が目立っている場所が増えますが、歩くには支障ありません。
 
 s-Ca-20181104-095453-0.jpg
 道らしいところから、一気に岩ゴロの斜面に変わります。 

 s-TG3-20181104-100034-0.jpg
 道らしいものはありませんが、ピンクテープがたくさんあるので、見失うことはありません。

 s-TG3-20181104-100046-0.jpg
 沢状態の場所で日中も陽射しが届かない感じで、霜柱の高い(長い)こと! ゆうに10cmはありましたよ。
 s-TG3-20181104-100107-0.jpg
 
 s-TG3-20181104-100217-0.jpg
 10時過ぎですが霜も消えていません。

 s-TG3-20181104-100235-0.jpg
 さて、いよいよ傾斜もキツくなり、アチコチにロープが張られています。

 s-TG3-20181104-100355-0.jpg
 どうやら霜だけでなく、前日あたりにサラッと雪も降っていたような形跡があります。
 s-TG3-20181104-100441-0.jpg
 霜でできた自然の芸術です。。。
 s-TG3-20181104-100458-0.jpg


 s-Ca-20181104-100445-0.jpg
 1時間経過、小休止で水分補給です。 水筒を置いたのは大きなサルノコシカケでした。人間も座れそうです。
 s-Ca-20181104-100458-0.jpg
 所要時間を考え、今回はパンは持ってきませんでした。 チョコバーで「もぐもぐタイム」。

 s-TG3-20181104-101112-0.jpg
 最後の岩ゴロ傾斜を登ります。 実際はロープ無しでも行けますが、下りはあった方が安心です。

 s-TG3-20181104-101328-0.jpg
 上が開けてきたようです。 後を振り返ると「阿寒岳(雌阿寒&雄阿寒&フップシ岳)が見えます。
 s-TG3-20181104-102015-0.jpg


 s-Ca-20181104-102018-0.jpg
 林の間から遠くに見えたのは・・・大雪山の主峰と白雲岳、緑岳あたりかと。

 s-TG3-20181104-102115-0.jpg
 一旦緩やかな道を歩きます。 その先には最後の登りが。 ジグザグの道を登ります。
 s-TG3-20181104-102146-0.jpg
 
 s-Ca-20181104-102158-0.jpg
 上は...クマネシリの山々でしょう。 間から見えるのは石狩岳かと。

 s-Ca-20181104-102308-0.jpg
 さて、これは? どうも確証が持てません。 トムラウシ?ニペソツ?

 s-Ca-20181104-102339-0.jpg
 で・・・いきなり山頂に出ました。 考えたら「北稜岳」の山体は一度も見えないままでした。 所要1時間23分...早すぎ!

 s-Ca-20181104-102446-0.jpg
 「開町100年」と「町民登山会」の真新しい看板です。 (町民登山会は荒天のため中止だったとか)

 

 s-Ca-20181104-102505-0.jpg
 左から雄阿寒岳、フップシ岳、雌阿寒岳、阿寒富士です。

 s-Ca-20181104-102635-0.jpg
 斜里岳から知床連山が見えています。

 s-Ca-20181104-102710-0.jpg
 左は海別岳、真ん中が藻琴山、右が斜里岳です。 いずれも登頂しました。
 
s-Ca-20181104-102613-0.jpg
 かなりボケボケですが、この山はいつも登っている「仁頃山」です。 見えると思わなかった。

 s-Ca-20181104-102749-0.jpg
 草地となっている山頂は、こんな感じです。 後方は樹木が茂って展望無しです。
 s-Ca-20181104-103508-0.jpg
 少し早いですがオニギリタイムで、少しのんびりしました。 風もなくポカポカ陽気。
 裏側が見えたら素晴らしい展望のハズです。 残念な山ですね。これがマイナーな山の正体かも。
 この位置は「東三国岳」と「喜登牛山」の中間にあります。
 裏側(西側)が見えたら・・・東大雪、十勝連峰、大雪山が丸見えのハズ。惜しいなぁ・・・
 ちなみに、裏側へ行こうとしたのですが、ずっと樹木に邪魔され見えないと判断し、諦めました。

 さて、下山しましょう。

 s-Ca-20181104-104141-0.jpg
 木々の間からズームした山は...トムラウシ??
 s-Ca-20181104-104443-0.jpg
 こちらは表大雪の山々ですね。

 s-Ca-20181104-111556-0.jpg
 岩ゴロ傾斜を下り、林道を淡々と進みます。 左に右にと渓流がお供します。
 s-Ca-20181104-111646-0.jpg

 s-TG3-20181104-114344-0.jpg
 「ようこそ・・・」の看板のある橋まで戻りました。 駐車場はすぐそこです。
 
 林道を戻る時に面白い光景が。。。前を黒いものが歩いています、クマではありません。
 まるまると太ったエゾタヌキでした。(冬毛と蓄えた脂肪のせい?)
 車に気づき、慌てて走り出したのですが、その姿がおかしくて・・・
 カメラを取り出した直後に藪に入ったので、画像は無し・・・冬を越すのも大変そうだなぁ・・・


 s-Ca-20181104-121327-0.jpg
 林道を抜け、舗装された農道を走ります。 正面に阿寒の山々・・・

 s-Ca-20181104-122650-0.jpg
 帰り際に陸別町の道の駅でトイレタイム・・・
 標高は 1,254mですが「安近短登山」としては、まぁ良かったかな?と。

 またしても長々と書いてしまいました。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 18

There are no comments yet.
れみわ  

雪を抱いた山の姿になってきましたね
フキノトウの色を見てまさかと思いましたが、これで守られて冬を越すのですね
運動した後のおにぎり美味しそう!!

2018/11/06 (Tue) 09:58 | EDIT | REPLY |   
山親爺  
おはようございます

初登頂、おめでとうございます
素人から見たら、1200mもあれば
メジャー級の山だと思うのですが
地図に載っていないのですね!?


2018/11/06 (Tue) 10:33 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

尻尾が一部白いキタキツネって、ニンゲンの白髪みたいに・・・じゃないよね。(*´艸`*)

越冬前のフキノトウ、初めて見ました。
ま歩くなって、冬に備えるんですね。

それにしてもすごい落ち葉。
落ち葉の布団で、暖かいんでしょうね。
道なき道を・・・しかも山にはたったひとり。
こわぁ~!

すごい霜柱ですねぇ~
霜柱見たことない。
わたしって、どこのヒト?(;´▽`lllA``

パンを持っていかないって、
何かあったら怖いよぉ~!

 山を甘く見てはいけませぬ。

釈迦に説法(*´m`)むふ♪

なにはともあれ、ご無事でお帰りなさ~い。

2018/11/06 (Tue) 16:34 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> 雪を抱いた山の姿になってきましたね
**2千メートル級の山は既に真冬の様相です。

> フキノトウの色を見てまさかと思いましたが、これで守られて冬を越すのですね
**意外と知らない人が多いですが、わざわざ寒い時に芽を出すんですよね。

> 運動した後のおにぎり美味しそう!!
**日本人にはコレに勝るものはなし!

2018/11/06 (Tue) 16:49 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 初登頂、おめでとうございます
**ありがとうございます。ちょっとあっけなかった感はありますが、仁頃山より400m高いです。

> 地図に載っていないのですね!?
**北と南にある2つの山はなんとか載ってますが、この山はその中間にあります。
 そうとう詳細な拡大地図でないと載らないですね。(一部の登山ガイドには載ってます)

2018/11/06 (Tue) 16:52 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。

> 尻尾が一部白いキタキツネって、ニンゲンの白髪みたいに・・・じゃないよね。(*´艸`*)
**漫画では出てくる尻尾の半分が白いような感じですね、稀にいるようです。

> 越冬前のフキノトウ、初めて見ました。
**不思議なことにフキノトウすべてが芽を出すわけではありません。
 生態的にはそうなってますが、春に芽吹くものもあるのですね。

> 道なき道を・・・しかも山にはたったひとり。
> こわぁ~!
**明るい日中では怖いと思ったことはありません。夕暮れが近づくとヤバイですけど。

> 霜柱見たことない。
> わたしって、どこのヒト?(;´▽`lllA``
**多分、南の国のお姫様でしょう(笑)

> パンを持っていかないって、
> 何かあったら怖いよぉ~!
**チョコバーみたいな非常食がザックに数本入ってます。(常に補充)
 それとゼリー状にパックされた非常用の水もですよ。

> なにはともあれ、ご無事でお帰りなさ~い。
**無事戻ること・・・何より一番大事ですね。

2018/11/06 (Tue) 17:00 | EDIT | REPLY |   
watanabe  
お疲れさま

初山で貸し切り、フルに楽しみましたね。
なかなか良かったんじゃないかな。
うらやましいです。
木々が邪魔してるけど天気も良くて景色もそれなりに見えて。
360度すっきり見えるということないけどねー
そちらの山は土地勘なくて見える山がどの山なのかさっぱりわかりません。


2018/11/06 (Tue) 21:52 | EDIT | REPLY |   
ハマナス  
北稜岳お疲れさまでした

北稜岳へ行かれたのですね。
マイナーな山ですから、山通や地元以外の人はあまり行かないかもしれませんね。
私は一人では行けない山です。
どんな山でも、先行者がいると安心感がありますね。
貴ブログから、登山道はまぁまぁ整備されている感じに見えました。

陸別は以前に関寛斎の足跡を訪ねて、ぐるぐる回ったことがありますが、北稜岳の登山口は気付かなかったです。
陸別は当地からちょっと近くなりましたね。

2018/11/06 (Tue) 23:58 | EDIT | REPLY |   
Green Cherokee  

野付ウシさん、こんばんは。
フキノトウに、『春まで頑張れよ!』、と声掛けするあたり、野付ウシさんの優しさがにじみ出ていますね~♪
釣人としては、素敵な沢の写真に思わずヨダレが出てきました・・・ (^^ゞ
先週末に道東に釣りに行きました。日中は15℃になりましたが朝はマイナス2℃で、私にとって今秋初の霜を見ました。貴ブログの写真にもあるように、遠くの阿寒の山々も冠雪していて、青空の下でとても清々しい光景でした。
近いうちに釣行記をアップしたいと思います!!

2018/11/07 (Wed) 00:48 | EDIT | REPLY |   
デコ  

うっそうとしてますね
険しい感じに見えなくもないけど

一人登山。。
またそれもよし??

デコフキノトウが冬にはこんな姿になるって初めてみましたよっ
みょうがみたいですもんねぇ

2018/11/07 (Wed) 05:40 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: watanabeさんへ

watanabeさん..コメントありがとうございます。

> 初山で貸し切り、フルに楽しみましたね。
> なかなか良かったんじゃないかな。
**苦労なく淡々と終わった感じですが、天気も眺めも良かったですから満足!

> 360度すっきり見えるということないけどねー
> そちらの山は土地勘なくて見える山がどの山なのかさっぱりわかりません。
**西側が見えるならとっくにメジャーな山になっていたでしょうね。残念!
 

2018/11/07 (Wed) 12:37 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。

> マイナーな山ですから、山通や地元以外の人はあまり行かないかもしれませんね。
> 私は一人では行けない山です。
**手頃な距離感で千メートル超えですから、とりあえず様子見で決行でした。
 夏は町民も登っているかも...女性で単独は寂しすぎるかもしれません。

> 貴ブログから、登山道はまぁまぁ整備されている感じに見えました。
**岩ゴロの急斜面も丁寧にロープが設置され、よく手が入っている感じでした。

> 陸別は以前に関寛斎の足跡を訪ねて、ぐるぐる回ったことがありますが、北稜岳の登山口は気付かなかったです。
> 陸別は当地からちょっと近くなりましたね。
**小利別まででも専用道路があると楽ちんでした。^_^;

2018/11/07 (Wed) 12:40 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: Green Cherokeeさんへ

GreenCherokeeさん..コメントありがとうございます。

> フキノトウに、『春まで頑張れよ!』、と声掛けするあたり、野付ウシさんの優しさがにじみ出ていますね~♪
**冬を前に芽吹く植物は他にもありますが、厳しい冬を前に思わず応援したくなります。

> 釣人としては、素敵な沢の写真に思わずヨダレが出てきました・・・ (^^ゞ
**沢の渓流は一本ではなく、途中で合流したりと沢ごとに流れています。
 一番水が少ない時期でも十分な水量が流れていました。 魚は??多分もっと下流で釣るのでしょうね。

> 先週末に道東に釣りに行きました。遠くの阿寒の山々も冠雪していて、青空の下でとても清々しい光景でした。
> 近いうちに釣行記をアップしたいと思います!!
**待ってまーす!!

2018/11/07 (Wed) 12:44 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ♪デコ♪さんへ

**♪デコ♪さん..コメントありがとうございます。

> 険しい感じに見えなくもないけど
**急斜面も距離があまりなかったので、意外と楽ちんでした。

> デコフキノトウが冬にはこんな姿になるって初めてみましたよっ
> みょうがみたいですもんねぇ
**なるほど、似てますね。フキノトウ全部がこうなるとは限らないようで、
 春に芽吹く寝坊な輩もいるそうです(笑)。

2018/11/07 (Wed) 12:47 | EDIT | REPLY |   
中ノ俣  

北稜岳はすっかり葉を落として冬枯れの様相ですね。
カサカサと落ち葉を踏んで歩いたり
ボリボリと霜柱を踏んで歩くのも悪くないですよね。
霜柱の融けた道は最悪ですけど・・(^^;)

北稜と言うとどうしても高等学校のイメージが強いのでググってみたら
全国に「北稜」と名の付く高校は10校ありましたよ。(^^)

2018/11/07 (Wed) 19:35 | EDIT | REPLY |   
たかたかのトレッキング  
こんばんわ野付ウシさん

葉が落ちてスッカリ冬山の様相となりましたね。
霜が寒々とした山の空気を伝えています。
でも、この日は風も無くポカポカ陽気、余裕で霜の芸術を鑑賞された事でしょう。
展望が素晴らしい!

2018/11/07 (Wed) 23:51 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 中ノ俣さんへ

中ノ俣さん..コメントありがとうございます。

> 北稜岳はすっかり葉を落として冬枯れの様相ですね。
> カサカサと落ち葉を踏んで歩いたり
**落ち葉を踏みしめる音は秋だけの楽しみですね。

> ボリボリと霜柱を踏んで歩くのも悪くないですよね。
> 霜柱の融けた道は最悪ですけど・・(^^;)
**融けると泥だらけで滑るので厄介ですよね。

> 北稜と言うとどうしても高等学校のイメージが強いのでググってみたら
> 全国に「北稜」と名の付く高校は10校ありましたよ。(^^)
**松井で一気に有名になりましたね。^_^;

2018/11/08 (Thu) 09:05 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: たかたかのトレッキングさんへ

たかたかさん..コメントありがとうございます。

> 葉が落ちてスッカリ冬山の様相となりましたね。
> 霜が寒々とした山の空気を伝えています。
**後半は日中も陽が当たらない沢の崖なので、既に氷でツルツルの場所もありました。

> でも、この日は風も無くポカポカ陽気、余裕で霜の芸術を鑑賞された事でしょう。
> 展望が素晴らしい!
**お天気を確認して登ったので、暖かくて気持ちよかったです。
 天気が良いと楽しみながら歩く余裕が生まれますね。^_^;

2018/11/08 (Thu) 09:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply