FC2ブログ

仁頃山 盛夏

野付ウシ

野付ウシ

 やっと「盛夏」と呼べるような雰囲気になってきました。
 日差しの不足で野山の植物も変化が起きたりしています。
 直接的な影響に留まらず、虫や病気の発生も起きたりしますね。

 今年はハマナス、スカシユリ、エゾカンゾウなどが被害を受けたように見えます。
 寒さに強い北海道の花も、太陽の恵が必須なのですね。

 月・火と続けて仁頃山の複数ルートを歩いてきました。
 そんな様子から・・・


 s-TG3-20180724-113055-0.jpg
 久々に青空の仁頃山&富里湖を撮りました。 下山した時に晴れ間が出てきたものです。

 s-TG3-20180724-101844-0.jpg
 山頂にいた時はこんな状態でした。 この日の予報は「終日晴れ」のはずでしたが・・・
 s-TG3-20180724-101812-0.jpg
 それでも20度近いのは夏になった証拠でしょうか。

 花たちの動きを一部まとめてみました。

 
 s-TG3-20180723-ezonoyoroigusa.jpg
 この花はセリ科の『エゾノヨロイグサ』と言います。 茎が紫色を帯びるのが特徴で、通常白い花を咲かせます。

 s-TG3-20180723-100512-0.jpg
 「通常は」白いのですが、白と薄紫の双方が付いた個体をよく見かけます。
s-TG3-20180723-100541-0.jpg
 拡大するとこの花は真っ白ではなく、淡いピンクが入っています。 下はそのピンクが濃いようですね。
 s-TG3-20180723-100618-0.jpg

 
 s-TG3-20180723-nantenhagi.jpg
 ツル性の花で『ナンテンハギ』です。 花はいかにもマメ科という形ですね。
 s-TG3-20180723-101014-0.jpg


 s-TG3-20180723-102055-0.jpg
 山でも林道でもたくさん咲きだしたのは『サビタ(ノリウツギ)』です。 濃い緑の山ではとても目立ちます。
 s-TG3-20180724-094931-0.jpg


 s-TG3-20180723-104122-0.jpg
 小さな花にクルクルと可愛いものを付けているのは『ミミコウモリ』です。
 s-TG3-20180723-104223-0.jpg


 s-TG3-20180723-111310-0.jpg
 今がピークの可愛らしい花『クルマユリ』です。茎に5-10枚の輪生の葉を付けますが・・・
s-TG3-20180723-111325-0.jpg
 この個体は異常に葉の数が多く、見た目では20枚ほどありそう・・・  


 s-TG3-20180723-113100-0.jpg
 これはツリフネソウの仲間ですが、先の方が半分白くなっています。
 s-TG3-20180723-usukitsurifune.jpg
 『ウスキツリフネ』と呼びます。 「キツリフネ」とは名前を分けているようです。

 
 s-TG3-20180723-113255-0.jpg
 ウドの花ですが、このままの形で秋には小粒の黒い実になります。

 s-TG3-20180723-113447-0.jpg
 既に赤い実を付けているのは『エゾニワトコ』です。

 s-TG3-20180723-kusafuji.jpg
 他の草に絡みつき伸びる『クサフジ』です。 葉が広めのものは「ヒロハクサフジ」となります。

 
 s-TG3-20180724-094813-0.jpg
 夏の登山道を飾る代表格は『ヨツバヒヨドリ』の花です。 しばらくはこの花の天下ですね。
 s-TG3-20180724-094846-0.jpg
 変異が大きく、花の色だけでなく葉の枚数も様々。 毎年のように変異の葉を見つけるのも楽しみ。

 
 s-TG3-20180724-100926-0.jpg
 『エゾノカワラマツバ』ですが、名前に反して河原以外に山でもよく見かけますね。
 s-TG3-20180724-101006-0.jpg


 s-TG3-20180724-103029-0.jpg
 尖った感じの花ですが、チクチクはしません。 『エゾノキリンソウ』です。花弁が落ちたら内側の星型が残ります。
 s-TG3-20180724-101102-0.jpg


 s-TG3-20180723-102002-0.jpg
 山頂の様子ですが、右手に複数の花が咲いています。ピンクの「ホザキシモツケ」は何度か登場してますね。
 s-TG3-20180724-101806-0.jpg
 葉が赤いのは「ホザキナナカマド」ですが、通常は紅葉するまでは緑の葉で、花も白です。
 s-TG3-20180724-101734-0.jpg
 ここで見られる個体は最初から葉が赤く、開花した花は薄いピンクがかった白です。


 最後に、キノコの画像を。

 s-TG3-20180724-nikkeitake.jpg
 『ニッケイタケ』というキノコで地面に生えますが、木の幹を輪切りにしたような年輪姿です。(固くて食不適)

 s-TG3-20180724-090352-0.jpg
 これは「粘菌」と呼ばれる菌の一種ですが、魚かカニの卵みたいですね。 『クダホコリ』と呼ばれます。
 キノコはいよいよシーズン本番を迎えます。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 8

There are no comments yet.
♪デコ♪  

夏まっさかり^^
いまよいまよと咲き乱れ

残り少ない夏を楽しんでしるような
綺麗な花達よ(#^.^#)


暑いっ( ;∀;)

2018/07/27 (Fri) 10:35 | EDIT | REPLY |   
山親爺  
こんにちは

今日も暑くなりそうで、早くも30度近くまで上がってきている此方
体力に自信のない山親爺は、自宅待機を決めています
ゴロゴロとしていたら、余計疲れるのですがね~(笑)

2018/07/27 (Fri) 10:43 | EDIT | REPLY |   
れみわ  

説明されずに見たら切り株の年輪ですね(笑)
変わったキノコがあるもねですね

今日、明日と地元神社の祭りです
明日は台風が来そうでたぶん中止でしょうね
屋台の準備が進んでいましたが一晩では気の毒です

2018/07/27 (Fri) 15:43 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん..コメントありがとうございます。

> 残り少ない夏を楽しんでしるような
> 綺麗な花達よ(#^.^#)
**夏の花は夏に咲かないとね。 今年の夏は短いのかなぁ・・・

> 暑いっ( ;∀;)
**今日(7/27)は北見も33度で頭クラクラする暑さでした。

2018/07/27 (Fri) 16:31 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 体力に自信のない山親爺は、自宅待機を決めています
> ゴロゴロとしていたら、余計疲れるのですがね~(笑)
**北見は33度まで行きましたが...野付ウシは山歩きで15kmほど歩いてきました。

2018/07/27 (Fri) 16:32 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> 説明されずに見たら切り株の年輪ですね(笑)
> 変わったキノコがあるもねですね
**キノコ菌には想像を超えた不思議がいっぱいです。
 4-5千種類とも言われますが、半分も判明していないそうですよ。

> 今日、明日と地元神社の祭りです
> 明日は台風が来そうでたぶん中止でしょうね
> 屋台の準備が進んでいましたが一晩では気の毒です
**事故や被害があったら大変ですから、やむを得ないのでしょうね。

2018/07/27 (Fri) 16:38 | EDIT | REPLY |   
たかたかのトレッキング  
こんばんわ野付ウシさん

仁頃山は花のお山の様ですね。
北海道特有のお花が有るらしく興味深く拝見させて頂きました。
半分白いツリフネソウは多分、本州では見られない花かと思います。

一見シシウドに見えるエゾノヨロイグサも
一つ一つをアップにすると実に愛らしい花なんですね。
側に寄って見てみたいです。

エゾの付かないキリンソウは我が家の庭に有りますが
今年の異常気象で花が見られたのは数日間だけ、直ぐに枯れてしまいました。

最後のクダホコリは、これも触るとホコリ(?)が舞うのですか?
こちらではホコリタケと言いますがこのキノコを見つけると孫が大喜びします。

2018/07/28 (Sat) 20:26 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: たかたかのトレッキングさんへ

たかたかさん..コメントありがとうございます。

> 仁頃山は花のお山の様ですね。
> 北海道特有のお花が有るらしく興味深く拝見させて頂きました。
**わずか829mの山ですが、非常に植生が豊かな山ですよ。

> 最後のクダホコリは、これも触るとホコリ(?)が舞うのですか?
> こちらではホコリタケと言いますがこのキノコを見つけると孫が大喜びします。
**ホコリタケとは全く別もので「粘菌」と言われる「動く菌」の仲間です。
 実物は0.5cmほどしかありません。

2018/07/29 (Sun) 11:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply