FC2ブログ

Welcome to my blog

残念な途中撤退

野付ウシ

野付ウシ

 過日、少し触れていますが、7月20日(金)に北大雪の『平山(ヒラヤマ)』へ登りました。
 正式には「途中まで登りました」となりますが・・・
 体調が悪くなり、もう少しのところから引き返しました。
 高山植物の豊富な山で、花好きには人気があります。(標高 1,711m)

 当然ながら花好き野付ウシも楽しみにしていた山です。
 途中で引き返すも、写真は200枚近く撮っていますので、記録として掲載します。
 花の季節を意識し、来年にでもリベンジをしようかな?と。
 
 一気に掲載しますので、少し長くなりますのでご勘弁を。

 平山は特に険しいやまでもなく、通常は登山口から2.5時間~3時間で登れます。
 普段の野付ウシなら、2時間少々で可能は距離でもあります。
 途中までながら、花や景色を楽しんできました。


 朝、4時に起きて準備し、自宅を04:40に車で出発。
 途中から高速道を使い、白滝で降りR558へ。 
 白滝から20kmで登山口です(後半は狭い林道)。

 s-K70-20180720-060825-0.jpg
 林道の途中で人口のダムらしきものが見え、白く広がった水が流れ落ちています。

 s-K70-20180720-061716-0.jpg
 チラッと山並みと残雪が見えてきました。

 s-TG3-20180720-063618-0.jpg
 到着は06:20、既に2台駐車しています。(1時間ほど前に入山した様子) 軽く食べてから準備します。

 s-TG3-20180720-063658-0.jpg
 これで見ると標準で2.5時間ほどで山頂へ行けます。(仁頃山の尾根コースは6kmで2.5Hです)
 歩き出してすぐ「変だな」と感じたのは、普段と水1本多い程度のザックが異常に重く感じたこと。
 そして足の運びがずいぶんと重く感じたことです。

 s-TG3-20180720-064145-0.jpg
 登山道では次々に花が見えてきますので、どんどん写真を撮りながら進みました。 『コバノイチヤクソウ』です。

 s-TG3-20180720-064311-0.jpg
 『ミヤマムグラ』でしょうか。 白く小さな花をつけてアチコチでみかけました。

 s-TG3-20180720-064500-0.jpg
 足場が崩れているところでは、パイプで橋を作ってありました。

 s-TG3-20180720-064708-0.jpg
 『エゾノレイジンソウ』です。 ちょっとピンぼけ!

 s-TG3-20180720-064901-0.jpg
 軟弱な花、『タニギキョウ』ですね。

 s-K70-20180720-065035-0.jpg
 最初の滝は「夫婦の滝」でしょうか。 登山道沿いのいくつかの看板が朽ちて崩れていました。
 s-K70-20180720-065103-0.jpg


  s-K70-20180720-065133-0.jpg
 『ゴゼンタチバナ』は数箇所で群れていました。

 s-TG3-20180720-065103-0.jpg
 『ギンリョウソウ』 です。 今年はもう見られないかと思っていたら、ここで出会えましたか。
 s-TG3-20180720-065044-0.jpg


 s-K70-20180720-065409-0.jpg
 『オオバミゾホオズキ』ですが、数箇所で群生していました。
 s-TG3-20180720-080927-0.jpg


 s-K70-20180720-065453-0.jpg
 『シャク』です。 仁頃山ではとっくに咲き終わっている花が次々に出てきます。

 s-TG3-20180720-070804-0.jpg
 巨木の陰にキノコが見えました。 山歩きでよく見かける『マスタケ』でしょう。 出た直後は食べられます。

 s-K70-20180720-070918-0.jpg
 これは「行雲の滝」でしょうか。 落差はけっこうありますね。

 s-TG3-20180720-070958-0.jpg
 森の奥に入った感じがしてきました。

 s-TG3-20180720-071622-0.jpg
 途中で折れた松の木の残りが、槍のように天を指していました。

 s-TG3-20180720-071316-0.jpg
 木々の間からは時折水の流れが見えてきます。 雪渓の上までは渓流の音がついてまわります。
 s-K70-20180720-071615-0.jpg
 

 s-TG3-20180720-071826-0.jpg
 これは「ヤマハハコ」でしょうか。

 s-TG3-20180720-072228-0.jpg
 登山口近くでは花が終わっていた「ハクセンナズナ」ですが、この辺りでは花が残っています。
 s-TG3-20180720-072319-0.jpg


 s-TG3-20180720-072553-0.jpg
 渓流の流れはどこを見ても清々しいですね。 気温も高いのでよけいにそう感じます。

 s-K70-20180720-072604-0.jpg
 次に見えた滝は「冷涼の滝」かな? 看板は朽ちて見えません。
 通常はこの辺まで40分程。 花の撮影もしていますが足の運びが重くペースも遅い感じです。

 s-K70-20180720-073229-0.jpg
 流れをみても山の傾斜が急になったことがわかります。

 s-TG3-20180720-073401-0.jpg
 登山道はずっと岩と木の根の状態で、少しずつ勾配が急になった感じです。

 s-K70-20180720-073946-0.jpg
 「エゾシモツケ」の白い花が少し離れたところにも群生していました。
 s-TG3-20180720-074425-0.jpg

 s-TG3-20180720-074412-0.jpg
 「ミヤマハンショウヅル」の花です。 茎が地面を這ったりして伸びてきます。

 s-TG3-20180720-074549-0.jpg
 ウラジロナナカマド? 葉の形が違うので「タカネナナカマド」かと思います。

 s-TG3-20180720-075043-0.jpg
 登山道の傾斜地には「オニシモツケ」群落です。

 s-TG3-20180720-075113-0.jpg
 細長く流れが見えますが、ずっと上には雪渓が少しみえてきました。

 
 s-TG3-20180720-075948-0.jpg
 黄色い花が多めですね。 何だっけ?

 s-TG3-20180720-080037-0.jpg
 大きめの黄色い花は「ハイオトギリ」です。 この前後に数箇所で見られました。


 s-K70-20180720-080123-0.jpg
 谷の周辺を埋め尽くすように密集していたのは・・・

 s-K70-20180720-080501-0.jpg
 「エゾノリュウキンカ」の大群落でした。 ここではほとんどがまだ花を付けています。
 s-K70-20180720-080108-0.jpg
 s-TG3-20180720-082346-0.jpg
 平地とは二ヶ月もの開きがありますね。 それにしても見事な群落です。


 s-TG3-20180720-081050-0.jpg
 雪渓が間近に見えてきました。 ここまでおよそ90分です。 この先は雪渓をトラバースして更に上の雪渓に向かいます。



 s-TG3-20180720-081543-0.jpg
 「ウコンウツギ」も傾斜地にたくさん咲いていました。
 s-TG3-20180720-081613-0.jpg


 s-K70-20180720-081905-0.jpg
 「カラマツソウ」がまだ見られるとも思っていませんでした。(仁頃山だと既に種になっています)
  
 s-TG3-20180720-082327-0.jpg
 「チシマノキンバイソウ」もこれから一気に開花しそうです。
 s-TG3-20180720-082337-0.jpg


 s-K70-20180720-082442-0.jpg
 「ヨツバシオガマ」でしょうか。 少し元気がないように見えます。


 s-TG3-20180720-082835-0.jpg
 いよいよ雪渓を渡る場所にきました。 右側を少し登ってから横断します。

s-TG3-20180720-082903-0.jpg
 少しの距離ですが、雪渓を慎重に歩いて左上の登山道に渡ります。

 渡ったところで一休み・・・既に上半身は一度取り替えていますが、汗でビショビショなので、再度着替えました。
 ここまで二時間ですが、この雪渓の上まで出て、ようやく尾根の分岐点、さらに歩いて山頂です。
 時間的には山頂なら問題なく行けるでしょう。 ただし体力の消耗が異常なペースで進んでいました。
 身体の動きが悪く、冷や汗が出ているようにも感じます。 ここで熟慮・・・
 本当は比麻良山と文蔵岳も行く予定でしたが・・・下りの体力と自宅までの車の運転が必要です。 

 この先の花(タカネシオガマ等)が本当は目的だったのですが・・・
 山も花も逃げないので、次の機会に譲ろうという判断をしました。
 休憩場所付近の花を最後に撮り、下山することにします。

 s-TG3-20180720-083449-0.jpg
 「チシマキンバイ」です。

 s-TG3-20180720-084009-0.jpg
 低木の下には「サンカヨウ」も咲いていました。

 オニギリもパンも食べ残したままで、喉を通らないので水分補給だけ継続しました。
 登ってくる人は「こんなに暑くなるとは思わなかった」とこぼしていました。
 
 休憩後に下山開始、気持ち自体は問題なかったので、撮り漏らした花をチェックしながら下山。

 
 s-TG3-20180720-093200-0.jpg
 「ミヤマアカバナ」です。 軟弱な花ですが、しっかりとまとまって咲いていました。

 s-TG3-20180720-093304-0.jpg
 「オドリコソウ」も今頃咲くんですね。 仁頃山以外は久々なので感覚狂ってます。

 s-TG3-20180720-094229-0.jpg
 「オガラバナ」(ホザキカエデ)も終盤ながら、たくさん咲いていました。

 s-TG3-20180720-094713-0.jpg
 最後に撮った花は「ズダヤクシュ」、これは仁頃山でも遅咲きが残っています。

 順調に行けば、残りは数十分だったかもしれませんが、下山と車の運転も考慮し正解だったようです。
 散々歩き回っている野付ウシの感覚としては、今回の体調は異常なものでした。

 原因はわかりませんが、退院後に服用している薬の影響も多少はあるかも。
 (今月末で終わりますが)

 仁頃山を数回歩いて状態を確認しながら、次の策を練ろうかな??

 長々と最後までお付き合い、ありがとうございました。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 20

There are no comments yet.
れみわ  

渓流は雪解け水でしょうから冷たく気持ち良いでしょうね
顔を洗ってこのボーっとした頭をスッキリさせたいです
滝が幾つもあるのは傾斜もきつそうですね
体調の事もあります、無理をしないでくださいね

2018/07/23 (Mon) 09:12 | EDIT | REPLY |   
山親爺  
おはようございます

支湧別沿いにある登山道でしょうか?
昔、渓流釣りをやってた頃、よく行った川で覚えていますね
上流はオショロコマ、下流ではニジマスと遊んだものです

2018/07/23 (Mon) 09:49 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> 渓流は雪解け水でしょうから冷たく気持ち良いでしょうね
> 顔を洗ってこのボーっとした頭をスッキリさせたいです
**冷たすぎて手が痛くなりますね。でも気持ちいいでしょうね。
 地元の人は飲むことはしません=怖い寄生虫の心配があるからです。

> 滝が幾つもあるのは傾斜もきつそうですね
> 体調の事もあります、無理をしないでくださいね
**あの時は原因不明でした。 今日は体調良く午前に山へ登ってきました。

2018/07/23 (Mon) 13:26 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 支湧別沿いにある登山道でしょうか?
> 昔、渓流釣りをやってた頃、よく行った川で覚えていますね
**そのとおりですね。今も雪解けが続いていて水量も豊富です。
 反対側の「支湧別岳」は林道崩壊で登山できない状態です。

2018/07/23 (Mon) 13:28 | EDIT | REPLY |   
♪デコ♪  

体調がいまいちですね
この気温差もあるんじゃなかろうか??

くれぐれも無理せずデス
渓流の綺麗な涼しさよっ

涼をplease

2018/07/23 (Mon) 14:38 | EDIT | REPLY |   
くぅ  

パイプで補修している橋?こわいねぇ~
豪雨のあとなん、ダイジュブなの?

スローシャッターで滝もキレイに撮られてますね。

水に濡れると透けるガラスのようになるお花は 『サンカヨウ』 でしたか。
『ギンリョウソウ』もなんだかそんな雰囲気ですね。

折れた松の木、オブジェみたい。

野付ウシさんでも「何だっけ?」があるのね。
ちょっとホッとしたり(*'ー'*)ふふっ♪

「雪渓」って・・・(゚O゚;)
さすが山。

うん?!
熟慮で判断されるのはさすが。
無理しては駄目ですよね。
薬のせいかもしれませんが、そうでない場合もあるかも。
危険を避け、山とも長いおつきあいを!

なによりも、適切な判断をされて良かった。
珍しいお花などいつもありがとね。
でも、くれぐれもご無理なさらないように。
退院以来通院はされてるんですよね?
よけいなことかも知れませんが・・・ごめん。

2018/07/23 (Mon) 14:52 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん..コメントありがとうございます。

> 体調がいまいちですね
> この気温差もあるんじゃなかろうか??
**原因は不明です。スタート時は朝6:30頃で涼しかったので、
 気温は関係なかったように思います。
 まぁ、そんな時もあるよな...て感じでした。

> 渓流の綺麗な涼しさよっ
**登山中は2時間以上、渓流や滝の音が付いて回ります。
 音だけでも涼しげでしたよ。

2018/07/23 (Mon) 15:15 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがとうございます。

> パイプで補修している橋?こわいねぇ~
> 豪雨のあとなん、ダイジュブなの?
**その時は登山者の判断によるのでしょうね。

> スローシャッターで滝もキレイに撮られてますね。
**一応デジイチ持っていったのですが、やはり重たいですね。

> 折れた松の木、オブジェみたい。
**コレ、なんとなく気に入って撮りました。天を指さして!!

> 野付ウシさんでも「何だっけ?」があるのね。
> ちょっとホッとしたり(*'ー'*)ふふっ♪
**すぐに名前見つからないと、いいや!となる時もありますよ(笑)

> 熟慮で判断されるのはさすが。
> 無理しては駄目ですよね。
**前に知床の雪山でも途中撤退してますが、迷った時は戻ります。

> 薬のせいかもしれませんが、そうでない場合もあるかも。
**あのあと、何とも無くてね。今日も快調に仁頃山9kmほど歩いてきました。
 あれは何だったのだろう?という、身体の不調でした。

> でも、くれぐれもご無理なさらないように。
**無理しても楽しいことは無いので、事前に自身で確認してます。
 
> 退院以来通院はされてるんですよね?
**退院後は一ヶ月薬を飲んで、問題なければオシマイ。それが病院の判断でした。
 余計なことで心配いただきありがとうございます。
 飲食も含めて体調管理はキチンとやってますよ。大丈夫です。 ^_^;

2018/07/23 (Mon) 15:27 | EDIT | REPLY |   
いおまま  
野付ウシさんへ

こんにちは。

くすりを飲んでいると言うことは
まだ完璧に
治ったわけではないと思うので
体力がつくまではもう少し
かかるのでしょうね。

>ザックが異常に重く感じたこと
>足の運びが重く感じたこと

読み進めながら
どこまであがるのだろう?と
心配になりました。

でも、よくぞご無事で!

可愛いお花がたくさん!
これだけでも山の素晴らしさは
伝わって来ました!

2018/07/23 (Mon) 16:33 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: いおままさんへ

いおままさん..コメントありがとうございます。

> 体力がつくまではもう少し
> かかるのでしょうね。
**薬は再発防止用ですが、副作用がやたらと多いとの説明です。
 月末には終了しますが・・・筋肉はまだ戻ってないかもしれませんね。

> 読み進めながら
> どこまであがるのだろう?と
**できれば上まで...との思いもありましたね。尾根伝いの他の山は諦めたとしても、
 本体の山頂はすぐ近かったのです。
>
> でも、よくぞご無事で!
**深刻な状態になる前の判断が必要なので、結果オーライかな、と。

> 可愛いお花がたくさん!
> これだけでも山の素晴らしさは
> 伝わって来ました!
**この先に見たい花がいくつかあったのですが、次に取っておきます。

2018/07/23 (Mon) 17:07 | EDIT | REPLY |   
中ノ俣  

全然調子が上がらない時ってありますよね。
荷物が重かったり、寝不足だったり、気温が高かったり、シャリバテだったり・・・

でも目的地にたどり着けなかったとしても、涼しげな渓流沿いの静かな山歩きと沢山の花に会えて充分満足のいく山行だったんではないでしょうか。

2018/07/23 (Mon) 22:33 | EDIT | REPLY |   
なべさん  
勇気ある撤退

いつもありがとうございます。

私は登山は素人ですので山の種類やそのレベルはわかりませんが、くれぐれも無理をされぬようにしてくださいね。

2018/07/24 (Tue) 06:05 | EDIT | REPLY |   
ジャム  

おはようございます。
緑いっぱいで、森林浴にはもってこいな場所でしょうかね。
木々の下なら暑い夏も少しは涼しい感じになるかな?

2018/07/24 (Tue) 07:05 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 中ノ俣さんへ

中ノ俣さん..コメントありがとうございます。

> 全然調子が上がらない時ってありますよね。
> 荷物が重かったり、寝不足だったり、気温が高かったり、シャリバテだったり・・・
**スタート間際まで何も感じなかったのですが、登り始めて異変が現れて自分で驚きました。
 でもどこかに異常があり、脳が司令を出したのでしょうね。

> でも目的地にたどり着けなかったとしても、涼しげな渓流沿いの静かな山歩きと沢山の花に会えて充分満足のいく山行だったんではないでしょうか。
**たくさんの花に出会えて、滝や渓流も楽しめました。次回は余裕を持って歩きたいですね。

2018/07/24 (Tue) 15:56 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: なべさんへ

なべさん..コメントありがとうございます。

> 私は登山は素人ですので山の種類やそのレベルはわかりませんが、くれぐれも無理をされぬようにしてくださいね。
**私もまだ素人ですよ(山歩き3.5年ですから)。
 予測できなかった異変ですので、やむ無しですね。
 身体のどこかが悲鳴を上げたのでしょう。

2018/07/24 (Tue) 15:58 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ジャムさんへ

ジャムさん..コメントありがとうございます。

> 緑いっぱいで、森林浴にはもってこいな場所でしょうかね。
> 木々の下なら暑い夏も少しは涼しい感じになるかな?
**清流と様々な滝があり、登山道の前半は森を抜けますので、オゾンたっぷりですね。
 夏は木陰を歩けるだけでも随分涼しく感じるものです。
 直射日光はキツイですね。

2018/07/24 (Tue) 16:00 | EDIT | REPLY |   
ハマナス  
まだ雪がありますね

平山は花の山、やはりいろいろなお花を楽しめますね。
今週末は気温が高くなる予想?ですから、残雪も少なくなるでしょうか。
平山の雪渓登りは過去3回ほど歩きましたが、晴れた日は醍醐味ですね。

その後、体調は如何でしょうか・
お薬の影響もあるのでしょうね。
休養十分に。

2018/07/24 (Tue) 21:55 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。

> 平山は花の山、やはりいろいろなお花を楽しめますね。
> 今週末は気温が高くなる予想?ですから、残雪も少なくなるでしょうか。
**週末には一気に溶けると思いますね。その分だけ春の花も終わって行くでしょう。

> その後、体調は如何でしょうか・
> お薬の影響もあるのでしょうね。
> 休養十分に。
**今週は仁頃山も既に二度登ってますが、問題ありません。
 多分体調の波があるのでしょう。ご心配ありがとうございます。

2018/07/25 (Wed) 07:47 | EDIT | REPLY |   
watanabe  
遅くなって

すみません。
平山に登られてたのですね。
途中までのようですがそれでも花を楽しまれたようで。
花多すぎてなかなか先に進みませんよね。
風当たらない斜面なんじゃないかな?暑かったでしょ。
稜線に上がるとすごい風とかもあってずいぶん前にそんな経験してます。
それと上の方の花がまた素晴らしいんですよ。
次回行くときはタカネシオガマとか雑草のように咲いているコマクサが見れるといいですね。
この山も今年は花がイマイチのようなのでちょうどよかったじゃないですか。
来年の楽しみが増えましたね。

2018/07/25 (Wed) 17:01 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: watanabeさんへ

watanabeさん..コメントありがとうございます。

> 平山に登られてたのですね。
> 途中までのようですがそれでも花を楽しまれたようで。
> 花多すぎてなかなか先に進みませんよね。
**まともに撮影に熱中したら、さっぱり進まないでしょうね。

> 風当たらない斜面なんじゃないかな?暑かったでしょ。
**この日は相当気温も上がって登山者もバテていたようです。
 野付ウシの体調不良は暑さとは別もので、スタートから変でした。

> この山も今年は花がイマイチのようなのでちょうどよかったじゃないですか。
> 来年の楽しみが増えましたね。
**花がイマイチという話は聞きました。何れにしても来年再訪問ですね。

2018/07/25 (Wed) 17:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply