FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

湖畔の群生地  

 前回、サロマ湖畔でエゾエンゴサク群生を見てきましたが、陽射不足でアズマイチゲが閉じていました。
 機会を逃すと来年まで無理かもしれないので、翌日にまた出かけてきました。

 午前は仁頃山へ登り、午後はサロマ湖畔を見て歩きましたが、少し疲れましたよ。
 お天気がまずまずで、陽射しも午前からあったためか、今度は花が綺麗に開いていました。

 今回は少し画像多めになります。m(_ _)m
 
 s-K70_20210416_131702_0.jpg
 ①またもや同じ場所です。エゾエンゴサクは相変わらず綺麗に広がっていますが、白い花が目に付きました。
 s-K70_20210416_131838_0.jpg
 ②国道脇にもありますが、奥の方の傾斜地にもたくさん見られます。黄色はキバナノアマナと福寿草です。
 s-K70_20210416_132156_0.jpg
 ③このアズマイチゲが前日はみんな閉じていたのです。可憐な花ですね。
 s-TG4_20210416_132118_0.jpg
 ④こういう状態が国道脇に続いているのです。

 s-TG4_20210416_132218_0.jpg  s-K70_20210416_133631_0.jpg s-TG4_20210416_132234_0.jpg s-TG4_20210416_132257_0.jpg
 ⑤-⑧アズマイチゲは今回で存分に楽しむことができました。
 

 s-K70_20210415_131145_0.jpg
 ⑨キバナノアマナもたくさん開いていました。この花も陽射しが無いとしっかり開かないですね。
 s-K70_20210415_130850_0.jpg
 ⑩道路脇で手が入らない場所ですから、春先は前年の枯れ草も多く、余分なものが写り込んでしまいますね。

 
 車に戻り移動を始めたら・・・道路の両側がアズマイチゲで白くなっていました。これは見なきゃ・・・
 s-K70_20210416_133410_0.jpg
 ⑪ずっと繋がってはいませんが、こんな塊がポンポンと見られます。
 s-K70_20210416_133422_0.jpg
 ⑫今のタイミングでなければ見られなかったかもしれません。
 s-K70_20210416_133522_0.jpg 
 ⑬そして反対側(湖畔側)の林の奥には・・・画像ではイマイチわかりにくいですが、
  ずーっと奥までアズマイチゲとエゾエンゴサクが続いています。(見えていませんが、その奥には遊歩道もあります)
  この周辺ではもう少しすると、ニリンソウの群生も見事なんですよね。

 s-K70_20210416_133136_0.jpg
 ⑭戻ろうとしたら・・ギョギョッ! 頭蓋骨と背骨の一部がありますよ・・・エゾシカのものですね。
 いつのものかは不明ですが、近くには他の部位の骨もありました。カラスや猛禽類が食べたかもね。
 角は無かったので雌なのでしょうか・・・もしかしたら車と衝突したか、病気や怪我か...


 さて、せっかくなのでまたもや湖畔のハクチョウを確認しようと湖の方へ・・・

 あれほどたくさんいたオオハクチョウたちは、麦畑にもいなくて、湖畔に少しだけいました。
 s-K70_20210416_134510_0.jpg
 ⑮
 s-K70_20210416_134512_0.jpg
 ⑯
 s-K70_20210416_134604_0.jpg
 ⑰羽をバタバタして準備運動でもしていたのかな?

 s-K70_20210416_134624_0.jpg
 ⑱沖合には小さな水鳥がびっしりと休んでいました。拡大してみると多くはカモの種類ですね。
 更に移動中で見えたのは、離れた場所にいるオオハクチョウたちでした。
 
 まだ全部が北へ帰ったわけでもないようですが、かなり数は減ったようでした。

 ハクチョウも、エゾエンゴサク、キバナノアマナ、フクジュソウなども、コレが最後かな?


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。

 ◆午前中は山歩きなどで不在が多いため、前日夜のリコメが遅れがちになります。

 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top