FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

市内公園の水鳥  

 今日もスッキリと晴れて、日中は20度近くまで気温が上がるとか。
 昨日も綺麗な青空で、気温は16度超えましたが、風は少し冷たかったです。

 前回はサロマ湖のハクチョウなどを掲載しましたが、今日は市内の公園で見た水鳥です。


 まずは、いつもの『野付牛公園』の池からです。
 s-TG4_20210410_110212_0.jpg
 ①池には多くの木の葉も残っていて、かなり残念な状態でしたが、何とか樹の葉が目立たなくなりました。
 s-K70_20210408_094943_0.jpg
 ②雪が消え、水鳥も少しずつ戻ってきました。
 s-K70_20210406_145028_0.jpg
 ③空中からジャバッと着水したのは、この池で一番多いカルガモです。
 s-K70_20210406_144815_0.jpg
 ④マガモもいますが、右手前の鳥は? 日本最小の淡水ガモと言われる『コガモ』で雄成鳥のようです。
 s-K70_20210406_kogamo_0.jpg
 ⑤少し遅れて付いていくのは雌成鳥のようです。

 s-K70_20210408_095305_0.jpg
 ⑥マガモの雌と、カルガモが似ていますが、クチバシの先が黄色いのがカルガモです。
 s-K70_20210410_110906_0.jpg
 ⑦移動中に見つけた松の実で出来た「エビフライ」を見つけました。エゾリスが実を食べる時に剥いたものです。
 s-K70_20210408_092719_0.jpg
 ⑧近くにエゾリスもいましたが、木から降りて一気に走って姿が見えなくなったので、撮影は一枚だけです。


 次に、市内の『ときわ公園』へ行ってみます。 市内を流れる常呂川(ところがわ)の堤防の外側にあります。
 川が近いこともあって、様々な水鳥も立ち寄る池です。

 s-K70_20210410_124821_0.jpg
 ⑨野付牛公園の池よりかなり大きく水量も多いです。流れ込む水を増やしたことで水が綺麗になりました。
 池の周りをゆっくり歩きながら、水鳥を眺めている人も多いようです。
 s-K70_20210410_105609_0.jpg
 ⑩ここにも『コガモ』がいました。
 s-K70_20210410_hidorigamo_0.jpg
 ⑪ちょっと毛色の違う水鳥が...後で調べたら『ヒドリガモ』でした。 頭の茶色くない方は雌です。ツガイでしょうね。

 s-K70_20210410_124445_0.jpg
 ⑫オオハクチョウが4羽だけ、池で休んでいましたが、水浴びでしょうか、バシャバシャと暴れています。
 s-K70_20210410_124540_0.jpg
 ⑬羽を洗っている? 羽だけでなく体全体を傾かせたりしていました。
 s-K70_20210410_124550_0.jpg
 ⑭もう1羽がやってきて、2羽でバシャバシャやってました。池の周りの人も面白がって見てました。
 s-K70_20210410_124856_0.jpg
 ⑮最後に立ち上がって羽をバサバサ...水を切っていたのかな? その後は静かに過ごしていました。

 この池と堤防を挟んだ川にもよくハクチョウが来ます。分割した川の緩やかな流れの場所にいますね。
 そこで過ごしたり、日中は郊外の麦畑に出張することもあります。

 もう少しの間は見られそうです。

※300mmレンズなので、一部トリミング拡大しています。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top