FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

春へ足取りは緩やか  

 暖かい日が少しありましたが、1週間後には雪の予報もあります。
 素直に春へ直行することは、なかなか難しいようですね。
 それでも、よく目を凝らすと春の準備が進んでいるのがわかります。

 s-K70_20210330_135202_0.jpg
 ①山から流れ落ちる雪解け水が、小さな滝を作っていました。夏は水が枯れている場所です。
 s-TG4_20210330_135338_0.jpg
 ②それらが流れ込む渓流も、水量が増えていて岸の雪も溶かしていきます。
 s-K70_20210330_140144_0.jpg
 ③小さな滝をいくつか流れ落ちて、ダム湖へ流れ込むわけです。
 s-K70_20210401_113347_0.jpg
 ④異常に水量が少なかったダム湖ですが、これから流れ込む水でどこまで回復できるかな?

 
 渓流以外にも水が溜まる場所はあります。
 s-K70_20210401_112800_0.jpg
 ⑤春限定の小さな池がありますが、早々と「エゾサンショウウオ」が卵を生んだようです。
 ここは夏には水が枯れますが、その前に「エゾアカガエル」も大量に卵を生む場所になります。
 s-K70_20210401_113249_0.jpg
 ⑥林道脇の用水路でも「エゾサンショウウオ」が卵を生んでいました。
 大きな卵の割に、エゾサンショウウオ本体は小ぶりな身体です。まだ撮影に成功していませんが・・・

 
 s-K70_20210330_141750_0.jpg
 ⑦すでに何度か掲載した「ハンノキ」の花ですが、山裾では既に咲き始めていました。
 s-TG4_20210401_084921_0.jpg
 ⑧穂状にぶら下がったのが雄花(7-9cm)で花粉を撒き散らす本体、赤く小さい方が雌花(5mm)になります。
 s-TG4_20210401_085047_0.jpg
 ⑨雄花はすでに開花しており、小さな雄しべがたくさん見えていますね。 もう花粉を飛ばしているでしょうね。
 s-TG4_20210401_085019_0.jpg
 ⑩こちらは雌花ですが、花被がありません。 花後は松かさ状の実ができます。

 花粉症の人には困った花ですね。 追っかけるようにやがてシラカバの花も花粉を撒き散らすでしょう。


 珍しく動画を撮りました。雪解け水が流れる「仁頃川源流」のせせらぎです。27秒
 
 「はーるのおがわはさらさらいくよ♪」


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top