FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

北への中継地  

 昨日の冷え込みほどではないですが、今朝も寒かったですよ。
 でも日中晴れで気温は16度前後まで上がりそうで、暖かく感じられるでしょう。


 「オオハクチョウ」は、南から戻ってシベリア方面へ向かう途中で、休養に入っています。
 ゆっくり休養してから、再び長い距離を飛んでいくわけです。
 市内の川や池などでも見かけますが、数千羽がやってくるサロマ湖へ行ってみました。
 
 
 s-TG4_20210406_113605_0.jpg
 ①キムアネップ岬の手前で見た光景で、湖面を覆っていた氷の残骸がまだ残っていました。
 s-TG4_20210406_113613_0.jpg
 ②広大なサロマ湖は氷も完全に消えて、サロマンブルーの色になっていました。


 s-K70_20210406_114223_0.jpg
 ③岬へ向かう道路沿いの麦畑に、多くのオオハクチョウがいました。
 s-K70_20210406_114228_0.jpg
 ④広範囲に散らばっているので、分割して撮影しました。 奥の方にも小さく見えていますね。
 s-K70_20210406_114235_0.jpg
 ⑤麦に新芽が目的です。 農家の人はたまったものではありませんね。
 s-K70_20210406_114254_0.jpg
 ⑥麦の若葉は青汁に使われるくらいで栄養豊富ですから、ハクチョウもパワー溜め込んでいるのかな?


 s-TG4_20210406_114701_0.jpg
 ⑦キムアネップ岬の付け根にある橋の付近に停車して、眺めてみました。 湖岸沿いに凄い数が来ていました。
 s-K70_20210406_114626_0.jpg
 ⑧サロマ湖を拠点として、周辺の麦畑などへ出かけています。
 s-K70_20210406_114659_0.jpg
 ⑨毎年のように、若いハクチョウも多いようで、首のあたりが灰色っぽいのは成鳥になる前の若鶏です。

 s-K70_20210406_114654_0.jpg
 ⑩ここで2-3週間ほど静養してから、北へ旅立っていきます。
 s-K70_20210406_114735_0.jpg
 ⑪多くのハクチョウは例年だと4月下旬に順次旅立ちますが、若鶏は遅れて出発することがよくありますね。
 s-K70_20210406_114712_0.jpg
 ⑫今年は例年と同じ時期まで滞在しているでしょうかね。
 s-K70_20210406_114616_0.jpg
 ⑬今は麦畑などへ行くため飛び立っていると思われます。

 4月中旬以降には編隊を組んだハクチョウがよく見られます。
 風向きなどを考慮して出発すると言われていますね。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

スポンサーサイト



また雪が・・・  

 気温がグンと下がって、昨日の朝はマイナス5.7度で、朝は霜で真っ白でした。
 (ちなみに、今朝は更に下がってマイナス7.5度でした!)
 ココまで冷えるのは珍しいです。 早朝は晴れていたのですが、その後は雪になりました。
 最高気温は午前9時過ぎで、+2.9度ですが、それ以後はどんどん気温も下がっています。
 街ではチラチラと雪が振る状態が夜まで続いています。 
 結果としては今朝は薄っすらと積もった雪で、真っ白になっていましたよ


 昨日は仁頃山へも行きましたので、その時の様子から・・・

 s-Can_20210407_081530_0.jpg
 ①仁頃山麓の富里湖(ダム湖)の様子ですが、一部は水面が出ていますが多くは氷が残っています。
 s-K70_20210407_104124_0.jpg
 ②林道沿いの渓流の小さな滝ですが、ゴォーっと音はしていますが、水量はイマイチですね。
 s-TG4_20210409_083623_0.jpg
 ③道路脇の水溜りに、エゾサンショウウオとエゾアカガエルが卵を産んでいますが・・・池がガチガチに凍っていました。
 s-TG4_20210409_083646_0.jpg
 ④エゾサンショウウオの卵は氷の下で、無事だったと思われます。今日は氷が融けないでしょう。
 s-TG4_20210409_083723_0.jpg
 ⑤エゾアカガエルの卵は水面付近にあって、上の方が完全に凍っていました。卵は大丈夫なんでしょうか?


 s-TG4_20210407_082316_0.jpg
 ⑥今年始めてみたキノコです。形が崩れてますが「ベニチャワンタケ」ですね。(もちろん食不適です)
 s-TG4_20210407_102901_0.jpg
 ⑦そして仁頃山では第一号となる「エゾエンゴサク」が登山口で咲いていました。
 s-TG4_20210409_085030_0.jpg
 ⑧天気が悪いため、フクジュソウもちょっと元気が無いようです。
 s-K70_20210407_103246_0.jpg
 ⑨雪解け水で広がった湿地では、ようやくフキノトウも開いています。
 s-K70_20210407_102653_0.jpg
 ⑩「エゾノリュウキンカ」ですが、葉の下の方に黄色の蕾が見えています。あと数日で開花でしょうね。



 s-TG4_20210409_085612_0.jpg
 ⑪朝は久々に冷えたこともあって、登山道には分厚い霜柱も見られました。少し汚れてますが5cm以上ありました。

 朝は青空が見えていたのですが、登りはじめてまもなく雪が降ってきました。
 最初は気にならなかったのですが、風と雪が強くなりやむなくカッパを着ました。

 s-TG4_20210409_094813_0.jpg
 ⑫山頂に着いた時は吹雪みたいな状態です。温度計は-5度を指していました。
 s-TG4_20210409_094847_0.jpg
 ⑬山頂からの眺めですが、霧とかガスではなく雪が斜めに降って見通しが悪いのです。

 山頂付近では少しは積もるかもしれませんが、平地では融けてしまうでしょうね。
 北海道の早春はこんなものです。寒さに弱い植物は芽吹いた葉が凍死することがあります。
 これで収まって欲しいものです。

 今日からは徐々に気温が上がり、月曜日は突然20度ほどになるとか・・・上がりすぎ(*_*)



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

春を告げる花たち  

 昨日は日中にミゾレや雪が降ったり、青空が出たりと落ち着かない天気でした。
 午前に7度ほどまで上がった気温は、その後は下がり続けました。
 今日は陽射しがあるものの、更に気温が下がり、4-5度程度までしか上がらない予報です。
 素直に春は前進してくれません。

 6日に、サロマ湖方面を回ってきて、今年初出会えた花がありますので、その様子から。

 s-TG4_20210406_103747_0.jpg
 ①ほんの数株ですが、最初に出会ったのは「エゾエンゴサク」でした。
 s-TG4_20210406_103919_0.jpg
 ②白~青・紫の花が特徴的で、山野での花としては春を告げる花でもありますね。
 s-TG4_20210406_104037_0.jpg
 ③これから少し経つと、この周辺は「キバナノアマナ」も出てきて、水芭蕉も咲き、賑わってきます。

 
 s-TG4_20210406_110443_0.jpg
 ④車でサロマ湖沿いを走り、湖畔でちょっとサロマ湖の風景をパチリ!海も空も綺麗なブルーでした。
 s-TG4_20210406_112918_0.jpg
 ⑤1-2分走ると目的の群生地となります。国道沿いですがエゾエンゴサクとアズマイチゲと福寿草がたくさん見えます。
 s-TG4_20210406_111055_0.jpg
 ⑥福寿草とアズマイチゲが目に入りました。
 s-TG4_20210406_111107_0.jpg
 ⑦感覚的には平年より少し早いかもしれませんね。
 s-TG4_20210406_111446_0.jpg
 ⑧「アズマイチゲ」は野山では真っ先に咲く白い花で、とても質素な感じがしますね。


 s-TG4_20210406_112219_0.jpg
 ⑨エゾエンゴサクが先に咲き、追ってアズマイチゲが咲いたと思われます。
 s-K70_20210406_112256_0.jpg
 ⑩アズマイチゲはこれから一気に増えるでしょう。
 s-TG4_20210406_112243_0.jpg
 ⑪もちろん、福寿草がトップですけどね。
 s-K70_20210406_111330_0.jpg
 ⑫ガッチリと丈夫そうな福寿草でした。
 s-TG4_20210406_112329_0.jpg
 ⑬太陽に向かって背伸びしているようです。


 s-TG4_20210406_112400_0.jpg
 ⑭アズマイチゲから暫く遅れて、ミニサイズな「ヒメイチゲ」が出てきますね。これも楽しみです。
 s-TG4_20210406_112524_0.jpg
 ⑮お天気が良いと様々な角度から撮ることができて、楽しいですね。
 
 s-K70_20210406_113219_0.jpg
 ⑯数百メートル離れた場所でも、エゾエンゴサクが道路際に群生しています。
 s-K70_20210406_113000_0.jpg
 ⑰路肩の外側なので、車に踏まれることはなく、人も通らないので無事でいられるんですね。

 このすぐ下側にはサロマ湖畔遊歩道がありますが、周辺ではニリンソウの大群落も見られます。
 遊歩道は利用者も少なく、整備が追いつかず荒れてきていますね。
 国道からこれらの群生もよく見えますよ。 但し、脇見運転はいけません。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

華やかなネコヤナギ  

 雪解けは早かったのですが、そう簡単に花たちは早咲きしてくれません。
 それでも、ようやく早春の花の一部が咲き出したようです。

 今回はその一部として、冬が明ける前から楽しませてくれたネコヤナギをメインにて。

 ヤナギの白い綿毛をみると、種類を問わず「ネコヤナギ」と呼ばれますね。
 ヤナギの種類は非常に多いのですが、基本は雌雄異株で花も別々なのです。
 通常は白い毛が目立つ時期をすぎると、忘れがちになりますが、花も綺麗ですね。
 
 s-K70_20210405_131628_0.jpg
 ①これは今時期に川沿いや山でも目立っている、ヤナギの花ですね。派手な黄色は多分雄花でしょう。

 s-K70_20210405_132924_0.jpg
 ②真っ白だった綿毛の中から、葯が伸びてきます。
 s-TG4_20210405_132028_0.jpg
 ③最初は赤っぽくなることが多く、やがて黄色になります
 s-K70_20210405_132813_0.jpg
 ④黄色の後には...黒っぽく変色します。
 s-TG4_20210405_131803_0.jpg
 ⑤拡大してみると、なんとも綺麗な花ですよね。こうなると最初のイメージの「ネコ」とは思えません。

 s-TG4_20210405_132054_0.jpg s-TG4_20210405_132528_0.jpg s-TG4_20210405_132604_0.jpg s-TG4_20210405_132853_0.jpg
 ⑥-⑨完全に黄色くなる前の状態、開き始めた段階は、それぞれに特徴もあって、見ていると面白いものです。

 s-TG4_20210405_133002_0.jpg
 ⑩綿毛の中からパカッと割れて生まれてきたような感じですね。
 s-TG4_20210405_133513_0.jpg
 ⑪で...派手な雄花ばかりが目に付きますが、これは多分「雌花」でしょう。
 s-TG4_20210405_133938_0.jpg
 ⑫雄花より控えめな展開ですね。 ヤナギの種類でも違うため、確信はできませんが・・・ん?小さな虫がいますね。

 雪の中で2月から見てきましたが、いよいよピークを迎えるようです。
 このあとは、葉が出てきてヤナギらしくなっていきますね。 



 さて、仁頃山の麓では新たな花も咲き始めました。
 (我が家の近くでも咲いています)
 s-K70_20210405_130452_0.jpg
 ⑬「ナニワズ」というジンチョウゲ科の花です。北海道では「エゾナニワズ、エゾナツボウズ」とも呼ばれます。
 s-K70_20210405_130359_0.jpg
 ⑭少し分厚い花弁にみえるのは萼裂片です。 (これは雄花かと思います)
s-TG4_20210405_130422_0.jpg
 ⑮雄花と雌花は見てもほとんど区別できませんが、雌花は花の後に赤い実を付けますね。
 並べて見られるなら、雌株の花は少し小さめで中央がやや緑っぽくなってますね。
 
 ナニワズには両性花もあるので、ちょっとややこしいですね。

 春の花として、エゾエンゴサクとアズマイチゲも、一昨日と昨日に見られました。
 追って記事にて掲載しますね。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

4月でも樹氷?  

 日曜は小雨や雪もチラつく肌寒い一日でしたが、その後は晴れ間が多めになってます。
 昨日も真っ青な空が広がりましたので、ちょっとアチコチ走り回っていました。

 桜前線は東北の北部へ来ていますが、例年のことながら津軽海峡を越えるのに数日要します。
 そんな春の話題が多い季節ですが、北海道はまだ足踏み状態です。
 
 今回は4月5日(月)の仁頃山登山での風景から・・・

 s-TG4_20210405_083447_0.jpg
 ①前日の夕方に少し雪が振りました。朝起きた時は0度でしたが、山はもう少し冷えたようです。
 薄っすらと積もっている程度なので、陽射しがあれば数時間で雪は消えるでしょう。
 s-K70_20210405_094920_0.jpg
 ②下からは見えてなかったのですが、山頂近くからは、少しだけ樹氷のような状態になっていました。
 s-K70_20210405_095009_0.jpg
 ③久しぶりに見た雪が凍りついた姿です。
 s-K70_20210405_095026_0.jpg
 ④山頂手前の北側斜面は樹氷となったようです。既にハラハラと落ちはじめていました。


 s-K70_20210405_095030_0.jpg
 ⑤少しばかり雲が掛かっていたものの、青空も見えていたので何とか絵になりました。
 s-K70_20210405_095116_0.jpg
 ⑥スッキリ晴れたわけではないですが、十分なお天気でしょう。
 s-K70_20210405_095437_0.jpg
 ⑦この時の温度計は+1度を指していましたが、温度計周りも白く凍っていますね。
 s-K70_20210405_095307_0.jpg
 ⑧僅かに風もあったようで、片側に流れるように凍りついていました。
 s-K70_20210405_095153_0.jpg
 ⑨あと1時間ほどは見られるかな?微妙な状態でした。


 s-TG4_20210405_095207_0.jpg
 ⑩顕微鏡モードで羽のような氷を拡大してみました。
 s-TG4_20210405_095243_0.jpg
 ⑪厳しい寒さの時に出来るものとは、少し違っています。 
 s-K70_20210405_095526_0.jpg
 ⑫4月では珍しくもないですが、あと数回出現する可能性はあります。
 s-K70_20210405_095551_0.jpg
 ⑬麓の方では花が咲き始める季節ですが、コレはこれで美しい風景ですから満足でした。
 山頂は寒くなかったので、顔なじみさんたちとコーヒーを飲みながら、景色を楽しみました。


 s-TG4_20210403_112350_0.jpg
 ⑭帰宅途中にちょっと寄り道して、北見市緑のセンターへ。
 s-TG4_20210403_112637_0.jpg
 ⑮駐車場横と、施設の裏側に咲いていたのは「エリカ」でした。(ハヤザキエリカとも呼ばれます)
 s-TG4_20210403_112235_0.jpg
 ⑯戸外で唯一開花していた花でした。

 ついでに温室の花たちも撮影しましたが、機会があれば掲載しますね。
 
 山で冬の華を見て、戸外の春一番の花を見て、温室で南国の花を見て・・・温度差のある一日でしたよ。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

早春のエゾリス  

 昨日、今日と天気が良くて青空が綺麗でした。
 黄砂もトットと去ってくれたので、有り難かったですね。

 4月になって、久々に複数のエゾリスをみました。
 (そう言えば4日の朝には、我が家にも久しぶりに遊びに来ました)
 エゾリスの画像が多めですので、適当に飛ばしてください。
 
 s-K70_20210402_100806_0.jpg
 ①公園内車道のすぐ上にエゾリスがいましたが、毛並みがちょっと荒れていますね。
 s-K70_20210402_100857_0.jpg
 ②野付ウシも崖を登って上に行きました。何か拾って食べています。 耳の毛を見ればまだ冬毛なのがわかります。
 s-K70_20210402_100931_0.jpg
 ③枯れ葉の中でスッと立ち上がって周りをチェックしてます
 s-K70_20210402_100937_0.jpg
 ④木の根元に移動しました。


 s-K70_20210402_101005_0.jpg
 ⑤そのまま少し登って、すぐ横の木を見てますが・・・
 s-K70_20210402_101008_0.jpg
 ⑥そこにいたのは、もう一匹のエゾリスでした。
 s-K70_20210402_101034_0.jpg
 ⑦片方が一旦下に降りました。
 s-K70_20210402_101056_0.jpg
 ⑧上に行ったエゾリスが木にへばりついていますが・・・よく見ると樹液を舐めているようです。


 s-K70_20210402_101113_0.jpg
 ⑨そこへ裏側から回り込んだエゾリスが、逆さになって樹液を舐めています。
 s-K70_20210402_101119_0.jpg
 ⑩お互いにサササッと動くので、こんな画像になってしまいます。
 s-K70_20210402_101153_0.jpg
 ⑪上を向いたり・・・
 s-K70_20210402_101206_0.jpg
 ⑫下を向いたり、忙しく動き回ります。
 s-K70_20210402_101236_0.jpg
 ⑬気づいたら、一匹が上の枝の方へ移動していました。


 s-K70_20210402_101300_0.jpg
 ⑭しかし器用というか、逆さまでもよく滑り落ちたりしないものです。
 s-K70_20210402_101414_0.jpg
 ⑮まだ舐めていますね。
 s-K70_20210402_101423_0.jpg
 ⑯枝の方へ移動したエゾリスも立ち上がって枝を舐めています。チロッと舌が見えました。
 s-K70_20210402_101426_0.jpg
 ⑰あーウマかった・・・

 下にいると降りて来られないので、そろそろ引き上げることにしました。
 同じ個体があったかもしれませんが、この日は少しの間に5匹に出会っています。
 来月になると子供が出てくるかもしれませんよ。

 s-K70_20210402_101341_0.jpg
 ⑱高いところから池の中島を見ると、手前に黒い鳥が...例のカワウでした。

 これから公園内も花が咲き始めるでしょう。野鳥も戻ってくるでしょう。
 少しずつ賑わってきそうです。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

成長する早春の植物  

 昨日は天気が良くない地域が多かったようですが、当地も寒い一日で雨のあとは雪へ。
 気温も2度~5度台と3月中旬頃に戻った感じです。
 まぁコレが北海道の4月でもあります。

 陽射しがあって暖かいと一気に植物も芽吹きますが、雪もあったりするので、植物も可哀そうですね。
 変化の激しい仁頃山での画像より・・・


 s-Can_20210403_110438_0.jpg
 ①麓の富里湖(ダム湖)の眺めですが、氷も少し溶け出しています。
 s-Can_20210403_110450_0.jpg
 ②空が晴れていると、この色合も緑っぽく見えるのですが。あと何日で氷が消えるのでしょうね。
 s-Can_20210403_110518_0.jpg
 ③これから登る仁頃山山頂のズームです。 やはり例年より雪は少なく、地面や笹原が見えていますね。

 s-TG4_20210401_085833_0.jpg
 ④2-3合目辺りまでは雪が消えている場所が増え、登山道もこんな状態です。(中腹から上は雪道)
 s-TG4_20210401_085931_0.jpg
 ⑤登山道脇にあった苔です。水気があるうちがハナですね。
s-TG4_20210401_090335_0.jpg
 ⑥植物も動物も僅かな水分を得て、子孫を残せるよう進化しているのでしょう。
 s-TG4_20210401_091217_0.jpg
 ⑦多くは見過ごしていますが、じっくり眺めるとそれぞれ面白い形です。
 s-TG4_20210401_093226_0.jpg
 ⑧これは木の根元を覆っている苔の一種です。


 s-TG4_20210401_091556_0.jpg
 ⑨こちらは「フッキソウ」のハナの蕾です。雪が降る前にこの状態となり、そのまま雪の下で春を待ちます。
 s-TG4_20210403_100610_0.jpg
 ⑩怪しげな雲の動きです。 ドンヨリ空模様ですが、意外と見通しは良かったですよ。
 s-TG4_20210401_102116_0.jpg
 ⑪山頂の標識には、既に5月の節句を祝うかのように、ミニ鯉のぼりと、ミニ兜が置かれていました。
 (鯉のぼりのほとんどは2日後には、風によって千切られていました)


 s-TG4_20210401_112440_0.jpg
 ⑫下りで見たネコヤナギですが、そろそろ雄しべが出てくる時期になったようです。
 s-TG4_20210401_112407_0.jpg
 ⑬雄しべの部分の画像は、これからがピークになりますので、また登場するでしょう。


 s-TG4_20210401_113431_0.jpg
 ⑭最後に、またしてもフキノトウですが、これは雄花です。
 s-TG4_20210401_113415_0.jpg
 ⑮そして最近増えてきたのが雌花です。色合いや形が雄花と違いますね。
 雌花はこのあと大きの伸びて、綿毛に種を付けて撒き散らしますね。
 

 高山植物などの花は、もう少し先になるでしょう。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

長閑な公園にて  

 昨日と今日はドヨ~ンとした曇りや一時雨のお天気で、今日は最高気温で5度??
 4月はこんなものでしょう。明日は回復してくるようです。

 先日、裏手の公園を歩いてきました。
 
 s-TG4_20210402_131227_0.jpg
 ①公園に降りていく途中の枯れ葉に埋もれていた福寿草。枯れ葉を払いのけると、しっかり開花していました。
 s-K70_20210402_095400_0.jpg
 ②人が立ち入らない群生場所に行ってみると、それなりに咲いてはいますが、昨年よりグンと減っていました。
 s-K70_20210402_095553_0.jpg
 ③今年はこの程度で終わるのかもしれません。もう数日待ってみようかな?


 途中でカメラを持ったオジサンが「何かありましたか?」と話しかけてきました。
 アチラでエゾリスが出てきて、家族連れが眺めてましたよ、と野付ウシ。
 そうですか...とザックを下ろしてレンズを交換しています・・・凄い大砲を持っていました。
 ザックの中は多くのレンズが配置されていました。プロかと思うほどでしたね。

 s-K70_20210402_094937_0.jpg
 ④話している時、すぐ横の大木をエゾリスが降りてきました。オジサンは慌ててカメラを向けています。
 s-K70_20210402_094951_0.jpg
 ⑤降りてみれば、ちょっと毛がボサボサな感じ。 冬毛から夏毛に変わる時期だからでしょうか?
 s-K70_20210402_094954_0.jpg
 ⑥耳毛はまだ長いので、現在は冬毛のようですね。

 オジサンを置いて池の方へ向かいます。
 s-K70_20210402_095755_0.jpg
 ⑦先日見かけた「カワウ」がまだいました。この池が気に入ったのでしょうか。
 s-K70_20210402_100740_0.jpg
 ⑧この池にはカルガモとマガモくらいしかいません。双方とも水草などを食べていて、魚は食べません。
 小さな池ですが、実は小魚が結構いるんですよ。今はカワウが「一羽占め」状態かもしれません。

 s-K70_20210402_095858_0.jpg
 ⑨野付ウシが近寄ると、フワッと飛び立ち池に逃げました。
 この後、水に潜って暫く出てきませんでしたが、魚を追っていたかもね。

 s-K70_20210402_100552_0.jpg
 ⑩珍しく頭上を飛行機が...トリミングしてから拡大したら「ANA」と書かれたプロペラ機でした。

 池を一回りして戻ろうとしたら、排水口のところにエゾリスが出てきました。
 s-K70_20210402_100623_0.jpg
 ⑪周りをキョロキョロ・・・
 s-K70_20210402_100631_0.jpg
 ⑫排水口の中へ一旦入ったのですが、すぐ出てきました。
 s-K70_20210402_100651_0.jpg
 ⑬すぐ上の傾斜の土手を飛ぶように登っていきました。
 s-K70_20210402_100729_0.jpg
 ⑭公園内の道路を横断し、その上の土手をジャンプしながら登っていきます。

 ここで、一旦見失うのですが、また出てきました。 その様子は追って掲載します。
 この公園でエゾリスを見たのは、もしかして今年初かも。元気で良かったです。
 (我が家の庭には何度も来ていましたが、公園ではずーっと見かけなかったのです)



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

春へ足取りは緩やか  

 暖かい日が少しありましたが、1週間後には雪の予報もあります。
 素直に春へ直行することは、なかなか難しいようですね。
 それでも、よく目を凝らすと春の準備が進んでいるのがわかります。

 s-K70_20210330_135202_0.jpg
 ①山から流れ落ちる雪解け水が、小さな滝を作っていました。夏は水が枯れている場所です。
 s-TG4_20210330_135338_0.jpg
 ②それらが流れ込む渓流も、水量が増えていて岸の雪も溶かしていきます。
 s-K70_20210330_140144_0.jpg
 ③小さな滝をいくつか流れ落ちて、ダム湖へ流れ込むわけです。
 s-K70_20210401_113347_0.jpg
 ④異常に水量が少なかったダム湖ですが、これから流れ込む水でどこまで回復できるかな?

 
 渓流以外にも水が溜まる場所はあります。
 s-K70_20210401_112800_0.jpg
 ⑤春限定の小さな池がありますが、早々と「エゾサンショウウオ」が卵を生んだようです。
 ここは夏には水が枯れますが、その前に「エゾアカガエル」も大量に卵を生む場所になります。
 s-K70_20210401_113249_0.jpg
 ⑥林道脇の用水路でも「エゾサンショウウオ」が卵を生んでいました。
 大きな卵の割に、エゾサンショウウオ本体は小ぶりな身体です。まだ撮影に成功していませんが・・・

 
 s-K70_20210330_141750_0.jpg
 ⑦すでに何度か掲載した「ハンノキ」の花ですが、山裾では既に咲き始めていました。
 s-TG4_20210401_084921_0.jpg
 ⑧穂状にぶら下がったのが雄花(7-9cm)で花粉を撒き散らす本体、赤く小さい方が雌花(5mm)になります。
 s-TG4_20210401_085047_0.jpg
 ⑨雄花はすでに開花しており、小さな雄しべがたくさん見えていますね。 もう花粉を飛ばしているでしょうね。
 s-TG4_20210401_085019_0.jpg
 ⑩こちらは雌花ですが、花被がありません。 花後は松かさ状の実ができます。

 花粉症の人には困った花ですね。 追っかけるようにやがてシラカバの花も花粉を撒き散らすでしょう。


 珍しく動画を撮りました。雪解け水が流れる「仁頃川源流」のせせらぎです。27秒
 
 「はーるのおがわはさらさらいくよ♪」


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

3月最後の山歩きより  

 昨日は4月最初の山歩きをしてきました。中腹までは登山道も雪がどんどん消えています。
 花が咲きだすのを楽しみに待つばかりです。^_^;

 3月は仁頃山登山が16回でした、単月で15回を超えたのは初めてだったようです。
 今回は3月最後の登山となった30日の様子から・・・

 s-TG4_20210330_110734_0.jpg
 ①この日は用事を終えて遅めに入山となりました。雪解け水が沢を流れて、ダム湖に流れ込んでいました。
 s-TG4_20210330_110936_0.jpg
 ②登山道も中腹までは地面の露出が増えてきました。日々雪の量も減りアイゼンも不要なほどです。
 s-TG4_20210330_121025_0.jpg
 ③珍しくオニギリとミニカップ麺を持っていき、五合目で一人ランチです。もう一個のオニギリを食べながら撮影・・・
 カップ麺を食べようとして「あっ、箸を忘れた」、クマザサの茎を折って箸の代役としました(笑)

 s-TG4_20210330_122121_0.jpg
 ④五合目あたりから上は、雪も多めですがザクザク柔らかで水を含み、アイゼンは役に立たないですね。
 s-TG4_20210330_123623_0.jpg
 ⑤ンノキの雄花ですが、もう少しで開花です。(麓の林道では既に咲き始めています)花粉症の方は大変ですね。
 s-TG4_20210330_124739_0.jpg
 ⑥山頂の階段ですが、手すりが半分以上出てきました。もうすぐ雪が消えるでしょう。

 s-K70_20210330_125008_0.jpg
 ⑦気温は9度を指しています。モヤァ~っとした感じの空気感。
 s-K70_20210330_125024_0.jpg
 ⑧この日は黄砂が多かったため、どっちを見てもこんなふうに見通しが悪かったです。
 s-K70_20210330_125031_0.jpg
 ⑨一応は晴れていたことになっていますが・・・それでも三日目にはかなり見通しも回復しました。
 s-Can_20210330_125328_0.jpg
 ⑩ズームで見たダム湖ですが、下から水が滲みて氷の色も変化し、湖岸では氷が解けてきました。
 風も弱く、他に登山者もいなかったので、コーヒーを入れて一人のんびりしました。

 花の状況を確認すべく、今回も管理車道で下山しました。
 s-TG4_20210330_futabanezenigoke_0.jpg
 ⑪いつも見る苔の他に、こんな苔も出ていました。「フタバネゼニゴケ」と言い、ほぼ全国に分布するようです。

 登山口付近で、またもや福寿草を撮ってしまいました。
 s-K70_20210330_134314_0.jpg
 ⑫
 s-K70_20210330_134707_0.jpg
 ⑬
 s-K70_20210330_134741_0.jpg
 ⑭果たして、あと何回掲載されるか、野付ウシにもわかりませんが・・・



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top