FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

春の雪の後  

 3月1日~2日にかけて30cm前後の雪が新たに積もりました。
 本来は3日に仁頃山へ行くはずでしたが、急に我が家の電源工事の予定が入り、山は中止。
 一日遅れて4日に仁頃山へ行きました。天気は概ね晴れ。

 登山口周辺までの除雪はできており、難なく走行できました。
 登山口を見て、さて足元をどうしようか...考えてスノーシューにて入山。

 s-TG4_20210304_084645_0.jpg
 ①入山直後の様子、踏み跡はしっかり出来ていますが、まだ踏み固めは出来ていません。
 s-TG4_20210304_091548_0.jpg
 ②途中の尾根に出来た吹き溜まりの、雪庇の部分が割れて落ちそうになっています。高い位置の尾根なら怖いですね。
 
 s-TG4_20210304_100924_0.jpg
 ③毎年の積雪を記録している場所ですが、昨年よりは増えています。下の「11年」の位置がちょうど2メートルです。
 s-K70_20210304_102155_0.jpg
 ④青い空を見上げると、春の準備ができている「ハンノキ」の花芽が見えています。開花は..まだ数週間先でしょう。
 s-K70_20210304_102211_0.jpg
 ⑤松ぼっくりのようなものは、昨年のハンノキの種の枯れたものです。


 s-K70_20210304_103757_0.jpg
 ⑥山頂はかなり雪も積もったようで、屋根付きの小箱は通常は目の高さにあるものです。
 s-K70_20210304_103854_0.jpg
 ⑦下の休憩場所も一部だけ除雪してありますが、雪が重たいこともあって一気にできないようです。
 s-K70_20210304_103529_0.jpg
 ⑧サロマ湖方面。手前はサロマ湖で、沖合には帯状に流氷が見えています。風で少し沖合に移動中のようです。
 s-K70_20210304_103653_0.jpg
 ⑨久々に見えた武利岳(中央)と武華山(左)です。
 s-K70_20210304_103700_0.jpg
 ⑩三角の山の左奥は、石狩岳からニペソツ山方面です。
 雪が深いこともあって、尾根道などのルートは未踏のようです。

 風が冷たく頬が痛い状態なので、山頂の除雪は後回しにして下山にかかりました。
 昼にかけて少しずつ登山者が手分けして除雪するはずです。(ドサッとふったら一気にできません)

 s-K70_20210304_111045_0.jpg
 ⑪陽射しがあるので、下りでは木の影や吹き溜まりの形などを楽しみながら歩きます。
 s-K70_20210304_111243_0.jpg
 ⑫雪から二日目なので、ところどころユキウサギの横切った足跡も見られます。
 s-K70_20210304_112618_0.jpg
 ⑬風がクルクル回っていたような雪の造形です。
 s-K70_20210304_112834_0.jpg
 ⑭これは足跡ではなく、吹き溜まりの雪庇に亀裂が入ったものです。間もなく崩れ落ちるでしょう。

 s-K70_20210304_113013_0.jpg
 ⑮風による風紋(シュカブラ)はとてもおもしろく、林の中の風の動いた様子もわかります。
 s-K70_20210304_113229_0.jpg
 ⑯珍しいトゲトゲの雪の表面に木影が伸びています。
 s-TG4_20210304_113856_0.jpg
 ⑰最後は転げ落ちそうな急斜面に伸びた木影のアートです。

 昨日の異常な気温(12.5度)で、雪は一気に減ったと思われますが、山はどうなった?
 今日の日中は-2度くらいですが、その後は一気に気温が下がって真冬の状態になりそう。
 日曜日は-17度まで下がる予想です。 気温の上下幅が大きいですね。
 昨日の+12.5度からすると、気温差が約30度ほどですからねぇ・・・

 これが北海道の3月です。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top