FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

広大な白い大地?~続編  

 一昨日からの雪ですが、細雪がほとんどで積雪量は少なかったのですが、
 長時間にわたり降り続き、昨日夜になってもチラチラと降っていて止みませんでした。
 結果として積もったのは32cmほどで、今回追加された分だけで25cmほどということですね。

 s-TG4_20210130_065826_0.jpg
 ①昨日の朝、7時前に撮った玄関前の状況です。足跡は新聞配達の人のもの。
 s-TG4_20210130_065912_0.jpg
 ②玄関の横に回って、左側は灯油タンクで上の雪は新たに降った分です。右の小さな木に餌台があります。
 s-TG4_20210130_070041_0.jpg
 ③で...まだ雪は降り続いていますが、前の低木にはスズメの第一陣が来ていましたよ。
 雪が降って食べ物の確保が大変だからか、ヒヨドリやカケスなど何種類か立ち寄っていきました。


 以下は、前回のサロマ湖の続きになります。

 キムアネップ岬から道の駅を過ぎた「冨武士(とっぷし)漁港」の横の高台に展望台があります。
 s-K70_20210124_105603_0.jpg
 ④ここが駐車場ですが、「ピラオロ荘」という旅館と喫茶があります。
 s-K70_20210124_105552_0.jpg
 ⑤その横が「ピラオロ展望台」です。漁港を眺められるちょっとした高台になります。
 s-K70_20210124_105500_0.jpg
 ⑥今は漁港も氷に覆われていますので、ひっそりとしています。
 s-K70_20210124_105455_0.jpg
 ⑦右側の眺めです。この漁港自体は閉鎖ですが、漁業関係者の一部は活動しています。
 s-K70_20210124_105403_0.jpg
 ⑧陸揚げされた漁船が並んでいます。海明けまではもう暫くかかりますね。
 
 s-K70_20210124_105428_0.jpg
 ⑨展望台から奥の方をズームしてみると、氷の向こうに水面があり、オホーツク海と分ける砂州が見えます。
 小さな建物も見えてますが、漁業関連施設と漁師さんの家でしょうか。
 砂州の向こう側にはオホーツク海で、今は流氷も来ているはず。

 s-K70_20210124_110237_0.jpg
 ⑩サロマ湖から佐呂間町市街地へ向かう途中にある、町営の放牧場です。(白いところは牧草地)
 夏は広大な牧草地に多くの牛が放牧されています。ここの景色は野付ウシも大好きなんですよ。
 町内の酪農家で飼っている牛を、この広ーい牧場に持ち込み、秋まで放牧しています。
 s-K70_20210124_110501_0.jpg
 ⑪放牧場は他にもありますが、雰囲気はすごく似た感じですね。
 夏の間はここでゆっくり草を食んで育ち、秋には所有者の牧場へ戻っていきます。

 佐呂間町は酪農が盛んで、牧場が多いところです。
 個人の酪農家の他に、町内で超巨大な施設を持つ「トップファーム」もあります。
 乳牛や肉牛の他に子牛を育てたり、「サロマ牛」というブランド肉も販売する企業です。

 牛が多いということは牛乳も...森永乳業の工場もありますよ。
 特産品は他にもあり、かぼちゃの生産でも有名で、道内でもトップクラスの生産地です。
 佐呂間は漁業と酪農と農業の町です。

 ということで、少しだけ佐呂間の宣伝もさせていただきました。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top