FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

広大な白い大地?  

 昨日から雪が降り続いていますが、その割には積雪量はそれほど多くはありません。
 オホーツク圏でも地域により相当な差があるようです。
 今日、朝には雪かきをしていますが、完全におさまったら再度雪かき必要ですね。


 今日は、我が家から1時間ほどのサロマ湖の様子などを。

 サロマ湖は北海道で最大の湖(汽水湖)で、面積約152㎡、周囲91kmで、日本で3番目の大きさです。
 オホーツク海とは、長さ約25km・幅200~700mの砂州で隔てられていますね。
 海か?と思えるほどの広さを感じることができます。
 そんな湖の冬の様子は??

 Lake saroma
 (Map)

 s-K70_20210124_101903_0.jpg
 ①観光の基地的場所になる「栄浦」へ行ってみました。駐車場にあるモニュメントです。手すりのすぐ下は湖です。
 s-K70_20210124_101927_0.jpg
 ②現在は氷に覆われていますが、つい先ごろまではオオハクチョウもたくさんいました。
 全面が氷に覆われているように見えますが、実は左奥のずーっと先の場所は一部湖面もでています。
 s-K70_20210124_101932_0.jpg
 ③とにかく、この場所から見える範囲は全て氷に覆われているように見えていますね。(氷の上に雪が積もっています)

 少し移動してキムアネップ岬の方へ向かいます。
 s-K70_20210124_102648_0.jpg
 ④途中の浜佐呂間にある「佐呂間別川」では、ワカサギ釣りが行われていました。こちらは河口側です。
 s-K70_20210124_102619_0.jpg
 ⑤橋の上から撮ってますが、こちらは上流側です。多い時はこの数倍の人で賑わいます。(無料です)

 湖畔沿いの道を走り、キムアネップ岬へ向かいます。(途中の湖の上でもワカサギ釣りができます)
 s-K70_20210124_103908_0.jpg
 ⑥トイレ(冬季間閉鎖)のあるあたりで、下車して雪を漕いで湖岸へ出てみました。見渡す限り白い大地が広がっています。
 s-K70_20210124_103950_0.jpg
 ⑦湖畔に降りてみると、岸辺には多くの氷の板が積み重なっていました。流氷みたいですね。
 氷が出来はじめた後に強い風があったのでしょう。氷が流され岸に打ち上げられたものです。
 海と繋がっていて、潮の満ち引きもありますが、打ち上げられた氷はそのまま残ったようですね。
 s-K70_20210124_104004_0.jpg
 ⑧反対側をみても同じ状態になっています。奥の山には「サロマ湖展望台」がありますが、道路は冬季間通行止めです。
 右下の山裾に「道の駅サロマ湖」がありますが、そこからは徒歩(スノーシュー)で登山可能です。

 s-K70_20210124_104009_0.jpg
 ⑨この広い真っ白な大地を車で走ったら気持ちいいでしょうね。もちろん無理ですけど。

 この先の漁港にある展望台にも行ってみます・・・・次回掲載します。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top