FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

寒いからこそ美しい  

 いよいよ寒波がやってきたようで、日本海側では特に注意が必要でしょうね。
 野付ウシ地方は弱い雪が降っていて、昼ころまで降るようですが、積雪は少なそうです。
 予報では50cmとか言ってましたが、野付ウシは「また脅しで10-20cm程度か」と思ったのですが・・・ 
 今朝の段階で膝下くらいなので、30cm近くなるかもしれません。

 
 さて、今回は1月6日の登山から、寒さと美しさを実感してもらう画像を並べました。
 
 s-Can_20210105_112630_0.jpg
 ①林道を歩き、渓流沿いを登山口に向かいますが、途中の小さな滝をチェック!全部凍っていて、下の流れも分厚い氷が。
 s-Can_20210105_113349_0.jpg
 ②少し下流を見ると氷の下の流れが確認できました。氷が透き通っているということですね。
 s-Can_20210105_113205_0.jpg
 ③その一部に面白い模様が。鉄菱をバラ撒いたような模様の片側の雪が、ササクレだっていますね。珍しいです。

 s-K70_20210106_093747_0.jpg
 ④登山道を歩いていると、木立の中の木漏れ日にキラキラ光るものが。 ダイヤモンドダストもどきのようです。
 s-K70_20210106_093808_0.jpg
 ⑤ちょっとピントをずらして撮影してみました。キラメキが玉ボケとなって上から下に落ちています。
 樹木の間を縫う光りの柱によって、空気中で凍った氷が煌めく現象ですね。時に見かけますが失敗作が多くて・・・

 この日は-21度まで冷えたのですが、日差しがあって寒さはあまり感じませんでしたが・・・風が時折ビュ~っと。
 s-K70_20210106_101247_0.jpg
 ⑥風が吹くと、うっすらと積もっていた樹木の雪が頭上に降り注ぎます。
 s-K70_20210106_101252_0.jpg
 ⑦帽子にも首筋にも雪が落ちてきました。後で気づいたらカメラのレンズにも雪が・・・
 s-K70_20210106_101500_0.jpg
 ⑧ただの樹氷の姿よりも、野付ウシ的にはこちらのほうが好きなんですよ。
 s-K70_20210106_101525_0.jpg
 ⑨この画像では、レンズに雪が載っているのがわかりますね。夢中でシャッター切っていてその時は気づかず。
 s-TG4_20210106_101613_0.jpg
 ⑩予備としてコンデジで撮影の画像も1枚載せておきます。 青空だからこそ楽しめる現象ですね。

 s-K70_20210106_102719_1.jpg
 ⑪山頂から美幌峠、斜里岳方面を撮ったもの。初日の出は真ん中あたりから出たんですよ。
 s-K70_20210106_102443_0.jpg
 ⑫サロマ湖とオホーツク海を撮ったもので、白い横の線の内側はサロマ湖で、湖面は凍ったようにも見えます。
 まもなく沖合に流氷が来るでしょう。 北海道新聞では流氷情報もスタートしています。

 s-Can_20210105_102659_0.jpg
 ⑬日差しがあるので、温度計は-9度と以外に高めです。
 s-Can_20210105_102707_0.jpg
 ⑭山頂の休憩所の登山者...5人全員お馴染みさんで、野付ウシも合流しコーヒーいただきました。

 こうして登山者同士での山頂の一時は楽しいものですよ。 (名前未確認の人もいます)

 新たなネタが無いので、あと1-2回は同日の画像を使い回す予定です(苦笑)


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top