FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

公園の秋とエゾリス  

 すっかり秋らしくなり、昨日は好天で青空が広がりました。
 陽射しがあっても最高気温が18度というのは、秋になった証拠でしょうね。
 カメラぶら下げて裏手の野付牛公園をウロウロ...似たような姿の人たちもかなりいました。
 紅葉の撮影に来たり、公園を散歩したり、子供と池のボートに載ったり・・・
 エゾリスも出てきましたが、人が多いためか、じっくり撮る状況にもなく撮影していません。

 今回の画像は、昨日撮影のものではなく、その前に撮ったものを使っています。

 s-K70-20201014-134214-0.jpg
 ①公園の池のすぐ上を通る道路沿いの紅葉です。ここは毎年撮影する場所の一つです。
 s-K70-20201014-134234-0.jpg
 ②道路沿いの土手の上を見上げると、この公園内でピカイチのモミジが見えています。
 s-K70-20201014-134359-0.jpg
 ③ピーク少し前の染まり方ですが、連日のようにカメラを持った人が訪れています。
 s-K70-20201014-134432-0.jpg
 ④野付ウシは山登りの合間を縫って、見守りつつ撮影もしています。
 s-K70-20201014-134955-0.jpg
 ⑤池側から道路を越える時に見えるモミジですが、黄色が多い種類みたいです。

 s-K70-20201009-133640-0.jpg
 ⑥期待を裏切らずに出てくるエゾリスさんです。切り株にはキノコが生えていますが、食べているのはドングリです。
 s-K70-20201009-133651-0.jpg
 ⑦あらためてキノコの臭いを確認しているようですね。このキノコは食べないと思いますが。
 s-K70-20201009-133732-0.jpg
 ⑧背後のコンクリートは、公園のトイレの一部です。(今回はトイレには入りませんでした)
 s-K70-20201009-133748-0.jpg
 ⑨いつものようにピントを合わせて撮る瞬間に動いてしまいました。
 s-K70-20201009-133809-0.jpg
 ⑩また何かを見つけたようです。 冬を前に既に耳の毛も伸びてきましたね。
 s-K70-20201009-133825-0.jpg
 ⑪今度は小さな切り株に乗りました。
 s-K70-20201009-133831-0.jpg
 ⑫下に降りてまた何かを食べ始めています。
 s-K70-20201009-133845-0.jpg
 ⑬ほとんどの場合がドングリですが、確証は持てません。
 冬のための餌の貯蔵は、これからなのでしょうか?アチコチに隠す姿は見られませんでした。
 先ずはたくさん食べて脂肪を付けることから始めた??

 s-K70-20201014-134955-0.jpg
 ⑭すぐ近くのイタヤカエデの木ですが、この周辺では一際目立ちます。
 s-K70-20201016-095746-0.jpg
 ⑮公園のそばにある北網圏北見文化センターの前にあるイタヤカエデですが・・・
 右側の時計の支柱に大きな「故障中」の張り紙があります。 かなり前からそのままですが、直す気はあるの??
 s-TG4-20201014-123029-0.jpg
 ⑯歩いていて衣服に付いた「雪虫」を顕微鏡モードで撮りました。 ユキムシは「アブラムシ」の一種だそうですね。
 今年は大量発生の場所も多いようです。お腹の辺りにフワフワの白い綿毛みたいなものを付けていました。



 10月16日の出来事・・・ 
 s-TG4-20201016-151507-0.jpg
 話は変わりますが、これは山にあった栗ですが、かなり大きめなもので毎年のように楽しみにしています。
 足元に落ちたものは、ほぼ持ち去られているのですが、上を見たら落ちそうなものが見えます。
 枝分かれしている少し上の場所に上がって、枝を揺すってみることにしました。

 s-TG4-20201016-151424-0.jpg
 案の定、バラバラっと熟したイガが落ちてきました。
 その後、下に降りる時に足を踏み外したようで、ストンッ...ドサッと野付ウシも落ちてしまいました。
 正確には倒れ込んだ..という程度ですが、両手は血だらけで左腕が動きません!!

 両手の血は間もなく止まったのですが、左肩を強く打ったようで腕が上がらないようです。
 とりあえず手袋を付けて、車で自宅に戻りました。
 手の怪我は軽く二箇所引っ掛け傷が出来た程度です。
 肩は強く打っているようですが、うっ血や腫れも無いので打ち身のようですので、湿布はしました。
 数日で改善すると思いますが、全快までは1ヶ月ほどはかかる可能性もありますね。
 でも足は何事も無く普通に生活はできますので、翌日から山登りも公園歩きもやっています。

 妻が(今まで「嫁さん」呼ばわりでしたが、今後は「妻」に統一しまーす)パースの娘に送ったLINEの話ですが、
 「栗拾いに行って、父さんが木を揺すったらクリがバラバラと落ちてきましたが、その直後に父さんも落ちてきました」
 こんな文章を送ったら、大笑いされたとか・・・まぁ無事だったので冗談で済みますけど(笑)

 その後2-3日は着替えが苦痛・激痛でしたが、徐々に改善しつつあるので大丈夫でしょう。
 いつまでも若いとは思っていませんが、もう木登りするトシではないかな?
 足や頭を強打しなくて幸いでした。 今後は十分に気をつけますね。


 
 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top