FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

10月の阿寒湖  

 先週末のお話しですが、久々に夫婦二人で阿寒湖へ行ってきました。
 7-8年ほど前に東京から義弟が来た時に、ドライブで立ち寄って以来の訪問です。

 先ず、到着して考えたのは「無料駐車場あったっけ?」でしたが、残念ながら昔はあったものの今は無しです。
 やむを得ず遊覧船から近い場所の有料駐車場へ。
 s-K70-20201007-125756-0.jpg
 ①ここが中心部の船着き場ですが、始発はちょっと離れた場所です。左側の案内所で観光船のチケット買いました。
 s-Ca-20201007-123511-0.jpg
 ②二人分..と窓口で告げると「4千円です」・・・「えぇー!」思わず声が出ました。 た、た、高い~!ビックリしました。
 s-Ca-20201007-130106-0.jpg
 ③ゆーっくりした船で70分ほど阿寒湖を移動するだけですが...船賃1,580円は高いですよ。 もう乗らない!
 時間が少しあるので待合室にある簡易食堂でラーメンとソバを注文しました。味も期待していませんでしたが、その通りでした。
 男性が調理して、女性がフォローしていますが、接客なんぞまったく意識していないようです。
 大声で内輪の話しをガンガンやってました。食器はお客が戻すのですが返却場所がいっぱいで置く場所も無し!
 いくら田舎だからと言って、メインの観光船乗り場の食堂でしょ? こういうの見るとガックリきますね。

 s-K70-20201007-124927-0.jpg
 ④右手には「雄阿寒岳」が見えています。今年は7月に登っています。
 s-K70-20201007-125618-0.jpg
 ⑤左側には「鶴雅」グループのホテルがあります。ここは何度か泊まっていますが、「雛の座」は超高級で泊まっていません。
 s-K70-20201007-130220-0.jpg
 ⑥観光船が来ました。始発の桟橋で数名が乗船し、ココで残りを乗せて出発です。
 s-K70-20201007-135409-0.jpg
 ⑦大きな船ですが、載ったのは多分...30名くらいでしょうか。たっぷり距離は保てましたよ。
 s-K70-20201007-131004-0.jpg s-K70-20201007-131017-0.jpg s-K70-20201007-131712-0.jpg s-K70-20201007-131859-0.jpg
 ⑧-⑪例年より暖めなので薄い長袖一枚で大丈夫でした。(多くは風よけを着ていました)

s-K70-20201007-131934-0.jpg
 ⑫地図で右下の「滝口」の方へ向かっています。
 s-K70-20201007-132118-0.jpg
 ⑬この滝口は阿寒湖の推移の調整口になります。すぐそばに船着き場ありますが、何のための船着き場?
 s-K70-20201007-132139-0.jpg
 ⑭その奥に見えているのは「雄阿寒岳登山口」です。野付ウシも何度も来ています。
 s-K70-20201007-133527-0.jpg
 ⑮折り返して中央へ戻ってきました。正面真ん中の雲が掛かった山は「雌阿寒岳」です。右は「フップシ岳」です。
 s-K70-20201007-133723-0.jpg
 ⑯これからマリモの保護施設がある「チュールイ島」へ上陸します。
 s-K70-20201007-134701-0.jpg
 ⑰小さな施設があり、中にマリモが展示されています。
 s-K70-20201007-134733-0.jpg
 ⑱ほんの数点展示あるのみで、¥420ですが、保護の協力金と表示した方が良いと思いました。

 さて、船を降りてからブラブラしながら立ち寄ったのは「アイヌコタン」です。
 s-K70-20201007-141854-0.jpg
 ⑲ほんの小さな場所ですが、民芸品のお店などが並んでいます。正面の門には大きなフクロウの木彫りが。
 s-K70-20201007-142007-0.jpg
 ⑳思わずニヤけてしまいそうな看板でした。現実は観光客が激減して大変なんでしょうね。
 
 s-K70-20201007-142021-0.jpg s-K70-20201007-142036-0.jpg s-K70-20201007-142243-0.jpg s-K70-20201007-142655-0.jpg
 ㉑-㉔木彫りの商品メインで昔ながら・・・ですが、もうこういうお店は流行らないのかもしれませんね。

 s-K70-20201007-142308-0.jpg
 ㉕中央の高い位置には「チセ」という建物があり、以前はここで伝統の踊りなどを見せていました。
 夜になると温泉街からの松明行列が到着し、この前でちょっとした伝統的なショーもあります。
 s-K70-20201007-142330-0.jpg
 ㉖横にはアイヌの住宅や倉庫などのレプリカもありました。
 s-K70-20201007-142506-0.jpg
 ㉗裏手の方に回ると新しい建物があり、ここでアイヌ文化の伝統的なショーが行われています。
 s-K70-20201007-142525-0.jpg
 ㉘夕方から三回の興行があるようです。 ¥2,200ですか..  白老のウポポイでもショーをやっているようですね。

 s-K70-20201007-142628-0.jpg
 ㉙一回りしてお土産屋さんの様子をチラ見しながら降りていきます。
 s-K70-20201007-142720-0.jpg
 ㉚もう半世紀も前から、木彫りの製品中心のお店の感じは、変わっていませんね。
 s-K70-20201007-142723-0.jpg
 ㉛これが今の観光客に受け入れられているのかは、わかりませんね。

 短い時間でしたが、ここから車に戻り阿寒湖を後にしました。
 人の姿が本当に少なくて、ちょっと寂しい感じでした。
 Go to travel がとっくに始まっていても、地域によってはこんな状態なんですよね。

 色々トラブルも起きているGo toですが、また新たな実態も出てきたようです。
 旅行会社からGo To事務局に派遣されている、大手旅行会社の職員に対しての日当です。
 平均で一日40,000円を超えるような金額だそうですが?
 国は特に高額では無い..と言っているようですが、庶民からすると信じられない金額ですね。
 予算(税金)というものは、こういうふうにドブに捨てるようにジャブジャブ使われているようです。
 大企業だけが大きく潤うのが今の時代・・・この先も変わらないみたいな雰囲気を感じますね。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top