FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

斜里岳登山 2020 続編  

 今日は良いお天気のようなので、朝から仁頃山のロングコースから登るつもりで出掛けます。
 ロングと言っても6kmで下りにいつものルート使っても、往復10km少々です。
 紅葉も終りそうなので、晴れを待っていました・・・いってきま~す。

 さて、斜里岳登山の続編になります。

 01s-TG4-20201010-081900-0.jpg
 ①前半で滝登りを終わって、岩ゴロの道を進むことになります。春先はここは川なのでしょうね。
 02s-TG4-20201010-082159-0.jpg
 ②ようやく「馬の背」が見えてきました。中央の低い場所がその馬の背です。
 03s-TG4-20201010-083150-0.jpg
 ③馬の背の手前は急登でザレザレな道になります。通称「胸突き八丁」というのがこの辺りを指します。
 04s-K70-20201010-083720-0.jpg
 ④馬の背到着です。見通しが良くなったのですが急に風が強くなりました。土手になった陰に入りオニギリを食べます。
 裏側からの風が当たるようになったので、ウィンドブレーカー出しました。
 05s-K70-20201010-083751-0.jpg
 ⑤本当の山頂がようやく確認できるようになります。左手前から岩場を登り、右手のコブの上が山頂です。
 06s-TG4-20201010-085317-0.jpg
 ⑥足元の花にビックリ!何で今頃咲いているの? 岩場の下に少しだけですが「エゾツガザクラ」がありました。
 07s-TG4-20201010-085326-0.jpg
 ⑦地を這うように少しだけ色づいた葉も見られました。
 
 08s-K70-20201010-085617-0.jpg
 ⑧右手崖下のおくの山肌は綺麗に染まっています。
 09s-K70-20201010-085633-0.jpg
 ⑨しばらく登って振り返ると、途中で追い抜いた4人Pの若者が馬の背に到着したようです。
 10s-K70-20201010-085826-0.jpg
 ⑩前を見ると山頂へ向かう道の横に、シルバーの小さな祠らしき物が見えます。
 11s-TG4-20201010-085838-0.jpg
 ⑪「斜里神社」と表示された金属製の祠でした。 風雪に十分耐える構造ですね。
 12s-TG4-20201010-085856-0.jpg
 ⑫扉の前にある賽銭箱には小銭がけっこう入っています。お札は風で飛んでしまいますね。
 13s-TG4-20201010-085911-0.jpg
 ⑬最後のザレザレ道を登る時、若いグループが降りて来ました。画像には3名写ってますが4名Pでした。
 14s-K70-20201010-090615-0.jpg
 ⑭斜里岳山頂到着です。標高 1,547mですが見晴らしは最高です(晴れていれば)。 所要2時間45分でした。

 15s-K70-20201010-083806-0.jpg
 ⑮知床方面も霞んでいます。手前の広い山は「海別岳(うなべつだけ)」、奥に羅臼岳も見えています。
 16s-K70-20201010-083818-0.jpg
 ⑯右手下には、海を挟んで国後島が見えています。大きな島ですよね。
 17s-K70-20201010-090758-0.jpg
 ⑰ちょっと日が差して黄色い紅葉が・・・山間の谷に沿って渓流を登ってきた場所になります。
 18s-K70-20201010-090833-0.jpg
 ⑱登ってきた後方を見ると、奥に尖った山がありますが「南斜里岳」(1,442m)です。登山道はありません。
 見通しがイマイチなのは残念でした。東側からの風が強くノンビリできる状況でもないので、水分補給で下山開始。

 19s-TG4-20201010-091552-0.jpg
 ⑲後から登ってきた若者4人Pとスライドして馬の背に戻ります。
 20s-K70-20201010-092408-0.jpg
 ⑳馬の背の奥の山肌に大きな岩が見えています。
 21s-K70-20201010-092352-0.jpg
 ㉑ズームで撮るとこんな岩ですが、大きさは普通の住宅より大きいほどの岩の塊です。よく留まっていますよね。
 いつも思うのは地震があれば簡単に落ちそうで、転がると登山道直撃の位置なんですよ。怖い怖い・・・

 22s-TG4-20201010-093907-0.jpg
 ㉒岩ゴロの水の無い川底を下り、新道との分岐に戻ってきました。ここから渓流コースではなく尾根コースへ入ります。
 23s-K70-20201010-095718-0.jpg
 ㉓坂道を登って見えてきたのは...この先のハイマツの中の道筋です。けっこう長いですねぇ。
 24s-K70-20201010-100115-0.jpg
 ㉔一山超えて最後の道筋が見えてきました。右手の高い場所まで登ります。
 25s-TG4-20201010-kokemomo-0.jpg
 ㉕登山道脇にはコケモモの赤い実がたーくさんありました。片手にいっぱいになるほど口に入れてみます。美味しいいぃぃぃ!
 この実はジャムなどに最適ですが、既に霜に当たって甘みがグンと増したようです。(今回はおやつとして頂きました)
 26s-K70-20201010-takanenana-0.jpg
 ㉖こちらは「タカネナナカマド」の実かと...これも霜に当たって柔らかくなっていましたが、食べられません。
 27s-K70-20201010-100953-0.jpg
 ㉗一番高い場所に出ます。「熊見峠」ですがハイマツで周りは見えず。熊しか見えない場所??
 右奥に下る道がありますが、この先の下りが長いのなんの・・・

 28s-K70-20201010-101110-0.jpg
 ㉘チラッと下が見えましたが、日が当たると絶景ですね。すぐに日が陰ってしまうんですよね。
 下に見える谷筋まで一気に下っていくことになります。
 29s-TG4-20201010-101123-0.jpg
 ㉙道は石と木の根と土ですが、ちょっと雨が降ったりするとドロドロになります。
 30s-K70-20201010-103656-0.jpg
 ㉚ずーっと奥の方に小さく渓流の滝が見えていますが、登りではあの辺りを通ったわけです。
 下り切るのに40-60分掛かりますが、30分弱で無事に降り切り「下二股分岐点」に戻りました。
 ここからは登りと同じ渓流に沿って登山口へと向かいます。

 31s-K70-20201010-104204-0.jpg 32s-K70-20201010-105314-0.jpg 33s-TG4-20201010-105436-0.jpg 34s-TG4-20201010-110342-0.jpg
 ㉛-㉞また渡渉と川歩きを繰り返しますが、足が疲れてくると渡渉で躓いたりするので要注意ですね。
 初めて登った時は、戻る時に転びそうになり踏みとどまったのですが、知らぬ間にスネを岩にぶつけたようで、
  しばらくして気付いた時はズボンの中が血だらけでした。(大事に至らず) 下山時は特に注意ですね。

 35s-K70-20201010-110951-0.jpg
 ㉟無事に登山口まで戻り、また林道を歩きます。最後に振り返った時の画像です。
 36s-TG4-20201010-111406-0.jpg
 ㊱林道から山小屋への近道を抜けます。
 37s-TG4-20201010-111956-0.jpg
 ㊲無事に駐車場へ戻ります。5時間ちょうどで往復できました。
 朝は10台に満たない車でしたが、下山時は20台を超えていました。

 ここから自宅までは車で100分程度です。 今回も無事帰宅できました。
 最後までおつきあい、ありがとうございました。

 
  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top