FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

平山登山 2020 後編  

 昨日もピーカン青空で陽射しも強く、扱ったです(29.5度)。
 今日も晴れがちの日ですが、30度には届かないようです..少しは涼しいかな?

 さて、北大雪の「平山登山」の続編です。
 今回も画像は多めです。。。

 平山への分岐点からは緩やかな傾斜を淡々と進むことになります。

 01s-K70-20200717-082631-0.jpg
 ①広がる台地(砂礫地)にはたくさんの花が広がっていました。
 02s-TG3-20200717-082906-0.jpg
 ②高山植物の女王とも呼ばれる「コマクサ」です。 赤岳ほどの群生はなかったですが・・・
 03s-TG3-20200717-082950-0.jpg
 ③「メアカンキンバイ」もたくさん見られました。 砂礫地を過ぎてハイマツ群の中を進みます。
 04s-TG3-20200717-ezonomaruba-0.jpg
 ④白い花は「エゾノマルバシモツケ」かと思われます。
 05s-TG3-20200717-isotutuji-0.jpg
 ⑤足元の低い位置には「イソツツジ」が連なっていました。
 07s-TG3-20200717-usuyukitohiren-0.jpg
 ⑥この「ウスユキトウヒレン」が咲き誇る姿を見たかったのですが、ほとんどが蕾状態でした。残念なり。
 08s-TG3-20200717-miyamahanagoke-0.jpg
 ⑦ハイマツの中に白っぽい「サンゴ」のようなものが見えましたが・・・「ミヤマハナゴケ」という地衣類です。
 09s-TG3-20200717-084146-0.jpg
 ⑧拡大してもサンゴみたいですね。名前はコケが付きますが、苔ではなく菌類になります。
 
 10s-TG3-20200717-084403-0.jpg
 ⑨ハイマツの中を進むとアチコチで水が流れる場所もありました。
 11s-TG3-20200717-084521-0.jpg
 ⑩右後方には「ニセイカウシュッペ山」などが見えています。
 12s-K70-20200717-085549-0.jpg
 ⑪「平山」山頂到着です。 名前のごとく平らな部分です。奥に雲が掛かった黒岳など大雪山の一部が見えます。
 登山の途中の看板もほとんどが壊れ、腐って見えない状態でしたが、山頂の標識も辛うじて読める程度。
 15s-K70-20200717-085623-0.jpg
 ⑫低いハイマツの先に小さな仏像が置いてあります。
 13s-TG3-20200717-084622-0.jpg
 ⑬いわれは良くわかりませんが、昨年同様に一応は手を合わせました。
 15s-K70-20200717-085623-0.jpg
 ⑭その先は崖になっていて、谷の向こう側は「ニセイカウシュッペ山」が広がります。
 本来ならここからも大雪山の黒岳など展望できるのですが、雲に隠れて見えませんでした。

 16s-TG3-20200717-kohiodoshi-0.jpg
 ⑮一旦分岐点へ引き返し、緩やかな尾根歩きを楽しみます。タカネシオガマの花に「コヒオドシ」が止まっていました。
 分岐点からは「比麻奈山」、「比麻良山」、「文三岳」と嶺が続いています。

 17s-TG3-20200717-092821-0.jpg
 ⑯この先は砂礫地とハイマツの中を歩きます。コマクサがたくさん咲いていました。奥には「小槍」が見えます。
 18s-TG3-20200717-093027-0.jpg
 ⑰この周辺には背丈の低い「エゾツツジ」がたくさん見られます。
 19s-K70-20200717-093902-0.jpg
 ⑱左から「小槍」「大槍」「ニセイカウシュッペ山」「アンギラス」と続いています。
 20s-TG3-20200717-095121-0.jpg
 ⑲「アンギラス」は通称でありますが実は名前が無い山でした。1,830mあるのに名無しなのです。
 登山者が恐竜の背中みたいだ..と「アンギラス」と呼んだものが、通称として残ったのです。(左後方はニセイカウシュッペ山)
 21s-Ca-20200717-095143-0.jpg
 ⑳登山道は無いのですが、踏み跡はしっかり残っています。野付ウシはニセイカウシュッペ山の方から登りました。
 足場がとても危険な岩場で、必死にしがみつきながら山頂へ立ったものです。
 アチラからも、コチラからも片道1時間ほど掛かりますが、野付ウシは多分二度と登らないでしょう。

 22s-TG3-20200717-095314-0.jpg
 ㉑湿った泥の道に足跡が...エゾシカですね。山頂付近でヒグマは歩かないと思っています。
 23s-Ca-20200717-095550-0.jpg
 ㉒歩いていて手袋とか靴などが黄色に染まっているのに気づきました。手首のスマートウォッチも黄色です。
 24s-TG3-20200717-082246-0.jpg
 ㉓原因はハイマツの花粉でした。今時期がハイマツの花のピークでした。花粉症でもないので問題はなしです。
 25s-Ca-20200717-kokemomo-up.jpg
 ㉔コケモモの花ですが、常に舌を向いてますので、枝を支えて上を向かせて記念撮影!!
 26s-Ca-20200717-100050-0.jpg
 ㉕アンギラスに続く尾根のピーク「比麻奈山 1,811m」まできました。ここからアンギラスに行けます。
 この頃から雲の動きが激しくなり、アンギラスとニセイカウシュッペ山は隠れることも増えています。
 
 下の方からも雲(霧)がどんどん上がっていますので、今回は「比麻良山」で引き返します。
 27s-TG3-20200717-uzurabahakusan-0.jpg
 ㉖途中で見たのは「ハクサンチドリ」の変種「ウズラバハクサンチドリ」です。葉がウズラのような模様が入っていますね。
 28s-TG3-20200717-iwaume-0.jpg
 ㉗イワウメの花です。白い花はほんの僅かしかみられませんでした。
 29s-Ca-20200717-101807-0.jpg
 ㉘最初見ていた山の裏側が見えるようになってきます。ニセイカウシュッペ山の裏側の様子です。
 30s-Ca-20200717-101836-0.jpg
 ㉙野付ウシが折り返す「比麻良山 1,796m」が見えてきました。右側から回り込みます。
 31s-Ca-20200717-102134-0.jpg
 ㉚山頂の看板はバラバラですが、三角点がありました。 この先は文三岳から有明山へ抜けられます。
 今回は霧も出てきたことと、時間的なことからも、ココから引き返すことにします。

 32s-TG3-20200717-102805-0.jpg
 ㉛エゾツツジとイワブクロの競演です。 分岐点まで戻り、小休止の後に下山開始です。
 33s-TG3-20200717-103841-0.jpg
 ㉜今回はリンドウが一種類しか見られませんでした。「ミヤマリンドウ」ですが、次の予定地緑岳はどうかな?

 岩場と泥の足元は滑りやすく、二度ほどズルっと滑りましたが、二度目でスネを岩にぶつけで腫れてました。
 第二雪渓下のお花畑を通るとき、朝に見掛けた5人組がまだ座り込んでいましたよ。
 
 34s-K70-20200717-114538-0.jpg
 ㉝第一雪渓まで戻りました。向こう側は「エゾノリュウキンカ」が群生しています。
 35s-K70-20200717-114553-0.jpg
 ㉞登りでは撮り忘れた場所です。平山には凄い数が群生していますね。
 36s-K70-20200717-114830-0.jpg
 ㉟雪渓の一番下側です。雪がエグられ暗いトンネルの中を水が流れています。

 最後に、登りでも撮った滝の写真を再度撮りました。
 37s-K70-20200717-120636-0.jpg
 ㊱岩場を流れる水・・・
 38s-K70-20200717-120640-0.jpg
 ㊲滝から落ちる水・・・
 39s-K70-20200717-120650-0.jpg
 ㊳上と下で合わせて一枚です。

 40s-K70-20200717-121809-0.jpg
 ㊴ 
41s-K70-20200717-122514-0.jpg
 ㊵滝としては特段珍しいものではありませんが、暑い日でしたので清涼感はいっぱいでした。
 ※滝と渓流の撮影ですが、今回も三脚無しで手持ち、そして一部はコンデジで撮影したものです。


 登山口へ戻ったのは12:40ですから、6時間40分ほど歩き回ったことになります。
 歩数計は3万歩超えていました。そこから車で2時間弱で自宅へ戻れます。

 今回も無事に戻ることができました。

 長い記事にお付き合いいただけ、ありがとうございます。m(_ _)m

 仁頃山へはいつものペースで、淡々と登っていて、昨日の登山で今年90回目でした。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top