FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

退屈しない仁頃山  

 お天気は落ち着かないですが、本州のように豪雨にならないのは運がいい?
 いいえ、これは地理的なことですね。台風も大雨も弱くなった「残り」が来るみたいな感じです。
 まぁ地震は日本全土が危険地帯ですし、冬の猛吹雪は北日本独特ですね。

 さて、天気が優れなくても仁頃山へは、通年通っています。
 同じ山でよく飽きないね..なんて話もされたことありますが、飽きないですよ!
 自然の変化をよく見ていると、毎日でも新鮮なものです。

 と、言うことで前回の仁頃山登山から・・・ (また画像多くなっちゃった)

 s-TG3-20200709-usutake-0.jpg
 登りはじめてすぐ目に付いたのは大きめな「ウスタケ」というキノコ。臼みたいな形なので...食不適です。
 s-TG3-20200709-kawarihatsu-0.jpg
 次に出ていたのは「カワリハツ」かな?名前のとおり色などがコロコロ変わるんです。(間違いでなければ食べられます)
 s-TG3-20200709-dokubenitake-0.jpg
 他のキノコを代表するように、早めにアチコチ出てくる「ドクベニタケ」です。名前のとおり毒です。
 s-TG3-20200709-124237-0.jpg
 さて、これは何? 多分先日食べた「モリノカレバタケ」かと思いますが。。。
s-TG3-20200709-123107-0.jpg
 そして、あなたは誰?? 2cmほどの小さなキノコですが、大きくなって傘が開くとわかるかも。
 キノコは色合いや形が変化するので、特定が難しいんですよね。
 でも、被写体としても面白いものです。間近にカメラを置いてマクロで撮るのがGood!

 s-TG3-20200709-132101-0.jpg
 今度は草花ですが、これは「ウマノミツバ」と言います。花が小さすぎてうまく撮れないんですよ。白っぽい緑色です。
 s-TG3-20200709-134236-0.jpg
 「カラマツソウ」という花は終わりましたが、そっくりな花が出てきました「アキカラマツ」と言います。
 カラマツソウは夏の花火みたいな放射線状の花でしたが、これは線香花火みたいに下にポッと広がります。
 s-TG3-20200709-144344-0.jpg
 これはちょっと掲載したことがある「エゾイボタ」の花です。花は小さい十字形ですね。
 s-K70-20200709-suzumushiso-0.jpg
 薄茶色と言えそうな変わった色の花は「スズムシソウ」と言います。
 s-K70-20200709-kumokiriso-0.jpg
 すぐそばにあるのも変わった花で「クモキリソウ」と言います。仁左衛門ではありませんよ。
 
 s-K70-20200709-150401-0.jpg
 これは咲き始めたばかりの「キツリフネ」というツリフネソウの仲間です。
 s-K70-20200709-145855-0.jpg
 今時期の山でたくさん見かける白い花...「ハシドイ」です。ライラックの仲間で山間でよく見られる樹木の花です。
 s-K70-20200709-145241-0.jpg
 まぁるいてまりのような花になるのは「イケマ」というツル性の植物です。
 s-K70-20200709-143939-0.jpg
 何度見ても面白い花です。七夕の飾りを思い浮かべてしまう「ウリノキ」です。
 s-K70-20200709-143514-0.jpg
 これから暫くは登山道沿いで目立ってくるピンクの花「ヤナギラン」です。名前はランですが「アカバナ科」です。
 s-TG3-20200709-144445-0.jpg
 ご存知「オオウバユリ」です。あれこれと興味深い植物ですが、一気に咲いてどんどん終わり掛けています。
 s-K70-20200709-134616-0.jpg
 山頂で広く場所を取っているのは「ホザキシモツケ」です。
 s-K70-20200709-134649-0.jpg
 ズームで撮ったら、虫が二匹蜜を取り合っていました(?)  ※虫嫌いな人ごめんなさいね。

 さて、虫が出たのでチョウチョの画像を。先日掲載のものと同じチョウですが・・・
 s-K70-20200709-133308-0.jpg
 今時期は凄く多くて、登山道でもよく見ます。 「オオイチモンジ」ですが、今年はやたら多いようです。
 s-K70-20200709-140535-0.jpg
 可哀想に林道ではいくつか車にひかれていました。地面のミネラル分でも採ろうとしているのでしょうか。
 s-K70-20200709-145540-0.jpg
 これは「エゾシロチョウ」です。近くで集団羽化したものかと。後ろが暗いのは駐車している車の陰です。

 さて、最後は「ミヤママタタビ」の葉っぱです。
 s-TG3-20200709-132538-0.jpg
 最初は緑から白に変化した葉が、ピンクに変化するものがあります。それがまた面白いんですよ。

 s-TG3-20200709-132606-0.jpg s-TG3-20200709-132659-0.jpg s-TG3-20200709-132709-0.jpg s-TG3-20200709-132718-0.jpg
 色が染まる途中なのか、この状態で終わるのか・・・毎日チェックできないので不明です。

 s-TG3-20200709-132722-0.jpg s-TG3-20200709-132730-0.jpg s-TG3-20200709-132737-0.jpg s-TG3-20200709-132740-0.jpg

 こんなふうに、自然は日々刻々と動いています。
 それに気づくと、同じ山を歩いていても飽きないんですよ。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top