FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

雄阿寒岳登山 2020 後編  

 昨日は曇りがちの日となりましたが、気温は25度は超えていたようです。
 朝方に激しい雨があったことで、仁頃山も足元が濡れて湿度も高く、特に上半身びしょ濡れでした。

 さて、雄阿寒岳の登山...続編になります。

 s-TG3-20200705-082904-0.jpg
 ①展望が開けた六合目付近にはアレコレ野の花も。これはご存知「ハクサンチドリ」ですね。
 s-TG3-20200705-083421-0.jpg
 ②ちょっとおもしろい花だと思いますが、背中合わせに虫がいるような雰囲気ですが「チシマヒョウタンボク」です。
 s-TG3-20200705-083640-0.jpg
 ③「エゾシモツケ」かと思います。もう少し葉が丸いとマルバシモツケです。
 s-K70-20200705-083657-0.jpg
 ④阿寒湖の様子です。 視界の右側ですが低木が少し邪魔してます。
 s-K70-20200705-083729-0.jpg
 ⑤そして左側は阿寒湖の温泉街、その奥にスキー場、そして雌阿寒岳と阿寒富士、右端は「フップシ岳」です。
 s-TG3-20200705-083836-0.jpg
 ⑥山頂まで1,1500mの看板ですが、この先には見られませんでした。(多分見落とし?)
 s-TG3-20200705-084136-0.jpg
 ⑦しばらくはハイマツの下をぬうように歩いていきます。
 s-K70-20200705-084500-0.jpg
 ⑧「コケモモ」が目立ってきました。ハイマツの下の方に続いて咲いていました。
 s-TG3-20200705-085108-0.jpg
 ⑨小さな花ですが、高山では普通に見られるツツジ科の花です。

 s-TG3-20200705-084656-0.jpg
 ⑩ハイマツの下をくぐってあるくと、赤い花が目に付き始めます。付け根部分の赤いところが雄花で、その上の方に雌花が。
 s-TG3-20200705-085315-0.jpg
 ⑪ハイマツの雄花部分ですが、凄く鮮やかな紅色ですね。
 s-TG3-20200705-084731-0.jpg
 ⑫しばらく進むと、周りが見えないハイマツの中に七合目の看板があります。
 s-TG3-20200705-084825-0.jpg
 ⑬少し先のほうが見えました。 薄い緑のところに沿って登山道が続きます。その先は見通しも良くなるはず。
 s-K70-20200705-084909-0.jpg
 ⑭ちょっと見上げると風になびく雲がとても綺麗でした。
 s-TG3-20200705-084938-0.jpg
 ⑮視界がさらに開けてきました。

 s-K70-20200705-085006-0.jpg
 ⑯左奥の方に、ようやく山頂が少し見えてきました。 こんもり盛り上がっている場所です。
 s-K70-20200705-085110-0.jpg
 ⑰登山中は山頂がずーっと見えないままなんですよね。 八合目到着です。
 s-K70-20200705-085116-0.jpg
 ⑱ここには、かつて気象観測所が合った場所で、職員が常駐していたそうです。(終戦の前後ですね)
 s-K70-20200705-085137-0.jpg
 ⑲すぐそばには観測所の基礎のコンクリート部分が残っています。
 s-K70-20200705-085151-0.jpg
 ⑳ようやく山頂への道筋が見えてきました。降りて登って...また降りて登って...山頂です。
 s-K70-20200705-085618-0.jpg
 ㉑うねるようにクネクネしているのは「阿寒横断道路」です。弟子屈と阿寒湖を結ぶルートですね。

 s-TG3-20200705-090512-0.jpg
 ㉒一旦降りた場所に九合目の看板があります。
 s-TG3-20200705-090156-0.jpg
 ㉓山頂のゴツゴツした岩場が見えます。
 s-K70-20200705-085635-0.jpg
 ㉔ズームして見ると、男性が二人いるのが見えました。
 s-TG3-20200705-090540-0.jpg
 ㉕最後の岩場の道を登り、ハイマツの中をくぐり抜けると・・・山頂へ出ます。
 s-K70-20200705-090407-0.jpg
 ㉖はい!山頂へ到着しました。 ゆっくり歩いてきたので3時間かかりました。
 若い男性が入れ違いに下山していきました。 もう一人の男性は駐車場のワゴン車で仮眠していた三重県からの登山者。
 百名山の北海道の山を登っているそうで、百名山以外で良い山はありますか?と尋ねられたので・・・
 良い山だらけですよ...たくさん教えてあげましたよ。

 s-K70-20200705-090504-0.jpg
 ㉗足元にあった花は...「エゾノマルバシモツケ」でしょう。背丈が低く丸っぽい葉です。
 s-K70-20200705-091558-0.jpg
 ㉘釧路方面の空です。良いお天気に恵まれました。
 s-K70-20200705-091603-0.jpg
 ㉙そして眼下には「ペンケトー」が見えます。中央右手奥に白っぽく見えるのは屈斜路湖です。
 s-K70-20200705-092047-0.jpg
 ㉚そして岩場と樹木が少し邪魔ですが、右手に小さく見えたのは「パンケトー」です。
 阿寒湖と雌阿寒岳は、途中の八合目あたりの山が邪魔してよく見えません。
 ここで、休憩と食事をして暫くのんびり...三重のオジサンとも話しをしました。

 さぁ、下山にとりかかります。下りは足が引っかかりやすいので注意が必要です。
 s-TG3-20200705-095914-0.jpg
 ㉛登る時に見た花をチェックしながら、淡々と降りていきました。
 s-K70-20200705-095954-0.jpg
 ㉜六合目に来た時に、観光船が見えたので撮影。右手のマリモがあるチュールイ島から出てきたところですね。
 今は観光客が少ないので、大きな船もガラガラでしょう。

 その後は、また周りの見えない林の中の道を延々と下っていきます。
 途中で段差を降りる時に、痛んでいた右膝をぶつけそうになり、それをかばって転倒しました、、、痛かったぁ。

 s-TG3-20200705-113845-0.jpg
 ㉝そんなこんなで、最初に見た「太郎湖」を通る時、釣りをしている男性がいました。何が釣れるの??
 s-TG3-20200705-114723-0.jpg
 ㉞ようやく登山口に戻ってきました。二段になっている右側が山頂ですね。
 湖面も穏やかな状態です。風がなかったので大汗かきました。
 
 往復で6時間弱...まぁ平均的な時間でしょう。(登山標準時間は6-7時間と記載されています)
 ロングコースで、膝の酷使を抑えながらゆっくり往復しました。
 
 さて、、次はどこ行く?? 北大雪か表大雪になりそうです。
 
 長々とおつきあい、ありがとうございました。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top