FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

メープルシロップの素?  

 昨日午後の段階で、アメダス上での積雪残は・・・何と1cmとなっていました。
 もう雪が消えてしまうの? あくまでもアメダス設置の場所では...ということですね。

 s-TG3-20200323-142259-0.jpg
 ①アメダスの記録を見ていた時の窓の外は...雪が降っていました。これでまた1cmくらい増えたかな?
 本当の春になるまでは、こんなことの繰り返しです。時には数十センチ降ったりしますね。

 先日の仁頃山の様子から・・・今回は樹液採取のお話しも。

 s-TG3-20200321-092414-0.jpg
 ②登りはじめて20分ほど歩いた尾根で、枯れていた太い樹木がバキバキに折れていました。風のせい??
 s-TG3-20200321-095854-0.jpg
 ③途中の五合目上の休憩場所の下で、お馴染みさんが何やら作業中。
 s-TG3-20200321-105103-0.jpg
 ④実はカエデの樹液を採取していて、その様子を見ていたのです。(二本の木から採取中)
 s-TG3-20200321-105046-0.jpg
 ⑤樹木に穴を開け、そこにチューブを差し込み、大きなペットボトルに流れるようにします。
 そうすると樹液がポタポタと落ちてきますよ。 ほんのりと甘くて美味しい自然の味なんです。
 この樹液を煮詰めると、天然のメープルシロップになります。
 北米産のメープルに対し、日本ではカエデ、イタヤカエデがメープルに相当する樹木なんですよ。
 穴を開けてから1-2日はかなりの勢いで樹液が出てきますが、徐々に少なくなります。
 樹液を採取するのは今の時期が一番適しています。

 s-TG3-20200321-105011-0.jpg
 ⑥それを集めた大きなボトル(焼酎の特大ボトル)に入れて、雪の中に差し込み休憩所に置いてあります。
 天然の冷蔵庫(少し凍りますが)ですね。希望者は飲んでもいいですよ!ということです。
 野付ウシも小さなボトルに移して、350mlほどいただいて持ち帰りました。(美味しくて一気に飲んでしまいました)
 
 置いてあるボトルはキチンと洗ってありますし、樹液は綺麗なものですので、コップがあればそのまま飲めますよ。
 山歩きする人達は、新鮮であれば細かなことは言いません。喜んで飲みますね。

 カエデの他に、シラカバの樹液も飲めますね。 どちらも健康には非常に良いと言われます。


 s-K70-20200318-105427-0.jpg
 ⑦途中で陽射しが強くなった時間には、また樹木の影などで楽しみましたよ。
 s-TG3-20200321-102739-0.jpg
 ⑧山頂の気温は、このときでちょうど0度でした。
 s-TG3-20200321-102750-0.jpg
 ⑨山頂付近の道の無い場所を歩いているオジサンがいますが、例の「堅雪」の上を歩いています。
 気を抜くとズボッとハマったりもしますが、それもお楽しみの一つです。

 s-K70-20200318-104503-0.jpg
 ⑩眼下のダム湖をズームしてみました。湖面に少し変化が見られます。 僅かずつですが氷に水が滲み始めたようですね。
 s-TG3-20200321-102832-0.jpg
 ⑪そのまま目線を上げると、阿寒の山々が見えています。
 s-K70-20200318-104453-0.jpg
 ⑫そして、薄っすらと霞んでみえるのは「斜里岳」です。
 s-K70-20200318-103657-0.jpg
 ⑬久々に北大雪&表大雪の山々が見えていました。

 s-K70-20200318-103708-0.jpg s-K70-20200318-103711-0.jpg s-K70-20200318-103719-0.jpg s-K70-20200318-103731-0.jpg
 左からトムラウシ山周辺、石狩岳周辺、ニペソツ山周辺、クマネシリ岳周辺の山々です。
 今年はどれだけ行けるかなぁ・・・


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top