FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

林道沿いの雪解け  

 エゾリスの続編...の前に、刻々と変化している雪解け時の林道の様子などを先に掲載します。
 日中の気温も高め推移なので、雪解けのスピードも加速しているようです。
 どんどん状況も動くのでタイミングが遅れると、季節がずれちゃいますのでね。

 今日は晴れたり曇ったり、雨が落ちたりと変化の激しいお天気になりそうです。
 地域によっては大荒れになるとか。


 過日の登山前に、林道沿いをゆっくり歩きながら変化を楽しんでみました。

 s-K70-20200318-084811-0.jpg
 ①色づきはじめた「ヤドリギ」が花をつけ始めました。 もう少しするとわかりやすくなるかと・・・
 s-K70-20200318-085937-0.jpg
 ②先日掲載のハンノキに似ていますが・・・同じ「カバノキ科」である「シラカバ」の花芽です。
 s-K70-20200318-085910-0.jpg
 ③開花するのは..5月になってからと思います。これも花粉症の方には憎き花でしょうね。

 s-K70-20200318-085958-0.jpg
 ④ダム湖の上手にある昔の巨木の根ですが、満水時には水面下になるものです。
 上に氷が載ってますが、湖面が凍った時には水面下だったことを意味します。
 冬の間も少しずつ放流されていて、水面が徐々に下がったことで、切り株の上に氷の塊が残ったのです。

 s-K70-20200318-090606-0.jpg
 ⑤渓流の一番下側にある滝ですが、雪解け水が少しずつ凍った滝を溶かしています。

 s-K70-20200318-090707-0.jpg
 ⑥周辺の雪も表面が固くなっているので、ソロリソロリと上を歩きながら樹木の影を撮りました。
 s-K70-20200318-090845-0.jpg
 ⑦雪は朝のうちは凍っていますので、氷の粒が朝陽に輝いています。
 s-K70-20200318-091004-0.jpg
 ⑧実物はとても眩しくも綺麗な輝きですが、完全に再現は難しいものですね。
 s-K70-20200318-091924-0.jpg
 ⑨

 s-K70-20200318-091052-0.jpg
 ⑩林道の中間あたりに目立つネコヤナギです。
 s-K70-20200318-091139-0.jpg
 ⑪アチコチで楽しめるようになりました。もう暫くすると色鮮やかな雄しべが目を引くようになりますね。

 s-K70-20200318-091357-0.jpg
 ⑫渓流の少し上手にある小さめの滝ですが、ここも滝口が広がってきました。
 s-K70-20200318-091631-0.jpg
 ⑬登山口に近い渓流ですが、川を覆っていた雪と氷の多くは溶けたようで、流れがキラキラ光っています。

 s-K70-20200318-091729-0.jpg
 ⑭管理車道登山口すぐ手前の林道です。冬季間は除雪無しが原則ですが、この冬は何度か除雪されていました。
 完全に林道が乾くまでは一ヶ月以上を要するはずです。

 higuma.png
 渓流の流れが戻ってくる時期には・・・ヒグマが目覚めて歩き回ったりする時期も近いということです。
 昨年は春先に見かけませんでしたが、一昨年は足跡がしっかり残っていました。
 ヒグマの目覚めも早めなんでしょうかね?


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

▲Page top