FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

流氷の観光客は?  

 今朝の最低気温はマイナス3度ほどで、日中は12度まで上がるとか・・・
 3月に入ると気温も0度前後で推移することが多いです。
 過日の吹雪でドッサリ降った雪は、早くも大量の雪解け水を発生させています。
 道路は泥水が流れ、低い場所は歩くこともできません。
 毎年のことながら、早く雪が消えてほしいと思わざるを得ません。

 さて、今年の流氷は暖冬ということもあり、まともに接岸するのか心配もありました。
 しかし、一旦接岸してからは、一時的な離岸はあったものの、安定して見られる状態です。

 8Mar Ryuhyo
 これは流氷の観測図で、3月8日夕方の情報ですが、一部は雲隠れながら接岸がわかりますね。
 絶好の流氷日和が続くも、肝心の観光客はスカスカ状態です。

 北海道のコロナ感染者も100名を超えたことですし、アジアからの観光客も途絶えています。
 日本自体が「渡航自粛先」になってきた状況ですから、欧米を含め海外からはほとんど来ないでしょう。
 普通に歩いていると規制する必要まであるの?と思いたくなります。
 都会のように「人混み」はほとんど無いですしね。

 危機意識が中途半端なのもなんとなく理解できますよ。
 北見では「最初のクラスター発生」と言われた地域ですが、人出が少なめかもしれませんが
 土地柄もあって移動は自家用車がほとんどですから、街は普通に動いている感じです。
 閉鎖空間での会合や講演などは控えたりしてますが、屋外でのスポーツは問題ないと思います。
 無理に引きこもることもないと、個人的な感想です。
 まぁ、雪国なので、今時期は出かける場所も少ないですけど。。。
 
 さて、最初に説明した流氷ですが、今年は3回ほど見に出掛けてます。
 既にブログにも載せてますが、多くの画像が眠ってますので、一部掲載します。
 もうネタにできる画像もなくなりましたので、ね。

 見飽きた方は素通りしてください。

 s-Ca-20200225-132335-1.jpg
 ①
 s-Ca-20200225-133125-1.jpg
 ②
 s-K70-20200211-134640-1.jpg
 ③
 s-K70-20200211-133534-1.jpg
 ④
 s-K70-20200211-134005-1.jpg
 ⑤
 s-K70-20200211-134108-1.jpg
 ⑥
 s-Ca-20200211-134159-1.jpg
 ⑦
 s-K70-20200211-134620-1.jpg
 ⑧
 s-K70-20200211-134558-1.jpg
 ⑨

 多分、今シーズンの流氷の画像は最後になるかもしれません。
 多くの自然の恵みをもたらしてくれたと思います。
 
 この先は、いつ頃まで見られるかわかりませんが、徐々に沖合に出て消えていくはず。
 
 この流氷が消えたら・・・海明け、漁の季節も始まります。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top