FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

春を待つ水鳥たち  

 藻琴山から摩周湖、そして屈斜路湖とミニドライブですが、砂湯へやってきました。
 名前のとおり、砂を掘ると暖かいお湯が出てきます。
 冬でも湖畔は氷の張らない部分があり、ハクチョウなどの水鳥が冬も南下せずに過ごしています。
 時期によって数も増減しますので、他へ出張しているのかな?

 毎年のようにこの季節は同じルートを回っています。
 昨日掲載の板氷の現象など、稀に珍しい光景も見られるので楽しいですよ。

 s-Ca-20200229-125916-0.jpg
 ①今年が特別に違うのは、毎回多く見られるアジア系団体客が皆無なこと。
 ハクチョウたちも退屈なようですし、鳥インフルエンザ騒ぎから食べ物ももらえなくなったようです。

 s-Ca-20200229-125953-0.jpg
 ②
 s-Ca-20200229-130008-0.jpg
 ③
 s-Ca-20200229-130015-0.jpg
 ④湖岸付近は温泉の影響で水面が出てますが、全体としては氷に覆われた場所が多いです。

 s-Ca-20200229-130027-0.jpg
 ⑤親子連れが砂浜を掘り起こしているようです。温泉が出て湯気も見えますね。

 s-Ca-20200229-130041-0.jpg
 ⑥
 s-Ca-20200229-130054-0.jpg
 ⑦
 s-Ca-20200229-130104-0.jpg
 ⑧多くは「オオハクチョウ」ですが、少ないながらマガモの姿も見えます。
 
 s-Ca-20200229-130115-0.jpg
 ⑨お土産屋さんの前には足湯が儲けられており、40度近い温泉が出ていました。
 s-Ca-20200229-130144-0.jpg
 ⑩この辺は砂浜自体が暖かいので、砂の上でウトウトするハクチョウもいますよl
 s-Ca-20200229-130155-0.jpg
 ⑪朝に登っていた「藻琴山」はちょうど正面になります。山頂右手の黒い点は「ゴジラ岩」です。

 s-Ca-20200229-130219-0.jpg
 ⑫
 s-TG3-20200229-130807-0.jpg
 ⑬
 s-TG3-20200229-130830-0.jpg
 ⑭ハクチョウたちをゆっくり見たあと、美幌峠へ向かいます。

 s-TG3-20200229-134025-0.jpg
 ⑮特別に変わった景色ではないですが、早朝に来ると運が良ければ雲海も見られる場所です。
 正面には斜里岳です。この日だけで何度も見て撮って楽しませてもらいました。
 s-TG3-20200229-134100-0.jpg
 ⑯屈斜路湖全部は入りきれないので、左側・・・奥の方は比較的水面が出ていますが、氷の部分も青く見えています。
 s-TG3-20200229-134055-0.jpg
  ⑰そして右側の風景です。 こちらはほとんどが氷に覆われていますね。

 美幌峠を下るともう見るものもなく、淡々と自宅へ戻るのみですね。

 今回は登山も楽しみましたが、何より屈斜路湖の氷の芸術が見られたので大満足でした。
 
 また暫くはいつもの「仁頃山」へ通うことになりそうです。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

▲Page top