FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

ロングコースへ  

 今朝も冷え冷え~でマイナス18.3度でした。 
 さすがに一番寒い季節です。本来の気温とも言え、あと一ヶ月ほど続くはず・・・

 今年の北海道の雪雲にはパワーが足りないようですが・・・
 今回は東北~近畿まで勢力を広げているようですね。
 大きな被害に直結しなければいいですが...
 それにしても、TVではあまりに騒ぎすぎかとも思います。
 まぁ普段雪が降らないからでしょうが、大げさに見せようとヤリ過ぎ感も。
 台風の時の中継と同じことで、見ていてウンザリします。


 さて、野付ウシ地方は公式の積雪が2センチしかありません。
 (実際は街なかでも10cm前後あるんですけど)
 雪の無い冬・・・稀にしか目にできませんが、こんなに味気ないものか!
 長年雪国で暮らしていると、本当にそう想いますね。

 毎年のように普通に撮っていた景色や、出来事が見当たらなくなるんですよ。
 つまりブログのネタも不足することになってます。(;_;)

 連日「仁頃山」の山歩きのネタばかりですが、ご容赦を。

 過日、雪な少ないのをイイことに、冬はめったに歩かないロングコースを登ってみました。

 登山口に着く前に、またしてもカラマツの霧氷が見られました。(少し霜が薄めですが)
 
 s-K70-20200122-084025-0.jpg

 s-K70-20200122-084045-1.jpg

 s-K70-20200122-084058-0.jpg
 正面からの朝日と、背景に日の当たらない暗い場所があってこその景色ですね。今年はあと何回見られるかな?

 「東尾根道」は仁頃山の数あるルートではロングコースになります(と言っても山頂まで6km)。
 山頂から「西尾根道」も歩いて一回りすれば、およそ14kmですから、これだと本当にロングですね。
 例年の今時期は1m程度の雪は積もっていますので、めったなことで尾根道は使いません。
 スノーシュー必須なので、腰までの雪を漕いで6km登るのは、並大抵のことではありません。
 (旧登坂が多いのでスキーは無理です)

 しかし、今年は10-20cmほどの雪で、笹も出たままなので、普通に歩けるんです。
 ちなみに「夏山ガイド」では上りの標準時間は4時間となっています。
 s-TG3-20200124-093347-0.jpg
 それでも冬のロングコースは一日に一人通るかどうか、そんな状態です。 (途中で横切った林道の様子)
 s-TG3-20200124-093358-0.jpg
 結果として、この日に歩いたのは野付ウシ一人だったようです。(帰りに分岐点を通ったら他に足跡なし)
 s-TG3-20200124-093414-0.jpg
 尾根を二つ横切ってから、橋を渡り、ようやく仁頃山の本体に取り付きます。
 この先は延々とキツイ坂道が続きます。 
 s-TG3-20200124-100016-0.jpg
 3.9km歩いて、ようやくキツイ上りを終えて、尾根の上を歩きます。
 s-TG3-20200124-100023-0.jpg
 雪はこんな感じで、笹の無い場所だけが目立っています。(笹の根本にも雪は積もっています)
 最後の長丁場であるキツイ坂道の手前で、小休止でクッキーとポカリを飲みました。
 夏なら花などを撮影しながら、のんびり登るのが楽しいのですが、冬は見るもの無し!

 s-TG3-20200124-102846-0.jpg
 中央の高みを経て、左側の高みへクネクネと道が続きます。
 s-TG3-20200124-104946-0.jpg
 息も絶え絶えになった頃に、東尾根道での最高地点に到着。看板の向こう側にオホーツク海があります。
 s-TG3-20200124-104114-0.jpg
 雪はこの周辺でおよそ30cmほど積もっていました。
 s-TG3-20200124-104952-0.jpg
 山頂横にある無線塔3基が目の前に見えています。
 で..結果的に山頂へはちょうど2時間で到着しました(標準の半分)。道草をくわないため夏より早いようです。


 s-Ca-20200126-102238-0.jpg
 こちらがオホーツク海側の眺め。山の先に「サロマ湖」があり、砂州を超えた先がオホーツク海です。
 サロマ湖はほぼ氷に覆われたようです。 タイミングが良いときには沖合に流氷が見えますが、今回は遠すぎです。
 s-流氷情報
 これが27日現在の流氷の位置です。知床半島先端からでも数十キロあります。
 オホーツク沿岸からだと100kmはゆうに超えてますね。しかも氷の層はあまり厚みが無いようです。
 この先は風次第ですね。
 ※流氷情報センターより



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top