FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

カラマツ樹氷(樹霜)  

 今朝の気温はマイナス14.5度でしたが、昨日(-16.7度)よりは高めです。
 昨日の記事じゃないですが、この寒さを少しだけオーストラリアに分けてあげたいですね。

 シドニーのブロ友さんの情報では、週末からの雨が消火に役立ったそうです。
 消防士たちが雨の中でジャンプして喜んでいたそうですよ。
 気持ちがよーくわかりますよね。
 ただし、一部では豪雨による災害も心配されているようです。
 (乾燥地帯に一気に大雨が降ると、浸透せずに地表を流れるため)

 いずれにしても早期に収束することを願っています。

 さて、今日の記事は...昨日見てきたカラマツの樹霜の様子などを。
 朝は-16.7度と冷えましたので、カラマツに付いた霜の花は綺麗でしたよ。

 s-TG3-20200118-090157-0.jpg
 ダム湖の手前にある若いカラマツ林です。 下地は雑草・藪地ですが、とても綺麗でした。(一部にゴーストあり)
 s-TG3-20200118-090146-0.jpg
 地面を覆う枯れ草や低木も、霜が付いて真っ白になっています。
 s-TG3-20200118-090143-0.jpg
 まだ若いカラマツは雑草のすぐ上にあります。カラマツが成長したら同じ景色は見られませんね。
 s-TG3-20200118-085705-0.jpg
 背景の傾斜地には日が当たっていないので、白いカラマツが一層引き立っています。
 
 s-K70-20200118-085715-0.jpg
 手前の少し太めの樹木にも、細かな霜が付いています。 鹿の角にも似た感じです(鹿の角には産毛があります)。
 s-K70-20200118-085721-0.jpg
 本来は日が当たる直前から撮影したいのですが、昨日は家を出るのが遅めでしたがセーフでしょうかね。
 s-TG3-20200118-085945-0.jpg
 太陽が見えはじめて間もない時間ですので、逆光どころか真正面に太陽があります。
 敢えてゴーストやフレアも無視して撮影しています。

 s-K70-20200118-085823-0.jpg
 少し背の高いカラマツに太陽が当たっていたので、そこを切り取ってみました。
 見た目どおりには撮れていませんが、神々しい感じがしましたよ。

 時間的にはあと30分足らずで、この景色は終わってしまうはずです。
 今回は少し霜が薄い感じもしましたが、満足、満足!
 雪も少なく小川の流れも少ないため、この程度が精一杯でしょう。

 残り、まだありますので、小出しで明日も掲載予定です(笑)

 ※背景トップの画像;流氷のオホーツク海に変更しています。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top