FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

もう一日降りそう  

 昨日の夕方から小康状態だった雪も、未明からまた降り出しました。
 
 気温は相変わらず0度前後の状態で、この地域としては異常に高いです。
 今朝も外に出てみましたが、雪が重くて雪かきで腰を痛めそうな感じです。
 明日の朝までは止みそうですが、昨日に続いて今日も引きこもり状態になりそう・・

 以下は今朝撮ったばかりの画像です。 
 s-TG3-20200131-070248-0.jpg
 積雪は昨日から10cmほど増えただけです。 湿った雪になりギュッと締まって積雪が減ります。
 s-TG3-20200131-071329-0.jpg
 まだ積雪は30cm弱ですが、本来の粉雪なら50-60cmになっていたはずです。

 s-TG3-20200131-071424-0.jpg
 すぐ裏手の野付牛公園の樹木も雪がこびりついています。湿った雪だとこうなりますね。
 s-TG3-20200131-071403-0.jpg
 小鳥の餌台(母屋)を下側から覗きましたが、さすがにスズメたちも姿が見えません。(朝に数羽出入りしていました)

 s-i8-20200131-065532-0.jpg
 たまにはTOMにも出演してもらいました。 ニャンてことするんだ!と不機嫌な表情です。。。

 s-TG3-20200131-075646-0.jpg
 これは今朝の地方紙ですが、昨日と同様に全部が雪ダルマ・・・2日連続は稀です。
 野付ウシは少し内陸に入った地域ですが、海沿いでは風が強く猛吹雪状態になるとか。
 積雪も多いところでは倍ほどになるようです。
 明日の朝はいたるところで除雪になるでしょう。。。

 せっかくなので、後ほど公園の雪景色でも撮ってこようかと。
 引きこもりも疲れますのでね。



※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



いよいよ雪が  

 本当に写真も切れてきましたが、どうやら雪が積もった景色の写真が撮れそうです(笑)
 s-Ca-20200130-080609-0.jpg
 これは朝8時過ぎに撮影した戸外の様子です。未明からチラチラ降り出し、徐々に多くなっていますね。
 
 s-Ca-20200130-080936-0.jpg
 今朝の地方紙の天気予報の部分です。オホーツク地方全域が全部雪マークになってますね。
 この状態は年に1-2度ありますが、予報通り荒れるのかな?
 道内各地は今日で落ち着きそうですが、オホーツク地方を含む道東は明日も大荒れだとか・・・


 妙に気温が高くて、春の季節外れの雪みたいな感じです。
 3月のお彼岸の前後によく吹雪が来たりしますが、そんな感じの気温です。

 まぁ東京あたりのように、途中から雨になって雪が消えるなんてことにはなりませんけど。
 多少は出遅れですが、せめて30cmくらいは積もって欲しいですね。(山だと50cm超)
 そうしないと春になったら農業用水などに不足が出るかもしれませんので。。。

 今日・明日は雪の予報なので、昨日のうちに仁頃山へ登っておきました。
 野付ウシは雪がドンドン降る時は、山へ行きません。
 途中で降ってくるのはOKですが、最初から終日雪の予報の時は止めます。
 遭難の心配はありませんが、林道が埋まって車が通れなくなる可能性がありますしね。

 天気も良くないし、景色も変わらないのでカメラの出番もめっきり減りました。

 s-TG3-20200129-100620-0.jpg
 このミニサイズ雪だるまは三度目の登場ですが、ヨレヨレに崩れそうです。周りの雪も消えていました。
 s-TG3-20200129-100631-0.jpg
 気温はマイナス5度ですが、湿度と風の影響でバリバリに凍り初めています。 見た目ではマイナス10度もありそう。

 s-TG3-20200129-100637-0.jpg
 温度計の後ろは崖になっていますが、そこにある樹木にも霧氷のように氷が出来はじめていました。
 s-TG3-20200129-100658-0.jpg
 本格的に雪になるのはまだ12時間ほどあるはずですが、たまたま雪雲が入ってきたようです。
 
 こんなお天気ですが、いつも見慣れた常連さん数名と会いました。
 平日でもあったので、登山者全体は少ないですね。

 さて、次に来る時の山はどうなっているのかな?
 スノーシューも出番があるかもしれません。

 今日・明日は雪かきも必要でしょう。。。



  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

今日も今日とて...  

 青空の続いたお天気も一旦終わりのようで、今日から徐々に下り坂へ。
 月末から2-3日は少し荒れるとの予報もあり、雪も降りそうな気配・・・(当たればですが)

 関東などでも雪はあったようですが、すぐに雨に変わり溶けた所も多かったとか。
 その後は豪雨・雷雨の注意報などが出てきましたね。
 このところ、かなり大げさな予報や注意が当たり前になってきました。
 空振りでも逆に外れるよりはイイさ..みたいなことらしいですが。

 それをTV各局で大げさに煽るため、報道だけが凄いことになったりしますね。
 まぁ、実際に災害に直結しないことを願うだけですけど。


 さて、相変わらず野付ウシの周辺では、代わり映えのしない状態が続いています。
 今年は雪が少なすぎて、冬山へも行けなくなるかもしれません。
 笹とハイマツなどが埋まるだけ積雪が無いと、冬の山歩きはほぼ不可能なので、ね。

 そんなこともあって、未だに仁頃山しか行く先も無いという状態です。

 s-Ca-20200126-112336-0.jpg
 これは日曜日に仁頃山へ行った時の様子から・・・ダム湖は氷で白くなってますが、山は雪が少ないのがわかります。
 s-Ca-20200126-112342-0.jpg
 日曜日で天気も良かったので、家族連れがワカサギ釣りに来ていました。
 s-Ca-20200126-112356-0.jpg
 小さなテントが25基ほど見えていました。 朝は-16度まで冷えたので日中もかなり寒かったですよ。

 s-TG3-20200126-094841-0.jpg
 さて野付ウシは東新道から上り、途中から横断道にて奥新道へトラバースしました。
 s-TG3-20200126-095607-0.jpg
 途中の「水恋沼」を抜けて奥新道の分岐へ。この日はまだ誰も歩いていませんでした。

 s-TG3-20200126-100633-0.jpg

 s-TG3-20200126-100752-0.jpg

 s-TG3-20200126-101408-0.jpg

 s-TG3-20200126-101923-0.jpg
 似たような景色ですが、奥新道の魅力はこのダケカンバ林と青い空・・・運が良ければ綺麗な樹氷になります。

 こうして空を見上げながら淡々と歩いて山頂へ向かいました。
 気温が低めだったこともあり、いつもより汗も控えめ・・・

 s-TG3-20200126-103032-0.jpg
 山頂は風もなく暖かく感じたのですが、温度計はマイナス12度以下と冷えていました。
 日差しがあってこの気温ですから、ちょっと風でもあったらメチャ寒いですね。
 ということで、この日は9Kmほど山を歩いてきました。


 多くのブロガーさんも書いてますが、花の開花が例年より異常に早い...と。
 昨日は関西で+19度まで気温が上がったとか?
 まだ1月ですよ、沖縄ならまだしもねぇ。

 とにかく1月の豪雨でも四国でしたっけ?史上最高雨量を記録したとか。
 アレコレ異常なことばかり。
 それでも「地球温暖化」を口に出したくない各国首脳たち(日本も)。
 経済優先で気づいたら「滅びを待つのみ」なんてことにならなきゃいいですが。
 野付ウシたちは、その頃にはこの世にいないのでしょうが、次世代のために真剣に考えなきゃねぇ。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

ロングコースへ  

 今朝も冷え冷え~でマイナス18.3度でした。 
 さすがに一番寒い季節です。本来の気温とも言え、あと一ヶ月ほど続くはず・・・

 今年の北海道の雪雲にはパワーが足りないようですが・・・
 今回は東北~近畿まで勢力を広げているようですね。
 大きな被害に直結しなければいいですが...
 それにしても、TVではあまりに騒ぎすぎかとも思います。
 まぁ普段雪が降らないからでしょうが、大げさに見せようとヤリ過ぎ感も。
 台風の時の中継と同じことで、見ていてウンザリします。


 さて、野付ウシ地方は公式の積雪が2センチしかありません。
 (実際は街なかでも10cm前後あるんですけど)
 雪の無い冬・・・稀にしか目にできませんが、こんなに味気ないものか!
 長年雪国で暮らしていると、本当にそう想いますね。

 毎年のように普通に撮っていた景色や、出来事が見当たらなくなるんですよ。
 つまりブログのネタも不足することになってます。(;_;)

 連日「仁頃山」の山歩きのネタばかりですが、ご容赦を。

 過日、雪な少ないのをイイことに、冬はめったに歩かないロングコースを登ってみました。

 登山口に着く前に、またしてもカラマツの霧氷が見られました。(少し霜が薄めですが)
 
 s-K70-20200122-084025-0.jpg

 s-K70-20200122-084045-1.jpg

 s-K70-20200122-084058-0.jpg
 正面からの朝日と、背景に日の当たらない暗い場所があってこその景色ですね。今年はあと何回見られるかな?

 「東尾根道」は仁頃山の数あるルートではロングコースになります(と言っても山頂まで6km)。
 山頂から「西尾根道」も歩いて一回りすれば、およそ14kmですから、これだと本当にロングですね。
 例年の今時期は1m程度の雪は積もっていますので、めったなことで尾根道は使いません。
 スノーシュー必須なので、腰までの雪を漕いで6km登るのは、並大抵のことではありません。
 (旧登坂が多いのでスキーは無理です)

 しかし、今年は10-20cmほどの雪で、笹も出たままなので、普通に歩けるんです。
 ちなみに「夏山ガイド」では上りの標準時間は4時間となっています。
 s-TG3-20200124-093347-0.jpg
 それでも冬のロングコースは一日に一人通るかどうか、そんな状態です。 (途中で横切った林道の様子)
 s-TG3-20200124-093358-0.jpg
 結果として、この日に歩いたのは野付ウシ一人だったようです。(帰りに分岐点を通ったら他に足跡なし)
 s-TG3-20200124-093414-0.jpg
 尾根を二つ横切ってから、橋を渡り、ようやく仁頃山の本体に取り付きます。
 この先は延々とキツイ坂道が続きます。 
 s-TG3-20200124-100016-0.jpg
 3.9km歩いて、ようやくキツイ上りを終えて、尾根の上を歩きます。
 s-TG3-20200124-100023-0.jpg
 雪はこんな感じで、笹の無い場所だけが目立っています。(笹の根本にも雪は積もっています)
 最後の長丁場であるキツイ坂道の手前で、小休止でクッキーとポカリを飲みました。
 夏なら花などを撮影しながら、のんびり登るのが楽しいのですが、冬は見るもの無し!

 s-TG3-20200124-102846-0.jpg
 中央の高みを経て、左側の高みへクネクネと道が続きます。
 s-TG3-20200124-104946-0.jpg
 息も絶え絶えになった頃に、東尾根道での最高地点に到着。看板の向こう側にオホーツク海があります。
 s-TG3-20200124-104114-0.jpg
 雪はこの周辺でおよそ30cmほど積もっていました。
 s-TG3-20200124-104952-0.jpg
 山頂横にある無線塔3基が目の前に見えています。
 で..結果的に山頂へはちょうど2時間で到着しました(標準の半分)。道草をくわないため夏より早いようです。


 s-Ca-20200126-102238-0.jpg
 こちらがオホーツク海側の眺め。山の先に「サロマ湖」があり、砂州を超えた先がオホーツク海です。
 サロマ湖はほぼ氷に覆われたようです。 タイミングが良いときには沖合に流氷が見えますが、今回は遠すぎです。
 s-流氷情報
 これが27日現在の流氷の位置です。知床半島先端からでも数十キロあります。
 オホーツク沿岸からだと100kmはゆうに超えてますね。しかも氷の層はあまり厚みが無いようです。
 この先は風次第ですね。
 ※流氷情報センターより



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

野鳥たちの攻防  

 昨日の朝は-16.4度と冷えましたが、日中もかなり寒かったです。
 仁頃山へ行ってましたが、山頂の温度計はマイナス13度・・・今シーズンで一番低かったです。
 それでも日差しがあったので、寒く感じませんでしたが、日陰の空気は冷たかったです。


 今日は我が家の前の野鳥の餌台について。。。
 狭い庭ですが、松の木が二本あり、そこに餌台と金網を置いています。
 本来はスズメを意識していたのですが、このところ種類が増えています。

 s-TG3-20200126-134245-b.jpg
 左側の木には屋根付きの小屋ふうなもので、野付ウシは「母屋」と呼んでいます。
 右側の太い木は上に伸びないように画像のすぐ上で切ってあり、枝葉が傘のようになっています。
  その傘の下に「ブランコ」と呼ぶ小さな餌台があり、小鳥が乗るのブラブラ揺れます。
 その下に金網で出来た小さなものを二つ取り付けてます。(100均で買った味噌こし)
  金網の中身は主にヒマワリの種で、シジュウカラ・ゴジュウカラがお得意様ですね。

 s-K70-20200124-065331-0.jpg
 餌台だけでなく、その下の地面にもこうして沢山のスズメたちが、おこぼれを拾って食べています。

 s-K70-20191225-074455-1.jpg
 数が多すぎる時は、次の部隊がすぐそばの藪で待機していますので、多い時は50羽ほどになってます。

 昨日の朝、野付ウシが仁頃山へ出掛けた後に、事件が起きたようです。

 日本の木の付近に多くのスズメなどが、餌を食べているところへ・・・敵機襲来!空襲警報!
 大きめの鳥が襲ってきたようで、大慌ての小鳥たちが一斉に散らばりました。
 下りてきた大きい鳥は制御を間違えたのか、我が家の居間のガラスにバァーンと衝突!!
 部屋にいた嫁さんと、寝ていたTOMが飛び上がったそうです。

 ガラスにぶつかった鳥は、慌てて飛び立とうを雪の上でバサバサともがいて、空へ飛び立ちました。
 s-TG3-20200126-134120-0.jpg
 その時のバサバサの証拠写真です(笑)。下が尻尾で三回羽ばたいて離陸したようですね。
 スズメなどの小鳥たちは逃げたようですが、襲ってきた鳥が特定できていません。
 
 ただ、以前にも同じように襲ってきた鳥が「ハイタカ」でしたので、今回もそうかと思います。
 ハイタカの大きさはキジバト程度で、猛禽類では小型の部類に入りますね。

 大騒ぎで逃げたスズメたちは、少しの間は来ないかもしれませんね。(以前もそうでした)
 そんなことも気にせずにやってくるのは、シジュウカラ・ゴジュウカラですね。
 ヒマワリの種が目的で、スズメより度胸もあって人の近くでもあまり逃げません。

 昨日の朝は「ヤマガラ」も「シメ」も来ていましたが、ハイタカは来て欲しくなかったです(笑)


 ついでに撮った画像ですが、ようやく出来た小さなツララと、車庫の窓に出来た霜の模様を。。。

 s-TG3-20200126-134037-0.jpg
 今年は雪が少なく大きなツララが見えません。ようやく出来たのは50cmほどのもの。(長い時は1メートル超えます)

 そして、昨日朝に車庫の窓に出来た模様です。
 s-TG3-20200124-081908-0.jpg
 今回は少し控えめな模様でした。

 s-TG3-20200124-081911-0.jpg s-TG3-20200124-081918-0.jpg s-TG3-20200124-081923-0.jpg s-TG3-20200124-081934-0.jpg
 1月24日に掲載した屋内のものと、イメージも違いますね。昼前には消えてしまう芸術作品です。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

また雪が減ってきた・・・  

 今朝もかなり冷えましたが(-16度)、雪はしばらく降っていなくて、どんどん減る一方。
 実際の感覚とアメダスのズレはありますが、データ上では残り2cmとなっています。
 (測定場所は相当少ないようで、現実はアチコチ見ても7-8cmはあります)

 代わり映えのしない風景が続いていて、ネタになりませんが、また山の風景を。
 (数日前に掲載した画像と似たものですが、その後に登った時の未掲載画像です)
 
 s-TG3-20200122-090627-0.jpg
 登山口から入って10分ほど歩いた場所で、踏み荒らされた後と足跡がたくさん・・・
 s-TG3-20200122-090900-0.jpg
 足跡を見るとエゾシカのものでした。雪を掘り返して草を食べたようです。
 仁頃山はエゾシカがかなり少ない山だと認識しています。夏もほとんど見かけません。
 今年は雪が少ないため、エゾシカも山の斜面でも歩きやすいのでしょう。
 冬は時々林道沿いで足跡を見かけますが、渓流の水が目的かと思われます。

 s-TG3-20200122-100550-0.jpg
 青空も出ていましたので、山頂近辺の一部でしたが、綺麗な樹氷が見えていました。
 今回のものはサラッと降った雪が枝に載ったもので、霜や凍りではありません。
 s-TG3-20200122-100823-0.jpg
 僅かな風でフワッと落ちてしまいます。
 s-TG3-20200122-101031-0.jpg

 s-TG3-20200122-101235-0.jpg

 s-TG3-20200122-101446-0.jpg
 理屈はどうあれ、とにかく見た目は綺麗なものでした。

 s-TG3-20200122-101856-0.jpg
 小さな物入れの屋根にあったミニサイズ雪だるまも、雪が載って形がわからなくなっていました。

 s-TG3-20200122-101717-0.jpg s-TG3-20200122-101919-0.jpg s-TG3-20200122-101943-0.jpg s-TG3-20200122-101947-0.jpg
 山頂近くの雪の輝きとザラザラの雪の結晶を撮ってみました。

 s-K70-20200122-101834-0.jpg
 休憩場所の様子です。まだ登山者が少なめな時間でしたので、ベンチも雪が被った状態です。
 s-K70-20200122-101823-0.jpg
 下界の眺めです。晴れてはいるものの、遠くは霞んでいました。

 s-TG3-20200122-103157-0.jpg
 下山時にもついつい撮影してしまいます。
 s-TG3-20200122-103243-0.jpg
 八合目上からダム湖の方角を撮ったものです。 下の方は樹氷がほとんど見られません。

 もう少し雪が積もった方が、冬山らしくなるのですが、仁頃山山頂付近でなんとか20センチは超えています。
 それでも日当たりの良い崖部分は、雪が消えている場所も出てきました。

 今の予報では月末に少し降りそうかな?という程度です。
 2月に入ると各地で冬のお祭りが始まりますが、雪はどうなるんでしょうね。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

スマートウォッチ  

 この先の天気予報を見ていると、月末に一時雪..程度で本格的雪は無いようです。
 オホーツク海を南下している流氷も、現在は薄い帯状でちょっと頼りない感じ。
 このまま「異常な冬」で終わってしまうのではと、心配ですね。


 さて、今日は最近急速に普及してきた「スマートウォッチ」について。
 
 野付ウシもスマートウォッチを手に入れました。
 携帯電話など利用によるポイントを使って支払ったので、持ち出しはゼロ円。
 通常は2-3千円から買える品物ですが、機能充実のものだと5-6万円もしますね。

 s-TG3-20200124-164701-0.jpg
 (日に焼けた腕に掛けたスマートウォッチ=表示スタイルは何種かあり選択可能)
 
 アップルウォッチなどはiphoneの変わりにもなる機能充実タイプで、キャッシュレス支払いにも対応です。
 野付ウシは時計の代わりと、血圧計や歩数計・睡眠検測・アラームなどを使いたかったのです。
 夜中に時間を確認したい(暗いので時計見えず)し、アラームもバイブのみで使いたかったのです。
 更に血圧や脈拍も常時チェックできますし、運動の計測も可能ですね。
 その他、スマホの音を消していても、電話やメール、ラインなどSMS着信を知らせてくれます。
 GPS追跡も可能で歩いた距離なども計測できます。
 
 UX970_TTW.jpg

 とにかく軽くてフィットするので、腕に付けているのを忘れるくらいです。
 日々進化していますので、どんどん良い物が出てきますね。
 野付ウシのものでは、USBでフル充電(2時間以内)だと5-7日は稼働できます。
 防水もIP68仕様なので、入浴時意外は水を気にしなくていいんですよ。
 小さな文字盤ですが、明るい太陽の下でもスマホより確実に文字が見やすいですね。
 ただ、着信SMSなどを表示しますが、文字が小さいので読むには厳しいでしょうね。
 これは着信があったよ、知らせるだけと割り切った方が良いかと。

 UX300_TTW_2.jpg

 腕時計サイズの大きさならもっと見やすいですが、腕のフィット感を優先しました。
 細かなデータはスマホで見ますので問題なしです。
 「H Band」というアプリをスマホに入れ「Bluetooth」で常時リンクします。
 血圧などの測定値には測定時の状態により、多少の幅はありますが、現状ほぼ正確ですね。
 今の状態でも多機能と言えますので、これ以上アレコレ入っても使いこなせないでしょう。

 UX300_TTW_3.jpg


 今回ちょっと困ったのは、取説がわかりにくいこと。
 7ヶ国語の中の日本語ですが、あまりに簡略すぎて不明なことが多いです。
 アプリ案内のQRコードを読み込んでも「ページが存在しません」でした。
 やむなくAPPstoreで [H Band ]を検索してダウンロードしました。
 アプリの使い方も取説見ただけは、簡素すぎてわかりません。
 概ね直感で設定しましたが、不明な点はWebでググって調べました。
 まぁ外国製品の場合は、似たようなことがよくありますね。
 
 UX300_TTW_1.jpg

 今の進化のスピードなら、もっと高機能で正確なものが続々出てくると思いますね。
 残念ながら、ほとんどは中国製などで、日本製は僅かにあるもののエラく高価です。
 Made in Japan が優れていても、価格が10倍もすれば遠慮しますよね。

 2千円以下でもありますから、試しに使うのも良いかもしれませんね。
 この程度なら欲しい物が出たら買い換えることも可能でしょう。


 以上、スマートウォッチについてでした。
 

 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

霜の芸術  

 この冬で最低だった22日の朝は -18.9度、その次の朝は -5.4度と1月で一番高い「最低気温」...
 1日で落差が13.5度でした。まぁ今朝はまた冷えましたのでジグザグ状態ですね。

 そして雪はしばらく降らないようですので、過日15cmほど降った雪も減る一方で既に5cm切りました。
 もしかして...また積雪ゼロがやってくる??

 あるブロ友さんからのコメントで気づいたのは、長いツララが出現していないこと。
 snow_tsurara_house.png
 屋根に雪がドッサリあると、少しずつ溶けてツララができ少しずつ成長していきますね。
 今年は雪が少なすぎてツララも短いのが少ししか出来ていません。
 冬の風物詩的なものが、アチコチで見られない状態が出ているようですね。

 さて、今日はまたしても我が家のガラス窓に出来た霜の結晶から。

 我が家の一階では窓ガラスは凍りません..暖房が全体に利いているからです。
 でも二階は野付ウシが部屋にいる時だけ、暖房を入れますので夜はバリバリ冷えます。
 結果として二階の窓ガラスには霜の模様ができるわけです。

 s-TG3-20200119-080353-1.jpg

 s-TG3-20200119-080219-0.jpg

 s-TG3-20200119-080123-1.jpg

 s-TG3-20200119-080150-1.jpg
 およそのパターンは把握できますが、毎日必ず違う模様が出来上がっていますね。
 日中に溶けた時に雫ができますが、その雫が夜にまた凍ってしまいます。
 その大きさとか透明度合いによっても、形が変化しています。

 s-TG3-20200119-080413-1.jpg

 s-TG3-20200119-080102-1.jpg

 s-TG3-20200119-080309-0.jpg

 s-TG3-20200119-080042-1.jpg
 外にある車庫の窓にもよく霜の模様が出来ていますが、室内で出来たものとはまた違いますね。
 自然が作り出すものですから、同じものは二度と出来ないのでしょうね。

 今日はアウトドアではなく、インドアでの画像でした。
 ※現物より大きめに拡大して撮影したものです。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

久々の雪山 続編  

 昨日は朝が冷えてマイナス18.9度です。
 でも日の出前に少し雲もあったので、スッキリ晴れたらもう少し下がっていたかも。

 今朝未明から少しですが粉雪が降ったようで、雪かきした後がまた雪で覆われていました。
 山ではもう少し降ったようで、山頂付近では20-30cmほどになったようです。
 それでもまだまだ山では少ない積雪で、笹がまだ見えています。
 
 昨日の画像の残りがありますので、そちらから掲載しますね。

 s-TG3-20200121-103516-0.jpg
 イマイチすっきりしませんが、予報が外れて曇ったうえに小雪がチラついていたもので。。。
 s-TG3-20200121-103559-0.jpg

 s-TG3-20200121-102708-0.jpg

 s-TG3-20200121-102717-0.jpg

 s-TG3-20200121-100045-0.jpg
 樹氷だけでなく、地面からの枯れ草に付いた霜もスキッとみえませんね。

 s-TG3-20200121-104905-0.jpg
 今年は曇り空の日が多いんですよ。冬晴れが少ない気がします。
 こんな樹木でも晴れると綺麗なんですけどね。

 下山途中の岩の展望所から、谷を挟んだ向かい側の松林を撮りました。
 s-TG3-20200121-110611-0.jpg
 中程に斜めに走っているのはエゾマツの林ですが、針葉樹独特の美しさがあります。
 s-TG3-20200121-110618-0.jpg
 軽く雪が乗って綺麗な姿を見せてくれました。
 s-TG3-20200121-110627-0.jpg

 s-TG3-20200121-113208-0.jpg
 最後にダム湖沿いを歩いていて、一枚撮ったもの。左上に少し青空が出たのですが、すぐ消えました・・・


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

久々の雪山  

 普通はあまり雪が無い方が歩きやすいので、雪が欲しいなどと思いません。
 しかし、今年はあまりにも少なすぎて、冬の景色とは思えないんですよ。

 月曜日に降った雪は、わずか15cmほどですが、それでも雪景色になりました。
 いつもの時間に仁頃山へ向かいました。
 
 s-TG3-20200121-085411-0.jpg
 駐車場前の道路です。雪道らしくなりましたね。 これで少しは車に汚れもつかなくなります(笑)。
 s-TG3-20200121-085424-0.jpg
 東新道の登山口です。先行者は3名ほどで雪が少なめなので、スノーシューなどは使っていません。
 s-TG3-20200121-094247-0.jpg
 林の中も久々に雪を載せた笹になっています。
 s-K70-20200121-085255-0.jpg
 まだ新雪で歩行者も少ないため、歩きにくい点はやむ無しですね。
 s-K70-20200121-091520-0.jpg
 まだ吹き溜まりができるほどの雪はありませんが、僅かに風紋は見られました。

 s-K70-20200121-100924-0.jpg s-K70-20200121-101026-0.jpg s-K70-20200121-101828-0.jpg s-K70-20200121-101836-0.jpg
 また雪を載せた枯れ草などを撮りながら上へ向かいます。

 s-K70-20200121-101843-0.jpg

 s-K70-20200121-101942-0.jpg

 s-K70-20200121-102342-0.jpg

 s-K70-20200121-102411-0.jpg
 バリバリと霜が付いた草木も綺麗なものです。

 s-TG3-20200121-101817-0.jpg

 s-TG3-20200121-101901-0.jpg

 s-TG3-20200121-102519-0.jpg

  s-K70-20200121-102455-0.jpg
 天気予報では午前中晴れとのことでしたが...またもや外れで、ずーっと小雪が舞っていました。


 s-K70-20200121-102958-0.jpg
 山頂はおよそマイナス8度でした。風が弱いので寒くも感じません。
 s-TG3-20200121-103602-0.jpg
 晴れていると予想して今回はデジイチ持ってきたのに・・・残念でした。 チラチラ小雪も降っていました。
 s-K70-20200121-103026-0.jpg
 一瞬日差しもあったのですが、写真にプラスになるところまではいきません。

 次の機会を待つことにしましょう。

 次の雪の予想は月末になっています。また雪が解けて減っていきそうです。。。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

▲Page top