FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

2019 周辺の山歩き  

 年内にバサッと雪が降るような予報は出ていないようです。
 もしかすると「積雪ほぼゼロ」なお正月を迎えるかもしれません。
 まぁ雪が無いと助かることもありますね、雪かき不要とか、道路も走りやすいとか・・・
 自治体としては巨額の除雪費予算に余裕が出たりしますしね。

 一方で、スキー場などレジャーは商売になりませんね。
 多くは例年通りの積雪をあてにしていますから。
 結局は例年通りの展開になるのが、一番良いのでしょうね。

 さてさて、今年の思い出を整理していますが、今日は仁頃山以外の登山について。

 今年は14回ほど出かけることが出来ました。
 1月20日の厳寒期の「雌阿寒岳」に始まり、最後はやはり近間の「摩周岳」で締めました。
 今年は登っておきたかった山が3つありました。
 「知床羅臼岳」、「ニペソツ山」、「愛別岳」、予備候補で「トムラウシ山」です。
 結果として無事に3つは登りましたので、来年は残ったトムラウシ山ですね。

 今回は後半の夏以降で印象に残ったシーンを少しだけ振り返ってみました。

 s-Ca-20190729-092850-9.jpg
 7月29日、大雪山緑岳へ登りました。2,019mで今年が標高年ですが、数値切り上げで来年も標高年になります。
 その時についでに登ったのが白雲岳で、そこから見えるのが写真の「ゼブラ模様」です。
 何度か見てますが、今年もまずまずの出来でしょう(笑) 中央の山は北海道の主峰「旭岳」です。

 s-TG3-20190729-075142-9.jpg
 白雲岳の手前にある雪渓では、とても幻想的な雪原を見ることができました。
 絶妙なタイミングだったようで、以前にも見てはいますが、このような模様は始めてでしたね。


 次に誕生日登山となった9月の「ニペソツ山」です。
 s-Ca-20190904-083023-9.jpg
 標高は2,013mと特に高くはないのですが、長年使われてきた登山口が崩落で使えなくなり、
  昔に使っていたルートを再整備して、ようやく登れるようになった山なのです。
 ただ、やたらと距離が伸びてしまい、往復で25kmほど歩くことになるルートでした。

 なだらかで広大な山のイメージがある大雪山では、珍しく尖った姿で登山者にも人気なのです。
 今回は狭い林道が通れたため、実際に歩いた距離は少し短縮できましたが、歩きごたえは十分でした。

 s-Ca-20190904-075909-9.jpg
 もう一つ、嬉しかったことは念願の『ナキウサギ』に出会えたことです。
 前天狗の手前に広がるゴロゴロ岩場周辺に生息する天然記念物ですね。
 今回は行きと帰りに二度も会えることができ、ラッキーでした。


 次は9月紅葉時期に訪ねた大雪山の『お鉢めぐり』です。
 前回とは逆に時計回りで広大なお鉢(噴火口外輪山)を歩きました。
 2千メートル前後の山が連なるお鉢周辺は、紅葉真っ盛りでとても素晴らしかったです。
 s-K70-20190918-082646-9.jpg
 紅葉の中に雪のように散らばるのは「チングルマ」です。
 s-K70-20190918-115148-9.jpg
 この景色には足を止めずにいられませんね。
 s-K70-20190918-104641-9.jpg
 旭岳の裾に広がる「裾合平」の絶景も見事でした。
 できれば、初夏の花の季節と秋の紅葉時期の二回は訪れたい山々ですね。


 同じく9月には日本最北の2千メートル級の山でもある「愛別岳」に行きました。
 既に二度ほど天気の急変で諦めていた山ですが、今年は無事に山頂に立ちました。
 s-TG3-20190911-100710-9.jpg
 とにかく厳しい山で、霧がかかりやすく、足元は切り立った尾根道、正規の登山道は無し!(右奥が山頂)
 細かく砕けた岩が堆積したザレ場の急斜面を下り、切り立った尾根の上を歩いていくわけです。
 霧に包まれると足元も見えない状態で、身動きができなくなります。
 幸いにも、今回は分岐点に戻るまで、霧が待ってくれたようで無事帰還できました。

 実はこの二ヶ月ほど後に、一人の青年がココで遭難し亡くなりました。
 少し雪が積もっていたようで、滑落した可能性もありますね。ご冥福を祈ります。
 昨年は、緑岳でも関東から来た人が亡くなっています。
 大雪山では夏でも防寒具が必要なこともありますが、この時はまさにそうでした。
 夏用の薄着で登山中に、気温低下と強風で低体温症となったようです。
 2千メートル前後でも、大雪山では最悪のことも想定した装備が必要ですね。


 次は10月に登った雌阿寒岳&阿寒富士です。
 s-TG3-20191010-100900-9.jpg
 雌阿寒岳とセットになったように阿寒富士がありますが、双方を一度に回るにはけっこう体力が要りますね。
 この日は青空が広がり風も弱い絶好の登山日和でした。
 雌阿寒岳は何度も来ていて、今年は1月にも登っています。
 s-TG3-20191010-090005-9.jpg
 この画像が雌阿寒岳で、一つ上の画像は雌阿寒岳から見た阿寒富士です。
 久々にオンネトー側から登りましたので、下山後はオンネトー側からの展望も楽しみました。
 s-Ca-20191010-114120-9.jpg
 オンネトーの紅葉は少し早かったのですが、直前に登った山が映り込む湖面は綺麗でしたよ。
 (山頂から下山を開始して、およそ90-100分後には下から眺めることができます)


 最後は摩周湖後方にそびえる「摩周岳(カムイヌプリ)」です。
 ここは11月に行きましたので、紅葉などすっかり終わった後でした。
 標高は低いのですが、摩周湖の崖の上を延々と歩くことになります。
 摩周湖展望台とは違った趣の風景をみることができますね。
 s-K70-20191103-084710-9.jpg
 山頂から見る摩周湖ですが、位置的には摩周湖全体が見えないのが残念ですね。
 第一展望台はすでに観光客も少なくて寂しい雰囲気でした。

 こんな感じで、今年も山歩きを楽しみました。
 野付ウシは基本的に自宅からの日帰りできる山を選択しています。
 登山口まで車で2-2.5時間くらいまでが目安です。
 日帰りの良いところは、天気の良い日を選んで登れることですね。
 旅行の途中だと天気は選べませんね..どこかで無理をすることも有り得ます。

 今年も何事もなく、アチコチの山を楽しむことができました。
 来年の計画は何も出来ていませんが、日帰り条件ですから同じパターンかもしれません。

 何とか今年並みに楽しめたらいいなぁと思っています。

 少々長くなりましたが、今年の山歩きの総括でした。

 お付き合いありがとうございました。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

▲Page top