FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

異様な気温  

 この数日は12月としては異例の暖かさになりました。
 今週の頭までは普通の12月だったのですが、突然気温が上がって最低気温もプラスに。
 最低気温が-17.5度から-9度はありえますが、その翌日には+3度、昨日の朝6時はなんと+9度ですよ!
 北見という土地が九州に移動したような、そんな異常な気温なんです。

 まぁ一時的なのは承知してますが、この数年はこんな事例が起きたりしています。
 更に、一部の情報では今世紀末までには、オホーツク海の流氷は無くなる!とのこと。
 (個人的見解を言えば、今世紀末どころか今世紀中頃まで持てば良い方かもしれない)

 私達はあまりにも「利便性」とか「効率」とか求め過ぎたのでしょうね。
 これを止められる人はいないでしょうね。(特に日本では)

 さて、先行きが暗いお話はココまでとして・・・暖冬もどきの現実へ・・・

 s-TG3-20191210-125956-0.jpg
 気温が高めになっている中で仁頃山を歩いてきました。 一部はこんな感じで雪らしいものがありますが・・・
 s-TG3-20191210-132021-0.jpg
 ちょっと日当たりの良い登山道は、こんな感じで一ヶ月ほど前に戻った感じです。

 s-TG3-20191210-134758-0.jpg
 登山道に雪が残っているのは六合目過ぎあたりから。雪の上に何やら通った後が残っていますが??
 よくみるとスノーモービルが複数台通ったようです。下は土と砂利なのにスノーモービルが傷むのでは??
 山頂横の無線棟のメンテに行ったようです。積雪時はスモノ使いますから。

 さて、山頂も温かい感じがします。
 s-TG3-20191212-101541-0.jpg
 気温はプラスの4度ほどでした。つい先日の霜でガリガリの様子が嘘みたい!
 s-TG3-20191210-141801-0.jpg
 見下ろしても雪はほとんど見えません。 (日影と笹薮の下にあるのみ)
 
 この先の予報を見ても気温は少し高め推移で、雪はほとんど期待できないでしょう。
 スキー場関係者はヤキモキしているでしょうね。

 さて、下山して林道をあるいてみます。
 s-TG3-20191212-105908-0.jpg
 車の通る場所だけ雪が残っています。ここは日中もほとんど日が当たらないのです。(テカテカに凍ってますよ)
 気温は7-8度ほどあるはずですが、陽射しが無いと簡単には解けません。
 s-TG3-20191212-110405-0.jpg
 暖かい日が数日あったのに、例の滝をみても特に溶けたりはしていませんね。
 s-TG3-20191212-110611-0.jpg
 そしてダム湖は??湖面の氷は溶けそうになってますが、まだ消えてはいないようです。
 
 s-TG3-20191212-110910-0.jpg
 雪が消えた林道脇の土手には、春を待つ「フキノトウ」が。このままだと目を覚まして伸びていきそうですね。

 この日は珍しく午後に登山したので、帰りはもう午後3時過ぎで、日が傾いていました。
 s-Ca-20191210-151226-0.jpg
 この位置では既に太陽は見えなくなっています。
 s-Ca-20191210-151237-0.jpg
 仁頃山の上の方に西日が当たって、葉の落ちたカラマツ林がオレンジ色になっていました。
 まるで黄葉が復活したかのような眺めでした。 たまには午後の登山も良いものです。

 今日も晴れの予報ですが、気温は日中でも0度くらいですから、僅かに平年より高い程度でしょう。
 徐々に寒さも戻ってくるようです。



 昨夜は『コールドムーン』だったようですね。 令和元年最後の満月とのことで一応撮ってみました。
 s-Ca-20191212-190208-0.jpg
 時折雲隠れしていましたが、なんとか見られましたよ。
 特別な色合いでもなかったですが、本来の気温ならまさに「コールド」でしたが、気温高くてね・・・
 (コンデジなので少しスッキリしてません)
 

 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

▲Page top