FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

こんな画像ばかり・・・  

 今朝は僅かに0度を下回ったのですが、一日前から0度前後の気温が続いています。
 12月でプラスの気温は珍しいことですが、今日は午後から一気に気温が下がるとか。
 妙に気温が上がったことで、昨日は日中に小雨が降りました。
 山へ出掛けたのですが、さすがに山は雪になっていて、山頂付近は吹雪でした。

 さて、久々の遅い時間に更新してますが、今回も山での画像になります。
 タイトルでも愚痴ってしまうほど、絵になるものは無い季節です。
 「またかぁ」と適当に流してください。

 s-TG3-20191130-105942-0.jpg
 下山後に渓流沿いを歩いてみました。 徐々に水面の見える範囲も狭くなっています。

 s-TG3-20191130-110154-0.jpg
 ダム湖から数えて2つ目の滝です。これ以上近寄れないので、高倍率の別なカメラで撮ったのが下の画像・・・
 s-Ca-20191130-105955-0.jpg
 ハイッ、ナイアガラの滝ですね(笑) ちょっと色合いが違いますがご了承を。凍っているので轟音はありません。
 
 s-TG3-20191130-110635-0.jpg
 そのまま下流へ向かって歩いてみました。
 s-TG3-20191130-110657-0.jpg
 ところどころで水面が見えますが、川面の氷は霜と雪でとても綺麗でした。
 s-TG3-20191130-110718-0.jpg
 もう少し寒くなると、この辺りでは「霜の花=フロストフラワー」が見られますので、楽しみです。

 s-TG3-20191130-110829-0.jpg
 一番下流側にある滝ですが、これも時間が止まったかのようです。(水は氷の裏側を流れています)
 s-TG3-20191130-110839-0.jpg
 下に氷の塊があるのですが、この周辺だけ氷の奥がブルーに見えていました。
 実際の色はもう少し青が濃いように思います。

 しばらくして積雪が増えると、スノーシューで渓流まで歩きますが、川岸が崩れることもあり危ないですね。
 スノーシューを履いたまま、ズリ落ちそうになったことがあります。
 水深が数十センチなので濡れるだけですが、濡れた直後からカチカチに凍りますからね。

 冬はこんな感じの画像がよく出てきます。
 地方都市ではイベントも僅かですから、撮るものが無い!(笑)


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top