FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

ニペソツ山:山頂へ到達!  

 昨日は陽射しが強くて、ジリジリ感じるほどでした。(気温は28.6度まで上昇)
 この暑さの中で「北見地方きのこの会」ではキノコの採集会がありました。
 今日も別な会場で行われ、明日には展示会も行われ...慌ただしい週末です。
 日中は曇り空で気温は24度くらいですが、朝まで雨だったので蒸し暑く感じそうです。(-_-)


 さて、ニペソツ山登山の続きになります。 今日も画像多く長めです。m(_ _)m 適当に飛ばしてください。


 01s-Ca-20190904-080322-0.jpg
 さて、もうすぐ前天狗に到着します。ハイマツが広がる道を進みます。
 02s-TG3-20190904-080631-0.jpg
 樹木はハイマツくらいなので、色づくのはウラシマツツジくらいです。 真っ赤に岩場を染めていました。
 03s-TG3-20190904-081558-0.jpg
 08:15..ついに前天狗まで来ました。山頂まで2.5kmです。 後方の山に小さく人影が見えています。
 04s-Ca-20190904-081420-0.jpg
 40倍ズームで見ると、最初の展望地で追い越した山ガール3名+ガイドの一行でした。20分ほど差があるようです。
 05s-TG3-20190904-081758-0.jpg
 ここには小さなテントが一張ありました。看板の後に見えるのは「携帯トイレ回収ブース」で、後方に巨大なケルン。
06s-TG3-20190904-082222-0.jpg
 岩ゴロゴロの急な坂を降りて、再度急な坂道を登ります。その先に天狗岳とニペソツ山がそびえます。
 07s-TG3-20190904-082620-0.jpg
 岩ゴロゴロの道を降りて振り返ったところです。 
 08s-TG3-20190904-083140-0.jpg
 坂道を登ったところが天狗平です。 ここにも小さなテントが一張あり、ちょうど男性が出入りしていました。
 09s-TG3-20190904-083404-0.jpg
 ここから天狗岳の西斜面をトラバースして、一気に高度を下げてニペソツ山本体に取り付きます。
 11s-TG3-20190904-083412-0.jpg
 右手前方には「オプタテシケ山」がみえています。
 12s-TG3-20190904-084003-0.jpg
 後方から日差しがあり、野付ウシの影が長く伸びていました。
 13s-TG3-20190904-084302-0.jpg
 天狗岳をどんどん下っていきます。
 14s-TG3-20190904-084841-0.jpg
 天狗岳から降りてきた道を振り返ります。。。 帰りはこの登り返しがキツそうです。
 15s-TG3-20190904-084216-0.jpg
 ニペソツ山の登山ルートが筋になって見えていますね。中央左手を登り右側に巻いていきます。
 16s-TG3-20190904-085104-0.jpg
 一番下まで折りました。ここから残り1kmです。
 17s-TG3-20190904-091815-0.jpg
 中ほどまで登って振り返った風景です。 天狗岳の登山道の奥に天狗平、その奥に前天狗と続いています。
 18s-TG3-20190904-091830-0.jpg
 後半はガレ場を右に巻きながらトラバース。
 19s-TG3-20190904-093208-0.jpg
 いままで見えていなかった裏側に回り込みます。 山頂へのルートが見えました。
 20s-TG3-20190904-093223-0.jpg
 また後方を振り返ります。 淡々と歩いてきた割には厳しいルートですね。
 21s-Ca-20190904-092903-0.jpg
 最後の一踏ん張りです。右奥に山頂の標識も見えてきました。
 22s-Ca-20190904-092843-0.jpg
 ちょいとズームアップ。
 23s-TG3-20190904-093232-0.jpg
 反対側は切り立った崖で落ちたらアウトですね。 奥には糠平湖。
 24s-TG3-20190904-093315-0.jpg
 さぁ、山頂が右奥に見えてきました。あと数分です。


 25s-TG3-20190904-094145-0.jpg
 09:40 スタートからちょうど5時間でした。ニペソツ山 2,013mの山頂に立ちました。

 27s-TG3-20190904-094551-0.jpg 28s-TG3-20190904-094611-0.jpg 29s-TG3-20190904-094632-0.jpg 30s-TG3-20190904-094635-0.jpg
 南側に「ウペペサンケ」、西側に「オプタテシケ」、北側に「石狩岳、音更山」、その後方に「旭岳などの山々」。
 
 31s-TG3-20190904-094638-0.jpg 32s-Ca-20190904-094708-0.jpg 33s-Ca-20190904-094714-0.jpg
 北側に「トムラウシ」、東の彼方には「斜里岳&知床連山」まで、手前のボコボコは「クマネシリ」の山々です。

 26s-TG3-20190904-094454-0.jpg
 到着時は山頂独り占め~!(久々にタイマーで自撮り) そのうちに単独で2名、更に3名の山ガールたちも到着。

 34s-TG3-20190904-094725-0.jpg
 もう一度、歩いてきた山並みをじっくりと見直して・・・下山することに。
 35s-Ca-20190904-100255-0.jpg
 しばらく歩いて山頂をズームすると、山ガールたちが見えていました。
 36s-TG3-20190904-102503-0.jpg
 さて、キツイ登り返しがこれから繰り返されます。 でも思った以上に足取りは軽かったですよ。
 37s-TG3-20190904-103130-0.jpg
 途中の岩場では色鮮やかに真っ赤な紅葉!!
 38s-TG3-20190904-103143-0.jpg
 他に色づく植物は少ないようですね。 ハイマツが多い岩場でした。
 39s-Ca-20190904-104826-0.jpg
 天狗岳斜面を歩いて、天狗平に戻ってきました。
 40s-Ca-20190904-105123-0.jpg
 もう一度下って、岩場の坂道を登ることになります。 これも思ったほどキツくなかったです。
 41s-Ca-20190904-110600-0.jpg
 下る途中で振り返った眺め。
 42s-TG3-20190904-110948-0.jpg
 大岩のケルンが見えてきました。前天狗はもうすぐです。
 
 43s-TG3-20190904-112040-0.jpg
 最高の眺めとなる前天狗からのニペソツは見納めです。斜面をトラバースして崖を降りることになります。
 44s-Ca-20190904-112314-0.jpg
 ここでまたもや「ナキウサギ」発見! ズームしてシャッターを切ったら...ナッキーのオチリだけ写ってました(笑)

 45s-Ca-20190904-112611-0.jpg
 この斜面はとても綺麗で、眼下に見える山肌には紅葉も。
 46s-Ca-20190904-112522-0.jpg
 
  47s-Ca-20190904-115237-0.jpg
 ちょうど天狗のコルあたりでしょうか。 木々の色づきが見えていました。
 48s-Ca-20190904-112851-0.jpg

 49s-TG3-20190904-120608-0.jpg
 どんどん下って、最初に展望できた場所まで戻りました。
 50s-TG3-20190904-120620-0.jpg
 ここからは林の中をひたすら歩くことになり、展望はなくなります。 これが長いんですよねぇ・・・

 51s-TG3-20190904-133118-0.jpg
 泥だらけの道を抜けて、林道に辿り着きました。一旦左後方に戻って駐車場へ。
 52s-TG3-20190904-133229-0.jpg
 車は8台止まっていますが、朝の段階では4台でした。 正式な登山口は林道の下に2km下った場所です。

 朝、04:40スタートして、戻ったのは13:30でした。およそ9時間歩いたわけです。
 後でスマホの歩数計をみたら、36,000歩を超えていましたよ。
 
 なんとか無事に下山し、車で2時間をかけて帰宅しました。
 朝2時過ぎに出発し、帰宅は夕方4時でした。

 楽しかった「誕生日登山」でした。

 長々とお付き合い、ありがとうございます。

 今日、明日と行事も続くので、一日休憩しま~す! 



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top