FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

ニペソツ山;憧れの山とナキウサギ編  

 北海道らしいお天気が少し続きましたが、雨雲が入ってきたようで、雲が入ってきました。
 金曜夜から土曜にかけて少し雨になりそうです。

 さて、日本200名山にも名を連ねる北海道の山で「東大雪」にあるニペソツ山(2,013m)。
 何故100名山に入らなかったのでしょうね? 人気度でもは抜群なのですが。
 この山はなんとか今年中に登っておきたかった山でした。
 天気が落ち着いた先日(9月4日)にチャレンジしてきました。

 とにかく長い...登山口からの距離が往復で25kmあり、後半での斜面もキツイんです。
 通常は登りで8時間、下りで5.5時間で、往復12~14時間が必要とされています。
 天気が悪く見通しが利かない状態なら、もっとかかる可能性があり、1泊2日で推奨されています。
 野付ウシのように日帰りの場合は、天気を確認してチャレンジできるのが利点ですね。

 さて、今回は花の画像はほとんどないですが、やはり画像が多めなので二回に分けます。
 トップにルート図を張っておきますね。登山口はR273(層雲峡と糠平湖を結ぶ道)の糠平湖寄りから入ります。

 s-ニペソツ時間配分図
 ※一昨年の豪雨で「十六の沢登山口」は使えなくなり、「幌加温泉コース」を昨年整備したものです。

 自宅を出たのは02:20でした。 登山口から奥へ林道2kmは悪路ながら車で侵入しました。(往復4km短縮)
 01s-TG3-20190904-044211-0.jpg
 薄暗いながらギリギリ見えるのでライトは使用せず。 気温2度でしたが薄い長袖のまま04:40にスタート。

 02s-TG3-20190904-044228-0.jpg
 空が明るくなってきて、5時過ぎに太陽が見えました。
03s-TG3-20190904-050355-0.jpg
 これから延々と針葉樹と笹の中を歩きます。
 04s-TG3-20190904-051352-0.jpg
 背丈を超える大きな笹は刈り払ってあり、助かりました。
 05s-TG3-20190904-132349-0.jpg
 ただ...泥だらけの場所が延々と続いていて、両脇もぬかるんだ状態でした。特に酷いのは最初の20-30分です。
 事前に情報も得ていたので、念入りに防水スプレーを掛け、膝下までの長めのゲーターを装着しました。

 07s-TG3-20190904-052032-0.jpg
 途中で小さな渓流を2-3箇所渡ります。 ポールと靴の下側を水で洗いました。
 06s-TG3-20190904-132356-0.jpg
 ぬかるんだ道はもう少し続きますが、徐々に水気が少なくなり、道路脇も歩ける場所が増えました。
 08s-TG3-20190904-053855-0.jpg
 スタートから1時間経過・・・山頂まで7.5kmです。
 09s-TG3-20190904-053905-0.jpg
 すぐ横に池が見えました。「三条沼」と呼ばれているようです。
 10s-TG3-20190904-055116-0.jpg
 いつまで経っても同じような雰囲気の道ばかりです。笹が刈ってあるので迷いませんが、飽きてきますね。
 11s-TG3-20190904-055155-0.jpg
 僅かながら左側の方に大きな山が見えています。登山口への道が閉鎖されたままの「ウペペサンケ山」(1,848m)です。

 12s-TG3-20190904-061531-0.jpg
 山頂まであと6kmあります。
 13s-TG3-20190904-064245-0.jpg
 2時間経過、ようやく松林が切れて空が広がりました。 色づいた樹の葉と「ウペペサンケ山」です。

 14s-TG3-20190904-064728-0.jpg
 ついに姿を現した「ニペソツ山」(左側)と天狗岳(右側)です。 「ニペどん」とか「ニペ様」等とも呼ばれていますね。
 ここで15分ほど前にスタートした女性3人グループを追い越します。(男性ガイドが同行していました)
 15s-TG3-20190904-065419-0.jpg
 遙か彼方に見えるのは左が「雄阿寒岳」、右手は「雌阿寒岳&阿寒富士」でした。
 16s-Ca-20190904-065639-0.jpg
 後方には「糠平湖」が広がっています。
 17s-Ca-20190904-065703-0.jpg
 そして台形状が特徴の「ウペペサンケ山」です。

 18s-TG3-20190904-070124-0.jpg
 さて、ニペソツが展望できたのはほんの僅かで、藪の中を通るうちに山は見えなくなります。
 19s-Ca-20190904-070233-0.jpg
 尾根道を歩くようになると、右手遠くに大雪山(旭岳周辺)が見えてきました。
 20s-Ca-20190904-070241-0.jpg
 手前には天狗のコルに連なる山、その先は昨年登った「石狩岳」です。
 21s-Ca-20190904-070319-0.jpg
 真ん中が「石狩岳(1,967m)」、右手は「音更山()1,932m)が続いています。
 22s-TG3-20190904-120620-0.jpg
 残り4.5kmですが、頭で考えるキロ数より相当に遠く感じました。上り坂も一層キツくなります。
 23s-TG3-20190904-071006-0.jpg
 ニペソツ山と天狗岳が近くに見えてきた感じがします。

 24s-TG3-20190904-071601-0.jpg
 ここで一旦下って沢に出ます。
 25s-TG3-20190904-071617-0.jpg
 今回初の花らしい花は「ミミコウモリ」でした。
 26s-TG3-20190904-071719-0.jpg
 沢の奥に進むと、画像では感じない相当に険しい山肌に突き当たりました。中央を登ることになります。
 
 27s-TG3-20190904-iwagikyo-0.jpg 28s-TG3-20190904-tsugazakura-0.jpg 29s-TG3-20190904-umebachiso-0.jpg 30s-TG3-20190904-miyamasenkyu-0.jpg
 急斜面には数種の花が残っています。「イワギキョウ」「ツガザクラの花後」「ウメバチソウ」「ミヤマセンキュウ」など。

 31s-TG3-20190904-073925-0.jpg
 岩と泥の上り坂で、ズルズルと滑って危険な状態です。
 
 32s-TG3-20190904-074157-0.jpg 33s-TG3-20190904-074221-0.jpg 34s-TG3-20190904-nagabakitaazami-0.jpg
 必死に捕まりながら撮ったのは「花後のアザミ」、「エンレイソウの実」「花後のナガバキタアザミ」のようです。

 35s-TG3-20190904-075524-0.jpg
 一気に高い場所に出ました。 残りは3kmです。(ホントかなぁ..ずいぶん遠くにニペソツがあるように感じるけど)
 36s-Ca-20190904-075532-0.jpg
 表大雪方面がよく見えるようになります。 中央左手に旭岳が見えます。 
 37s-Ca-20190904-075609-0.jpg
 天狗のコル部分のゴロゴロ石も見えてきました。

 38s-Ca-20190904-075715-0.jpg
 前天狗に出る最後の傾斜地を進みます。この周辺から特に見かける可愛いヤツは・・・ナッキーこと「ナキウサギ」です。
 39s-Ca-20190904-075939-0.jpg
 野付ウシは難聴なので鳴き声は聞こえませんでしたが、動くものが視界に入りました...いた!!ナッキーです。
 40s-Ca-20190904-075904-0.jpg
 ちょっとの間だけ見える場所を移動してくれたので、なんとか撮影に成功しました。初のナッキー撮影です。
 今回はコンデジのみと割り切ったのですが、偶然にも撮影できて良かったです。
 41s-Ca-20190904-080034-0.jpg
 この傾斜地は真っ赤に色づいた「ウラシマツツジ」がとても綺麗でした。

 42s-Ca-20190904-080248-0.jpg
 ついにニペソツ山の全容を見られる位置に辿り着きました! 3時間45分経過しています。(思ったより早かった)


 この先も距離の割には長いので、次回に掲載となります。m(_ _)m

 ※この日は野付ウシの誕生日でした。 ニペソツ山は『誕生日登山』となったわけです。^_^;



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top