FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

 仁頃山も夏休みへ  

 北国の街、北見も夏休みに入りました。(北海道は短くて3週間足らずです=3週間ありました;訂正)
 追記 ※夏休みで言えば道外で40日前後のところが多く、冬休みは短いようです。
       都道府県で決まってますが、現場管理は市町村ですので、地域&学校での差はあるそうです。


 昨日は朝から蒸し暑かったのですが、気温は28度で予想の30度にはなりませんでした。
 昨夜からの雨は落ち着いてきましたが、日中は青空がチラ見えで33度まで上がりそう!
 雨上がりの33度って、どれほど蒸し暑いのかなぁ...(-_-)

 さて、今週は平山も行きましたが、仁頃山もしっかり行ってますよ。
 夏休みに入った仁頃山の様子など・・・(以前掲載の花も出てきます)

 s-TG3-20190724-085818-0.jpg
 登山道脇では既に秋の一歩を踏み出した植物も少なくないです。これは「マイヅルソウ」の実ですが、これから赤に染まります。

 s-TG3-20190724-094405-0.jpg
 これから夏を牽引していく「ヨツバヒヨドリ」です。 とにかく林道と登山道ではた~くさん目に付きますね。
 s-TG3-20190724-093834-0.jpg

 s-TG3-20190724-100306-0.jpg
 白い大輪を競い合っている「エゾノヨロイグサ」と「オオハナウド」です。
 s-TG3-20190724-100500-0.jpg
 先に咲きだした「オオハナウド」は、そろそろ終わりのようです。

 s-TG3-20190724-100954-0.jpg
 濃い色の青紫が目立つ「ナンテンハギ」も終盤に掛かってきたようです。
 s-TG3-20190724-101050-0.jpg
 数カ所で群生している「ヤナギラン」は下から咲き上がり、上が咲く頃には下の方には綿毛の種が出来ています。
 s-TG3-20190724-101323-0.jpg
 「エゾノキリンソウ」も花が増えてきました。
 s-TG3-20190724-101350-0.jpg
 小さな花で見落とされがちな「アカバナ」ですが、白~ピンクの可憐な花をつけています。
 s-TG3-20190724-101442-0.jpg
 数カ所で群生する「ミソガワソウ」です。
 s-TG3-20190724-101514-0.jpg
 この紫は本当に綺麗な色だと思いますよ。
 s-TG3-20190724-103750-0.jpg
 ピークを過ぎそうな「クルマユリ」ですが、この個体には10個もの花がありました(隠れたのが1個)。
 s-TG3-20190724-104713-0.jpg
 「クサフジ」ですが、他の植物に絡んで伸びるのですが、これは珍しく真っ直ぐに上に立ち上がっていました。
 s-TG3-20190724-105300-0.jpg
 これから増えてくる「ヤブジラミ」(名前が可愛そう)ですが、秋にはイガイガの実をつけます。
 s-TG3-20190724-105505-0.jpg
 花がしっかり開花していませんが、日陰の花「ミミコウモリ」です。
 s-TG3-20190724-105604-0.jpg
 こちらも咲きかけの「ノブキ」です。 小さい花をまとめて付けますがきれいな花です。
 s-TG3-20190724-105631-0.jpg
 葉っぱばかり目立って花が可愛そうなくらい小さい「ミツバ」です。
 s-TG3-20190724-105712-0.jpg
 公園や草地で目立ってきた「キンミズヒキ」ですね。
 s-TG3-20190724-105755-0.jpg
 「カラマツソウ」は白い花火のようで目立ちますが、「アキカラマツ」はうつむき加減でショボンとしています。
 s-TG3-20190724-110316-0.jpg
 葉の感じから言うと「シナノキ」の花でしょう。丸い実もつけていて重くなったのか、登山道に垂れ下がっていました。
 s-TG3-20190724-110541-0.jpg
 管理車道一合目までにドッサリ群生している「アカソ」の花ですが、雌雄同株の微細な花を付けます。
 s-TG3-20190724-110631-0.jpg
 果実に翼が4つ張り出していますので「ヒロハツリバナ」ですね。 これから真っ赤に熟していきます。
 s-TG3-20190724-111030-0.jpg
 何段も輪生状に花をつける「クルマバナ」(シソ科)です。
 s-TG3-20190724-111201-0.jpg
 これは春に純白の花を多数つけていた「ユキザサ」の実ですね。これから赤く熟します。
 s-TG3-20190724-111221-0.jpg
 ツリフネソウの仲間で半分白いのは「ウスキツリフネ」と言いますが、「キツリフネ」の変異です。
 s-TG3-20190724-111340-0.jpg
 これは先程の「クルマバナ」にも似てますが「チシマオドリコソウ」で花の付き方も違います。
 s-TG3-20190724-112157-0.jpg
 今時期に林道と登山道で一番目立つのはガクアジサイみたいな「ノリウツギ」です。多いし目を引きますね。
 s-TG3-20190724-112438-0.jpg
 きれいな青色の夏の花「ツユクサ」が咲き始めました。(奥の黄色い花はクサノオウ)
 s-TG3-20190724-112632-0.jpg
 この青色は特別な色!と思わずにいられませんね。 青、白、黄色の配色が絶妙です。
 s-TG3-20190724-112646-0.jpg
 草に絡まってヒゲを伸ばしているのは「スズメウリ」です。 しっかり開花しても3ミリほどしかない花。
 s-TG3-20190724-112544-0.jpg
 ザラザラした白い花弁が何とも言えない花姿です。

 s-TG3-20190724-nikkeitake-0.jpg
 登山道で踏みそうになるキノコですが、丸太を薄切りにしたような面白い模様です。
 食べられませんが「ニッケイタケ」というキノコで裏面は網目状になっています。

 s-TG3-20190724-112959-0.jpg
 さて、富里ダム湖ですがかなり干上がってきました。奥の湖岸に緑っぽい線がみえますが、通常はあの辺りが湖面です。
 大きな切り株が見えますが、高さは2メートルほど・・・ここまで少ないのは初めてみました。(この5年ほどで)

 時折雨は降ってますが、今年は予報を裏切ることが多く雨量は本当に少ないんですよ。
 おまけに昨冬の積雪は異常に少なかったですからねぇ。
 干上がることは無いと思いますが、まとまった雨が欲しいものです(豪雨は困りますけどね)。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top