FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

仁頃山;花以外の楽しみ  

 今はちょうど夏の花が咲き始め、又は準備中の時期になります。
 花以外のものに目がいくのですが、そんな季節の状況をUPしました。

 とは言っても...野付ウシのことですから、最初に目がいくのはキノコですね。
 食べられるものが少ないので、図鑑も開かずに画像そのものを楽しんでいます。

 s-TG3-20190716-084207-0.jpg
 ひょっとしたら食べられるかも・・・と言えそうな雰囲気のキノコでした。
 s-TG3-20190716-085307-0.jpg
 キノコが生えていたのは苔の中...キノコがいかに小さいかわかりますね。 
 s-TG3-20190716-085316-0.jpg
 これも苔の中ですた。上のものよりは少しだけ大きいかな? 

 s-TG3-20190716-085946-0.jpg
 これもとても小さくて、か細い感じのキノコですが、柄に毛が生えていました。
 s-TG3-20190716-090145-0.jpg
 これは「ホウキタケ」の仲間ですね。 一部は食べられますが、殆どは無視されます。
 s-TG3-20190716-090439-0.jpg
 これは大きくてゴツいキノコでした。でも多分食用にはならないでしょう。(直感ですが)

 s-TG3-20190716-090540-0.jpg
 か弱そうなキノコですが、この類で食べられるものって意外とあるんですよ。
 s-TG3-20190716-091535-0.jpg
 ロート状のキノコって「食不敵」とか「食毒不明」が多いんですよね。
 s-TG3-20190716-091233-0.jpg
 これは変形菌とか粘菌と言われる種類の菌で、「クダホコリ」の仲間かと思います。 直径5mmほどです。
 s-TG3-20190716-091709-0.jpg
 ちょっとピンぼけになりました。

 s-TG3-20190716-091746-0.jpg
 これも小さくて綿棒を立てたくらいのものでした。小さい方が絵になるかも。。。
 s-TG3-20190716-092851-0.jpg
 これも黄色ですが、3-4cmほど直径があります。
s-TG3-20190716-100018-0.jpg
 たくさん並んでいますが、これもミニチュアみたいなキノコで倒木に生えていました。
 
 食欲を刺激しないようなキノコは、図鑑で必死に調べる気も起きないんです。

 
 ところで、少し前のことですが、「エリンギみたいなキノコ」と言って掲載したキノコがあります。
 成長するのを待っていたら...まったく形が変わっていました。だからキノコは難しいんですよね。
 s-TG3-20190716-090729-0.jpg
 柄の真ん中が膨れたような形だったものが・・・根本から筋が伸びるようなキノコに変身していました。
 気になったので調べるとどうやら「カワキタケ」のようです。 「強靭な肉質」とメモがありました=食不敵です。

 キノコの難しさをまたしても実感しました。
 成長過程での形や色の変化、生える環境でも変化など、一定の形を保ってくれません。
 故に、図鑑と合致しないことが多いんですね。

 さて、キノコ以外で面白い現場をみました。
 s-K70-20190716-114553-0.jpg
 駐車場の車の横に白いチョウがたくさん集まっていました。
 s-K70-20190716-114625-0.jpg
 「エゾシロチョウ」です。たくさん孵化した直後でしょう、地面の水分やミネラルを摂取しているのでしょう。
 この何倍もの数を見たこともあります。

 s-K70-20190716-112905-0.jpg
 で、そのエゾシロチョウがさっそく近くでクルマユリの蜜を吸っていたようです。
 s-K70-20190716-110427-0.jpg
 こちらはチョウというよりも、蛾の仲間ですね。
 s-K70-20190716-103436-0.jpg
 セリ科の白い花には凄い数の虫が集まります。これは「エゾノヨロイグサ」に付いた虫たちです。

 今回もう一つ取り上げたものは・・・紅葉もどきの樹木の葉です。
 これは野山で時々見掛けますね。

 s-TG3-20190716-102049-0.jpg
 大きめの枝につく葉が全部染まっていました。 秋の紅葉とそっくりな色合いです。
 s-TG3-20190716-100632-0.jpg
 よくあるのが、こういうモミジ類の葉の変化ですね。 若いうちの葉とは異なることもあります。
 s-TG3-20190716-100835-0.jpg

 s-TG3-20190716-105044-0.jpg
 これは登山道沿いの土手に生えていた低木の葉です。 葉が開く前はよくありますが、開いても綺麗な色合いでした。

 毎回周りを眺めながら登山していますが、同じ山を500回も歩いているのに、新たな発見があるんですよ。
 
 歩くこと自体が楽しいのですが、変化する自然の表情を見ているのも楽しいものです。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top